FC2ブログ

記事一覧

国民的コメディアンの死

馬鹿殿さま、志村 けんのことだ。僕の息子などはドリフ、コロコロなしでは育たなかった。番組が、発売が楽しみで生きていたような子供だった。志村さんの死は日本国内だけでなく、台湾などでも大きく報道された。意外な文化が国際的だった。テレビ局はこれでもか、これでもかの報道で普通ならうんざりだが、彼の死はコロナが原因なのでコロナの恐ろしさを知らしめるには効果があったのでは。にわかかファンが大泣きしていたが、そ...

続きを読む

コロナサウンドを聴いてみたいが・・・

大阪のクラスター元、大勢の感染者を出した、ArCとかソープオペラクラシックと言うライブハウス、30-50代女性がかなり遠くからも参加した、そのサウンドはどんな音楽なのか?想像もつかない。不謹慎ではあるが聴いてみたい。恐らく何等かのSNSの情報にはあるだろうが、やはりテレビの再現映像が見たい。日テレは1月末に屋形船再現映像をかなりシツコク放送した。あの手法だ。現在、音楽は細分化されていてものすごく多くの...

続きを読む

大切な大壺を撃ってしまうとは・・・NHK小川ドラマ

NHK大河とラマは歴史の捏造を何十年にもわたりおかしてきた。将来、何かの報いはあるだろう。先日の火縄を銃身上に掛けて照準していた鉄砲は、10mほと先の大壺を撃った。壺は数十リッターの水が入る大きさで弾丸により木っ端みじん水がどっと溢れた。銃刀法上の問題があるから、銃弾ではなく何らかの方法で破壊したのだろうが・・それにしても戦国まっただ中、鉄砲の威力をあんな方法で確かめるか?ない、と断言して良い。戦...

続きを読む

映画「パラサイト」ポン・ジュノ監督の話

先週、この映画に関する記事を複数読んだが、書いた人達がこの映画本編を観ずして書いたことは明白だった。彼らが書いた映画のポイントはトレラーにあったものばかり。プロコリアンさんのNHKが独占インタビューと言う番組を観たが、本人が語る映画の本質は日本人が理解できるように話してあり今一つ。映画は韓国社会の自虐性をテーマにしていたのだ。映画では出せない「臭い」も重要な表現だった。地下に潜る、かの地の金融の脆...

続きを読む

コリアン映画「パラサイト」に見るコリア終焉

アカデミー賞92年の歴史上始めての快挙と言うことでコリアンものには一切関わらない私も劇場に脚を運んだ。コリアは美容と整形の国であるが、芸能の国でもある。日本のように伝統芸能はないが、日本の伝統芸能のルーツはコリアありと主張するだろう。結論から言うと作品は良く出来ていた。しかしアカデミー賞となるには何らかの背景があったのだろう。ディズーやネットフリックスにはやりたくない・・・とか。面白いし楽しめた。パ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ