FC2ブログ

記事一覧

リーダーシップで成功したノルマンジィー作戦 「アイク」 戦争映画100選 その112

1944年6月6日のD-Day,連合軍のノルマンジィー上陸作戦の最高司令官に誰がなるか。どのように連合国をとりまとめ、いかに犠牲を少なく作戦を実施したか。そのD-Dayまでの90日間の話だ。国際社会でリーダーシップがどれだけ重要かがこの作品のテーマだ。「IKE] Countdown to D-Dayは2004年、監督Robert Harmon,テレビ映画だが、劇場映画と変わらない質でスコアも高い。エミー賞にノミネートされた作品だ。Tom Selleckが...

続きを読む

ビルマ戦線の双発機

1944年10月8日配信の讀賣新聞焼付けカードの画像だ。説明は「ここはビルマ前線基地、我があんまの地上勤務員が、おい上下五十銭だよ、と飛行機を送れ、そして荒鷲に肩を凝らせるな!」とある。ビルマの1944年末は末期的な状況であった。インパール作戦は失敗に終わり、英軍を主力とする連合軍に地上でも空中でも押されぱなしであったはずだ。ピストの状況だ。4人の搭乗員、そしてそのうちの一人の首筋を揉んでいる地上...

続きを読む

国民政府軍1944年の兵器

中国の国民政府、各地軍閥は1920年代より各国の各種の兵器を輸入しまた自国で生産していた。讀賣新聞焼付けカード1944年7月28日に、衝陽で投降した国民政府軍とその兵器の写真がある。説明は「わが猛攻に堪えかねて断末魔の衝陽から武器持参で投降する重慶軍勇士(?)」とある。約20名ほどの半ズボン、裸足の不安そうな表情の兵士が、3種類の機関銃とその三脚架を担いでいる。手前はマキシム機銃、その先にホチキス...

続きを読む

アッツ島山崎大佐が見送る最後の連絡便

アッツ島はキスカ島と同じく、1942年夏に日本陸海軍が占領したアメリカ領土アリューシャン列島の島だ。翌、1943年、5月にアメリカ軍の上陸作戦が実施され、日本軍ほぼ全員が戦死した。この画像は讀賣新聞焼付けカードのもので、影などが不自然なところもあるが、(航空機の影は下に、人間の影は左にと、合成かもしれない。)以下の説明が付いている。「写真の○印は軍神山崎部隊長の最後の後姿である。あの玉砕の直前、部...

続きを読む

日本海軍艦艇に搭載された九六式対空25mm機銃

珍しい海軍巡洋艦前部(煙突の大きさ、煙のながれから推測するに)の九六式25mm対空機銃坐の画像だ。1944年1月、讀賣新聞焼付けカードからで、説明は「写真は雲霞の如き敵の大編隊に敢然と応戦する印度洋○○方面わが海の精鋭」とある。九六式25mm対空機銃は、単装、2連、3連と3種類あり、艦艇だけでなく地上の対空機銃としても使用された。ホチキス方式で、15発入りの大きな弾倉を機関部の上部に立てた。射手は2...

続きを読む

CIAの前身OSSの話「マドリーヌ通り13番地」 戦争映画100選 その111

ジェームス・キャグニーが演じるOSS(CIAの前身)のエージェントは、なかなか迫力があった。作品は1947年、白黒、ミステリー、アクションの巨匠、ヘンリー・ハサアウエイ(Henry Hathaway)監督作品だ。ハサウエイは「ナイアガラ」「西部開拓史」「エアポート」などの数々の作品を手がけてが、テンポの良い演出で知られていた。題名の「マドリーヌ通り13番地」はフランスの英国海峡よりにあるルアーブルと言いう街にあったゲシ...

続きを読む

国連に金をだすな!「戦争の帝王」-ロード・オブ・ワォー 戦争映画100選 その111

ニコラス・ケージ(Nicolas Cage)がユダヤ系ロシア人武器商人を演ずる、2005年、アンドリュー・ニコール(Adrew Niccol)監督、スコアの高い作品だ。ケージが演じるユーリ・オルロフはウクライナの生まれで幼少の頃、ニューヨークのリトルオデッサと言うロシア系移民の町に移住した。父親に同行したシナゴグゥー(ユダヤ教会)でのつてで、イスラエルのウージー9mmを手に入れそれを街のギャングに転売したことから武器が利...

続きを読む

特攻が始まる直前の操縦士

背景にある機材と日付が消されているが、内容から1944年秋から年末にかけてのルソン島の陸軍航空基地を推察される。当時、配備されていた機材は二式戦か三式戦だっただろう。10名の陸軍夏用飛行服、飛行帽、落下傘ハーネスを装着した操縦士が小隊長から、攻撃目標、命令を聞いている場面だ。(讀賣新聞焼付けカードより)説明は「レイテの湾の敵を叩き込みつつある勇壮無比のわが荒鷲たちが部隊長から一機も逃すなと激励され...

続きを読む

川西九七式飛行艇に見る整備兵

第二次大戦中の傑作兵器の一つに二式大艇があったこと、日本に1機現存していることは以前書いた。九七式飛行艇はその前の形式であった。讀賣新聞焼付けカードには多分シンガポールであろう、海軍水上機基地での九七式飛行艇の発動機整備の様子が画がかれていた。1943年(昭和18年3月7日)説明には「連日南太平洋の米軍基地に果敢な攻撃を加えているわが海鷲の基地、赤道下の暑い陽を受け有志は素っ裸で飛征く愛機を整備す...

続きを読む

日本の火炎放射器

讀賣新聞焼付けカードの画像と説明だ。説明は「実際のトーチカに対して最新鋭の火炎放射器の威力を試す大陸の鉄血陸戦隊、一瞬にしてぺトンは溶流し破壊される。」日本軍の火炎放射器に関しては、マレー、コレヒドール島攻略の際に使用された映像が残っている。また中国戦線では、東京日日新聞の写真にも、この画像と同じようなものを見た。記録ではキスカ島の海軍陸戦隊の装備、レイテ島への陸軍の装備録に「火炎放射器」の項目が...

続きを読む

「熊谷陸軍飛行学校」 1943年6月

昭和18年6月、讀賣新聞焼き付けカードより。説明は「新潟下臨港第一町内会潤田清蔵さんの妻りいさんは愛児が病気で操縦生になれぬのを嘆いて熊谷飛行学校に教官を訪れ懇願した。愛児の機上姿を見届けて帰郷した。」とある。画像には練習機の脇に2人の姉妹と思える婦人が立っており、背景には3機の練習機と燃料トラックが見える。機上の操縦訓練生の顔は判別不能である。この説明通りとすればおかしな話だ。潤田飛行練習生の「...

続きを読む

「石岡滑空工業専門学校」 1944年6月

讀賣の焼付けカードからの写真と説明だ。「初夏の青空に滑空機の見事な編隊が飛ぶ筑波山ろくの大草原三万坪をきり開いて誕生した石岡滑空工業専門学校生の演錬である。」画像には1機のセンカンダリークラスの滑空機が飛行しているだけだが、地上にソアラーを含め、6機、計7機の機材と15名ほどの人員が見える。10名は、台車に載せたソアラーを移動させている。グライダーの編隊飛行は難しい。当時の滑空機はいずれも鋼管に布...

続きを読む

ドイツ暗号機エニグマ奪還作戦 「U571」 戦争映画100選 その110

ジョナサン・モストウ(Jonathan Mostow)は、今一番油ののりきった各種アクション、娯楽映画の監督として、すでに数本の作品(「ターミネーター4)も含め)手がけている。彼が監督した2000年の作品「U-571]は実話に基づいた話と広報されたが、当時こんな荒唐無稽な話はありえない、単なる娯楽と馬鹿にしていた。今、見直してみると、モストウのなかなか手の込んだ作りに感心した部分もあった。まずは言語だ。ドイツ潜水艦、駆...

続きを読む

公開禁止となった記録映画「戦う兵隊」 戦争映画100選 その109

「戦う兵隊」は昭和14年、1939年、東宝、監督亀井 文夫、戦争記録作品だ。記録作品としては映像、音楽(古関 祐じ)、編集、優れていた。特に前半、中国農民が日本軍が去った後、自分の村に戻り、家族が生活を回復するその表情や行動を良く捉えていた。恐らくそういう部分が検閲に引っかかったのだろう。画像はビデオパッケージからだが、空、山、野原と、軍勢の対象がとても上手で(下の写真参照)1975年になって、全...

続きを読む

ゴルゴ13が元の 「スナイパー」 戦争映画100選 その108

「Snaiper]は3部作だ。いずれも主人公はマリンコ(海兵隊)の上級軍曹トーマス・ベケット(Tom Berenger)だ。彼は50歳、少し腹は出ているが、射撃の名手であり、政府の重要な任務を次々と遂行する。しかし政府の思惑とは一歩も二歩も離れたところでいつも行動する。第1作は1993年、ペルー出身のLuris Llosa監督作品だ。ベケットはパナマの反乱軍の指導者を狙撃、暗殺する任務を命じられた。狙撃はスポッター(横で倍率の高...

続きを読む

戦争映画100選のベスト10

私が選んだベスト10は以下の通り。1)シン・レッド・ライン(The Thin Red Line) 1998 アメリカ2)アラビアのロレンス(Laurence of Arabia) 1962 英国3)西部戦線異常なし(All Quiet in the Western Front) 1930 英国4)ワイルド・バンチ(The Wild Banch) 1969 アメリカ5)大脱走(The Great Escape) 1963 アメリカ6)デアー・ハンター(Deer Hunter) 1978 アメリカ7)キスカ 太平洋奇...

続きを読む

木下恵介が貫いた題名だけの戦争 「陸軍」 戦争映画100選 その107

少年の頃、同監督の「24の瞳」を観た。木下恵介監督は戦争は嫌いだった。しかし戦争が分かっていた人ではないと思う。この作品は「陸軍」と言う大げさな題名が付いているが、一人の母を通して、反戦をテーマとして自分の信念を貫いていた。うーん、これはうまい、と感心した。だから戦争映画100選に入れるべきか否か、迷ったが、やはり戦争をある面から見て、しかもそれがすでに日本の敗戦が濃くなってきた頃に公開された作品...

続きを読む

侍になった第7騎兵隊 「ラストサムライ」戦争映画100選 その107

トム・クルーズは明治の日本人になってしまった。「The Last Samurai]は2003年、監督Edward Zwick(「トラフィック」のプロデュサーでもあり、「シェクスピアインラブ」「秋の伝説」など大作を手がけた人だ。)で、この作品のスコアは高い。オスカーに4部門ノミネートされ、14の賞をとった。話はカスター将軍の第7騎兵隊の生き残り、ナーサン・アルゴン(Tom Crurs)はサンフランシスコで、ウエンチスター銃のセールスのため...

続きを読む

黒澤 明 戦を「美」にした巨匠 「乱」 戦争映画100選 その106

黒澤 明監督は「蜘蛛の巣城」「影武者」そして「乱」と合戦3部作がある。前2作が娯楽作品であるのに対し「乱」には娯楽色は薄い。むしろ欧米的芸術的な日本映画である。原作がシエクスピエアのリア王にあり、それに毛利家の兄弟の話を加味した物語だからだ。1985年、カラー作品。一文字秀虎(仲代達矢)、長男太郎孝虎(寺尾 聡)、次男正虎(根津 甚八)、三男三郎直虎(隆 大介)とそうそうたるキャストだ。物語の詳細は省略...

続きを読む

「男たちの大和 」ついに出た日本人の死に様 戦争映画100選 その105

なぜ、世界最大の戦艦「大和」は沖縄特攻に出たか。その物語を極めて日本的に明解に語ってくれた映画だ。この作品は佐藤純や監督、2005年12月、角川、東映作品だ。何と言ってもCGの使用を押さえ、巨大セットと10分の1模型を航行させての撮影が良かった。物語をもう少し「映画的」にすれば完璧だったろう。テレビドラマ的な偶然性、非現実性(主人公2人の彼女が両方とも広島で原爆に遭遇するとか、主人公が病院を脱走し出...

続きを読む

サムエル・フラーだけかっこつけやがって 「ビッグ・レッド・ワン」 戦争映画100選 その105

Samuel Fullerは戦後、作家・脚本家(50くらいの作品)、俳優(30作品くらいに出てる)、監督(30作品くらい)と大活躍した。代表的な作品は「アリゾナの男爵」「ピックアップオンサウスストリート」くらいで、量産型の人だった。1997年に85歳で死んだ。この映画は、1980年作品、彼自身がモデルだ。第二次世界大戦アメリカ陸軍の第一小隊の彼を含めて、4名の二等兵が北アフリカ、イタリア、そしてノルマンディか...

続きを読む

勝者なき戦場 イスラエルの苦闘 「キプール」 戦争映画100選 その104

アモス・ギダイはイスラエルの有数な映画人でプロデューサー・監督だ。彼が23歳の時、第4次中東戦争が勃発し、シリア、エジプトとゴラン高原,シナイ半島で激しい戦車戦が行われた。この作品はギダイ、23歳、自分の体験談を映画化したものだ。1973年10月6日、ユダヤ教の贖罪の日(ヨム・キプール)にこの戦争は始まり、不意を突かれたイスラエル側は混乱した。この月にはイスラム教もラマダン(断食)があり、戦争はな...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ