FC2ブログ

記事一覧

台湾問題、日本も覚悟必要

ガスさんとバイデンさんの会談で、日本はこれまでと違う方向に舵を切ったと言っても良い。台湾安全保障に言及したからだ。台湾有事のような明確な脅威を日本ではあまり真剣に考えなかったことは大変に遺憾だ。そして中国が日本にやってきた悪事、多くは米国情報機関からの警告だったが、それも徐々に明らかになりつつある。その一つが日本の技術開発へのハッキングだ。三菱航空機には昔から多くのハッキングがあり、10年くらい前...

続きを読む

日本尖閣支配は世界に通用してない

昨日、川島 真先生に聴いた話だ。日米会談で安保条約に尖閣は含まれとしたが、原則、米国は他国の領土問題には絡まない。あくまで安保条約額面上だ。世界の国々で尖閣は日本領土と言える国はない。そして中国の艦艇による尖閣領海実行支配は続いている。次に中国が打つ手は、中国漁民が尖閣に上陸する。日本はあたふたする。そこに中国海上警察がCCTVを連れて乗り込み、日本勢を後目に、中国漁民を排除する。これほど強い中国の尖...

続きを読む

親日家などいないコリアン政治家

先週、聴いた武藤 正敏大使のお話では、ムンさんは二つの市長選に敗れると、レイムダック化が加速し、残り一年間は反日活動に終始するそうだ。そして大統領の任を離れると、収監、投獄の運命にあると。これがコリア政治だ。では新しい体制、今の野党、保守派の大統領が出現したらどうか、と言うと親日とかにはならないと、BSフジで述べていた。他のコリア評論の意見でも、いわゆる知日はいるが、親日コリアンさん政治家は存在しな...

続きを読む

どうやらコリアさんが日米会談の主要テーマ

大国同士の対立は歴史が示すところでは代理対立が顕在化する。朝鮮戦争、ベトナム戦争などがそうだ。米中対立もどこかで代理的な対立が発生しておかしくない。だが、現在の国際情勢はかなり複雑だ。そういうなか朝鮮半島がまた火種になる可能性は高いが、大韓民国さまがムンさんの政策でかなり北に寄り、更にここ2-3日の様子でももはや中国圏に突入したことは明かなようだ。もし有事となればムンさんの命はない。真っ先に北にや...

続きを読む

懲りないコリアンさんとの付き合い方

日本にとって厄介な隣人、南、北のコリアンさんとのお付き合いに関して、私の尊敬する武藤 正敏大使のお話を聴いた。以前より大使のお話を聴きたいと願っていた。僕が大使を尊敬するのはあの独特のヘアスタイルもそうだが、彼のコリアン観は真っ当だからだ。彼は恐らく外務省でも苦労し、コリアでも苦労しただろうが、朝鮮語に堪能だからイルポンサラミが理解出来ないであろうと言うコリア事情を細かく捉えているのではないかと。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ