FC2ブログ

記事一覧

ソウル市長の死

反日の人だった。在コリア日本国大使館建設を許可を絶対しない、と言うのがわが国との関わりであった。厳しい反日の義士としてソウルだけでなく全世界的コリアンさんの尊敬を集めていた。次は国連総長と言われていたが・・・何にしても優秀なるコリアンさんは惜しい人を失った。朝日新聞さんはこの背景をどう報じるか?推測するに彼らの論理はこうだ。「コリアンさんの反日は日本が悪い。特に安倍政権はさまざまなプレシャーをコリ...

続きを読む

朝鮮半島は天国

特に北さまはコロナ感染ゼロ、死者ゼロと言う凄い記録を保持している。これは奇跡とは言えない。南さまもコロナ対策では世界基準を作ったほどの見事な処置だった。世界がコロナ感染でめちゃくちゃになっている中、朝鮮半島は天国と言う称号を与えて良い。彼らは優れた民族で恐らく免疫力など身体的にも誇るべき水準なのだろう。こんな優れた民族、国民がせこいことをするわけはない。朝日新聞さんは1950年代、北さまを「地上の楽園...

続きを読む

米国人の友人と話したが・・

久しぶりにダンに会った。クラブが閉鎖、6月からのアポイント制の活動では時間が合って無かった。お互いに元気だったが、彼の第一声は、米国は大変な状況だと、言うことだったが、僕は米国も心配だが、何とかなる、それより世界全体だと答えた。今日も世界は酷い有様だ。この結末は戦争しかない、と言うのが現在の僕の持論だ。勿論個人的にそんなことは望んでない。しかし酷すぎる。これで夏になり、秋が来たらどうなるか?考える...

続きを読む

今こそ軍事的概念の重要性

笑ってしまうのは「攻撃力」議論だ。日本国憲法は防衛は認めても攻撃は認めてない、が日本の反日メディアの論理だが、本当にそうか?防衛と攻撃はどこに線がひいてあるのか?理論的に答えて欲しい。攻撃されてから専守防衛行動を起こす、それは現実的か?勿論現実的ではない。そんなことはありえない。突き詰めると、攻撃される前に抑止するのが防衛力ではないか?反日メディアは日本が攻撃される心配はない、なぜにそんなに軍事力...

続きを読む

鼻息の荒い中国

チャイナさんは自らも薄手を負ったが、米国を骨まで切ったコロナ過で1年前の関税攻勢から逃れつつある。これからチャイナさんが貿易面で回復し、米国がこのままなら完全に逆転劇だ。1発も撃たず勝利を収める。それにしても軍事的には大攻勢をかけている。インド兵を殴り殺す。沖縄を潜航した潜水艦で行ったり来たりする。東シナ海で傍若無人の振る舞い。尖閣にも過去にないほどの侵入。プラス、香港の抑え込みだ。次には台湾を意識...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ