FC2ブログ

記事一覧

間違いだらけの「幻の自動小銃」六四式小銃のすべて

日本人による日本軍兵器の研究はどうなのか。うーん、大分疑問の内容も多い。その一つの例がこの本「幻の自動小銃」六四式小銃のすべて、津野瀬 光男著、かや書房、1986年初版、B5版207ページだ。津野瀬氏は1917年生、1934年陸軍工科学校卒、1940年陸軍技術本部、戦後は警察予備隊から自衛隊武器学校教官、三等陸佐、退官後は豊和工業(株)の顧問になり、六四式小銃の開発に携わったという経歴だ。経歴でも分...

続きを読む

事実の怖さ、柳井 乃武夫著「山の兵隊」 日本人の戦記もの

柳井氏は1922年、外交官の父の赴任先ブラジルで生まれ、東京大学2年生、1943年に学徒出陣した。広島に移動、陸軍の船舶工兵隊に配属されセブ島で訓練を受けた。レイテ輸送作戦に参加して、レイテに面したポロ島と言う小さな島からセブに戻り九死に一生を得て、復員直後、軽井沢でこの記録を一気に仕上げたそうだ。「比島より生還せる一学生兵の手記」と言う副題がある。1985年「交通協力会」発刊。私は何回か読んだ。...

続きを読む

アメリカ軍の苦闘を描いて写真本「パールハーバーと太平洋戦争」 1

この本はすでに幻の出版物の感がある。[Pearl Harbor and the War in the Pcific]は題の通り、日本軍の真珠湾攻撃から終戦までを18章にわけ、写真、イラスト、地図を多く使用した、日米戦争の記録だ。本は300ページあり約100ページがカラーだ。25年ほど前に出版されたが、縦33cm、横26cm、厚さ2.5cmの大型、ハードカバー本だ。Smith Mark 出版社の発刊だ。内容は日本とアメリカの戦闘とそれに使われた、装具、兵器...

続きを読む

どういう軍人が日本を駄目にしたか。 歴史を勉強しよう その11

25年ほど前、シンガポールに行った。シンガポールには明治来、日本と欧州、またアジア各地に赴く途中、客死したまた同地で亡くなった日本人の墓地がある。この墓地は120年ほどの歴史があり、同地の日本人会が管理をしている。そこを先輩と参拝した。一番奥の方に「寺内 寿一元帥」のお墓を見つけ、お参りした。中くらいのごく普通の墓だ。寂しく、木漏れ日の中にたたずんでいた。これがあの有名な寺内元帥の、と感慨深かった...

続きを読む

戦艦「武蔵」の最後とレイテの地すべり 歴史を勉強しよう その10

1週間前に発生したレイテ島セントバーナードの大規模地すべり、未だに1000人の住民が行方不明とのことである。レイテ島に1944年末、日本陸軍は10万人の兵力を送り、生き残ったのはわずか2000人だった。また日本海軍は10月のレイテ沖海戦で徹底的な敗北をきし、爾後海軍の組織的な戦闘は行われなくなった。特に大きな損害は未だに正確な沈没位置が明確でない、戦艦「武蔵」の最後だ。航空機から魚雷20本を受けた...

続きを読む

少年の好奇心が歴史をつくった。 歴史を勉強しよう その9

鉄砲が種子島に伝来したのは、1543年であった。領主は種子島時尭、14代目の当主であったが、彼は1528年生れだったので、当時は15歳の少年であった。難破した南中国からの船に乗っていたポルトガル人が鹿猟の許可を求め、それに使ったのが火縄銃だった。彼は自分の前で撃たせて、好奇心からその新兵器の価値をたちどころに見抜いた。15歳の少年は大金を払い、2挺を購入し、火薬、弾丸の造り方、撃ち方をたちどころに...

続きを読む

キリスト教と鉄砲伝来 歴史を勉強しよう その8

日本にキリスト教(イエズス会)と鉄砲(火縄銃)はほぼ同じ頃、16世紀半ばに入ってきた。この二つの出来事は無関係ではない。イエズス会は1534年に設立され、フランシスコ・ザビエル士が1549年に日本に布教に来た。鉄砲はポルトガル人によって種子島に1543年にもたらされた。キリスト教は野蛮な地域への布教、鉄砲は新しい武器、商品として、大航海時代の始りだった。当時、欧州で評判となっていた黄金の国、日本に...

続きを読む

めずらしい英国テレビ映画 「シャープス小隊」 戦争映画100選 その122

[Sharps Company](シャープス小隊)は1994年に放送された英国のテレビ戦争映画だ。話は1812年、ナポレオン戦争中のスペインだ。隊長シャープス大尉を演じるのがSean Bean, そのスペイン人の妻テレサはAssumpta Sermaだ。その他の配役も有名な俳優ばかりで、制作にも費用が掛っており、スコアも高い。話は、ポルトガスに上陸し、スペインに向かう英国軍部隊の話だ。各地でフランス軍と戦闘する。シャープス大尉は狙撃小隊を...

続きを読む

戦争の本質は変わらない 「ジャーヘッド」 戦争映画100選 その121の2

意外に良かった。戦争の本質を突いてる、2006年、「アメリカンビューティ」のサム・メンデス(英国人)監督作品だ。珍しい第一次湾岸戦争を題材にした映画だ。戦争は今も昔も変らない。それが本質だ。原作者アンソニー・スロフォード(ジェイク・ギルフォード)は大学進学か、を迷い20歳、1990年、海兵隊(マリンコ)を志願した。淡々とした彼のマリンコ生活が良い。社会とは隔離された非現実的で、下品で危険な訓練の毎日。彼は射...

続きを読む

歴史を勉強しよう その7 「南京虐殺」

日本軍による1937年,国民政府首都南京に対する攻略、12月13日から約6週間の日本軍の国民政府軍捕虜、敗残兵、便衣隊(民間人の衣服を身に着けたゲリラ)そして民間人への残虐行為に関する、中国および日本のサイトや書かれたものは非常に多く存在する。これらの著作物の唯一の難点は、第三者が観察し、記録した合理的な証拠に基づいた内容に薄いことだ。当時の南京は日本軍の攻撃にパニック状態になり、国民政府軍の指揮命令...

続きを読む

歴史を勉強しよう。その5 東京大空襲

私が幼少の頃、東京はいたるところ焼け跡だらけだった。学校に行くにも焼け跡をショートカットして遊びながら行った覚えがある。うちは山の手だが、特に下町は酷かった。上野駅の所謂「浮浪児」も覚えている。これは1945年3月9日から10日から掛けて、サイパンから来襲したB29,344機の大編隊による墨田、江東、台東の40km平方の人口密集地に2000トンのナパーム攻撃をしたからだ。約10万人の民間人犠牲者が出た...

続きを読む

この本が無かったら こまった。「日本の戦争 図解とデータ」

「日本の戦争」原書房刊、1982年、定価6000円は、1894年8月日清戦争から1945年8月の第二次世界大戦終結までを67項目に分けて、簡単な解説を加えて、兵力、展開、などを図面で紹介し、戦闘の経過が把握できる内容になっている。桑田 悦、前原 透共著。特に、データ類、数字を分析することで、単なる戦史ではなく、戦勝、敗因の原因を客観的に判断する材料となる。折込の地図が各戦闘に必ず入っている。また兵...

続きを読む

こういう本が欲しいその2 外国人の兵器研究 その17

ご存知のように機関銃が初めて大々的に使われた戦争は1904,5年の日露戦争だった。10年後の、第一次大戦では車両、航空機の発達で機関銃の使用は多様化し世界的に大規模になった。この本は昨日の本の前編でRobert Bruce の[Machine Guns of World War I]と言うタイトルだ。実物のマキシム、ホチキス1914、ビッカースMK1などの3脚架に載せ、塹壕戦で使用した各国の重機関銃、初めて登場した軽機関銃マキシム08/15の詳...

続きを読む

日本軍用にもこういう本が欲しい 外国人の研究その16

この本はドイツ軍の自動火器に関する本だ。「German Automatic Weapons of World War II] Robert Buruceと言う人が制作した。特徴は、現物の兵器と弾薬を使い、ドイツ軍の正しい被服、装備をつけた現在の人間が、それらの兵器を、ペンシルベニア州の炭鉱跡の荒地で、戦闘シーンを演出し実写した本なのだ。A4版、128ページ、全カラーで、スプリングフィールドのガンショーで30ドルだった。(手ごろな価格だった。)内容はドイ...

続きを読む

様々な珍しい日本軍兵器 外国人の研究 その19

ジェリー・ハイ・プライズ氏は1943年、欧州戦線と太平洋戦線に赴いた2人の兄達の影響で、軍事ものを集めるようになり、それを生業にしてきた。彼曰く、今まで、何種もの日本軍研究の本は発刊された。しかし、それらに網羅されてない、珍しい、代わったものはエンドレスに出てくる。彼はそれを取り上げていく。それらのものは試作品として制作されたり、また野戦で改修、改造されたものだろう。しかしそのひとつひとつにも背景...

続きを読む

連合軍の日本軍研究その2「日本軍ハンドブックとその解説」 その18

このハンドブックは基本的には昨日紹介したものを同じで、少し小型で、ルイジアナ大学出版部の発刊だ。David Isbyと言う人の紹介と、Jeffery Ethellと言う人のあとがきがある。当然のこの2人の人たちは日本軍組織、兵器を学術的に研究している学者である。それくらい第二次大戦までの日本軍は研究の対象として確立された学問になっているのだ。日本軍に注意することとして、手榴弾を使ったもの、軍刀だろアメリカ軍兵士が好むみや...

続きを読む

連合軍の日本軍研究その1「日本軍ハンドブック」 外国人の研究 その17

連合軍、特にアメリカ軍は敵であった日本軍の組織、兵器、戦略を良く研究していた。その目的は味方の犠牲を最小限におさえるためであった。[Handbook on Japanese Military Rorces] US War Department Technical Manual 15 September 1944はレイテ戦闘を控え、アメリカ軍将兵に日本軍を徹底的に勉強させるために製作された。A4板一部カラー白黒印刷で400ページにも及ぶ膨大な資料だ。この画像の本は復刻版である。内容は、ガダル...

続きを読む

まだ続いている日本の小銃研究 外国人が書いた日本軍兵器 その16

ロサンゼルス在住、全米一の日本軍小銃収集、研究家、ステーブ葉山氏との最近の会話では、最近アメリカでは日本の兵器、小銃、拳銃、装具などがすべて市場から消えて、収集家間の取引では、以前とは比較にならぬ、高額になってしまった、と言うことだった。(葉山さんはもう家に入りきらないくらいあるから、これ以上買ったら、自身は大金持ちになったが、奥さんに追い出されるだろうが。)いままで紹介したように日本の兵器に関し...

続きを読む

日本軍キワモノ銃剣と蛮刀の研究 外国人の日本兵器研究 その15

ジェリー・L・プライス氏はフロリダ州に住む、日本軍兵器装具の業者さんだ。古くから活動しており信用のある人だ。しかし彼自身は、普通のものでない、変ったものを収集し、研究している。私の観点では、それらはキワモノで戦地で改造されたり、調達されたものと思うのだが。 彼は数年前は南方の島々に渡り、洞窟を探し、錆びだらけの25mm弾倉を見つけてきた。私はかってよくやりとりしていたが、会ったことはない。沢山いろんな...

続きを読む

ここまでやった九九式小銃研究 外国人の日本兵器研究 その14

九九式小銃は1939年に太平洋戦争を前提に三八式小銃の後継として制定された。口径が7.7mmに拡大された。1941年頃から生産が本格化して1945年までの短い期間に、長い形式38000挺、短い形式はなんと232万挺生産された。名古屋と小倉の工廠の元、多くの民間会社が生産したが、東洋工業が世界一の小銃生産工場(当時)をもっていた。今は外国系の自動車会社とは皮肉だが。さて、この冊子は[The Japanese Type 99 Arisaka Sho...

続きを読む

日本の兵器輸出カタログ[ 泰平組合] 外国人の日本兵器研究 その13

泰平組合は、第一次大戦後、兵器余剰生産力を輸出に向けるべく、大倉商事、三菱商事、三井物産などが設立した兵器専門の商社であった。一社独占で、日本の工廠が開発生産した兵器を外国に売り渡す業務だった。南部麒次郎氏も顧問をしていた。対支21箇条のひとつに、中国に日本の工廠を設立する、中国は日本の兵器を購入するなどの項目があったので、武器輸出を国家的プロジェクトに掲げていた。その日本製兵器冊子の比較的後期のも...

続きを読む

名物ラジオおじさん 外国人が書いた日本兵器の本 その12

日中戦争、第二次大戦で使用された日本軍の電話や無線機、コミニケーション兵器の研究で有名なおじさんがいる。アメリカ、フロリダ州に住んでいるウイリアムL.ハワード中佐だ。お会いしたことはないが、電話で話したり、手紙のやり取り、そして幾つかの収集物を譲って貰った。かなり付き合い難い人だったが、私には親切に教えてくれた。彼の友達が、私が持っていた九四式3号受信機の箱だけというのを欲しいと連絡してきて、断った...

続きを読む

歴史を勉強しよう。その4 日清戦争の両国兵器の差

日本と清国の1894年8月ー1995年2月の戦争は、欧米的な社会の近代化に着手した日本と、アジア的な旧体制を守る清国とのアジア人同士の戦いで、その背景に欧米のいかなる国も関与していなかったことが特徴だ。しかし、戦争の直接原因は日中の体制の対立ではなくて、「朝鮮半島情勢」であった。朝鮮では李朝は、清国と同じく旧アジア体制を厳守してきた。しかし、国内には近代化を進めたい勢力もいて、おりしも発生した東学...

続きを読む

歴史を勉強しよう。その3 文禄・慶長の役で使用された武器「鉄砲」

豊臣秀吉の命による朝鮮半島侵攻、文禄(1592-3年)と慶長(1597-8年)の各々2年間、和平期間も入れ7年間、はその後の東アジアの歴史に大きな影響を与えた。特に朝鮮半島では人心は中国(明)に傾斜崇拝し、日本への憎悪が残存し、それは現在にまで至っているようだ。(画像は加藤清正画, horse.shrine.netより)日本から秀吉は主に西国大名に編成させた軍を対馬を伝い、半島の南端から北上させた。これは両役とも同...

続きを読む

歴史を勉強しよう。その2 戦病死が圧倒的だった1895年の「台湾征伐」

戦闘による死傷者よりも現地の衛生状態が劣悪で、その対応をしてなかったため、戦病死者が多数出た悲劇的な出来事だった。その後、日本は台湾を統治するにあたりこの事実を重く受け止め、社会の衛生状態の改善に腐心したようだ。私が20年ほど前、業務上台湾と行き来していたときにはまだ、現地ではメニューに「生野菜サラダ」は無くて、水道水は飲めなかった。その後、水道水は飲めるようになったと言うが、現地の人曰く「化学的...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ