FC2ブログ

記事一覧

誤解してた「劇団四季」

エンタメ界のごたごたが大きく、マスコミは正義の存在を見失っているから何が何やら理解不能。劇団四季に関しては苦い思い出あった。米国時代、本社ワンマン社長が来て夕食会があった。彼はニューヨークと言う土地柄、ミュージカルに関しての興味が大いにあり、会話はそれを中心に行われた。各々の感想を述べさせられた。ケイスケ先輩などは勉強してたから上手に説明した。僕は正直だから、日本人がやるには脚の長さが足らない(「...

続きを読む

「吉本」も[お笑い]も笑えない

はちゃめちゃだ。もとは犯罪者のたにまちから金を貰っていた事件だし、恐らく所属の吉本さんも黙認していたのではないか?40代後半の芸人が涙ながらに記者会見とやらを強行すれば、社長の涙ながらにだらだら会見。一転、会社の非を認めた。世論は芸人の罪は忘れてしまった。私自身はコメディは好きだが、吉本やそのお笑いとは縁がない。さんまの下品さも嫌いだ。昔、ボクシングジムで吉本の東京事務所の偉いさんがいた。芸人もひ...

続きを読む

果たして「ネットフリックス」は世界を制するか?

米国のアカデミィー、エミーなどのエンタメ賞でNETFLIXが様々話題を浴びている。日本の女性片付け屋さんもこの対象だ。米国のテレビ広告で同社の多くの作品の広告を見た。確かに勢いあり、テレビ媒体や映画にとって代わる存在だ。米国では家庭の大型スクリーンが一般的なので、パソコンでダウンロードそして家庭大型スクリーンで観る、こういう方式が広まっていることは事実だ。だが、広告で観た作品は子供向きか低級娯楽だった。...

続きを読む

ハリウッド映画ではない西部劇を観た

一週間前になるが、「シスターズブラザーズ」と言う映画を観た。欧州製の西部劇だ。1851年のオレゴンと北カルフォルニアが舞台で主人公の兄弟は殺し屋だ。米国人の役者が演じたが、撮影はスペインで行われたとクレジットにあった。僕の知っているオレゴンとは少し景色は異なったが、セットを始め馬で走るシーンは感じが出てた。 19世紀半ばの西海岸はかくありきと言う様は映画の各所にあった。テンポも良く、質の高い作品で楽しめ...

続きを読む

楽しいか、楽しくないか?

英語に慣れるため旅行中は普段は観ないテレビをつけっぱなしている。この習慣は若い時からだ。米国のテレビ業界も大きく変わった。CMを見ていると分かる。ホテルの受信機は韓国製ながら画質、音質とも良い。しかし番組は、特にニュースショーは気持ちが悪いほどつまらない。「ニンジャワーリア」と言う番組は日本のものの真似だそうだ。個人が下がプールに設置されて様々な肉体的な困難に立ち向かうと言う内容。新し味はない。ニ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ