FC2ブログ

記事一覧

帝国陸軍75㎜大隊砲ケース

整理していたら出て来た。
全長80㎜ほどの真鍮製、立派な薬夾だ。
DSC_1806.jpg
大隊砲は陸軍の大隊に2門装備されていた。
短い砲身で、水平なら山野砲の使い方、角度を付けて曲射砲として使われた。
三八式山・野砲の砲弾のケースを短くしたものだろう。

このケースは使い捨てでなく、何回も装薬と砲弾を再装填して使われた
ケチくさいと言う評価もあるが、日本軍の実態を考えれば現実的だった。

輸送が馬に頼っていたからだ。
砲も鉄製車輪と砲身に分解して、道なきところも運べる。

九二式大隊砲は国外では数多く野外展示などで見られる。
それなりの評価はあったのだろう。
スポンサーサイト



コメント

No title

これを見たら,真鍮のマエストロが欲しがると思いますよ。

Re: No title

> これを見たら,真鍮のマエストロが欲しがると思いますよ。

裏に使ったたびの刻印があります。
三八式野砲のものと元の部分は同じと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ