FC2ブログ

記事一覧

空襲

60年前の今頃、日本各地は連合軍の激しい空襲を受けていた。沖縄戦はたけなわであり、3月10日の東京大空襲で、大きな被害を与えており、日本の中規模都市や軍需工場に対する戦略攻撃がなされていた。都市無差別空襲に反対した、ハンセル将軍は44年末に更迭されていた。日本軍は主に陸軍航空隊が邀撃の任に当たった。連合軍はサイパンから、硫黄島を臨時中継基地をして、富士山を目指してB-29が飛んできた。しかし編隊をきちっと組...

続きを読む

日本軍(1939年)

LIFE誌1939年7月10日号に[Japanese Home Guard]と題した特集記事が掲載されていた。表紙は銃剣を装着した、三八式歩兵銃を捧げる軍帽を被った兵士の列。記事は8ページにわたる写真を主にした主に日本国内からの報道、日本の制度、信仰、指導者達、軍隊、教練、民間の様子である。日本が北京郊外で中国国民政府と衝突し、戦争状態(双方が宣戦布告しなかったので、「事変」と言う)に突入し、丁度2年間が経過した頃であった。天皇制...

続きを読む

弓と矢

弓と矢は、今でも「魔を払い、人を守る」象徴としての存在感がある。例えば、毎日の相撲の最後に弓取り式が行われ、土俵の魔を払い、力士の安全を祈ると言われているし、新年には各地の神社で破魔矢という矢を購入し、それを一年間家の家内安全のために神棚に置いておくなど。多分、人類が自分達の身を守り、獲物を獲る道具として、弓矢を使い始めることにより、次の文明に進化したことに由来しているのであろう。16世紀、鉄砲が伝...

続きを読む

火縄銃を収集するその1

全国に「鉄砲隊」組織が広まったのはここ20年間くらいだろう。草分けは東京新宿の百人町鉄砲隊だ。2年に1回、江戸時代の鉄砲隊のイベントを実施している。名和弓雄先生の功績は大きかった。おそらく現在50組織くらいが種子島から岩手まで各地に存在して、熱心に活動している。背景に当局の歴史的な保存に関する理解が変わったことも影響している。火縄銃を空砲で発射する催し物を見て、火縄銃を購入してみたい、収集してみたいとい...

続きを読む

三八式小銃

100年前(明治38年、1905年)制定された日本を代表する軍用小銃である。日露戦争に使用された三十年式小銃の後継として開発、制定されたが、日露戦争には間に合わなかった。およそ35年間にわたり、約340万挺が生産された。第二次世界大戦まで使用され、アメリカ軍はガーランド、半自動銃を使用していたので、時代遅れと非難された。歩兵銃、騎兵銃、騎兵銃のバリエーション四四式が存在した。口径6.5ミリで、棹かん式(ボルトアク...

続きを読む

火縄銃の値段

最近、骨董に興味のある人が増えた。日本のモノは、家具、食器、書画、衣類、人形、おもちゃ、道具類など幅広いアイテムがある。年に6回開催される平和島骨董市、各地の神社仏閣広場での骨董市には本当に様々なものが持ち込まれる。震災、戦災などにあったというのに日本にはどうしてこんなに古いものが残っているのだろう。武具、刀剣、火縄銃の類は、露天の骨董市にはあまりでない。かって、20年くらい以前には、火縄銃やその装...

続きを読む

機関銃は内燃機関と同じ

19世紀末に実用化された機関銃は20世紀を決めた10大発明のひとつと評価されよう。多くの発明家、マキシム、ホチキス、ブローニング、ルイスなどはアメリカ人であったが、その活躍の場が欧州であったと言う事実は興味深い。機関銃は、火薬が燃えるガスの圧力を使う、または反動を使う、その組み合わせなど、の機構で自動的に弾薬を補給し発射可能な自動兵器である。原理は同じ頃発明された内燃機関とピストン運動と同じだ。機関銃の...

続きを読む

刀を抜く

日本刀を抜くのはなかなか難しい。日本刀は他国の刀剣に比べて、刃が鋭利であり、薄く、軽い。刀の外装は、木の鞘と、断面が楕円形の木の柄で構成されている。柄には、手元を守る、金属製の鍔(つば)がある。全ての外装は刀身と構成されており、取り外すことが出来る。外国の刀剣は柄、鍔が刀身と一体化されたものが多い。日本刀を抜くには、右手で柄を握る。左手は、鞘の元を握る。左手は鞘の紐を通す出っ張り、栗形と鍔の間に入...

続きを読む

日露戦争と機関銃

今年は日露戦争が終結して100周年になる。戦争は旅順港が陥落して、はるばる北海から同地に向かっていたロシアの艦隊と日本の艦隊が衝突した5月27日に分け目がついた。旅順港は大規模要塞であり、明治の日本軍はこの攻略に手を焼いた。多くの犠牲が出た。日露戦争は10年後の第一次大戦の雛形と言われ、要塞、塹壕戦、特に機関銃を使った戦闘で双方に多くの犠牲者が出た。日本軍はロシア軍のマキシム式機関銃に悩まされたが、実は日...

続きを読む

日本の火縄銃射撃

日本の火縄銃射撃は、日本ライフル協会下部団体の「日本前装銃射撃連盟」に加入し、所定の講習を受講し、認定を受けることにより可能である。ただし、自分で、健全な日本の火縄銃の射撃可能な状態を所持していなければならない。日本の火縄銃など古式銃は、銃砲所持許可証(公安員会発行)ではなく、銃自体についている登録証(文化庁の委託を受け、各県教育委員会が発行する)の所有者名が本人になっている必要がある。登録証の付...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ