FC2ブログ

記事一覧

日本の捕虜収容所

「King Rat]はシンガポール、チャンギあった日本軍が管理する、連合国兵士の捕虜収容所をテーマにした小説だ。イスラム系マレー人が豚肉を食していたり、、日本人の名前がでたらであるなどリアリティにかけていたが収容所の劣悪な生活環境、非人道的な状況を描き、ベストセラーとなった。1942年はじめ、アジア各地で日本軍の捕虜となった連合国兵士の多くは日本本土の収容所に送られた。過酷な食料事情、労働で多くの捕虜が死...

続きを読む

竹槍で人は殺せるか?

多分、殺すことはできないだろう。(写真はbambooサイトより、竹を自転車にするくらいならかわいいが、武器にするには?)1944年2月、日本政府は「非常時宣言」を出し、この頃から「本土決戦」とか「1億玉砕」などと言うことばが使われ始めた。海軍は壊滅的になりつつあり、陸軍政府に対して毎日新聞は1944年2月23日付記事「勝利か滅亡か、戦局はここまできた」と言う記事を掲載し、その中で「竹槍は間に合わぬ飛行機...

続きを読む

日本軍がゲリラ戦が出来なかったわけ。

1942年初頭、フリッピン諸島を日本軍が占領し、アメリカ軍が撤退した後も、一部のアメリカ人は同地に残りゲリラ活動を指揮した。潜水艦から無線機関係備品、武器、兵器を補給してもらい、情報活動をアメリカ軍の再占領まで続けた。住民と共同作業であったが、住民の兵器装備は悪かった。アメリカ軍が残した殆どの兵器と装備は日本軍に鹵獲されてしまっていたからだ。(日本兵は鹵獲品のジーパンをはいていたそうだ。)逆に戦後...

続きを読む

義烈空挺隊の死生観

今の人間には「必ず自分は生きては帰れない」と言う心理は理解できないと言うか、現実のものと考えられない事実だ。例えば、旅に出るとき、これで帰れないとは考えて出る人間はいないだろう。60年間、日本は平和を享受しているが、これが永遠に続くと良い。ひとつの死生観の例を60年前にみてみたい。1945年5月24日夕方、熊本県健軍飛行場を発進した12機の陸軍九七式重爆撃機の搭乗員、操縦者150名余は疑いもなく自...

続きを読む

大西 瀧治郎軍司令部次長的死に方

軍人は自分の[死ぬときと死に方」を考えておけと教えられていた。海軍神風特攻隊の生みの親、大西 瀧治郎中将は8月16日、自刃した。つまり腹を切ったわけだ。靖国神社に彼が帯刀していた刀が展示されている。大西 瀧治郎は海兵40期、1945年8月、55歳だった。彼の生き方はとても考えさせられる。1941年初頭、第11航空艦隊参謀になり、真珠湾攻撃の策を練った人間の一人だったと言われている。日本の戦争の「は...

続きを読む

終戦3週間前の日本経済と兵器生産

日本の兵器生産を見てみると、1945年7月後半には殆ど生産停止状態であった。一部特攻兵器は何らかの形で生産されていただろう。一般経済はほぼ「脳死状態」だった。農業生産は労働人口の落ち込みから秋の収穫は見込めず、このままでは餓死者は100万人と、政府の非公式な予測は出ていた。燃料不足から流通は停止し、漁業なども極端に停滞し、食料生産は瀕死の状況であった。軍事物資はある程度備蓄され、陸軍は1年間ほどの...

続きを読む

広島・長崎への核攻撃は防げなかったか。その3

技術的、物理的にアメリカの核攻撃を防止できなかったかどうか、2回、空と海の防衛の具体的な誤りに関して述べた。今回は視点を変えて、日本がなぜあのような、世界史上前代未聞の「孤立した」状態で数年間も戦争を続けたか、またその終わり方にまったく筋書きがなかったか、の「不思議に関して」の問題提起である。1、まずは外交を松岡 洋右に任せていたこと。1933年満州国承認を巡り、日本は国際連盟を脱退するが、他の方...

続きを読む

広島・長崎への核攻撃は防げなかったか。その2

写真は伊号大型潜水艦 全てが芸術品的な兵器であった。戦後のミサイル搭載原子力潜水艦の思想だった。太平洋戦争後半の展開を見てみると、日本海軍は戦術的に二つの大きな愚作を長年行ってきたことの結論が見える。一つは言うまでもなく、「大艦巨砲主義」であった。自らが1941年末から42年初頭にかけて証明したとおり、航空機の前に艦艇は敵ではなかった。これは航空母艦でもおなじで、大戦中、日本は25艦の大型空母を含...

続きを読む

広島、長崎への核攻撃は防げなかったか。その1

1945年8月6日、広島、9日、長崎へのアメリカ空軍のB-29単機攻撃による核攻撃を防衛することは出来なかったのか。日本陸軍、海軍の航空隊は本土各地の基地から邀撃する防空戦闘機隊が大編隊で襲来するB-29に対しては着実に成果を挙げていたのになぜ、単機で侵入してきた高高度B-29攻撃を防げなかったのかはひとつの謎である。本土には電探(レーダー)が陸、海軍が地域を分担し配備され、その連絡網も整備していたはずだ。単...

続きを読む

日本の誇るべき航空機用計器類

航空機はどんなに簡単な形式でも、1、速度計、2、高度計、3、ボールバンクインジケーター、4、上昇計、5、磁石、6水平義の6つの計器は必要である。特攻機「桜花」はこの6つの計器と、ロケットの推力計のみだけしか計器盤には見えなかった。零戦などの戦闘機にはこれらに加え、発動機回転計、発動機温度計、同油圧計、油温計、電圧計、整流計、燃料圧力計、燃料計、などの計器が加わった。また、無線機関係の計器、射撃関係...

続きを読む

日本軍人許せない男の象徴「辻 正信」

写真は中佐時代の辻 正信、写真に修正を加えてあると言う。60年前の暑い夏、連合軍の爆撃、特攻攻撃、国民の前途不安な窮乏生活。この歴史的事実に、大いに責任があったにもかかわらず、戦後の混乱期に衆議院議員、参議院議員になった許せない男がいた。様々な戦争記録を読むと彼の名前は「無謀」な戦争に突入した過程で、、日本国が判断を誤った一つの象徴として浮かんでくる。勿論、当時の彼の地位では国の意思決定には直接影...

続きを読む

日本陸海軍航空隊の技術と実力 その名誉

写真は「日本航空機の装備 1940-1945年」表紙Japanese Aircraft Equipment 1940-1945 Roveret C. Mikesh A Schiffer Millitary History Book第二次世界大戦までの日本の軍事技術評価はおかしなことに、この日本では、「とても欧米水準に遅れた精神主義的なもの」か「世界一だったが物量に負けた」の2極分化の傾向がある。現実はそのどちらでもない、細かくいろいろな現物を調べていくと、日本の技術力は現在、様々な工...

続きを読む

日本陸軍航空隊局地戦闘機の活躍 その1

写真は陸軍四戦局地戦闘機「疾風」キ84陸軍の戦闘機は、九七戦(ノモンハンでソ連戦闘機1000機を撃墜したと言われている)、一式戦「隼」いずれも軽戦闘機で、翼の構造など軽くしかも強くするために、翼内に機関銃を収納することができず、胴体の7・7mm八九式固定機銃2挺のみであった。八九式固定機銃は元はイギリスのビッカーズ機銃で、軽量、頑丈で安定性が高かった。同じく海軍は7.7mmを九七式固定機銃として制...

続きを読む

日本海軍の名誉その2、第三〇二航空隊

写真は局地戦「雷電」上昇力が優れていた。海軍は陸軍に比べると、本土防衛のための局地戦闘への対応が遅れた。戦艦大和が沖縄に特攻攻撃して、殆どの艦艇を失った日本海軍の末路は哀れであった。約60万人の地上要員を陸船隊、防衛隊をして主に日本本土に配置して本土決戦では、特攻と陸戦をおこなうべく準備していた。横須賀工廠などでは総力をあげ、地上用兵器の生産を行っていた。零戦に替わり、局地戦闘機「雷電」を三菱は堀...

続きを読む

日本海軍の名誉その1、第三四三航空隊と紫電改

写真はわずか400機しか生産されなかった川西、紫電改1944年から45年にかけての日本本土防衛戦は、その殆どの役目は陸軍航空隊が任を帯び、海軍航空隊は、1944年レイテ海戦で連合艦隊が壊滅して以来、その出番はすくなかった。しかし、海軍が防空戦闘機として川西航空機に発注した、紫電改はわずか10ヶ月の開発期間で完成し43年末に初飛行、45年から松山の三四三航空隊に配備された。343航空隊はとても短い期...

続きを読む

化学兵器 前代未聞の要求

写真はガス攻撃に備える日本軍(「中国戦線の日本兵より」)日本が満州やその他中国大陸に残してきた、化学兵器の残骸が住民に影響を与え死亡する人まで出たので日本政府は謝罪し、2兆円にも及び被害者への補償と、兵器の処理を行うとのことだ。「何かおかしくないか?」先方のタカリ的体質は言うまでもない。果たして日本に責任はあるのか。国際法上はない!と判断できる。1945年8月15日、無条件降伏した日本軍は降伏文書...

続きを読む

神風特別攻撃隊 その3

写真はサイトessexから、エセックスに突入する零戦と攻撃を受けた空母エセックスこの突入する日本機の写真は有名で、この撮影者も死亡したと伝えられている。陸海突軍機による神風特別攻撃隊は1944年末から45年8月15日まで、延べ3912名が出撃、その戦果率は敵艦轟沈が何十分の1、損傷が10分の1くらいであった。神風特別攻撃隊は海軍大西 瀧二郎中将の発案で、圧倒的に優勢な敵に立ち向かうには、爆弾を抱いた戦...

続きを読む

神風特別攻撃 その2 桜花

写真は「桜花」(サイト「日本の海軍航空機あれこれ」より)現物は日本、アメリカに10機近くある。バージニア州カンティコの海兵隊博物館を訪問したことがあった。この博物館は膨大な日本の武器兵器の収集物を保有している。常設展示の中に、「桜花」があった。女性隊員が布で丁寧に機体を磨いていたのが印象的だった。「桜花」は1944年、海軍が開発したロケット機であった。乗員1名。全幅5m、全長6mの小型機で、後部に...

続きを読む

神風特別攻撃 その1

写真は、「インテレピッド」博物館(同サイトより)と関大尉が攻撃した「セントロー」(サイト特別攻撃より)毎年この頃になると、大戦末期の日本の「特別攻撃」を思い出す。ニューヨーク市42丁目波止場に係留されて今は博物館となっている小型空母「インテレピット」は、レイテと沖縄で2度の日本の特攻機攻撃を受けて損傷した。10年ほど前、ゲームソフト発表イベントをこの博物館で行い、大戦中同艦の乗員であったガイドから...

続きを読む

20世紀世界三大殺戮者の共通点

写真は、アドルフ・ヒットラー、毛 沢東そしてヨシフ・スターリン(各々のサイトより)「歴史問題」の争点で忘れられている大きなポイントがある。1人の人間のリーダーシップ(独裁)の元、どれだけの人間が殺されたかと言う基準だ。自国民、他国民を大量に殺した体制や国には他国の歴史問題を語る前に自国の反省をするべきだ。議論をすり替えてはいけない。20世紀、三大殺戮者をあげるとすると、1、ヨシフ・スターリン、2、...

続きを読む

日露戦争の講和その2、

写真は1、講和交渉の席、2、講和の結果、日本が得たものの地図、3、休戦中もロシア占領地では日本のスパイ狩りがコザック兵により行われていた。コザックはモーゼル拳銃を持っていた。(画像はJapan's Fight for Freedomより)講和は2005年9月5日に締結された。日本の全権大使小村 寿太郎は、ロシア全権大使ウイッテに対して、「鷹が大熊に」向かうように果敢に交渉したと言われていた。日本にも、ロシアにもすでに...

続きを読む

日露戦争の講和その1、

写真、上は東郷連合艦隊司令官の凱旋式典。東京、新橋。新橋に「凱旋門」があった。下はルーズベルト大統領を挟んで日露講和交渉全権大使。画像は「Japan's Fight for Freedom]より100年前の7月、日本は樺太を占領し、これで講和の条件は整ったと考えた。アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトは本心から日本のことを考えていてくれた人だったと思う。ロシアもほっておけば、国内の不満は暴力的な行動に拡大し危険な状況だ...

続きを読む

日露戦争の日本兵ー海軍陸戦隊

日本海軍の陸戦隊は日清戦争の際、艦艇別に編成され、主に、上陸作戦、停泊中の艦艇の警護、拿捕艦艇の制圧などの目的があった。当時、武装はヘンリーマルティーニ銃(アメリカメイン州製)を使用していた。日露戦争では戦艦、巡洋艦などには組織的に陸戦隊が編成され、その任務はますます重要となった。海軍は志願兵で構成され、日露戦争時の士官の多くは英国で訓練を受けていた。20世紀初頭の日本海軍の水準は欧米以上であり、...

続きを読む

日中戦争の真相

1930年代の日中戦争は日本の歴史上の10大不思議の一つと言っても間違いない。今でも同じ状況だ。なぜ何十年も経過しても中国共産政権は民衆に、過去の一部の出来事だけを取り上げ、隣国日本を目の敵にするのか、その事実だけを取っても不思議な現象だ。「反日記念館」を改修、これでもかこれでもかの「反日教育」を子供や若者に行っている。現在でも日本は戦前の満州国へ以上の投資を中国に続けている。日本の刑務所は中国人...

続きを読む

1939年のアジアの著者、コリン・ロス氏は米国情報員

コリン・ロスはオーストリー出身で、ドイツのジャーナリストとして、1939年年初より、日本に入り取材活動を行った。写真は著者と、ライフ誌の記事。ライフ誌1939年7月10日号の8ページの「戦争機械ー日本」と言う記事は、彼の本「原題、新しいアジア」と内容が酷似ししていた。「靖国神社」、「若者の教育」、「天皇と政治」、「日本の神々」、「戦争が始って2年、日本本国は栄えているように見える。」の題のとおり、...

続きを読む

「日中戦争見聞記」 コリン・ロス著 1939年のアジア

コリン・ロス氏はドイツに併合されたオーストリーのジャーナリスト、映画製作者であった。この本は1939年年初、日本に到着し、車で各地を旅行、そのまま朝鮮半島から、満州、蒙古、中国本土、そして、前年、日本軍の空爆に悩まされていた重慶にまで入った紀行記である。訳 金森 誠也、安藤 勉、新人物往来社刊。本の表紙の写真、左が本人だ。よく戦争中なのにこれだけ動けたものだとまずは感心する。1939年と激動の時代...

続きを読む

「日中戦争見聞記」 コリン・ロス著 1939年のアジア

この本はオーストリー(ドイツに併合された)国籍のコリン・ロス氏が、1939年初頭から日本、朝鮮、満州、モンゴル、中国を旅しまとめた紀行記である。 金森 誠也、安藤 勉訳、新人物往来社刊日本、朝鮮、満州、中国に関して興味深い記述表現があるのと、同氏の紀行の本当目的は一体何であったのかを明日、明後日2回に分けて記述します。...

続きを読む

「日中戦争」 5 児島 襄著

写真は1940年6月、宣昌、焦土作戦は中国軍が行ったもの。膠着状況の頃の戦闘だ。(「中国戦線の日本兵」より)今日7月7日は「盧溝橋事件」の68周年になる。かの地では反日運動が盛り上がっていて、その報道に接すると、歴史的事実を正しく詳細に認識してない日本人は小さくなっているようで情けない。何でもかんでも日本人が悪かったのか。事実は異なる、もっと複雑だった。 歴史は事実の積み重ねであり、その経緯を識る...

続きを読む

「日中戦争」 4 児島 襄著

日中戦争が始った。この巻は1937年夏から約1年間に起こったことを明細に記したある。事実を学ぶと、現在中国側で、日本の歴史認識に関しごちゃごちゃ言っている共産主義者は、ほとんど当事者ではなく、当時者は日本軍と国民政府軍(中華民国)であった。共産主義者は軍事的な実力は十分には備えられてなく、ゲリラ的戦闘と、扇動を行うのみであった。従って、日本に歴史認識を求めるなら、中華民国が当事者であるべきだろう。19...

続きを読む

「日中戦争」 3 児島 襄著

この巻は、1933年春、日本軍は万里の長城より北に撤退し、しばしの紛争が少なかった期間、1937年7月初頭までの話だ。1937年7月7日深夜、北京郊外盧溝橋の演習場で、日本軍と中国軍が衝突し、戦火が中国全土に広がることになった。日本はいやおうなしに、第二次世界大戦に巻き込まれることになった。写真は1937年7月18日、北京、天津間の鉄道駅を守る日本兵。明らかに緊張感がみられる。(「中国戦線の日本兵...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ