FC2ブログ

記事一覧

スティーブ・マックイーンのキャラクターを決めた「英雄達の地獄」 戦争映画100選その104

スティーブ・マックイーンは60年代から70年代に掛けての有数のアクションスターだ。彼は1960年に「荒野の7人」、1963年に「大脱走」に出演し、その俳優としての地位を確立したが、この作品「Helll is for Heros]は、ストリー的には「荒野の7人」、役柄的には「大脱走」をいくものだ。この作品の戦争映画としてのスコアは高い。脇役も良い。邦題「突撃隊」Don Siegel監督、1962年、白黒作品で、舞台は第二次大戦...

続きを読む

二世のユーモア 「当たって砕けろ」 戦争映画100選 その103

第二次大戦欧州戦線にアメリカ生まれの日系人部隊約16000名が参戦し、そのうち10000人もが死傷した話は有名である。アメリカにおける日系人地位を高め、戦後彼等が急速のアメリカ人化したことのきっかけとなった。「Go for Broke]は1951年、実話に感激したRobert Pirshと言う人が脚本を書き、自分で監督した。彼は後にテレビ界で活躍した。原題は「当たって砕けろ」と言う意味だ。話は実話に基づいていた。テキサス...

続きを読む

心の刺青を見せる 「ベトナムへの旅行」戦争映画100選 その102

この映画は日本では公開されてない。カナダ人Sidney J. Furieが監督した「Going Back](「帰還})と言う、2001年のテレビ映画だ。それをアメリカでは劇場用に「Under Heavy Fire](「猛攻撃の元で」とした。)ベトナム戦争中のアメリカ海兵隊一小隊の物語だ。海兵隊員は陸軍、海軍、空軍の3軍と異った強い特徴を持っている。よく海兵には「心の刺青」と言う言葉があるが、一度叩きこまれた精神と友情は永遠に変らないと言う意...

続きを読む

シンプルな物語だがほろりとする「五人の斥候兵」 戦争映画100選 その101

筆者には1930年代後半の日本と中国の戦争ほど、その背景が曖昧で、よく理解できない歴史的事実はない。日本国民は果たして全面的に戦争を望んでいたのであろうか。この映画は1938年度、日活作品、監督 田坂 具降、北支戦線のある中隊を描いた作品だ。ベネチア映画際に入賞し、最初の日本映画の海外受賞作だった。物語はシンプルだ。岡田中尉(小杉 勇)指揮する中隊は大隊本部から離れ、中国軍が駐屯していた村を攻撃し...

続きを読む

23歳だった「撃墜王アフリカの星」 戦争映画100選挙 その100

戦後それほど経ってないない1957年製作、ドイツ映画だ。監督Alfred Weidenmann。筆者は10代の頃、2回見ており、最近また見直した。原題は[Der Stern von Afrika]、主役のハンス・ヨアヒル・マルセイユ(Joachin Hansen)は1939年、空軍の操縦候補生としてメシュターシュミットMe109の訓練に励んでいた。1941年夏、「バトル・オブ・ブリテン」に参加した。同僚のロベルト・フランケ少尉夫妻と同じ集合住宅に住んで...

続きを読む

ミニシリーズの戦争映画 「バンド・オブ・ブラザーズ」 戦争映画100選 その99

有料放送は劇場に行くのと同じように金の掛かった本格的コンテンツが視聴できる。HBOは有料有線放送の先駆け的存在で、多くの「ミニシリーズ」を製作している。人がホテルを予約する際にHBOが見れるかどうかで決めるというくらいだ。[Band of Brothers]は2001年製作、60分間、10話からなるシリーズで、日本ではWOWOWが放映した。監督はDavid Frnakel, Tom Hanksなど8名が行い、全体をステーブン・スピルバーグが監修した...

続きを読む

戦争映画100選はまだまだ続く、請うご期待。

戦争をテーマ、もしくは重要な要素として物語が構成された映画について書いて98タイトルとなった。「100選」と言っているが、このシリーズはまだまだ続く。100と言う数字は、厳選はしているが、いろいろな国の、様々な時代の、バラエティのある背景の、映画を「沢山」、選んで紹介し、筆者の感想や解釈を語るもの、と理解して下さい。今、用意しているものだけでもあと10くらいはあるし、まだまだこれからだ、と期待願い...

続きを読む

壮烈なる印パキ国境紛争 「カリギリ停戦ライン」 戦争映画100選 その98

インドとパキスタンは1947年、英国からの独立来、カシミール地域の帰属を巡り争っている。インドは人口10億2000万人多くがヒンドゥー教徒だ。パキスタンは人口1億5000万人殆どがイスラム教だ。両国とも核を保有している。(核を有している国同士の紛争は現在世界でここだけだ。)両国は、英国から独立した時には大小562の国で構成されていた。カシミールは両国の間の山岳地帯にあって、領主はマハラジャ(ヒンド...

続きを読む

ソ連から見た日本軍 「前線突破せよ」 戦争映画100選 その97

この作品は1982年、監督ユーリー・イバンチェク。英語題は「To Cross the Frontier](前線突破と言う意味)日本題は「満州帝国崩壊」ソビエト進軍1945、と言う。題材は1945年8月9日、ソ連の日ソ不可侵条約一方的破棄による、満州国侵攻だが、政治色はない。ある後方支援を命令された一中隊が意外な展開で、強力な日本軍との戦闘に巻き込まれた話だ。地形的にまたラマ教寺院が戦場になることから、満州国のモンゴルに...

続きを読む

作戦と同じ中途半端な大作 「バトル・オブ・バルジ」 戦争映画100選 その96

バルジ作戦(アルデンヌ攻撃)は1944年12月、ドイツが連合軍に対して行った最後の大規模な反撃であり、連合軍は33000人の死傷者を出し、手痛い打撃を受けた。一方、ドイツもこの作戦で温存していた力を使い切り、半年後の降伏を迎えた。1960年代は戦争映画の10年間だった。[Battle of Bulge]は1965年、カラー167分の大作だ。監督は[The Longest Day]の英国部分を手がけたKen Amanakinで、彼は石原裕次郎が...

続きを読む

フランス外人部隊を有名にした「モロッコ」 戦争映画100選 その95

この作品は厳密には戦争映画ではない。ラブロマンスものだ。監督はオーストリー出身のJosef von Sternberg、Gary CooperとMalene Dirtrichと言う1930年当時の大スター競演で、第二次大戦以前のヒット作としてはベスト10に入る作品だ。白黒、91分。舞台が良い。フランス領モロッコの砂漠地帯だ。配役が良い。ゲリー・クーパーの役はアメリカ人のフランス外人部隊の一兵士、トム・ブラウン(偽名の代表)、マレーネ・ディト...

続きを読む

アフリカのめちゃくちゃな状態 「太陽の涙」 戦争映画100選 その94

20年ほど前、私の部署にはアフリカでのビジネスがあった。クライアントさんは車会社だった。アイボリーコースト、ケニアなど何カ国は良い市場だった。今は何もない。輸出もしてないそうだ。アフリカ全体で「戦争」と言われる状況は10箇所以上あるとのことだ。エイズ、食料不足、内戦、毎日何万人も人間が死んでいる。この作品の舞台、ナイジェリアもそうだ。1億2000万人の人口に250に民族が存在し、各々が昔ながらの戦...

続きを読む

兵器マニアには堪えられない 「地獄の7人」 戦争映画100選 その93

元題「Un Common Valor]は1983年作品で、同じ年に同じ名前のテレビ映画が製作された。1955年には同じタイトルの映画が製作された。3つとも内容は全然別なな作品だった。Valorは「勇気」と言う意味で、「異常なる勇気」と言うのが元題の意味だ。監督は、「ランボー」のテッド・コットチェフ(Ted Kotcheff)で最近はテレビシリーズ[Law and Order]を監督した。歯切れの良い演出で知られている人だ。テキサス州の大資産家と...

続きを読む

ホロコーストに反抗したドイツ人 「シンドラーズリスト」戦争映画 100選 その92

スピルバーグ(Steven Spielberg)の作る映画のカテゴリーはそれほど多くない。まず宇宙が好きだ。戦争とホロコーストをテーマとしたものも多い。[Shindler's List]1993年、白黒、195分と言う長編作品は7つのオスカーを得た名作だ。ドイツ人、オスカー・シンドラー(Liam Neeson)はビジネスマンだ。仕事の関係で軍上層部と繋がっていた。SSのアモン・ゴッス(Ralph Fiennes)はユダヤ人収容所の所長だ。この2人を対比し...

続きを読む

奇跡の帰還 「コールドマウンテン」 戦争映画100選 その91

[Cold Mountain]はチャールズ・フレイザー(Charles Frazier)の同名の大ヒットした小説の映画化だ。南北戦争時の南部、ノースキャロライナの故郷へ負傷しながら一人で帰還する兵士のドラマだ。久しぶりに見た大作だった。コールドマウンテン村の大工インマン(Jude Law),牧師の娘アダ(Nicole Kidman)それに、脇役がRenee Zelllueger,Phlip Seymour Hoffman,Natlie Portman, Donald Sutherland, Govanni Ribisi, Brendan Gleesonな...

続きを読む

2人の兵士の偶然の出会い 「若き獅子たち」 戦争映画100選 その90

アビーン・ショー(Irvin Shaw)の同名の小説を、アメリカで当時、最も人気のあった2人の役者に演じさせた映画だ。監督は「ケイン号の反乱」のエドワード・デムィトリック(Edward Dmytryk).[The Young Lions]は1958年、白黒、167分の長編作品だ。(学校を早引きして、映画館を出て来たら、外は真っ暗だったのを覚えている。)アルプスのリゾート、ゲレンデを見事なスキーさばきで降りて来た、クリスチャン・ディーストル(...

続きを読む

殺戮の現実 「キリングフィールド」 戦争映画100選 その89

いやー恐ろしい映画だった。実際にカンボジアから逃れた人間が演じていたこともあり、迫力と言うかその恐ろしさは、日本人のように内戦や、イデオロギーで桁違いに大勢の一般人も殺してしまうようなことが歴史上なかった民族には、そう遠くない時代(30年前)、しかもあまり遠くないところで実際にあった、この事実を考えただけでもぞっとするが、その真実や背景は永遠に理解できないだろう。主人公がポルポト支配の収容所から逃...

続きを読む

中国はまたやるかも「北京の55日」 戦争映画100選 その88

石原 慎太郎都知事ではないが、中国はやはり不気味だ。1900年の義和団事変、本質は地方の暴動騒ぎであったのが、いつの間にか政府である清国も暴徒側になってしまい。北京の8カ国の外交官とその家族は55日間、生命の危険にさらされた。「北清事変」とも言われているが、同年5月末から暴徒が外国公館のある居留地を囲み激しい攻撃を加えた。6月11日にはドイツ公使ケトレル氏が殺害され、英、米、日、露、独、仏、伊、墺...

続きを読む

領土は血と犠牲で守り、取る 「アラモ」 戦争映画100選 その87

[The Alamo]は2回、映画化されている。ストリーや登場人物は殆ど同じだ。アラモはテキサス州、サンアントニオにある小さな修道院あとだ。アメリカ大陸には欧州のさまざまな国から移住があり、この辺りはメキシコと地続きで、スペイン人が多かった。18世紀よりこの修道院には宣教師が来て、インディアンに布教活動を行っていた。アラモとはスペイン語で「綿の木」と言う意味だ。しかしテキサス州に移住してきたヨーロッパ人はメ...

続きを読む

優れたドキュメンタリー「空の神兵」 戦争映画100選 その86

第二次大戦に現れた、新しい戦闘部隊は「空挺部隊」だった。ドイツの西部戦線電撃侵攻、連合軍のノルマンディ作戦、など大規模に空挺部隊は戦争初期から終わりまで活躍した。現在の空挺隊は回転翼機を使用するが、当時は落下傘降下か、滑空機であった。日本軍は1942年、1月、海軍空挺隊のセレベス島メダン、2月、陸軍空挺隊のスマトラ島作戦で、空挺隊、こんな戦法もあったのかと世間を驚かせた。「空の神兵」は同年9月公開...

続きを読む

こんな植民地軍があった 「ガンガ・ディン」 戦争映画100選 その85

ガンガ・ディンはインド人の象使いの青年だ。彼の夢は英国植民地軍の正規兵になることだった。英国はインドでシーク(大きなターバンの)を植民地軍にしていた。ガンガがシークであったかは定かではなかった。この映画は、この植民地軍、3人の軍曹に当時の人気俳優を揃え、荒唐無稽なストリーながら、各俳優のファン層を狙った、コメディ調の戦争映画だ。元は劇画だった可能性はある。1939年、George Stevens監督、白黒、ハリ...

続きを読む

航空機が戦争に使われるようになった 「ブルーマックス」戦争映画100選 その84

ニューヨークから北へハドソン河沿いに2時間ばかりドライブすると、ラインベックと言う村に着く。そこの広大な草地で、夏の間、第一次大戦中の空中戦のショーがある。勿論使われている機材は当時のドイツ、フランス、英国、アメリカの戦闘機に似せて今の発動機を搭載したレプリカだ。機関銃の音や、発煙、爆弾などを使い、地上の基地や農家を攻撃したり、くるくる回りながら空中戦を行う。観客席に座り、それらを眺めていると時間...

続きを読む

戦争映画の定義

戦争映画100選も大分回を重ねてきた。自分でもなぜこれが戦争映画だったかと確信の持てない作品もあった。ここで振り返りつつまたこれから書き続けるために「戦争映画」とは何か、を定義したい。なぜなら、戦争を背景にして、ドラマやロマンス、あるいはコメディがセットで描かれている作品は非常に多いからだ。また、人気のある役者でヒット作を作るために無理に製作した作品も多い。戦争そのものに焦点を当てて、戦闘やそれに...

続きを読む

皆軍服が似合う騎兵隊「アパッチ砦」 戦争映画100選 その83

ジョン・フォードはアメリカの最北部、メイン州の出身だが西部劇が好きだった。騎兵隊やインデアンのことも詳しく、またアクションだけでなく、ストリー、カメラワークそして音楽に凝った。すでに書いたが「駅馬車」「捜索者」「黄色いリボン」など名作が数々ある。「アパッチ砦」はもう説明の必要もない有名な作品だ。ヘンリー・フォンダとジョン・ウエインが騎兵隊連隊指令官と副司令官を演じた。2人ともジョン・フォード作品の...

続きを読む

弱兵だった第一次大戦中のアメリカ軍 「彼らはコルデュドに来た」 戦争映画100選 その82

第一次世界大戦中の1916年3月、ニューメキシコ州コロンバスをメキシコの武装集団、パンチョ・ビラが襲い略奪や殺人を犯した。アメリカ陸軍はメキシコ国境を越えて彼らの本拠を攻撃し、ビラを捕まえようとした。この映画は、1959年、監督ロバート・ローセン(「ハスラー」も監督した)、主演が当時、一番人気があった、ゲーリー・クーパーとリタ・ヘイワーズだった。原題「They came to Cordurd]リタの役はパンチョ・ビラ...

続きを読む

おふざけのデザートストーム作戦 「Three Kings] 戦争映画100選 その81

第一次イラク戦争、「ガルフ戦争」とか「デザートストーム」とも言われるが、これを題材にした映画は意外に少ない。この作品は1999年、David O Russell監督。モロッコにロケをして制作した。第一次イラク戦争は、1990年(日本はまだバブルの頃だった)夏、イラクがクエートは地下で繋がっている自国の石油を「盗んでいる」とフセインがいちゃもんを付け侵攻したことに起因した。「アラビアのロレンス」にもあったが、イス...

続きを読む

ロシアの大地と戦争 「ドクトルジバゴ」 戦争映画100選 その80

まず映画としては最高級作品であることに間違いない。Boris Pastermakの小説を、1965年、David Leanが映画化した。「アラビアのロレンス」から3年後だった。物語、映像、編集、テンポ、演技、すべて、個人ではどうしょうもない大きな歴史のうねりに巻き込まれていく人間達を飽きさせずに見せる。この物語のドラマ性に比較してら、私たちの人生など本当に安穏なものだ。ロシアが日露戦争に敗れ、国内の矛盾が吹き出てきて、第...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ