FC2ブログ

記事一覧

知られてない死の真相 ロンメル将軍 「砂漠の狐」 戦争映画100選 その49

ロンメル将軍はドイツ陸軍機甲師団最高司令官として、北アフリカで、西部戦線で、指揮をとり、連合国側からは「砂漠の狐」と呼ばれ、恐れられた。英軍はロンメル個人を攻撃するコマンドーの作戦まで実施した。だが、攻撃目標にロンメルはおらず、作戦は失敗した。また彼はヒットラー総統暗殺計画に関わったとして、ゲシュタポに事情聴取されそのまま持病が悪化入院して、終戦を待たず死亡した。本当にロンメルはヒットラー暗殺計画...

続きを読む

アメリカで一番悲惨だった戦争 「風と共に去りぬ」 戦争映画100選 その48

私はアメリカの南部、昔の「コンフェデレイトステーツ」が好きだ。どうしても南部贔屓になってしまう。野球はヤンキーズファンだが。 画像は南部連合の戦闘旗。映画のDVD.南北戦争(Civil War)は1861年に始まり5年間続いた内戦であった。アメリカにとって一番悲惨で悲劇的な歴史のひとこまだったろう。300万人の兵士が前線に赴き62万人が死亡した。なぜこんなことになったのか、単に「奴隷解放」と言う題目だけが原因で...

続きを読む

いやー面白かった 「サハラ戦車隊」 戦争映画100選 その47

ハンフィリー・ボガード(Humphrey Bogatt)は第二次世界大戦を挟んで様々な映画で活躍した俳優だ。この映画、確か私は10歳くらいのとき、父親と渋谷に観に行った。「いやー面白かった」と言うのが親子共通の感想で、興奮は3-4日間、続いた。現題は砂漠の[SAHARA]で、1943年、アメリカ参戦後2年後に公開された作品だ。白黒、スタンダード。監督はZoltan Kordaという人で、この人が前年42年、監督した「ジャングルブック...

続きを読む

日本人が知らなかった戦場、砂漠 「砂漠の鼠」 戦争映画100選 その46

今回、自衛隊がイラクに行ってはじめて日本人は砂漠での軍事行動を経験したのではないか。日本は中国、アジア、南洋で戦ったが、砂漠に一番近い地形と言うのは「ノモンハン」くらいで、北アフリカのような砂漠地帯の戦闘は経験がなかったはずだ。第二次大戦、北アフリカでの戦闘をテーマにした映画は、アメリカ、英国、ドイツ、イタリア、オーストラリアなどで製作されており、同地の戦闘がいかに過酷で、歴史に残るものかと意識さ...

続きを読む

中国帰りの三八式歩兵銃とその負い帯

映画の話はちょっとお休みして20年以上前になるが、中国から、アメリカに渡り、そして無稼動に改造され日本に輸入された三八式歩兵銃の話だ。本体は名古屋工廠の中期製作で、製造番号37916、木部は相等痛んでいた。無稼動状態は完全過ぎるくらい完全で、銃身は下半分が無く、遊底は内部も外部も溶接され、稼動するところは何も無い。さく杖もない。遊底は初期型の安全装置を掛ける円形の彫りが手の込んだ造りの方式であった...

続きを読む

紙一重だったガダルカナル の勝敗 「ガダルカナル日記」 戦争映画100選 その45

1943年製作の前年1942年8月からのガダルカナル作戦をテーマにした映画である。アメリカの海兵、陸軍、海軍、沿岸警備隊など協力を得て製作したとクレジットにあるが、不思議なことに、自軍をあまり鼓舞していない、ガダルカナルの戦況、現実をそのままに描いた作品であった。(最後のシーンで日本軍を海に押し返すところがあったが。)明らかに「シンレッドライン」の元になった作品だ。監督はルイス・セィラー(Lewis Se...

続きを読む

1969年だから出来た航空戦 「The Battle of Britain] 戦争映画100選 その44

映画と言うのは製作のタイミングが実に重要だ。「バトルオブブリテン」は1969年、英国で作られた。話は1940年6月から8月までのドイツと英国の主に航空戦だった。第二次世界大戦が終了して、四分の一世紀、まだ戦争中の飛行可能な機材が残されていたのだった。また車や当時の雰囲気を出す様々な素材も入手可能だった。そのためにかなり真実味のある迫力がある、作品である。監督は後に007シリーズで有名となったガイ・...

続きを読む

日本でももっと製作して欲しい戦争映画 「五人の突撃隊」 戦争映画100選 その43

日本ではこの種の戦争映画が少なすぎたと言うのが感想だ。この作品は大映(永田雅一社長)、監督井上 梅次、1961年、白黒、ワイドスコープ作品である。話が作り物的でなく、良く出来ている。役者がうまい。戦場、戦闘シーンの臨場感がある。敵軍の様子も出てくる。また演出のテンポが良いなどから、日本の娯楽戦争映画としては戦争映画100選に入るものであろう。話はビルマ、インパールを臨む最前線。補給はなく、戦車を多...

続きを読む

本当に「永遠」な 「ここより永遠(とは)に」 戦争映画100選 その42

「ゴッドファザー」の最初の部分、ドン・コルリオーレのところにハリウッドの歌手・俳優の男が来て「今度の映画、あの役を是非やりたいのだが、プロデュサーが俺を嫌っているんだ。」と泣きながら頼みにくるシーンがあった。その設定は、Frank Sinatra、彼が出た「From Here to Eternity]の2等兵役のことだったのだ。「ここより永遠に」は大ヒットした、8つのオスカーをとり、12のほかの受賞があった。シナトラの役は中隊のボ...

続きを読む

ドイツ人よりドイツ兵らしいアメリカ俳優 「鉄十字勲章ー戦争のはらわた」 戦争映画100選 その41

皆さんは勿論、「ナチス」と「ドイツ国防軍」の差は分かりますよね。ナチスはイデオロギーでした。ドイツ国防軍は軍事国家ドイツのプロイセンからの伝統を引き継いだ、軍隊組織です。どうも、これらを混同してわけの分からないストリーも多い。ロンメル将軍のようにナチスと一線をかくしドイツ軍人としての名誉に生き死んだ人間もいたのだ。「 Cross of Iron]はサム・ペキンパー監督、1977年、アメリカ製ドイツ軍映画だ。題名...

続きを読む

昔から変らない煽情と若者 「西部戦線異常なし」 戦争映画100選 その40

若者が戦争に昂揚され、戦場に赴く、現実に直面し、一体何で俺はここにいるのだ。周囲は「死」ばかりだ。世論は「反戦」の作り方もうまいが、その逆も長けているのだ。若者を騙すことは容易い。この作品は原作エンリッヒ・レマルク、[All Quiet on the Western Front],名作だ。第二次世界大戦前に日本で原作を読んだ人も多かったにちがいない。レイテに行った叔父の本箱にもあった。しかし、理屈で分かっていても、若者は煽られる...

続きを読む

日本の本格的戦争ドラマ 「戦争と人間」 戦争映画100選 その39

何年か前に4巻のビデオを購入した。日活が倒産する原因の一つになった巨大なドラマだ。「戦争と人間」は1970年、続編1971年、そして完結編が1973年に完成した。監督は山本薩夫。出演者は当時の一流の演技者を揃えていた。滝沢修、北大路欣也、吉永小百合、山本圭などなど、全てを挙げることは出来ない。全部を観るには8時間くらい掛かるので、よほど覚悟がないと試せないがドラマ部分の出来も、戦争シーンの完成度も...

続きを読む

戦争映画以上の西部劇 「ザ・ワイルド・バンチ」 戦争映画100選 その38

絶対に観なければならない映画10を挙げるならかならず入る。西部劇のカテゴリーだが、話は1910年代後半なので、ギャング映画にも入れる人もいよう。私はこの映画は文句なく戦争映画に入れる。そんなことはどうでもよい。1969年、Sam Pekeipahの名作だ。1995年にノーカットデジタル版が再公開された。配役もすごい。主人公のパイク・ビショップ(Williama Holden)は仲間を集め、最後のシマをテキサスではるつもりだっ...

続きを読む

ベトナム戦争の嚆矢 「C中隊の野郎ども」 戦争映画100選 その37

「Boys in Company C]は1978年のローバジェット映画で、約10年後に名作「Full Metal Jacket]、リメイクではないがとても良く似ている映画として再登場した。監督はSidney J. Furie.サンディエゴの海兵隊に全国から徴募してきた様々な若者達の話だ。主人公は黒人だ。彼は優秀なので、仲間うちのリーダー格となる。Stan Shaw(後のアクションスター)が、タイロン・ワシントン暫定軍曹、その仲の良い、作家志望のビリー・レイ...

続きを読む

ハワード・ヒューズの愚作 「太平洋航空作戦」 戦争映画100選 その36

ハワード・ヒューズは最近の映画デカプリオが演じた映画「エビエイター」にあるようにヒューズ航空を創設した人で、ハリウッド映画にも力を入れていた。(「アビエイター」と発音して欲しくない。)特に航空機を主役にした映画を巨額な費用を掛けて数多く製作したが、残念ながら航空の知識がある私でなくても一般の人でも満足する出来のものではない。何でも実機を買って来てモハビ砂漠で飛ばしたり、空中戦をしたり、墜落したりの...

続きを読む

少年の頃、やはりこれも一番面白かった 「大脱走」 戦争映画100選 34

こういう映画はもう出来ない。この映画ははたして、アメリカで作ったのか、欧州にロケしたのか、長い間考えていたが、やはり南ドイツにロケしたのではないかと思う。「The Great Escape]は1963年、監督は「老人と海」「鷲は舞い降りた」のジョン・スタージズ(John Sturges)だ。原作はPaul Bickhill({ダムを壊せ」と言う映画の原作も書いた。)配役が凄い。脱走の常連アメリカ空軍戦闘機操縦士ヒルト大尉はSteve McQueen,調達...

続きを読む

少年の頃観て一番面白かった 「ナバロンの要塞」 戦争映画100選 その33

10代の頃、観た「The Guns of Navarone]は何度観てもあきることがない。アリスティ・マックィーンの原作で、彼の作品は極めて短時間に物語が進行し、どんでんがえしが特徴だ。この作品は1961年、監督は英国のミステリーの巨匠J Lee Thompsonであった。舞台はドイツに占領されていたエーゲ海ギリシャ領の小島だった。この島の崖の中腹にドイツ軍は巨大な沿岸砲台を設置し、英国艦隊の動きを封じ込めていた。崖の中腹にあるの...

続きを読む

最高の娯楽ミステリー 「荒鷲の要塞」 戦争映画100選 その32

1960年代は大型、娯楽戦争映画制作が盛んな時代だった。第二次世界大戦、朝鮮戦争そしてベトナムの兆し、題材には事欠かなかった。そんな中でも1968年、ブライアン・ハットン(Braian Hutton)監督の「Where Eagles Dare]は、アリスティー・マックーン(Alistain Maclean)原作、ストリーも良い、配役も良い、テンポや、舞台背景も良い、で楽しめた作品であった。監督は作品数も少ないしどういう人か良く知らない。話は19...

続きを読む

F86セーバージェットが主人公 「ザ・ハンターズ」 戦争映画 100選 その31

「トコリの橋」と同じ年、1958年、デック・パワウエル(Dick Powell)監督、カラー作品のこの映画は、アメリカ空軍の朝鮮半島における「F86セーバー」ジェット戦闘機とソ連製「ミグ15」戦闘機の空中戦がテーマの映画だ。伊丹基地にDC4で到着する空軍パイロット達のなかに歴戦の経験があったクレーブ・サビール大佐(RobertMItchum)がいた。朝鮮での司令官、ダッチ大佐(Richard Egan)は第二次世界大戦中からの盟友だった。北欧...

続きを読む

日本の平和がうらやましかった 「トコリの橋」 戦争映画100選 その30

1952年11月、日本は戦争が終わり7年間が経過、すっかり平和にひたっていた。アメリカ海軍は横須賀、佐世保を基地に朝鮮半島近海に空母を派遣、空爆を行っていた。終戦後、大きく変化したのはジェット機が艦載機にも使われたことだ。しかしジェット機での離着艦は高度な技術が必要で、第二次大戦で活躍した優秀な操縦士が再び召集され、再訓練で第一線に赴いた。彼らは社会ですでに仕事に従事し、家族もいた、そういう操縦士...

続きを読む

ソ連の”ベトナム”アフガン侵攻 「ビースト」 戦争映画100選 その29

1991年ソ連が崩壊し、冷戦は終わった。ソ連崩壊の原因のひとつは1981年のアフガニスタンへの侵攻だった。泥沼化(アフガンは砂漠地帯なのでおかしな表現だが。)した戦争で国力を使いはたした。この映画「The Beast of the War」は1988年、ケビン・レイノルド(Kevin Reynold)監督作品、アメリカで製作された映画だ。しかし内容はソ連軍の内幕もので、アメリカ人が英語でソ連兵の役を演じている。だが主役はT-62戦車だ...

続きを読む

劇画的ベトナムストリー 「地獄の黙示録」 戦争映画100選 その27

「Apocalypse Now]は1979年、フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppora)監督作品で、2つのオスカーを取り、14の賞を受賞した大作だ。2001年に未カット版が再公開されたが、これは長かった。原作ジョセフ・コンラッドの[Heart of Darkness]を映画化したものだが、コッポラは作品賞が取れる監督ではない。物語は、まず海岸のベトコン補給基地と思われる、普通の村を、陸軍第5騎兵師団のヘリコプター軍団が...

続きを読む

意外なるベトナム名画 「フォレスト・ガンプ」 戦争映画100選 その26

「Forrest Gump]は1994年、ロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis)監督作品で、純然たる戦争映画ではない。6つのオスカーと31の受賞をした名画だ。南部アラバマ州貧しい町で育った、父親を知らず、小児麻痺で脚が不自由、少し知的障害もある男の話だ。青年のフォレストはTom Hanksが演じた。ある日、ワルに追っかけられて、おさな友達の少女の「ラン、フォレスト、ラン」と言う言葉で、奇跡が起こった。脚が治ったのだ。映画...

続きを読む

ベストベトナム映画 「ディアーハンター」 戦争映画100選 その25

戦争映画100選には、ベトナム映画ベスト5作品が入っている。そして、その1位はやはり,マイケル・チミノ監督、1978年作品[The Dear Hunter]である。ペンシルベニア州、ピッツバーグの鉄工所で働く、ワーキングクラスの若者3人が主人公だ。田舎の普通のワーキングクラスの人間、あまり理屈と言うか、物事を難しく考えない層が戦争で受ける肉体的、精神的ダメージを紆余曲折の物語で描いていた。戦争のシーンと平和のシーン...

続きを読む

陸でも頭がおかしくなった指揮官 「地獄の戦線」 戦争映画100選 その24

映画「Between Heaven and Hell]は1956年カラー作品で、監督は「トラ トラ トラ」のアメリカ側を作った、リチャード・フレイシャー(Richared Fleisher)だ。画像はそのDVDパッケージ。レイテ島が舞台で、アメリカ南部のテキサス州兵部隊の話であった。戦争が1人の若者に多くの苦難をあたえ、彼を成長させて変えてしまったというのがテーマだ。主人公のサム・フランシス・ギルフォード一等兵(Robert Wagner)は、地主の息子...

続きを読む

終戦真近におかしくなったアメリカ海軍艦長 の話、「ケイン号の反乱」と「ミスター・ロバーツ」 戦争映画100選 その21と22

二つの映画は一つはシリアスな裁判もの、もう一つはコメディだが、終戦直前になり、精神的に正常でなくなった艦長とその副官の話であると言う共通点があった。また制作年度も「ケイン」が1954年、「ロバーツ」が1955年と殆ど同じ時期で、両方ともカラー作品だ。「ケイン」(The Caine Mutiny)の舞台は日本近海まで侵攻している駆逐艦だ。もう日本軍の反撃は殆どなく、乗員の士気も緩んでいた。フィリップ・クエッグ艦長(H...

続きを読む

永久に価値が変わることのない小島 「硫黄島の砂」 戦争映画100選 その20

日本とアメリカが対立していた時代、日本領土南端硫黄島は両者にとって最重要な戦略地点であった。将来、日本とアメリカが中国やロシアと対立することがあったとしても、硫黄島の重要性は同じであると考えられる。硫黄島を制すると太平洋の入り口を見張ることになるからだ。「Sands of Iwo-Jima]は1949年、カラー作品で、監督は戦前からの巨匠アラン・ドワン(Allan Dwan)だった。海兵隊の硫黄島攻略とすり鉢山に星条旗を掲げ...

続きを読む

生産力の差 B17爆撃機 「頭上の敵機」 戦争映画100選 その19

第二次世界大戦、アメリカとドイツ、日本の戦力の差はどこにあったか?その一番顕著な例はアメリカの「4発大型爆撃機」の存在だった。B17は欧州、太平洋に配備され、「空飛ぶ要塞」と呼ばれていた。その後継機がB29だった。B-17は驚くことにボーイング社で1935年開発され’37年ー45年の間に約13000機が生産された、その38%の4735機が戦闘で失われた。従って、爆撃の効果は絶大なものがあったが損害も桁外れだ...

続きを読む

欧州戦線映画の原点 「コンバット」

[Combat]は映画ではなくテレビシリーズだ。日本でも吹き替え版が放映された。アメリカではABCネットワーク木曜夜、1時間番組として、1962年から67年まで5年間続いた。シーズン毎でも年間26本x5で125話以上のストーリーがある。とても懐かしい番組だ。CMとステブレ枠を除き1本が45分間で完結した。実際の欧州戦線は11ヶ月間しかなかったので、同じ分隊が125回も戦うのは不可能だったが。欧州戦線のチップ・...

続きを読む

本当に歴史を変えた「史上最大の作戦」 戦争映画100選 その18

「史上最大の作戦」(The Longest Day)は1962年の作品で、連合軍の史上最大規模の欧州大陸侵攻作戦、ノルマンディ上陸の1日間を描いたものだ。監督は3人いて、英国の話はケン・アナキン(Ken Annakin),アメリカの話はアンドリュー・マーテイン(Andrew Martin)そしてドイツの話はベルナード・ウィケ(Bernhard Wicki)だった。だから、各々の国民は各々の言葉で,背景で演技しており真実感が強い。戦争映画のベスト5に入る作...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ