FC2ブログ

記事一覧

戦争で日本の経済が破滅していた10年間

本日は3月31日、国家予算年度が終わり、多くの会社は決算の締めだ。東京大学出版会から1995年、戦後50年の節目に2冊の、第二次大戦期の日本経済政策に関する興味深い本が発刊された。「日本の戦時経済 -計画と市場ー」原 朗氏編他7名の経済学者による共著「日中戦争期における経済と政治 -近衛 文麿と池田 成彬ー」松浦 正孝著日本が国民政府と衝突した1937年7月が、実質的に日本国が第二次大戦に巻き込ま...

続きを読む

マスコミが煽る戦争 山本 七平氏の「私の中の日本軍」

私が最も尊敬する文化人に山本 七平氏がいる。氏は1920年生まれで、学徒出陣し、ルソン島で戦う。そして様々な経験をして、ジャングルに隠れ終戦後、幸いにもアメリカ軍に降伏できて、復員した。この本は「諸君」に書いた原稿を文芸春秋から1975年に発刊された。テーマはご自分の体験を通じ「戦争伝説の仮面を剥ぎとり軍隊神話の源流を探索する」で、いかに銃後の国民は間違った情報を垂れ流され続けていたか、を述べてい...

続きを読む

劇的とも言えた日本の4分の3世紀の軍事史 「日本海軍史」「日本陸軍史」

教育社歴史新書の「日本海軍史」外山三郎氏著と「日本陸軍史」生田淳氏著は各々1980年に発刊された。両書とも、客観的に事実とその背景を淡々と述べている。私はこのような内容こそが今、日本人の歴史認識に必至と強く感じている。過去60年間、日本では明治維新から1945年までの歴史認識をことさらに避けてきた。教える人間も少ない。日教組の罪は重い。「日本海軍史」は日本海軍の創設から1945年の壊滅までの事実を...

続きを読む

武道としての「砲術」は実践的だったか。

日本武道全集は1960年代に、東京教育大学体育史研究室と日本古武道振興会共同編集による日本に伝わる様々な武道を歴史的、学問的にとらえたもので純然たる学術研究書だ。その第四巻が「砲術、水術、忍術」で、人物往来社刊、B5版482ページの厚紙表紙、紙ケース入りの堂々たる本だ。この巻は1966年に出た。白黒印刷、価格3000円だった。今村 嘉雄氏が編集していた。約半分の224ページ分が「砲術」である。図、古...

続きを読む

幻の本、ケン・エルクスの「日本の弾薬」

この本はコピーでしか見たことが無い人が殆どだ。しかし非常に有名な本である。私もコピーしか持っていない。実物を探したが皆、コピーしか持って無い。画像はコピーの表紙。A4版、60ページくらいのもので、赤津きょう子さんが作成に協力したとある。内容は1880年から1945年までの各種の日本の弾薬だ。主に小銃、拳銃、機関銃弾薬だが、大戦末期の大口径航空機搭載機銃の弾薬は57mmまで掲載している。Ken Elks氏が何...

続きを読む

洞 冨雄先生の「鉄砲」と南京大虐殺肯定論

私ごとき者でも、火縄銃から機関銃まで日本の武器兵器を長年、調査してきたことで、いろいろ分野の著名専門家とお話する機会を得たことがあったのは本当に光栄なことであった。これによりまた世の中も少し一般の人より別な角度からみることが出来るようになったと思う。洞 冨雄先生もその一人だ。先生は1906年、長野県生まれ、早稲田大学卒業後1977年まで同大学文学部教授であった。先生は火縄銃の研究活動より日本軍によ...

続きを読む

幻の名著 銅金義一大佐の「銃器の科学」昭和18年

銅金大佐は日本陸軍で各種の兵器、特に小火器の開発に関わった人で、1943年、第二次大戦が開始されてから、一般書としてこの本を誰にでも分かり易い内容で発刊した。本はB5版、140ページ、厚紙表紙、写真、図面が多用され銃器の理論を特にこれから戦場に赴くであろう学徒対象に執筆してのではないか。出版社は神田神保町の山海堂だ。内容は、一章 小銃・機関銃の沿革概史 特に機関銃の歴史、日本の遅れのとらない開発を。...

続きを読む

ふざけた「日本学生航空の50年」 バックは朝日新聞

財団法人日本学生航空連盟は1929年に朝日新聞が設立した。戦後、1952年頃から、各大学にグライダー部が発足し、再び、日本学生航空連盟が活動しはじめた。関東と関西の朝日新聞社航空部の一部に連盟部屋があり、各大学からの学連委員と、朝日の嘱託の指導員が詰めていた。この「日本学生航空の50年」は1980年に発刊された、学生航空の歴史をまとめたものだ。半分は広告でこれは朝日の広告部が集めたのだろう。全部付...

続きを読む

資料王様 佐山二郎氏 「日本の小火器徹底研究」と「大砲入門」

佐山二郎氏は会社員生活をしながら、日本軍武器兵器の膨大な資料を収集、研究している方だ。筆者も様々な資料を見せていただき、またご教授いただいたり、資料を借用し自分の著作を助けていただいた。氏の文庫版、光人社NF文庫の「日本の小火器徹底研究、小銃、拳銃、機関銃入門」と「大砲入門」は白黒、双方450ページ近い大作だ。写真、図面、表などを駆使している。氏が筆者の「日本の軍用銃」を見ていただいて際、「もう少し...

続きを読む

丸の「日本兵器総集」の完成度

潮書房の「丸」は戦記モノの草分けで雑誌であり、この特集ものがなかなか完成度が高い。執筆者が良いのだ。木俣 滋郎氏、寺田 近雄氏、竹内 昭氏などなど、まじめな研究者さんばかりだ。1942年から1945年までの全ての日本軍兵器の総集編だ。この特集は1977年発刊、B5版ながら360ページあり、小型だが全てのアイテムに写真が付いている。8ページはカラーで、航空機、戦闘車両の塗装が再現されている。内容は、1...

続きを読む

Japanese Combat Weaponsにあった珍しい写真

この本は写真の数が多く、その中には他の資料では見られないものもあった。1)降下兵の補助傘収容嚢の中に入っている一〇〇式短機関銃。この一〇〇式短機関銃は銃身と機関部が分かれている。ねじ込みで組み立てたのであろう。まだ弾倉は1個しか見えないが、傘の後ろに幾つかと弾薬がないと実用的でない。銃床も普通の一〇〇式より細く作られているように見える。この一〇〇式の実物は見たことがない。(筆者はアメリカの多くの軍...

続きを読む

コネチカットの青空市で見つけた 「日本軍兵器」の本 その1

コネチカット州はニューヨークの北側で、インテリジェンスの高い人が多く住み、スプリングフィールド、コルトなどの銃器産業が栄えてところだ。そこで見つけたのがこの本だ。[Japanese Combat Weapons World War Two]のVIIとある。V1に航空機や艦船が掲載されていたのであろう。この号は小火器、砲と戦闘車両が沢山掲載されている。特徴は記述が正確である。大きな写真や図を使い、分り易く説明してある点だ。この本はA4版、...

続きを読む

戦前の写真集、反戦新聞も大協力「海軍作戦写真記録I]

大東亜戦争「海軍作戦写真記録I]はB4版、144ページ白黒,厚紙表紙の大写真集だ。厚さは2cmちかくある。大日本海軍報道部が編纂し、朝日新聞東京本社小林秀二郎氏が編転(発行したと言う意味か)人だ。1942年12月1日発行で、定価5円であった。当時の物価を考えると誰でも変える価格ではなかった。内容はハワイ作戦からマレー沖作戦を中心に大戦初期、日本海軍が、1905年日本海海戦以来、輝いていた期間のものだ。...

続きを読む

戦前の戦争資料 1 「上海事変記念大写真集」

古書店や骨董市で見つける、1930年代頃の主に日中戦争状況を描いた写真(時代の新技術)を使用した写真集や雑誌は、朝日、讀賣、東京日日、同盟、電通などの通信社などにから多くが出版された。10数年前、電通の資料写真はないか、と同社に聞いたが、電通の多量の陸軍系写真は共同か時事に委譲してしまったとのことだった。(日露戦争のものは欧米の資料に頼らざるを得ない。写真の品質が悪すぎるからだ。)各社は記者、カメラマン...

続きを読む

日本人による日本兵器の研究 世界に誇れる「日本の大砲」

同著は竹内 昭氏、佐山 二郎氏共著、B5判、250ページの白黒本だ。この本には「Enchyclopedia of Japanese Army Artillery]と言う英題があるが内容に英文はない。しかし、20年ほど前は、発刊されたがその存在は国際的に知られたいる。佐山氏、竹内両氏ともに民間会社に勤務しならがらこの研究一途にこられた方で、このような人々が社会、国家に大きく認められない今の日本はおかしい。内容は、I 野山砲2 野戦重砲3 ...

続きを読む

日本人による日本兵器研究名作 「日本李空軍兵器集」

この本「Imperial Japanese Army Ordnance Reviw]は寺田 近雄先生、山本 俊之先生など著名な研究家が執筆、編集し、ワールドフォト社から発刊されてすでに4分の1世紀がたった。イラストは中西先生だ。何回この本を読んだだろう。日本陸軍の全装備カタログという副題があるとおり、①火器、弾薬、②特殊兵器を含むその他兵器、③戦車、④戦闘車両、⑤航空機の内容だ。A4白黒215ページ、カラー22ページのムック本だ。特に力が...

続きを読む

幕府へのフランスの援助 役に立たなかった伝習隊 歴史を勉強しよう。

1865年頃、フランスのシャスポー小銃と言う最新式後装填式をナポレオン3世は徳川幕府に贈った。その数量は2500挺と言う。非常に長い撃針を使い、弾薬と弾丸の間を撃って発火させた。ゴムのパッキングを使っていた。在米中に研究家により体験射撃をさせてもらったが、金属薬夾一歩手前のものだが威力は大きな銃だった。フランスは徳川 慶喜将軍を評価し、幕府が続くことで日本での自国の権利拡大を計画していたからだ。画...

続きを読む

英国が日本にとって特別な国であった理由 歴史を勉強しよう

現在、千代田区一番町の英国大使館は皇居を臨む、最高の場所に位置する。東京にあるほとんどの外国公館は、霞が関官庁街と横浜に向かう方角に位置している。例えば、麻布近辺とか。しかし英国だけは特別な扱いを受けている。英国大使館を訪問すると、19世紀のビクトリア朝建物は広くはないが快適な英国庭園に面しており、そこは壁際の育った樹木で、周りの高給集合住宅群から隔離されている。英国が明治政府から特別な扱いを受け...

続きを読む

日本は外国人が統治できる国か? 歴史を勉強しよう。

歴史的に、日本が外国人に統治されたのは1945年の第二次大戦、無条件降伏後の数年間だけである。歴史上、かっては日本を植民地化する考えが欧米に存在したことは間違いないだろう。しかし16世紀のフロイスの「大日本史」にもあったように、日本はアジアの欧米国であり、その武力から欧米人が侵略することは不可能の結論に至っていた。19世紀なかば、日本の開国に成功した欧米各国はまた同じような興味を抱いたに違いない。...

続きを読む

日本人の日本武器兵器研究 「世界兵器図鑑GUN日本編」 小橋 良夫著

小橋さんはライフル協会、前装銃協会の先輩だった。いろいろ教えていただいた。豪快な人で、何回か海外遠征も一緒したことがあった。茨城県出身、1925年生れ、法政の射撃部出身だ。公務員だったが、肝臓を患い20年ほど前に亡くなった。外国空港で立小便をして地元の人に怒られたことがあった。愉快な人だった。この本はA4版、白黒印刷、250ページの力作で、内容は①小火器、と②火砲の2種である。小火器の章には、小銃、拳銃、短機...

続きを読む

日本人の日本武器兵器研究 「大日本帝国陸海軍 軍装と装備」

日本軍兵器装具の研究家の間では知らない人はいない存在の本だ。中田商店のおやじさんが1960年代半ばに発刊した。A4版、350ページ余、カラー印刷だ。寺田 近雄先生が監修した。英語題は[Imperial Japanese Army and Navy Uniforms and Equipment]と言う長いものだ。とにかく、明治、大正、昭和の、兵卒、将校、空挺、操縦士などをモデルを使いその被服と装具を説明してある部分は他に類をみない充実さだ。日本軍のものだけでな...

続きを読む

長州改革派に衝撃、4カ国艦隊の下関攻撃 歴史を勉強しよう その14

日本は蒙古襲来来、外国の侵略を受けたことがない、と言うのは第二次大戦中までの、プロパガンダだった。しかし実際には1864年、4カ国艦隊5000名が下関を攻撃し、およそ1900名の外国兵が上陸し、それを追い返すことなく長州軍(奇兵隊など新兵器を装備していたが)は敗退した事実があった。パリのアンバリッド軍事博物館庭に日本製青銅砲が何門か展示されている。長さ5mから7mくらいの中型砲だ。これらは下関を攻...

続きを読む

日本はほかのアジアと違うとはじめて言ったオールコック公使 歴史を勉強しようその13

先日、英国大使館で駐日英国大使グレアム・フライさんとお話しているとき、「英国人は世界史を良く観察できて幸せな国民でしたね。」と言う話をし、「大君の都」を著した、ラザフォード・オールコック卿のエピソードになった。[The Capital of the Tycoon]by Sir Rutherford Alcockは幕末、明治維新に関心のある人にとっては必読の書である。上、中、下の3巻から構成されているが、内容は彼の今で言えばブログ風の目撃と感想で、...

続きを読む

欧米がはじめて挫折した薩英戦争 歴史を勉強しよう「一外交官の見た明治維新」

この本、「A Diplomat in Japan] by Sir Ernest Mason Satowは歴史に興味のある人なら必ず読むべきものだ。アーネスト・サトウ(1843-1929)は25年間を日本で過ごした英国の外交官で、この本は1921年に発刊された。彼は外交官だが、明治維新の前後、各種の戦闘にも参加し、重要な歴史の目撃者であった。開国来、日本国内は開国派と尊皇攘夷派が烈しい殺略を繰り返していた。徳川幕府は現実を一番良く理解しており、...

続きを読む

源田 實氏最後の活躍 「海軍航空隊始末記戦闘編」 その3

同氏の「戦闘編」中で、「マリアナ海戦」に関して長々述べているがその敗戦の原因は明確でない。アメリカ潜水艦に日本の大型空母が轟沈されてしまう、それがどうも敗因のようだった。レイテ海戦に関しては殆ど述べてない。彼の担当外だったのだろう。1945年になって彼は、松山の343空の指令に任命された。この頃、日本は防空戦闘に必死で、陸海軍合わせて、日本本土各地の基地には防空戦闘隊が次々組織された。当然、マリア...

続きを読む

源田 實氏が語ったミッドウエイ敗戦 [海軍航空隊始末期戦闘編] その2

連合艦隊機動部隊は開戦後、ブルネイを押さえ、インド洋に出て、英国海軍の残存部隊、基地を攻撃した。そこで英国ハーネスが始めて空母として撃沈された。珊瑚海海戦はほぼ互角、やや日本優勢で終了し、いよいよ戦いの舞台は太平洋中心のミッドウエイ島に移る。1942年5月だ。同氏は機動部隊の4艦の空母のうち、鳳翔に搭乗し作戦を指揮して、その一部始終と目撃していた。その記録は貴重だ。同氏は日本の戦略的な誤りとして、...

続きを読む

「パールハーバーと太平洋の戦い」に見るアメリカ軍装具

1942年の初頭、フィリピンに進出した日本軍は同地に駐留していたアメリカ軍とバターン半島などで激しい戦いを続けた。アメリカ軍兵士はジャングルで話をする、タバコを吸うで、最初日本軍はそれらはアメリカ軍の謀略だと疑った。しかし、これは単にアメリカ軍がジャングル戦闘や、夜戦の訓練を受けたいなかったためであり、1944年、戻ってきたアメリカ軍は厳しい訓練を受けてきており、別な軍隊のようであったと言われている。この...

続きを読む

[パールハーバーと太平洋の戦い」に見る日本軍装具と小銃

先週紹介したこの本は大型で、見開きのカラー写真が特徴である。日本軍の装具は、左に珍しい衛生兵の携帯装具と右には将校の観測装具などがある。小銃の見開きページには、第二次大戦中使われていた、各種の小銃と弾薬盒、銃剣が紹介してある。衛生兵用の皮革製の装具は、後弾薬盒を大型にしたようなもので、内部に10本の瓶入り薬が収納されるようになっている。その間には簡単な治療具、包帯などが収められていたようだ。完全なも...

続きを読む

甘かった源田 實氏の欧州戦線観察 「海軍航空隊始末期戦闘編」その1

海軍航空隊のエリートだった源田 實少佐は、1938年11月に駐英大使館付武官を発令され、翌年1月に日本を発ち、3月ロンドンに到着した。日本は1937年7月来中国と戦争中であり、すでにドイツはオーストリー、チェコスロバキアを併合し、おりしも彼が駐英していた1939年にドイツはポーランドに侵攻し、フランス、英国に戦線布告し第二次世界大戦は始った。(この世界史上まれにない激変の年の記述は弱い。)彼が帰任...

続きを読む

源田實氏は偉大なる戦士だったか「海軍航空隊始末期発進編」

1962年夏、参議院選挙中のことだ。家族で静岡県の興津あたりをドライブしていた時、「源田みのる」と表示した選挙カーが道路脇に明らかに故障で停まっており、源田氏が横に立っていた。父親が車から降りて、「近くまで同乗しますか」と聞いた。(その時は私が降りなければならないのだが。)同氏はもう連絡してあり、誰かが来てくれるでしょう、と丁寧に答えた。暇つぶしに両親と源田氏は会話を交わしていた。その時10代半ば...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ