FC2ブログ

記事一覧

謎の拳銃収容嚢 浜田式用と判明。

大分以前だが、日本の骨董市で「九四式拳銃ホルスターです。」と言うものを手に入れた。残念なことに、蓋の表には「森岡」(右より)と墨で書かれており、内部にはへたくそな文字、縦書きに右から「九四式拳銃ケース、近衛師団長陸軍大将三○森岡守成閣下所持 大正十三年恩賜軍刀」と書かれている。どうも恩賜の軍刀と一緒だったものらしい。これが九四式拳銃用でないことは一目見て分かった。予備弾倉の収容ポケットが外に付いて...

続きを読む

「キスカ」型 改良された九九式手榴弾

先の大戦で、日本軍は主として2種類の手榴弾を使用した。大型な八九式手榴弾と、画像のやや小型な九九式手榴弾だ。この手榴弾は縁の直径45mm、胴の直径40mm、胴の長さ50mmで、被いが固定された新しい信管が付いている。八九式のような胴に筋は入れられてない。持ちやすい、投げやすいが、恐らく今は実験することはできないが、装薬に改良があり、威力は八九式やアメリカ軍の手榴弾に比較して劣らぬものであったと推定...

続きを読む

旧軍刀の握り

日本の軍刀は明治時代は、西洋式なものが将校にはい刀された。この種の軍刀は、鞘は木製に金属をかぶしてある。この金属は銀色に鍍金され、しかもその柄も西洋式なスタイルであった。昭和になり、ナショナリズムが高揚すると、軍刀は江戸時代の刀の形式となった。八九式軍刀の例にもあるようにあ、柄はアルミの押し型であるが、刀の感じを良く出していた。これは下士官刀と呼ばれ、曹長などが指揮刀に戦闘に使用した。しかしその刀...

続きを読む

砲兵刀の剣差し

明治時代、砲兵が携帯する大きな包丁のような頑丈な刀があった。(japaneseweapons.com参照)一般の銃剣よりかなり大きく、重く、鞘は皮革製だった。日本では殆ど見ない。アメリカでもたまにしかでない。この銃剣を革帯につけるためにはやはり銃剣差しが必要であったが見たことはなかった。この画像の銃剣差しは10年ほど前の複製品である。鞘の入るところが幅35mmx厚さ22mmで、一般の銃剣差しよりかなり大きい。実はこ...

続きを読む

猟師の効率 北斎漫画に見る

葛飾北斎は「世界100人アーティスト」に選ばれた唯一の日本人だ。平山先生は悔しいだろうが。北斎漫画、猟の編、猟師(かりうど)は3人3様の猟師が山の中、火縄銃を使い猟をしている構図だ。天才的な北斎の観察眼は、当時の様子が知れ、とても役に立つ。左の猟師は銃を肩から提げて、雉笛で鳥を呼び寄せている。(現在は笛やテープの使用は禁じられている。)銃床は腰に下げた動物の足の皮で作った袋に入っている。火薬入れ、...

続きを読む

中国からの「いちゃもん」?

中国は日本に謂われな言いがかりをつけるのが癖になってしまった。これは何度も書くが、日本のマスコミが悪い。中国に媚びるからだ。中国には言いたいことは300%くらいに拡大して言わなければ通じない。そういう国民性なのだ。中国で仕事をしたとき感じた。詫びれなく嘘を言う、言い訳をする、開き直る、何でも荒っぽい、こういう性格は私達には正直、ストレートに伝わってない。すべて「中国大好きオジサンたち」のせいだ。産...

続きを読む

子供に身を守る術を。

私はボクシングが好きだ。自分でもグラブをはめる。都心のボクシングジムの会員だ。ジムのプロの試合には皆で後楽園ホールに応援に行く。ボクシングは楽しいだけでなく、筋肉をつける、また何かのときの防御が自然に出てくる。平和ボケした日本。進駐軍が剣道、柔道の武道を何年間か禁止した。そして東京オリンピックで柔道が正式種目になり、転換期を迎えた。現在は空前の格闘技ブームと言うが、テレビ局が放送しているのは殆どが...

続きを読む

不幸なるかな「ミツトヨ」事件

本日のトップニュースは精密計測機械メーカー「ミツトヨ」の三次元測定機器が、リビア、イラン、北朝鮮などに不正輸出され、核兵器開発に使用されているという疑いで、社長、役員が逮捕された事件だ。世界でこの機器を開発製作できる高技術を持った会社が少なく、野望を持つこれらの国ぐにに目を付けられていたのだろう。(リビアは脱落したが。)そもそもミツトヨは「三豊」と言う名で、沼田 克範氏が1934年(昭和9年)に創...

続きを読む

日清戦争 その3 徴兵の強さ

日本は大日本帝国憲法にも盛り込まれていたように、「国民皆兵」で徴兵役が1873年に施行され、国民による軍隊が設立されていた。当時は免役率80%くらいで、軍隊は、成人になった男子のうち体力、知力の優れたもの20%くらいで構成されていた。それに将校の多くはすでに武士階級がなくなって一世代立っていたとは言え、幕末の武道盛んなりし時代の影響を強く受けた旧武士階級出の人間が多かった。この二つが近代的な兵器と...

続きを読む

九一式手榴弾と発射用ブースター

日本の手榴弾は大別し、九七式と九九式の2種である。(japaneseweapons.com参照)九一式手榴弾は九七式と形状はほぼ同じだが、底にネジが切ってあり、円筒形の発射機構(ブースター)が装着できる。画像はブースターを外した状態だ。「15,8、ハ」と手榴弾の縁に白く記してある。ブースターは直径25mm、高さ25mm(ネジ部を除く)、横に6個の穴が開いている。底に雷管がある。雷管は小銃用弾薬のものより大きい。(1...

続きを読む

うんざりの「南京事件」だが、良い本がでた。

南京事件を事実を現在まで曲げているのは、日本のマスコミと中国共産党だ。以前より、国民政府が当事者(幹部は逃亡して事実を見てないが)だから、研究者が台湾に行き文書を調べたらどうかと考えていたが、まさしくそれをやってくれた本が出た。この本はその他多くの資料も多角的に駆使し、南京事件の背景をある程度解明してくれた。主に国民政府の中央宣伝部の書類からだ。その本は東中野 修道著「南京事件」(国民党極秘文書か...

続きを読む

八九式重擲弾筒の属品(アクセサリー)

八九式重擲弾筒は日本軍歩兵が装備した優れた兵器の一つだ。(1950年代にイスラエルが同じようなものを作り、中東戦争で使用した。)私はこの兵器を英訳するに「ポータブルモーター」(携帯迫撃砲)とした。欧米では「ニィーモーター」(膝迫撃砲)と呼ばれていたが、勿論これは間違いだった。(アメリカ兵が底板を腿に載せていた写真から付いたものだが、反動で足を折るのがおちだ。)とにかく口径50mmの大きな榴弾を前装...

続きを読む

集束爆弾 空対空

日本軍が敵大型爆撃機用に開発した空対空集束爆弾だと言うものを手に入れた。内部も、信管部分も空で安全なものだ。初期のクラスター爆弾だ。この爆弾は全長が25cmと小型で、何発かがまとめれており、空中で分離し、広い範囲を被う運用だったようだ。画像の爆弾には「不明の文字、昭19 5 ウ」と書かれている。頭の直径は45mmで、長さ10cm、この部分に炸薬が入っていた。信管は先の黒い部分にあるのでなく(ここだ...

続きを読む

耳栓(イアープロテクター) これが日本軍の制式か。

射撃、砲撃の音や衝撃から耳や目を保護する道具が必要だ。私自身、数千発の火縄銃から重機関銃までの射撃を行った経験があるが、初めから、専用の耳栓をしてた。後半は耳の中に入れる形式のものと、耳を覆うものと2つを併用してたほどだ。私より一世代前の射撃をやる人は、現在大体が耳をやられていて、普通の音が聞き難い状態の人が多い。画像の耳栓は日本軍のもので、「護耳器」と表示された木箱に入っている。裏に「大」と「小...

続きを読む

方向磁石 これが日本軍の制式か。

日本軍が使った個人用の各種、方向磁石をアメリカにいた頃手に入れた。時計腕帯についている小型のものから、紐で首から提げるようなものまでいろんな種類がある。殆どが時計式皮革製腕帯に装着する形式だった。どうしてそれらが、日本軍のものか? 簡単だ、方位が「東西南北」で示してあるから。画像の2つは同じ形式のものだ。(革帯が黒いか、革色かの差はあるが。)私はこれが制式な日本軍歩兵装具であると確信している。(「...

続きを読む

日清戦争 その2 旅順で清国軍100倍の損害

日清戦争の日本の正式名は「明治二十七・八年戦役」と言う。日本軍は1994年10月には朝鮮半島から遼東半島へ進んだ。10月24日に旅順を落した。一般的に攻守の戦闘は、攻める側の損害も大きい。しかしこの戦闘では日本軍の死者40名、若干の行方不明者。清国軍は4500名が戦死した。100倍以上の損害であった。これはすべて近代的な組織、兵器、補給、訓練をした軍隊と、軍費を皇太后が誕生祝いに使ってしまうような...

続きを読む

日清戦争 その1 [村田銃]存在の意義

朝鮮半島を主な戦場として戦われた、1894年(明治27年)7月から翌年4月までの10ヶ月間の戦争である。近隣諸国との歴史観を考える際に忘れてはならない戦争だ。戦争の原因は、一言で言って「朝鮮李朝政権が現実をみず、また国内的にも力がなかったからだ。」日本は朝鮮李朝政権を独立国と認めていたが、清は属国とみなしていた。清が弱体化し、西欧勢力が伸びてくれば、自ずから対馬海峡がその国境になることは明白で、独...

続きを読む

昭和天皇はA級戦犯を本当に批判したか?

ロシア,アレクサンドル・ゾクーロフ監督「太陽」は不思議な映画だ。終戦直前から直後の昭和天皇を描いた作品で、イタリアで撮影されたと言う。なぜ今、このようなテーマを映画化したかよく理解できないが、しかし水準は高い。新鮮だ。単なる外国製歴史ものとは違う。この映画では昭和天皇がご自分は「神」か「人間」かを悩む。「そして、昭和天皇はご自分は人間であると言う実感に救われる。」これがポイントだと感じた。昭和天皇...

続きを読む

こいつ等が一番悪い靖国問題

靖国問題は今日の参拝で小泉君の勝ちだ。この画像、今日、8月15日昼の靖国神社拝殿横のテレビカメラ、報道陣の列だ。彼らは何か混乱が起きないか、鵜の目鷹の目で期待していた。小泉君だけでない。何万と言う国民が今日8月15日に靖国神社を参拝した。(25万人)おかしな連中も見かけたが、殆どは一般の老若男女だ。地方から来た人も多かった。しかし15日の報道にはそういう一般光景はほとんどなかった。中国、韓国は日本...

続きを読む

台湾苦難の始まり 8月15日1945年 「悲情城市」

1989年作品、ホウ・シャオシェン監督「悲情城市」は、昭和天皇の終戦勅旨ラジオ放送から始まる。台湾北部の基隆は港町だ。そこで船問屋を営んでいる林 文雄とその弟が日本敗戦後に受けた苦難の話だ。台湾には国民政府が進駐してきた。(アメリカは連合軍であった国民政府に台湾統治をまかせた。)闇の世界も上海から一緒に来た。国民政府は近衛首相がかって言った通り「腐敗堕落」しきっていた。物価は上がる。治安は悪化する...

続きを読む

軍用時計はセイコー製

戦闘の際、時計は将兵にとって需要な兵器のひとつである。日本では一般の兵士までに腕時計を支給したのは恐らく1920年代後半(昭和の始め頃)でないか。1929年、セイコーがネーション九型(10石)、十型(15石)の軍用腕時計を開発した。陸軍より、海軍陸戦隊のほうがこのような装具の支給は早かったに違いないが、1937年、日中戦争勃発により、セイコーは第二精工舎で95万個のこのような時計を生産した。私は1...

続きを読む

8月13日の特攻

1945年、終戦の2日前、本土犬吠崎東方70度約180kmのところに近づいてきた連合軍の機動部隊(艦載機がしきりに仙台から土浦方面に現れた。私の旧友故人鈴木氏が茨城で、地上砲火で落とされた機体の・50口径弾を拾った。)何とこの日、すでに政府はポツダム宣言受諾を殆ど決めていたのに、特攻が実施された。陸軍は那須から第二百一神鷲隊が二式双発襲撃機2機で、小川 満中尉と横山 善次少尉が操縦士、各々の機体に...

続きを読む

[これだけは読んでおきたい特攻の本」

この夏読んだ、あと一冊の特攻に関する本だ。光人社刊、北影 雄幸著 「  」内は同書より参照。「確かに彼等の手記、遺文などを読むと、厳格な軍人というよりも、ナイーブな心を持つごく普通の少年であり、青年である。現代の青少年と本質的には何ら変らない。ただ大きく違う点は、彼らには現代人にはない強烈な祖国愛と郷土愛があり、かつその祖国と郷土を守らんとするこれまた強烈な使命感と義務感と責任感をもっていたことで...

続きを読む

日本初の活字が使われた兵学書のひとつ「手銃論」

幕末に様々な技術が西欧から日本に入り、それらが基礎となり、日本は明治維新その後の大躍進、西欧化が進んだことは周知の通りだ。その一つの例が画像の「手銃論」と言う兵学書だ。一と二があり、これは二だ。原書はオランダのベルという人が書いた欧州の当時の小銃(手銃と訳したが)、特にライフル銃の理論だ。本はB5版、106ページ(和紙に印刷し裏を使用せず、折り曲げて2ページにしたある、厚く見える)。図面3枚(30x...

続きを読む

どの国でも少ない飛行機のおもちゃ

映画「太陽の帝国」初めの部分、日本軍にあこがれている英国人少年が、零戦の模型で遊ぶシーンが幾つかある。小型のソリッド模型で口で爆音を出しながら遊ぶシーン、そしてゴム動力機を飛ばし崖の向こうまで行ってしまう。その飛行機を探しに行くと、日本軍の宿営地があり、日本兵(中国兵が演じた)が上を向いて、彼のシンドバットの仮装を笑うシーン。1942年、零戦のソリッドモデルが発売されていたわけはないが。プラモが出...

続きを読む

日本軍機の航空計器

およそ武器兵器の収集で一番、困難なのは枢軸国(日本、ドイツ)の航空機計器だ。ほとんど目にすることはなかった。博物館、例えばスミソニアンなどには系統的に収集、保管されていると思うが、アメリカでもあまりにも高額すぎて、それらを研究する人や、結果の発表も少ない。画像は、日本軍の高度計2種で、高度計の単純な機能、気圧計、であるから今でも正常に作動する。(小型機に乗った際に携帯し調べた。)貴重なる資料だ。右...

続きを読む

「特別攻撃隊の記録 陸軍編、海軍編」

この夏、3冊の特別攻撃隊の本を読んだ。そのうちの2冊、光人社刊、押尾 一彦著「特別攻撃隊の記録」 陸軍編、海軍編の内容は目新ものではないが、特別攻撃隊の編成別、出撃日と場所の淡々とした記録である。靖国神社にもあるが、全出撃機3461機の全搭乗員の名簿が掲載されている。今、なぜ特別攻撃隊か?この60年余、日本人だけでなく海外でも人々の「特攻」に対する考え方は随分変ってきた。戦後間もない頃は、左翼だけ...

続きを読む

精密精巧なる日本兵器 九八式軽地上標定機

この光学兵器は何のために使用したのか。ある人は砲弾の着弾を観測するためと言っていたが、それは砲隊鏡の役目で、地上標定機は明らかに異なる目的のための機器だ。画像の上は、セット全体、中は本体、下は箱の蓋。九三式砲隊鏡を一緒に入手した。程度は良く、部品、属品は完全な状態だ。三脚架(木製2段)に載せ、極めて正確に距離と方角を測る機器だ。眼鏡は10倍、視野6度だ。視野の狭さからも着弾の観測のためではないし、...

続きを読む

機関銃を持った兵隊のおもちゃ

日本のおもちゃ、人形で「機関銃」を保持した兵隊を模したものは見たことがない。多分、意外な形で存在するのであろうが。ひとつ、本「日本の機関銃」に紹介されている、満州国の芸術祭賞の小型ナイフだ。これは金の象嵌がある四分一(しぶいち、合金の名)の台に良い刃が入っている。日本製だろう。画像の3つは1930年代のアメリカの鉛合金の兵隊だ。鉛の兵隊には幾つかのシリーズがあり、平板な打ち抜きのものから、立体的な...

続きを読む

ブリキの高速艇

1950年代の日本の戦車おもちゃは6両紹介した。同じような頃、日本で製造され輸出された「高速艇」と思われるボートがある。「U.S.NAVY]艇で、全長30cm、高さ15cm。上のハンドルを回すと、スクリュウがしばらく回転し、なかなかの速度で航行する。バランス良くできている。舵を設定しておけば円を描いて戻ってくる。上部にはレーダーとミサイルランチャーのようなカタパルトがあるが、印刷された砲は旧型、その点は実...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ