FC2ブログ

記事一覧

「軍装操典」と「昭和大戦博物館設立準備基金処分品月報」

日本の軍装品収集家、研究家に一番ポピュラーな2誌だ。「軍装操典」は79号まで出た。全日本軍装研究会代表辻田文雄氏が編集、発行している研究史で、維新戦争から第二次世界大戦までの日本の兵器武器、軍装、など幅広い分野のまじめな研究から、思い出までがほのぼのとまとめられている。年間数号が発行され、会費は3000円。 A4判、約100ページメールアドレス ftgunken_n@hotmail.com「昭和大戦」は古い。昔は「襤褸」と言った...

続きを読む

地震災害対策

普段、ビジネススーツやシューズで生活することが多い我々にとって地震災害対応の最適ワードローブは何か。オフィスから避難する、歩いて帰宅する。どういう服装がよいのか。やはり戦闘服、戦闘靴、ならびに背嚢だろうと考える。私はマリンコ(アメリカ海兵隊)の第一次イラク戦争時の一式をダンさんの協力で揃えた。大きさもぴったりだ。アメリカの背嚢は2段になっており、下部の柔らかいものを入れる部分は取り外した。戦闘服、...

続きを読む

弾薬(小火器徹甲弾)

小銃、機関銃など小火器に使用された各種の弾薬の中に、徹甲弾という弾薬がある。第一次大戦後、車両や航空機の発達に対抗し、弾丸が鉄の被甲を貫通するように工夫されたものだ。弾丸自体が硬ければよいのだが、硬い金属の弾丸は銃身内部を痛めて、兵器の寿命を短くしてしまう。このために徹甲弾は、2重になっている。外部は柔らかい金属で覆い、内部に硬い鋼の芯がある。弾丸が目標に当たると、周りの被甲ははがれ、芯だけが内部...

続きを読む

傾斜の必要性

車両を運転していて一番難しいのは速度を出したまま方向を変更することだ。高速道路、鉄道など2次元の交通機関の宿命だ。航空機は3次元の空間を飛行するので速度の速さと旋回は、むしろ速度が遅いことで失速する恐れが無い限り、機体の角度で旋回の大きさは調整できる。高速で小回りが利くに越したことはないが、機銃で撃ち合う前時代的戦闘機以外は大きく旋回しても影響はない。しかし道路や鉄道はそうはいかない。「尼崎JR西日...

続きを読む

擲弾筒と手榴弾

日本軍は歩兵が徒歩で進軍することを前提と考えていたので、歩兵兵器は携帯可能、他の兵器と組み合わせて使うことが出来るという概念で開発されたものが多い。八九式擲弾筒もその一例だ。高さ、60cmほどで、1名の歩兵が小銃と銃剣、手榴弾2個、小銃用弾薬120発に加え、この擲弾筒と4発程度の榴弾を運搬することが出来た。多分総計25kgくらいにはなったろう。八九式擲弾筒は、八九式榴弾と十年式手榴弾(八九式手榴弾に装...

続きを読む

ネービー通信(岡田三男発行)

「ネービー通信」は元海軍陸戦隊員、現いわき市で悠々自適の生活をおくっている岡田三男氏の、アナログブログのような記述物で、平成17年4月23日、第19号が発行された。今回は「私の人生記」も一緒だった。岡田さんの話の中で印象的だったのは、任務で硫黄島に行った時の話だ。硫黄島は2万人が玉砕した島だ。おそらく戦史上、最大の戦いのひとつであったろう。戦闘が始まる前にそこを見て来たのは貴重な体験だ。いつもか辛...

続きを読む

ライフルマン(アメリカン)

「アメリカンライフルマン」はナショナルライフルアソシエーション(NRA)の機関誌だ。月間で発行されており、NRAメンバーに送られる。まさしくアメリカの銃社会を象徴する存在だ。最近、内容が充実してきた。特集記事も良い。NRAは共和党系の団体でブッシュ大統領を支持している。クリントンの時代には銃規制で締め付けられて、銃器産業は相当痛手を受けた。民主党は弁護士出身が多く、弁護士が犯罪で使われた銃器メーカーを...

続きを読む

武器兵器の本(日本)

日本の武器や兵器に関して書かれた本は少ない。過去60年間に渡り日本は、平和を勘違いして、文明の一つである「武器兵器」を徹底的に避けてきたからだ。また、終戦直後に組織的、かつ大規模に資料の破棄が実施され、データが失われた。勿論、研究とは言え、武器や兵器を操作したり所持したりすることは法律で禁じられているが、現物を観察する機会も少ない。専門の研究家も少ない。過去60年間に書かれたものは1、日本の兵器を...

続きを読む

死傷者の統計

歴史問題でいつも議論になるのが、1938年日本軍が南京(当時の国民政府の中心地)を侵攻した際の「南京大虐殺」だ。中国では30万人殺されたと言われている。この事実を研究していた洞教授はこの数字は事実だと言っていた。「大型火力を使用せずどうやって短期間にそれだけの数を殺せたのでしょう」と言う質問に「機関銃を使ったのですよ」とお答えになったのを記憶している。この時は観戦武官もおらず欧米のジャーナリストも...

続きを読む

日露戦争英文資料

20世紀初頭、欧米で観戦武官などにより執筆された歴史本、写真集、イラスト集、絵葉書類が多種多量発行された。私が収集したものでも50点はあるだろう。丁度この頃はジャーナリストが写真を使うようになった頃だ。しかし写真は、夜間や動きの大きな風景は技術的に難しかったので、イラストも混ぜている。写真に着色しカラーにしてあったり、立体鏡で見れるカード式(100枚が1箱に収納)も何種類か存在する。日露戦争(1904-5年)...

続きを読む

サイトの改定 日本の武器兵器

2000年、ニューヨークでjapaneseweapons.comを開かれた日本の武器兵器の総合サイトだ。日本語、英語、で日本の刀剣から機関銃まで、幅広く、執筆した本の中からコンテンツを作成した。英語作成は。日本の機関銃研究の師、メイン大学教授エドウィンFリビー氏が監修してくれた。教授が直してくれたので、すごく格調高い英語である。当初、圧倒的に欧米人の読者が多かった。ところが、アメリカも日本もそうだがこの「業界」はいい加...

続きを読む

火縄銃はどのくらい当たるか。

日本の火縄銃など銃口から装填する銃は一部を除いて、銃腔内に筋(ライフル)は切ってなく、球状の弾丸を使用した。前装銃の後期にはケンターキーライフルやミニエー銃のようにライフルを切り、銃口から椎の実型弾を込める方式が出来たが、当然、装填はし難いものであった。回転をつけた椎の実型弾は遠くまでまっすぐに飛び、命中率は格段に良くなった。ただし装填し難いので、後装式に直ぐにとって替われたが。(そして完成された...

続きを読む

フリーマーケット(ロンドン)

ロンドンにはもう数年行ってないので、多分いろいろ条件は変化しているかもしれない。一番有名なのは土曜のみの「ポルトベロ」だ。街の中心に近くて、便利なところであり、坂道の両脇にお店と、道路には出店がびっしり並ぶ。坂の下のほうは肉屋とか普通の商店が並んでいる。この坂の途中、両側の道にも店が並んでおり、はずれには高級店もあった。坂両側の店はセンター化しており、内部に数店から十数店がある。人出は多かった。特...

続きを読む

フリーマーケット(アメリカ)

私が滞在していた11年間、東海岸各地のフリーマーケットを楽しんだ。ニューヨーク、マンハッタン、アメリカ街、26丁目、土日に行われるものは、真冬でも天気が許せば大勢の業者さんが集まり賑やかだ。観光客も多い。メインの会場は普段はパーキングで、入場料1ドルを取った。その近辺のインドアガレージやその他の空き地などもにぎわう。ニューヨークで使っていた家具は大体、このあたりで揃えた。夏場、東海岸の各地では日曜、...

続きを読む

火縄銃は何発撃てる

火薬と弾丸を銃口から装填する前装銃は、19世紀の中ごろ、火薬弾丸がセットされた弾薬を銃身の後部を開けて装填する、後装式の銃が開発されるまで、発火に火縄、火打石、管(パーカション)を使うと進化はあったが、銃が使用されて以来、16世紀初頭から主たる方式だった。前装銃は装填に時間が掛かった。前装銃,火縄銃はまず銃口から火薬を注ぎ込む、それから球状の弾丸を入れ、棒で押し込む。火皿に口薬を注ぐ。先が燃えてい...

続きを読む

骨董市2 人形

業者さんの顔を見ると品物が分かるようになると一人前。業者さんにもいろんな人がいる。竹日のオヤジさんのように、山ほど、どこかで新しいもの(アラモノと言う)も含め、多種多量の品を揃えてくる人がいる。私は海外に行く前にここでお土産品を見つける。昔、金太郎ような武者人形(かなり大きなものを)購入した。スーツケースにようやく入るくらいのものであったが、価格は安かった。これをアメリカで射撃大会の賞として出した...

続きを読む

骨董市(日本)

50代に骨董がブームを言う。私も火縄銃やその装具、武具など随分骨董市が見つけて無駄使いした。同じ無駄使いでも、1、勉強した。2、自分の嗜好ができた。3、モノは残っている。だからまあギャンブルより良いか、と納得している。大体もう25年間は骨董市のファンだ。日本だけでなく、欧州特にロンドン、それからニューヨーク、コネチカットのフリーマーケットには随分行った。(海外のことは次回に書く)首都圏では、平和島が...

続きを読む

銃砲所持許可証と銃刀法その1

銃砲の定義は金属の弾丸を発射できる機構を持つもしくはもてる可能性のある機器とでも言うか。例えば信号銃、船舶には欠かせない装備である。これも銃身の中に金属筒を入れることにより、金属製弾丸を発射できるということで、所持は許可されなかった。当然、エアガンも口径を小さくして金属弾丸を発射できるように改造すれば銃砲の範疇に入る。合法的に銃砲を所持するためには、公安委員会の発行する「銃砲所持許可証」が必である...

続きを読む

南部麒次郎氏

日本兵器の父だ。日本の数多くの兵器開発に携わり、「nambu]は幾つかの日本兵器の代名詞になっている。カラシニコフの先生のような人で、専門の教育は受けてなかっが、一種の「創造人」であった。アイデアが次々と出てくるタイプの頭脳を持っていたようだ。彼の発明で特に素晴らしいのは、三八式、九九式小銃の機関部だ。小銃そのものは棹かん式で、外観は他国のものも同じようだ。しかし上記の日本の小銃は、銃本体から遊底(ボル...

続きを読む

戦争映画

最近良い「戦争映画」が少ない。スピルバーグは戦争映画のオタクだが、彼もおとなしい。何でもイーストウッドが「硫黄島」と言う映画を撮っていると言う話がある。「硫黄島の砂」(Sands of Iwo Jime,1949)と言う映画があった。ジョン・ウエインが主演で、実写(記録映像)を使っていたが、現在製作するなら、CGは使ってもかっての記録映像は使えないだろう。1998年、「プライベートライアン」(Saving Private Ryan)監督Sp...

続きを読む

刀剣鑑定

現在、各地の刀剣鑑定会はどのくらい盛んに活動しているのであろうか。刀剣愛好家が定期的に集まり、刀剣の銘を隠して、刀身だけを見て、時代、作地、作者を当てる、と言うのは江戸時代以前から何百年も日本に続いた趣味活動だ。刀剣を単なる武器としてでなく、美術品としていた重要な日本文化だ。武士階級だけだなく、裕福なほかの階級の人々も参加した。日本刀剣の7割は備前(岡山県)の作と言われているが、正確な統計がある分...

続きを読む

ブローニング機銃

ジョン・ブローニングはユタ州の銃工で、猟銃、拳銃そして機関銃など様々な銃器の開発者として有名だ。特に反動利用するブローニング機銃は第一次世界大戦には間に合わなかったが、1917年アメリカ軍の制式兵器となった。口径は・30(インチ)で帯給弾(ベルトフィード)方式、空冷だった。アメリカ軍の優れていたところは、同じ形式の機銃を、地上用、車両用、航空機用に共通にした点だ。生産効率が良いだけでなく、前線で部品、...

続きを読む

航空機の操縦と射撃

航空機は言うまでもなく空中にあれば、3次元空間を移動する。従って3種類の舵と発動機を利用して操縦する。射撃は留まったところから、動いてない的に命中させることが基本で、次に動いている的に命中させることを訓練する。軍用小銃はほとんどがここまでが限度である。連発して発射できる機関銃と車両発達(第一次世界大戦期)により、射撃は車両から、もしくは車両を射撃する術が発達した。また第一次世界大戦期には航空機が短...

続きを読む

日露戦争の日本兵

今から100年前の日本人の体格は恐らく現在の身長で15センチ以上は低かったに違いない。それは当時の軍服(被服と言う)を観察しても分かる。(着物はかなりフリーに作ってあるが、洋服は個人の寸法が分かる)当時の人間、特に兵士はどのくらい耐久力(スタミナ)があったのだろう。日露戦争には英国、アメリカの観戦武官が大勢日本軍側に参加しており、彼らの記述が多く残されている。それらに共通しているのは、まず食べ物、米...

続きを読む

兵器が思想を吹き込む

日本の小銃(三八式や九九式)の上には「菊の紋章」が刻印されていたが、私はこれは銃を「天皇の兵器」にするというような陳腐な理由ではなかった、と述べた。しかし、兵器が人間に思想を吹き込み、兵器を神格化すると言う背景はあったかもしれない。カラシニコフ「AK-47」アサルトライフルは、人間に「反体制」と言う思想を吹き込む兵器として登場し、約半世紀にわたり世界に混乱を引き起こしたことは事実だ。「AK-47」を保持する...

続きを読む

射撃必須

アメリカコネチカット州はニューヨークとマサチューセッツの間にある教育レベルが高い、高所得者が多い州だ。開拓時代、ネイテブ部族の力が強く、移住してきた白人は、北のボストンか南のマンハッタンに拠点を築いた。コネチカット州には現在でも「インデアン居留区」が幾つかあり、カジノを営業しているところもある。コネチカット州、州都ハーツフォードの新聞社が作成した、州の歴史書によると、コネチカット州には、開拓時代か...

続きを読む

兵士と小銃

今も昔も兵士と小銃は切っても切れない関係がある。日本の小銃には「菊の紋章」が刻印され、兵士には「天皇陛下からお預かりした命より大切な兵器として扱え」と言う教育がなされたと言われている。しかしこんな理屈の合わない話はない。まず「菊の紋章」は、明治初期、各藩が装備していた多種な輸入小銃のなかから共通で使える形式を選びそれに、菊の紋章を刻印したことに始まる。また日本は明治より近代国家となった。近代国家の...

続きを読む

戦車の話(戦前の日本)

日本は戦車国ではなかった。もともと、装備に関する軍費は海軍の艦艇航空機に多く使われていて、陸軍の予算は少なかった。しかし満州事変の後、大陸大地での戦闘車両の必要性から、装甲車両、戦車が開発された。第一次世界大戦の勝敗を決めた戦車と言う兵器は欧米では一般的であったが、日本では歩兵の支援と言うことが目的で、戦車間同士の戦闘を目的にしたものとは言い難かった。八九式中戦車(1925年)、九五式軽戦車(1935年)...

続きを読む

教練

「教練」とは、一般的に戦前、日本でも盛んに行われていた、各種学校における軍事教練のことを意味する。現在、アメリカの大学キャンパスで「教練」を復活したいという動きが学生の中から起こっているという報道を読んだ。1930年代、日本だけでなく、ドイツ、イタリアなど枢軸国では一般学生に対しての軍事教練は盛んだったが、欧米では公立、民間の士官学校が専門に子供に軍事教練を実施していた。日本では第一次世界大戦後軍縮の...

続きを読む

銃剣の話(日本の三十年式)

明治30年(1897年)日本は各種の兵器を新たに制定した。そのうちの一つに約840万振り(同一型としては世界一の生産数)生産された三十年式銃剣があった。1945年まで、全ての日本兵に携帯された。この銃剣は全長52・5センチ、刃長40センチ、重量690グラムで、その特徴は日本古来の刀剣を踏襲した、片刃であると言うことだ。鞘は鉄板製であったが、第二次世界大戦後期には木製の鞘も作られた。三八式歩兵銃、騎兵銃、九九式小銃に...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ