FC2ブログ

記事一覧

Ordnance Went up Front by Roy F. Dunlap (軍需部前線に行く)

著者、ロイ F ダンラップは銃工で、アメリカ陸軍の軍需部下士官としてドイツ軍、イタリア軍との戦闘そして太平洋における戦闘に参加した。彼の任務はアメリカ軍の兵器の整備や修理であった。しかし彼は敵方、ドイツ、イタリア、日本各軍の兵器にも職務柄当然興味を持ち、フィリピンで鹵獲した日本軍の各種兵器を観察、操作、試験を行った。最後には日本本土にも上陸し、日本の終戦直後の異様な様子にも多くに記述を残した。この...

続きを読む

「レイテ戦記」 大岡 昇平著

写真は大岡昇平著「レイテ戦記」上、中、下、中公文庫刊、下、レイテ、セブの日本船沈没図(サイト、jsu.or.jp より)1944年後半、レイテ海上戦、レイテ陸上戦の敗北は、戦争の終結を1年間早めたと戦史家は言う。日本敗北の原因は、誤った情報に基づいた作戦の拙さによるものが主たるものだった。10月末から12月までわずか2ヶ月間で終了したレイテ戦。海上戦10月25日、栗田艦隊のレイテ湾突入中止で終了したが、日本...

続きを読む

「日本本土防空戦 」

この本は「B29撃滅作戦秘録」の副題がある。渡辺 洋二著 現代史出版会 徳間書店 1944年夏から、終戦まで約1年間、日本を悩ませ損害をあたえ、民間人の多くの犠牲を出させた、連合軍主にアメリカ空軍による都市爆撃への日本側抗戦の実態をえがいた本である。戦闘の流れを各種資料から誇大なく良く捉えた作品である。B29は日本に向けて、最初は中国大陸から、後に南方(サイパン)から延べ15000機が出撃し、日本...

続きを読む

中攻

海軍の中型陸上攻撃機、九六式(1936年)、一式(1941年)の物語である。(本の表紙、上が九六式、下が一式)巌谷 二三男著、1957年、原書房刊。副題「その技術開発と壮烈なる戦歴」この二つの機種は「陸攻」とも略された、日本海軍代表的陸上中型機だった。(水上機は二式大艇があった。)皮肉なことに九六式中攻は、1939年来、1942年にかけて華々しい戦果があったが、改良型の一式は、負け戦の中、悲劇的な...

続きを読む

Shots Fired in Anger(怒りの銃弾)

この本は、欧米の日本軍と日本軍兵器研究者のバイブル的な存在だ。著者のジョン・ジョージ中佐はガダルカナル、ビルマで日本軍と戦って、日本軍の闘い方、兵器を研究し、535ページにも及ぶハードカバー本を書き上げた。戦争中の著作なので、日本軍に対する怒り、憎しみ、偏見の記述があるのは否めない。しかし、兵器そのものに関しては客観的に観察し、評価している。日本の戦争、日本軍、将校、兵士、兵器などを研究するなら、...

続きを読む

「山の兵隊」 柳井 乃武夫著

柳井氏は1943年、東京大学の学生だった。「学徒出陣」はどこの国でもどの時代でもあったことだが、太平洋戦争中の日本の学徒は職業軍人、または一般応召された兵と同様かそれ以上に果敢に前線に出た。特に特攻兵器や、機械兵器を扱う任務に就かされた。柳井氏は1943年11月、学徒兵として出陣した。最初は軽い気持ちであったが、徐々に戦争そのもの、軍隊の非効率、非合理に慣らされて行く。インテリジェンスの高い人間ほ...

続きを読む

「大空のサムライ」 坂井 三郎著

坂井 三郎氏は下士官の零戦操縦士だった。写真は「大空のサムライ」と「その続」光人社刊中国戦線(九六艦戦)で初戦を飾り、1941年12月8日は零戦に搭乗し、台南基地からフィリピン攻撃に参加した。その後ニューギニアのラバウル、ラエ基地、ガダルカナルへの長距離攻撃、負傷。内地での目の治療、戦線への復帰、そして硫黄島と、海軍航空隊の歴史を歩み、数々の戦闘で危機にさらされたが、何とかこの戦争に生き残った。6...

続きを読む

「私の中の日本軍」 山本 七平著

山本 七平氏が存命だったら、現在の日本の近隣諸国との関係、小泉君の施策、及び日本の報道などをどのように分析するか。山本氏ほど、日本軍の現実と「報道の虚偽」に関して厳しい意見を述べていた方はいなかった。私は山本氏は「今の日本の近隣諸国の言いがかりのような歴史観」を突き放すような態度に拍手喝采し、それを批判する報道を「欺瞞」決め付けると想像するが。歴史は事実であり、現実として妥協すべきものではない。だ...

続きを読む

「空白の沖縄戦記」 森 杉多著

この本は昭和50年10月、昭和出版刊。沖縄戦が終結し、60年。もう一度この本を読み返してみた。戦後、沖縄戦のみならず、ありとあらゆる戦記もの、兵器もの、その他戦争に関する出版物が発刊された。中には自分の手柄だけを強調したり、論理的に合わない記述が多かったり、一体何を言っているのか支離滅裂なものまで、玉石混交であった。その中から、終戦60周年に掛けて、私が読んでみて、著者が真剣に戦争の現実と対面し、...

続きを読む

アッツ島とキスカ島

映画「キスカ」1965年の東宝作品だ。(写真は映画のビデオケース、なお本編は白黒だ。)私の戦争映画「100選」の中でも10位以内に入る名作である。監督丸山 誠冶、特技監督 円谷 英二、音楽 團 伊球磨「キスカのマーチ」(この音楽が良い)、三船 敏郎が木村少将を好演した。アッツ島、キスカ島には日本の戦史上、忘れられないドラマがあった。キスカ、アッツの両島は、千島列島からアリューシャン列島に入ったとこ...

続きを読む

朝鮮戦争と日本軍兵器その1

写真は中国軍突撃の犠牲者、数百人の単位だった。中部の戦闘ではこのような光景はしばしば見られた。昨年、韓国映画「ブラザーフッド」を見た。朝鮮戦争で、かの地の人たちの並大抵でない、辛苦、悲劇、テーマが絞れ、演技も演出も、戦争シーンも良くできた作品で、私の戦争映画「100選」に入れた。1950年6月25日、戦争が勃発したニュースがラジオから流れた時、我家は食事中だった。父親が「えらいことになった。」と,...

続きを読む

ベトナムと日本軍兵器

1940年代後半の「ベトミン」兵士。主に英国製の兵器を装備していた写真。フランス工廠製の日本の6・5mm小銃弾を見たことがある。なぜフランスが日本の小銃弾を製造したか、その裏には、第二次大戦終了後の、ベトナムのフランスからの独立、ベトミンとフランスの戦い、そして今の共産主義体制になるまでのベトコンとアメリカとのベトナム戦争、長い話があった。私たちはベトナムの歴史を良く知らない。19世紀半ば来、ベトナム...

続きを読む

天皇(昭和)を戦争犯罪人にしなかった背景

さて、第二次世界大戦中のアメリカの兵士用教育素材、[jap soldier]小冊子からの最後の記事である。この小冊子はインファントリージャーナル社が発刊して、かなり高い25セント(現在の物価なら20ドルくらい)で販売していた。推察するに軍事の専門家と言うより、タイムライフ誌など日本に1930年代取材した記者と政府の人間が執筆していたようだ。「日本の将校」と言う記事。写真は、中国戦線の野戦の中隊長クラスと小隊長が...

続きを読む

「戦艦大和」60年、お札の像に。

「戦艦大和]を日本通貨のデザインに使ったら」と言ったら非常識であろうか。現在、日本のお札は表に人物が、裏は、例えば1万円札は[鳳凰」、千円札は「富士」と言うようなデザインである。しかしこれが「戦艦大和」だったら意味はないか。「戦艦大和」は日本人にとって特別な意味がある存在のひとつだ。戦艦大和が「天号作戦」で沖縄特別攻撃に出撃し、約2500名の乗組員、その他艦艇の約1000名とあわせ、約4000名が命...

続きを読む

アメリカ軍が日本軍から学んだこと。偽装その2

「スターワーズ」「バットマン・ビギンズ」も日本趣味だ。ジェダイは着物を着て、光の刀で闘う。今度のバットマンの原点は「忍者」になっている。こうもりの手裏剣を使う。1943年初頭、フィリピンのバターン半島で、夜間、日本軍はアメリカ軍が陽動作戦を行うのではないかと恐れた。アメリカ軍は自分を隠そうとせずに、声高に話しをしたり、煙草を吸ったりしていたからだ。夜間の日本軍の常識では考えられないことだったようだ...

続きを読む

傷痍軍人

写真はライフ誌1939年7月10日号の記事からだ。私が子供の頃、渋谷や銀座の繁華街には、傷痍軍人がいた。昭和30年代前半の頃だ。白い病院着に戦闘帽を被り、どの人も腕か足が無かったという記憶がある。2名がセットになり、1名はアコーデオンで「異国の丘」「戦友」のメロディを弾いて、もう1名はお辞儀をする形で、前には箱が置いてあった。祖母と出かけると彼女はそういう人たちを見ると、必ず百円ほどのお札をその箱...

続きを読む

南樺太の40年間

100年前に戻る。1905年6月18日、日本軍先遣隊が樺太の南岸コロサコフに上陸した。日本海海戦の勝利により、日本は制海権を完全に確保し、ロシアを講和の場に引き出すためだった。それまでの1年半間、戦場は外国の地であったものを、直接ロシアが領土と称しているところに侵入し、緊張感を与えるのが目的であった。ロシア軍はリヤゾノフ中将以下数千の規模の駐留軍が樺太を守っていた。日本は第十三師団を主力が24日に...

続きを読む

日本兵の救急能力

この写真の手当てを受けている人間は「日本の兵隊」であろうか?被服、特にパンツや、髪のスタイルから、日本の衛生兵の手当てを受けている「中国人兵士」ではないかと推定する。横に立っている兵士が見張り役と思われる。写真は「jap soldier]小冊子の1枚だが、特にこの写真に関して直接的記述はないが、この記事は日本兵を褒めちぎっている。タイトルは[First Aid] 救急治療。「日本軍の救急治療能力は優秀だ。英軍の情報によ...

続きを読む

日本兵の射撃能力

写真は、古式泳法の演武であろう。(jap soldier「Training For Malaya]より)マレーシア攻略への訓練演武は、鎧の兜を被り、騎兵銃をプールのようなところで泳ぎながら狙いを定めると言うシーンだ。東京オリンピック1966年、の水泳競技の間にこの写真とまったく同じような演武の映像をテレビで見た記憶がある。その際、短めの村田銃を使用していた。この騎兵銃のような短い銃は現在の銃砲所持許可では所持できない。演武者は侍...

続きを読む

愚民化政策だったか。

1930年代から戦時下の教育はマインドコントロール的「愚民化政策」であったか。多分、現在がもっとも「愚民化政策」が成功している時代であり(過去60年間の成果として)、戦時下までは目的はともかくとして日本は「賢民化政策」であったと、敵国には恐れられていた。「jap soldier]小冊子の「Sons of the Son of Heaven」と「100,000,000Japs by 1960'S]の二つの記述から見てみる前者は「神の子の息子達」、後者は「1...

続きを読む

進駐軍が柔剣道を禁止した理由

1945年8月15日、日本国がポツダム宣言を受諾、連合軍に降伏して、日本には進駐軍が入ってきた。ダグラス・マッカーサーが最高司令長官だった。その進駐軍が実施した幾つの施策の一つに、学校における教練の禁止、さらに体育での柔道、剣道の禁止があった。連合軍司令部GHQは間接統治を行い、ガイドラインを占領下の日本国政府、自治体に示し、実施させた。中には本当にそれが進駐軍の命令であったかどうか、疑わしものも...

続きを読む

日本軍と毒ガス兵器

[jap soldier]小冊子に珍しい写真があった。日本軍が防毒面を装着し、市街戦をしている様子だ。第二次上海事変のものだろう。十一年式軽機関銃と1分隊がレンガの建物の蔭に隠れている。全員防毒面を装着していた。この分隊は陸軍兵士のようにみえるが防毒面が分離式で、背中に吸収缶(解毒装置)が背負われているので海軍陸戦隊兵士だっただろう。同誌の題は「The Jap Have Used Gas](日本軍はガス兵器を使用した)内容は、「日...

続きを読む

子供への軍事教育

私の叔父は第二次世界大戦中に中学生だった。私が小学生の頃、近所に早稲田大学学生でよく話をしてくれる人がいた。(彼も少年期は大戦中だった。)この2人とも、航空機や艦艇に関する知識が非常に豊富で、「爆弾の軌道とか」「軍艦と巡洋艦の差」と言ったようなことにも知識があった。私は彼らの話がとても好きだった。江戸末期より、武士階級のみならずその他の階級でも子供に読み書きのほか剣道などの武道を習わせた。現在は英...

続きを読む

日本軍の通信(the jap soldier より)

[Communications]通信と題した記述である。とても興味深い内容だ。上の写真はその記述の右ページの日本兵が無線機を操作してる様子だ。以下その説明、「日本軍の通信は進歩している。日本兵(通信兵)の多くは英語を話し、理解する。我々はほとんど日本語がわからない。彼等の通信は通常言葉で話し、暗号解読の手間がない。彼等は英語で我々を攪乱させる通信を行う。彼等の通信設備はとても性能が高い。それはアメリカの機材をそっ...

続きを読む

靖国神社とアーリントン墓地

イラクの戦闘で命を落としたアメリカ軍兵士はアーリントン墓地に葬られる。これは一種の「奉り」であるとみてよいだろう。第二次世界大戦前のアメリカのジャーナリズムは「靖国神社」を特殊なものとして、とらえていたが、その扱いは小さかった。記述は靖国神社は日本独特な文化、精神としている。例えば、ライフ誌1939年7月10日号には、中国から帰った遺骨が兵士に抱かれて通りを行進している様子。「死んだ兵は灰になり、...

続きを読む

偽装、迷彩の名人だった日本兵

映画「シン・レッド・ライン」(ガダルカナルの日米戦を描いた)の一番最後の部分、森の端が動くと、それが完全装備、九九式小銃を保持した日本兵だった、と言うシーンだった。中国戦線でも、太平洋でも日本軍は偽装網やその他の装具を使うのが上手で、見え難い標的であった。偽装(迷彩)は、個人から大きな兵器までかなりの訓練をしてあった。アメリカ軍をはじめ連合軍はその偽装を恐れた。写真の例は「Japanese Soldiers at Chi...

続きを読む

「南京虐殺の謎」ジャプソルジャーの中の記述より

「ジャプ・ソルジャー」誌(1944年刊)は、アメリカ兵に日本兵への反感を教えるために、内容を誇張して製作された小冊子であるが、その中に「南京虐殺」記述がある。「アジア的新秩序」と言う皮肉な題で、右側の写真は数名の黒こげの人間の死体(全て同じ方向を向いているので、何らかの目的で同じ方法で同時に殺害されたと思われる。)その後ろに銃剣付き小銃を構えた鉄帽を被った日本兵1名が合成されている。背景は、何か植...

続きを読む

アメリカに残っていた虚偽反日写真の例

1996年6月16日のことだ。ニューヨークタイムズ紙日曜版を読んでいた私は、「中国の台頭と共に高まる日本との緊張」(今年出してもおかしくない記事だが)と言うかなり大きな記事の写真の間違いに気がついた。万里の長城を行軍する日本軍と言う題だが、日本軍ではなく中国軍閥軍の写真だったのだ。鉄帽の形状、被服、毛布を担ぐ方式、銃、兵士の顔は黒く消されていたが、こんな日本軍はない!と言うことで、早速、同紙に抗議...

続きを読む

硫黄島(IWO JIMA)世紀の戦いから60年

6月19日、日本国首相小泉 純一郎君が硫黄島の戦い60周年慰霊祭に参列するそうだ。日本の首相がこの慰霊祭に参列するのは大変意義のあることだと評価してうれしく思う。「硫黄島の戦い」は、多くの歴史家が戦史史上、10大戦のひとつに入れている重大な戦いで、その双方の犠牲者の多さでも有名だ。硫黄島はアメリカ軍にとって初めての日本本土上陸作戦だった。同島は、東京から南1250キロの距離に位置するとても小さな島...

続きを読む

これが日本兵だ!(This is a Jap Soldier)

1944年刊アメリカ軍の教育資料からの例だ。列車に乗っている日本兵だが、明らかに先回紹介した、ライフ誌1939年7月10日号(10セント)の、写真から作成したものである。上がライフ誌、兵士は穏やかな顔をしている普通の出征風景だ。下の「ジャップソルジャー」誌は人間を戦場の兵士に置き換え、更に顔に修正を加え、不気味な感じを強調している。大体、列車に乗り込み移動する兵士が、防塵眼鏡や、弾薬盒、それに不明...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ