FC2ブログ

記事一覧

大砲を消してしまった戦車の写真

1937年、日中の衝突が発生し、日本が主につぎ込んだ戦車は八九式中戦車だった。この画像も先日の画像もアサヒグラフからだが、不思議なことに大砲が付いてない。滑腔砲の近代戦車と異なり、当時は砲を外すと言うことは殆ど考えられない。アサヒグラフに出てくる戦車は八九式中戦車の57mm砲も九五式軽戦車の37mm砲も付いてないのだ。砲塔が単なる筒になっていた。なぜこのような検閲をしたのだろうか。砲が強力なので、...

続きを読む

騎兵の死

人間が馬に乗って戦う形式は長い歴史が世界中にあった。この騎兵戦闘の歴史の最後は、1939年のドイツのポーランド侵攻の際、伝統とかなりの規模と程度の高さのあったポーランド軍騎兵があっけなくドイツ機甲師団の前に全滅に近い形で壊滅したことだろう。馬に乗り、パンツァーに突撃したポーランド騎兵隊の気鋭は武人共通のものだっただろう。画像はその前年くらいの中国におけるアサヒグラフの日本軍騎兵の良い写真だ。やらせ...

続きを読む

「下士官根性」と会社組織

不思議な写真だ。アサヒグラフからだが、北支のある都市の市街戦の様子だ。明らかに作られた写真で、日本軍と中国軍保安隊が協力し、バリケードを守っている、と言う設定だ。手前に日本陸軍兵が九二式重機関銃を砂嚢の上に構えているが、装填手がいない。こんなことはありえない。また奥に2名の中国保安隊が日本製でない小銃を構えている。問題は、機関銃の後方に立っている男だ。姿勢が悪い。この時期、兵、下士官、将校、皆同じ...

続きを読む

「敵前上陸」何と言う勇ましい。

日本軍は歴史的に敵前上陸で大敗を期さなかった。日清戦争、日露戦争(仁川)、杭州湾、マレー半島など。辻はマレーの敵前上陸に参加したと言うが。この画像(カラーの画像がアメリカからなかなか載らなくて困っている)はアサヒグラフの1938年のもので、日本軍は北支、上海、南京などへ積極的に攻めたが、遼東半島は後回しとなった。いずれにせよ満州国がある以上、遼東半島はしにたいだった。陸軍の完全武装の兵士が、徴用(...

続きを読む

ジープに負けた枢軸国

アメリカ東海岸に来て、空港から乗ってきたレンタカーは直ぐ返却し、ジープラングラー(勿論中古)を購入した。4リッター6シリンダー200馬力。日本で乗っているイタリア車は2リッターだが、このエンジンのジープよりはるかに早く、乗りごごちが良い。何て馬鹿なものを。と思われるかもしれないが、1941年、すでにモータリゼーションが進行していたこの国ではオフロードカーが開発されていたのだ。大戦が始まるとウイリス...

続きを読む

射撃場がない?

今、私が滞在しているアメリカ北東部で、久しぶりにライフル射撃でもしたいと思い、調べたが、射場がない。或るとき、ドライブしていたら、道の横で、山に向かい、10数人の人が指導員と警官の元、小口径ライフルの射撃をしていた。聞いたら、これは狩猟ライセンスのための講習だったようだ。とにかく300mは撃てる射撃場を調べたが、この州には軍の施設にしかない。皆どこで練習をしているのだろう。これが不思議だった。射撃...

続きを読む

護身用の三八式騎兵銃空挺型6・5mm

アメリカではニューヨーク市以外なら大体どんな家でも銃の1挺か2挺を備えてある。昔の州法で、家庭に銃を装備すること、男の子は15歳になったら射撃練習をやらせること、などがまだ残っているところもあるそうだ。「コロンバインの悲劇」は別として、子供による銃の事故は絶えない。私はドアの後に、多分海軍の空挺隊が改造したのだろう、三八式騎兵銃の銃床が折り曲がる形式を置いてある。5発の弾薬は弾倉に入っているが、装...

続きを読む

護身用の二十六年式拳銃

ニューイングランドの山に来て1週間がたった。安全なところだが、皆な武装している。車には狩猟用以外の武器を搭載することは出来ないが、家には何らかの武器は置いてある。私は寝るとき、枕の横に本と二十六年式拳銃に6発込めて置いて寝る。この拳銃は1892年開発なのですでに114年前のものだ。従って、近代的拳銃の範疇に入らず、良く西部劇に出てくるコルトやレミントンやその他、パーカッションを使う拳銃を置いている...

続きを読む

防寒具に驚き関東軍歩兵

この画像は「写真週報」と言う政府系の情報誌の表紙だ。多分、1943年ごろのものだろう。日本が戦争相手国をアメリカ、英国に決定したのは1941年から2年に掛けてと言われている。1941年のノモンハン事変で完全に陸軍、つまり日本国はソ連に騙された。策に陥ったのだ。もともと海軍は多分あまり出番のない、対ソ戦に消極的だった。山本 五十六元帥が、アメリカ開戦を反対した現実論者だったとは思わない。それにしても...

続きを読む

偽装(カモフラージュ)の天才だった日本軍

現在各国の特殊部隊、その狙撃隊の偽装の原点は日本軍にあったと言っても間違いない。この画像の偵察兵もまったく樹木の一本になっていた。これが狙撃兵なら怖い。各国特殊部隊は身に被るものや顔や兵器を偽装することにとても熱心である。何時間も微動たりしない訓練も行うそうだ。日本はすでの日露戦争の際、カーキ色の被いを被ることで、外国観戦武官たちの賞賛を浴びていた。私の推察では、これは日本の伝統、つまり忍術からき...

続きを読む

日本軍歩兵の装具の重量

「日本の軍用銃と装具」にも書いたが、日本陸軍歩兵(海軍陸戦隊も同じだっただろうが)、戦闘中に見に付けいる装具と兵器、弾薬の重量は約30kgだった。私が海外旅行に出かける際にスーツケース2個で大体この重量だ。スーツケースには車輪があり、二つ並べて、平らな空港内を押していくだけだが、兵士達は身に付けて、道なきところ、ジャングルや泥道を行かなければならなかった。この画像の電話線の架線係りの兵士は背中の下...

続きを読む

1937年の広告

日本経済は1939年7月、日中戦争が勃発し、2年間で一般機能は壊滅した。経済活動から「消費」はなくなった。まだ1937年頃には、あちこちの新聞や雑誌に広告が見られたが、電通も博報堂も開店休業のありさま。その点、広告会社には新聞社と異なり、戦争責任はなかった。画像の「ワカモト」の例もそのひとつだ。ワカモトは一種の消化効果のある錠剤で、今ある「ワカマツ」は下痢防止剤だ。食後に服用した。子供の兵士が日本...

続きを読む

命がけの戦場カメラマン

1937年に始まった日中戦争から太平洋戦争に掛けて、日本の多くの報道機関は記者とカメラマンを戦場に派遣した。この画像にも真ん中にしゃがんでいる、ムービーカメラマンが写っている。手に持っているのはぜんまい式の16mmムービーカメラだ。35mmは大型になるので、こういう撮影は大体、16mmを使用した。一巻で数分しか撮影できないので、カットつなぎが多い。スチールは多く残っているのに、ムービーはあまり残っ...

続きを読む

1937年12月南京中華門は国民政府により爆破されていた。

東京日日新聞によれば、日本軍工兵隊の必死の活躍でこの門を爆破し、突破したとあった。しかし、アサヒグラフの写真を詳細に眺めていると、この門は日本の都市にはない、規模も機能もことなる巨大なものだ。南北128m、東西90mあり、現在の観光案内でも門自体が一つの要塞であったと書いてある。攻撃する日本軍は写真にあるように門を徹底的に破壊し、瓦礫の山にする必然性があったか。まったくない、その後の作戦、物資の輸...

続きを読む

日本戦車のおもちゃ

日曜の朝、ニューミルフォードのフリーマーケットに行って来た。真夏の賑わいに比べるとまだ半分の規模だ。業者も客も。私は古いスポーツ用品、つまり日本が貧しくて、まだスポーツが盛んでなかった、戦前から1950年代までのものを探しているのだが、今朝は珍しく、日本製の戦車のおもちゃを4台も見つけた。全部、完品で動く。色はおもちゃの塗装で、なぜかすべてアメリカ軍のものだ。1950年代までのものだ。私が子供の頃...

続きを読む

女性の力

「女性の力は戦争のたびに強くなる」が原則だそうだ。アメリカはずっと戦争状態が続いたているので、女性の力は無限に強くなりつつあるようだ。女性の社長、重役、重要大臣は珍しくないし、女性大統領の出現も時間の問題だ。なぜかと言うと、戦争は総力jを挙げなければならず、今は前線にも赴く。第二次大戦中、日本でも女子学生を生産現場で使用した。その力はあなどれぬものがあったとのことだ。以前も書いたが、戦後アメリカ軍...

続きを読む

私の好きな騎兵の写真

私は今日から9週間ばかりアメリカ東部に行ってきます。純然たる、調査、研究活動で、仕事ではありません。日本人が60年余、まったく無視したきた、おろそかにしてきた、日本の明治維新から1945年までの軍事研究が目的です。果たして近隣諸国が言うように、日本帝国は暴虐の限りを尽したのか。それとも欧米によるアジア支配をある程度、信念を持って食い止めたのか、この歴史感は今世紀初頭に明確にして、その真理を子孫に伝...

続きを読む

所 荘吉氏を知らずして「古銃」を語るな!

所さんは古銃(1960年代、実は定義はあいまいだった。100年以前のもの、明治維新直後まで、壬申刻印のあるものなど、単に古いなど、県により解釈が異なっていた。)この研究を、安西先生などと同じく、かなり早くから行っていた方だ。確か都内で、インテリア関係の会社を経営していたと記憶しているが、まったく個人として、火縄銃と幕末に輸入された膨大な種類の小銃、拳銃を収集、その由来を調査、研究してまとめた。「図...

続きを読む

子供の科学技術教育への一つの提案

「われ等の陸海軍」は1934年、平田 普策氏著、講談社発刊、B5版、約300ページの厚紙表紙の立派な本だ。対象者は10代半ばくらいの少年であっただろう。定価1円50銭と言うのもなかなかのものだ。写真を多く使用し、当時、日本が国防のために必要であった様々な近代兵器を紹介している。その内容には精神論的な部分もあるが、本来の目的は、日本それと欧米国の兵器を一般的に技術的にみて「科学する心」を育てていたこと...

続きを読む

私の好きな陸戦隊隊員の写真

帝国海軍陸戦隊は、本来は艦艇や施設を守るための戦力で、今の日本自衛隊にはその組織はない。アメリカは海兵隊(通称マリンコ)がその任務を負い、海外での重要な戦闘を担当している。1930年代、日本海軍には佐世保、呉、横須賀、舞鶴の4基地(鎮守府)にそれぞれ陸戦隊が組織され、その一部は中国大陸の日本租界に駐留した。日本の陸戦隊を有名にしたのは1937年の第二次上海事変だ。近代装備3万人の国民政府軍19軍の...

続きを読む

平和ボケ

日本のこの60年間の平和は、完全に国民をボケさせた。日本は他国と地続きでないから、拉致でもない限り危険な隣国の存在にぎりぎりまで気が付かない。どうも、都心が騒がしいと思ったら、北の代表が来日しているらしい。三井クラブにでも泊まっているのか。路地に至るまで警戒が厳しい。あのヘラヘラしたオヤジも「総連」が付いているから鼻息が強そうだ。大体「総連」に免税したり、送金させていたのが間違いだ。日本政府はアメ...

続きを読む

沖縄の基地移転問題への素晴らしいアイデア

基地問題は沖縄島々の宿命だと思う。位置的に日本列島と大陸を隔てる要所だからだ。1945年5月、アメリカ軍が沖縄を制圧した時、すでに日本の敗北は決まった。沖縄南部の激戦地を訪れると、こんな小さなところで何万人もの日米両軍の兵士が死んだとは信じられない。今は緑の多い岩だらけのところだ。日本は民間人10万人、軍人10万人、アメリカ軍は陸上で1万人、海上で5000人の犠牲が出たと言う。沖縄は軍事大国中国に...

続きを読む

武家屋敷と「セコム」

武家屋敷は絶えず非常時のことことを考えていた。画像は知覧の武家屋敷家の造り、塀、庭などにだ。玄関の長押(なげし)には来訪者には見えないように槍や六尺棒が掛けてあった。廊下は曲がり、一挙に内部に侵入できない設計だった。庭に敷き詰めた小石は、侵入者の足音がするのみならず、礫(つぶて)として投擲する武器になった。竹の太いものは竹槍に、細いものは矢に転用できた。(竹の先を油に煮ると硬くなり、金属の矢尻はな...

続きを読む

「足軽」とはなんだったのか。足軽根性がサラリーマンに引き継がれてないか?

「雑兵物語」は16世紀初期に戦役を経験したことのある軍学者により作成されたとある。口語体で読み物風に見聞録をかたちどった、戦場での約30例の手柄話、失敗談、経験談を構成し、それを紙芝居風に(各々に画像のようなイラストがついている)、文字の読めない、身分の低い者たちに読んで聞かせ、彼らに戦場での心得、行動を教えた教本の一種だ。日本は歴史的に古くから、兵の教育に熱心であったことを証明している存在だ。し...

続きを読む

安西 實氏と日本ライフル協会

「射撃」と言ってもその範囲が広い。狩猟から標的まで。単なるモデルガンファンのガキは「月間GUN]にまかせておけばよい。しかし銃猟狩猟人口は殆ど射撃や銃器に対する興味はないようだ。単に獲物の成果がどうかが彼らの関心ことだ。銃に対する興味や知識も少ないようだ。大体銃はブランド志向だ。近代標的射撃人口は近代射撃専用銃にしか興味がなく、射撃の歴史やその由来にはあまり関心のない人が多いようだ。日本の火縄銃など彼...

続きを読む

創造人の真骨頂 南部 麒次郎 「或る兵器発明家の一生」

発明とか創造とか、人間の能力に個人的に大きな差があるのは驚異だ。まったくアイデアの出ない人間、環境がある。反面、よくこんなことを考え付いたという人も多い。19世紀から20世紀に掛けて、エジソン、グラハム・ベル、ライト兄弟、日本では豊田 佐吉とか今の経済を支えている幾つかの大きな発明がこういう人間により行われた。伝記的なものを読むと彼らに共通しているのは「観察力」が優れていたことだ。例えばベルは牧場...

続きを読む

この手のものを書かせたら木俣 滋郎氏「帝国陸軍兵器考」

今日は遅くなりました。朝、小名浜でゴルフのコースレッスン9ホールズを受け、雨の中、渋滞していたので加平で下りて、また下も渋滞だらけ、家に荷物を置いて、ピューマ渡久地さんに月謝を払い、レッスン3ラウンド(ミット打ち)そして、外の湯気の出るプールで700m泳いで来ました。帝国日本陸軍兵士も顔負けの運動量だった。さて、この本は雄山閣から1974年に発刊されたものでB5版、273ページ、明治維新来75年間の...

続きを読む

時代考証 時代劇の武器兵器 名和 弓雄先生の「時代考証百科」

NHKや映画の時代劇の時代考証を永年行ってきた方だ。岐阜戸田藩の士族の出身で、捕り物から火縄銃まで幅広い時代考証を調査、研究し、大勢の人の教えた。私も1970年代末から先生に弟子入りし、火縄銃やその他時代武器のことを多く学んだものの一人だ。「時代考証百科」日本刀、火縄銃、忍びの道具編は新人物往来社刊、B5版、274ページ、箱入りの豪華本だ。1981年刊、挿絵が多く、石津 博典氏が画いた。刀の置き方、抜...

続きを読む

資料が少ない日本の工廠史 その中の「兵器技術教育100年史」

明治維新以来、日本の各地陸海軍兵器工廠が日本の技術開発は発展に果たした役割は大変大きかったにも関わらず、日本の工廠のことを書いた資料は少ない。名古屋工廠、小倉工廠の歴史資料が防衛庁資料室にあるが、名古屋は充実しているのに小倉は大雑把だ。海軍工廠に関しては殆ど資料が見当たらない。「兵器技術教育百年史」は1972年、「工華会」(同校卒業生会編集)編集、500ページ、B5版箱入りの立派な記録だ。その前半は...

続きを読む

萱場四郎氏の敵を知る本「支那軍はどんな兵器を使っているか」

1937年日中衝突の翌年春、萱場(トヨタ車のショックアブソーバーの生産会社)の創始者、萱場四郎氏は上海から南京と日本軍と戦った中国国民政府軍の武器・兵器を視察に行きこの本をまとめた。本は同年末にモダン日本社から定価50銭で発売された。B5版、191ページ、白黒印刷で、兵器類の写真(中国側のものが多い)が沢山挿入され、分かり易い。萱場氏は技術の天才で、海軍の為に空母着艦装置や、陸海軍機の脚の設計を手が...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ