FC2ブログ

記事一覧

擬製弾

銃の操作を練習したり、整備したりするには、実弾ではない、発火しない擬製弾と言うものが必要だ。画像は日本の7.7mm、6.5mmそして拳銃、短機関銃の8mm弾の発火しないものだ。実弾の装薬を抜いて、雷管は打ち、またもとのように組み立ててある。安全なものだ。日本軍の訓練や、学校教練で使用した擬製弾は、ソリッドなもので、薬夾の下部に筋が入れられており、暗闇でも手探りで擬製弾と判別できる工夫がしてある。5...

続きを読む

貴重な弾倉

九四式拳銃は南部開発で、1934年に制定された。将校用、車両、航空機操縦者用に厚さを出来るだけ薄くすると言う設計だった。命中率に関しては先回書いた通り、格別劣ったものではない。ただ、初期に製造されたものと1944年後期以降に製造されたものの差が激しく、後期に製造されたものだけを見て、これを劣ったものと言う判断をする収集家もいるが、勿論素人だ。この画像の弾倉はもう最後の方の製品だ。特徴は鉄板の仕上げ...

続きを読む

貴重な弾薬

同じ口径の弾薬と言っても全てが同じような製作ではない。例えば、画像の左のふたつ。これは日本軍の7・7mm弾薬で、九九式小銃、九九式軽機関銃、九二式重機関銃に使用された弾薬だが、おそらく1944年末ごろから終戦にかけて製造されたものである。両方とも、薬夾が軟鉄製だ。すでに真鍮素材が不足してきたので鉄になったのだ。また弾丸が一つは普通の銅系の被甲だが、もう一つは軟鉄である。この鉄は非常に柔らかくペンチ...

続きを読む

日本の7.7mm用ダイス

1970年代半ば、ニューヨーク州の田舎に家族とドライブしたときのことだ。田舎道が混んでいると思ったら、道端でフリーマーケットのようなことをしていた。車を運転しながらふと見ると、日本刀、ちゃんとした拵えの長いもの、が見えた。車を止めれるところまで行き、走って戻った。はたして時代のあるちゃんとした刀だったが赤錆がひどい。拵えは柄巻きも、鞘も原型のままだ。日本の骨董屋のタグまで付いていた。持ち主はこれに...

続きを読む

日本の税関とアメリカのTSA

現在、アメリカでは空港安全確保は大きな課題であり、「トランスポーテーションセーフティエージンシィー」TSAと言う組織が911以後後創立され、空港で荷物をチェックインするとその後ろに係員がいて、場合によっては荷物を開けて、検査している。昨日、アメリカから戻り、スーツケースを開けたら、中にTSAの通知が入っていた。「抜き打ち的に、貴殿の荷物を検査したが、不審なものは見当たらなかったあしからず、ご協力ありがと...

続きを読む

日本はどうしたら強くなる!

ワールドカップは仕事の関係で、スペイン、メキシコ、ひとつ抜いて、アメリカそして日本と4回ファイナルの会場へ行き、観た。欧州カップはドイツ、フランスを観た。オリンピックもソウル、アトランタに行った。ゴルフの試合は数知れぬほど。サッカーに関して言えば、日本もまあよくここまで来たと信じられない気持ちだが、日本チームこのままではこのスポーツの性格上絶対勝てない要素がある。それは、選手諸君の「国を代表してい...

続きを読む

戦争映画100選 その119 南北戦争のしこりを描いた二つの映画

さて、明朝早く出てJFKに行き、日本に帰る。今日は二つ目だが、これは日曜に到着するからその分だ。アメリカの南北戦争後の混乱を描いた作品は沢山ある。代表作は初のカラー作品で、今も綺麗な「風と共に去りぬ」だ。南北戦争は同じ国の同じ国民が戦うという悲劇で、60万人が死んだ。戦後も混乱は続いた。その一つのテーマが「ジェシー・ジェームス」で彼のストリーは幾つもの映画になった。南軍のゲリラから戦後は列車強盗になり...

続きを読む

戦争映画100選 その118 南北戦争3部作

マシュー・ブロドリックが北軍少佐を演ずる「グローリー」は先に登場した。これに続く作品としては1993年の「ゲティスバーグ」と2003年、同じロナルドFマックスウエル監督作品「ゴッズアンドジェネラルズ」がある。両作品とも4時間近い大作だ。戦闘シーンは両方とも同じフィルムを使っているが、とても迫力がある。後者は南軍に焦点を当てていたのが特徴だ。前者では南軍のリー将軍をマーティン・シーンが後者ではロバート...

続きを読む

戦争映画100選 その117 「全艇発信せよ!」 Away All Boats

久しぶりの戦争映画100選だ。第二次大戦モノが盛んに製作された1956年の作品で、アメリカ海軍の上陸用舟艇の母艦の話だ。小説の映画化で、変わりもで、孤独なホーク艦長と、将校たち、そしてその艦の水兵たちの話だ。ジェフ・チャンドラーと言う白髪の俳優が艦長を演じた。地味な舞台だ。この母艦の任務は太平洋で、日本軍が占拠している島々に上陸する海兵隊、陸軍兵を上陸させる上陸用舟艇(不思議なことに現在アメリカ軍...

続きを読む

紛失した三十年式銃剣

父親と仲が良かった塩谷(しおのや)一夫さん(故人)の話だ。召集され北支に二等兵として送られた。部隊の駐屯地から演習地へ毎日トラックで往復していた。演習地の近くの地元の子供達と顔なじみなり、教師だった彼は、子供に日本語を教えたりしていた。ある日、演習の帰途、疲れて寝ていて、ふと見ると自分の銃剣が鞘だけになっていた。どこかで演習中に紛失したに違いない。あさましいもので、戦友の銃剣に手が行き、それらを自...

続きを読む

「戦争花嫁」と「オゲサン」ハロルド・マーシィ

「OGESAN]はバンザイメンバーだったハロルド・マーシィのことだ。日本人の奥さんとは朝鮮戦争中に福岡で知り合い、結婚し、その後カンサスシティに勤務、住んでいた。私が彼を知り合ったときすでに奥さんは故人になっていたが、ハロルドはよく奥さんのことを話した。彼の家に基地の日本人妻を集め、定期的にパーティを催し、彼等が一日中、彼の理解できない言葉で果てしなく話しているのを聞いているのが楽しかったと。ハロルドは...

続きを読む

九八式機銃照準機の模型

午後、リビー教授と電話で話をした。私が、骨董屋のYさんに貰った照準機の模型に関してだ。教授は、航空機関係の備品は大変に高い。油圧系でも買えない。ましてや九八式機銃照準器(零戦に装備された)は実物に触ったりも出来ない。この模型を観察していると、如何にこの照準機が普通でないユニークなものであったことが理解できる。航空機機銃の照準機はそれまで環状か、筒状のものであった。日本海軍(三菱)がドイツから輸入し...

続きを読む

黒色火薬

アメリカの家を整理していたら、黒色火薬射撃を行っていた頃、スポンサーに貰った火薬の残りがあった。缶に入っている。黒色火薬は生火で発火するが、衝撃や摩擦には強く缶に入って売られている。安いものだ。しかし家庭内に1kgもの黒色火薬を置いて置くのは、911以後、危険であり、庭に穴を掘って埋めた。湿気のために1日もすれば役に立たなくなる。黒色火薬は13世紀から19世紀半ばまで主に銃砲の装薬として、また花火...

続きを読む

帝国海軍陸戦隊の新刊本

1990年代の初頭、私は帝国海軍陸戦隊のことを調べていた。しかし意外にその実態を記した資料は見つからなかった。敵国であったアメリカでは海軍陸戦隊の戦闘能力は高く評価されていたのに。防衛研究所図書館にも帰国のたびに通ったが規模や装備に関して記述してある総合的資料は見つからなかった。海軍各艦艇には艦艇警護、不審、敵国艦艇の臨検、鹵獲などのために陸上兵力を備えた陸戦隊が乗船しており、その兵器は陸軍工廠か...

続きを読む

再び「南京」問題を考える。

「南京戦史資料集」その2を読んでいるうちに、程 氏と言う国民政府軍南京警備司令部高級将校であった人の手記(多分、台湾で書かれたものであろう)を読んだ。この手記は児島 襄氏の「日中戦争」にも参照されたと推察されるが、程氏は南京東南陣地の構築に掛かっており、かなり完成していたのに、最高司令部の放棄の決定で、南京市内に戻り、列車輸送の責任者であった。東南陣地の放棄の原因として、蒋 介石 総統は日本海軍が...

続きを読む

二式小銃のアメリカ映画での使われ方

古い映画を観ていたら、よく二式小銃が出てくる。暗殺に使うのだ。「ダーティハリーI]「ファールプレイ」そのほか様々な映画で二式分離型空挺用小銃は大活躍だ。大体が、基の先台(銃身下の木の握り)を短くし、銃床を細くして、ボルトを曲げたりしている。狙撃銃の感じを出すためにだ。ハリウッドの小道具屋が製作したものだろう。二式小銃7.7mmは1944年に名古屋工廠で19000挺製造された。銃の機関部と銃身が楔(くさび...

続きを読む

「南京戦史資料II]に見る南京攻略の実態

ニューヨークからDさん夫妻が訪れ、昼食を共にした。Dさんから財団法人偕行社発刊の同本をいただいた。B5版665ページのものだ。ちなみにIは松井石根大将の陣中日誌だったらしい。(偕行社は陸軍将校の親睦団体であるから、この本が公平性に欠けると、言う心配は感じられなかった。)IIは南京攻略に参加したいろいろな階級の将兵の日誌、戦後の記述、記録、報告などあらゆる資料を編集したものだ。後世に伝えるべく客観的な目撃談、...

続きを読む

月刊GUN誌の罪 「遊び」と「研究」はちがう。

同誌は日本の兵器をおちゃらかすことが編集方針だった。床井さんの記事、写真のように優れた内容のものもたまにはあったが、大体一貫して、日本の兵器は劣ったもの、奇妙なものと言う概念にしていた。例えば九四式拳銃だ。南部開発の1934年に将校用、並びに車両操縦者用に開発された8mm自動拳銃だ。「奇怪な、理解が出来ぬ」と言うような表現を使い、テキサス在住のタークと言う男が馬鹿な記事と写真をまとめていた。記憶に...

続きを読む

教練銃の権威 チップ・ゴダッド リビー教授その8

チップは南部ミズリー州の出で、大学法科を卒業し、大手製薬会社法務部に勤務している。30代後半か。彼もリビー教授と緊密に連絡を取っている。軍事教練には教練用機関銃が各種使われたからだ。金山、南部、井澤など。彼が南部の故郷に帰った時、バンザイシューティングにも来た。チップはコネチカット州に勤務、在住しており、ニューヨークの私のオフィスにも2回ほど寄り食事などしたことがあった。また私の東海岸の家にも来た...

続きを読む

日本の戦争絵画を高く評価するアメリカ人 リビー教授 その7

リビー教授の書斎(例の三角部屋)には日本の戦争絵画の複製が幾つか飾られていた。中でも(作者を忘れてしまったが)ニューギニアのジャングルで苦闘する大隊を描いた作品は、リビー教授はダグラス・マッカサーが絶賛した作品であると言っていた。この作品は靖国神社遊就館にあった。日本の美術界は日中戦争頃から太平洋戦争に掛けて、高名な画家がこぞって戦争絵画を制作した。この伝統はすでに古来よりあり、屏風絵など戦争をテ...

続きを読む

日本の機関銃研究 教授の弟子達 リビー教授その6

リビー教授は全米を旅行することはないが、リビー教授に日本の機関銃研究でいろいろ聞いてくる連中は多い。先回、このブログにも登場したアリゾナのロバート・フェリス(大型模型飛行機を対空機銃で射撃する)もその一人だった。バンザイシュートアウトの常連、ジム・レジスターはかなり熱心な研究、収集家である。ミズリー州で建築会社を経営しており今は羽振りが良い。沖縄の生まれで日本のことに詳しい。資金力もありかなり沢山...

続きを読む

日本の機関銃に対する想い リビー教授 その5

リビーさんの周囲に日本的なものは殆どないしまたいない。メイン州には日本人も少ない。時々彼が教えるメイン州立大学に日本人留学生が来るらしい。その留学生を放さずに日本のこと、日本語、日本人のことを勉強している。但し、留学生諸君には兵器に対する関心も知識もない。従って、私は彼が私の英語を見てくれているのと同じように私が日本語の翻訳をやる。リビー教授の息子は警官だった。(教授の息子が警官と言うのはアメリカ...

続きを読む

機関銃の権威リビー教授の友達 その4

リビーさんは地元の生まれ育ちなので近所に高校時代の友人が多い。その一人がまた機関銃好き(親の代から)である。その人の家を訪れた。リビーさんの家からそう遠くなく、農場が広がる自然の多いところだ。彼は天然水を瓶詰めすることを家業としている。厚いビニールのカーテンで覆われた工場を抜け、彼の事務所に行くと、そこが機関銃の展示場だ。世界中の機関銃を持っているが、日本の機関銃も数挺あった。チェコ機銃(中国軍か...

続きを読む

実射を体験。リビー教授との共同研究 その3

リビーさんを訪れると大体、1-2泊して適宜、テーマを選び日本の軽機関銃やチェコ機銃、ルイス機銃などの実射を行った。「月間GUN]の餓鬼みたいに水ボトルを撃ったりするのではなく、ちゃんと距離を測り、標的を枠に置き射撃し、銃剣の取り付け、弾薬、眼鏡、威力などを調べた。一番、よく行った場所はリビーさんの友達の石切り場だ。ここはそんなに遠くなく、掘り込んだ場所なので安全だった。ゲートの鍵を借りておき、トラック...

続きを読む

世界一の日本の機関銃の研究者 エドウィン・F リビー教授その2

リビー教授の先祖は家に飾ってある写真を見ながらの説明によると、英国系とフランス系の人もいたらしいがいずれにせよ、18世紀にヨーロッパから来た人々だ。奥さんは敬虔なクリスチャンだが、リビーさんはそこそこだ。(勿論キリスト教徒だが。)年齢は子供の年から察するに私より数歳上だ。長身である。生活は地味だ。贅沢はしない。家も自分で修理したり、増築したりする。私の息子が同行し、カメラマンをやった際、家を去るな...

続きを読む

アメリカの日本の機関銃の権威ーエドウィン・F リビー教授その1

今朝、リビーさんに日本から持ってきた「九七式照準器ー海軍戦闘機固定機銃」の3分の1スケールモデルを送った。私が先週土曜、スプリングフィールドガンショーに行けず(実際このあたりは大雨でドライブするのが大変だったが)会えなかったので、郵送したのだ。リビー教授は何か、このようなものからでも新しい発見をする人だ。教授と知り合いになり、十数年になる。アラバマのロイ・クーパー氏(故人)の紹介だった。ロイと教授...

続きを読む

銃剣

最近、使われなくなった武器兵器のひとつだ。しかし銃剣はマスケット銃が出現してから、銃と共に使える重要な兵器として、その訓練には多様な用具が使用され、多くの時間が割かれた。前装のマスケット、ライフル銃の時代には主に、断面が三角形の長さ40cmほどの尖った剣で、銃には剣の後部の丸い筒が銃身に入り、回して、銃の横で止まる装着方法だった。その時代は、敵と遭遇してほとんど1発しか撃てないので、その後は銃剣を...

続きを読む

火薬の臭い

17-8年ほど前、台北空港で入国の際、荷物が検査で引っかかった。開けてみても何も不審なものは当然入れてない。なぜこの荷物を不審だと思うのかと聞いたら、「火薬の臭いがした」と言う返事だった。(犬を使ったのだろう)後で自分で調べて見たら、射撃の際着ていた綿のセーターを入れたあった。当時、各地に出張し、様々な体験をしたが、国から国への移動には相当気を使った。「911」以前から英国のヒースロー空港は、何重...

続きを読む

国防に関して頭を切り替えようその2

要点はふたつある。1)自衛隊(日本の軍隊)の海外派兵と世界平和への貢献。2)日本の有事を現実の問題として備える。1)に関して言えば、すでにイラク派兵、賛否はあったが、実績ができた。現在、世界中が紛争と災害だらけだ。国連に資金を出しても中抜きが多すぎる。日本が直接行動しなければならない時期にきているだろう。特に宗教の絡んだ紛争には、日本は中立を守れる重要な立場にある。貢献すべき地域、範囲は大きい。紛...

続きを読む

国防について頭を切り替えよう!

学生の頃に歌声喫茶などでロシア民謡を歌っていたような種類の方々と私はどうも話しが合わないテーマがある。それは国防に対する考え方、戦争の現実だ。第一次湾岸戦争が始まった日、私は仕事でジュネーブにいた。その滞在中、裏町のある骨董屋のウインドーに日本の火縄銃を見た。戸を押して入ると主人は意外に若い人だった。程度も良く、価格も手ごろだったので購入することにした。主人は「あなたはこういうものにも興味がありま...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ