FC2ブログ

記事一覧

教練銃剣 目くじら立てるな。

戦前戦中、中学以上の学校、青年学校(一部小学校でも)で行われていた軍事教練。週に2時間と、半期に一回野外演習が組まれていたそうだ。戦争が激しくなると女子にも行われた。この軍事教練用の機材は、教練銃、銃剣、弾薬盒などで、制服の上にプッター(ゲートル)を巻いて、学帽で行った。中学以上の教練機材は実物兵器とほぼ同じ寸法で、中にはとても良くできているものや、実物の払い下げ兵器があった。多くの銃は空砲や狭窄...

続きを読む

戦争関連映画100選 「われ等最良の年」

1946年、ウイリアム・ワイラー監督の僕の好きな名画だ。昨夜、また衛星放送で観た。大戦が終わり、3人の将兵が同じ町にB-17に同乗し復員する。(ワイラーはドキメンタリー「メンフィスベル」を撮ったので、B-17の飛行シーンが良い。)1人目は欧州戦線ドイツ爆撃で輝かしい戦功をたてた若き空軍大尉。2人目は沖縄戦闘を戦った銀行員だった中年の軍曹。3人目は高校時代フットボールプレーヤーだった水兵。フィリピン...

続きを読む

和製菅打ち銃 その2

火縄銃を改造したものでなく、もとからの「火縄銃型菅打ち銃」も見られる。これが始めから菅打ち式として製造されたと判定する理由、それは「台」だ。銃床に火縄式から菅打ち式に改造した際に見られる埋木がなく、台も元から菅打ち式用に製造してある。銃身、銃床、カラクリを入れる掘り込み、銃身と銃床の止め方など概ね、火縄銃と同じ様式だ。この銃は全長は135cm、銃身長105cmと長い、口径は12mmで一般的な火縄銃...

続きを読む

村田銃十三年、十八年式の弾薬盒 整備用品その5

村田銃は日本が最初に統一した火器として開発、生産した意義深い銃だ。幕末、日本は幕府、各藩が数十種(殆ど世界にあった使える種類の火器)、70万挺を輸入し、日本はまったく兵器の統一は取れてなかった。明治政府は東京工廠を発足させ、フランス軍事顧問団の意見で、スナイドル、アルビーニ式銃、いずれも後装で同じ弾薬を使用する、に統一する作業を始めたが、平行して村田小佐に国産銃の開発を行わせていた。村田氏は欧米を...

続きを読む

日本軍野戦用スパナセット 整備用品 その4

先にも述べたが日本軍は個人が携帯できる様々な工具を用意していた。このスパナセットもそうだ。「組両口スパナ挟布」と表示されている。日本軍独特の(大工さんの工具、鑿などが昔このような収納法だった。)巻き帆布に入れられている。スパナは両口で8本ある。5mmから17mmまで0.5mm間隔で完全なものだ。各スパナにはサイズが刻印されている。スパナ自体は小型であるので、厚いものではない。2mmくらいの厚さだ。...

続きを読む

幕末の日本式菅打ち銃

日本に火打ち式銃(フリントロック)はかなり早くから入っていたが、火打ち式銃は実用化されなかった。パーカッション(菅の中に雷蒋が入っている)発火方式は19世紀初頭、ナポレオン戦争の頃、開発された。間もなく日本にその情報は入ってきたようだ。しかし菅打ち銃(パーカッション式)は恐らく長崎の商人高島 秋帆が最初に日本に紹介した人だろう。(これは洋式の肩当銃床方式だった。)各地で火縄銃を菅打ちに改造される作...

続きを読む

無線機用工具 整備用品のその3

日中戦争中、対戦中に使用された地上用日本軍無線機は九四式(1934年)制定各種が良く観られるが、その他、航空機用、船舶用、車両用各種があった。(映画イーストウッドの「硫黄島」には実物の三号無線機が出てきた。)画像の「要具入」は厚い帆布の巻き型、携帯用工具入れだ。アメリカで無線、電話関係の収集家から手に入れたと記憶しているが、幅20cmx21cm(折込部幅片側7cm、)、道具を収納して巻くと直径8c...

続きを読む

火縄銃の射程距離

「火縄銃の玉ってどのくらい飛ぶのですか?」と言うのが火縄銃の話をしていると、とりあえず出るとても一般的な質問だ。銃砲の射程には「最大到達距離」と「有効射程距離」の2種がある。最大到達距離は銃口を上に向け40度くらいの角度で発射した場合の弾丸の飛ぶ距離だ。日本の火縄銃のは測ったことはないが、初速から推定するに1500-2000mくらいだろう。猟銃の経験だと風の影響は大きい。そう答えると「随分遠くまで...

続きを読む

軽機関銃清掃具 兵器整備用品その2

日本軍が中国線戦線で鹵獲し自軍兵器として使用していたいわゆるチェコ機銃ZB26は、日本の機関銃の基本方式と同じホチキス方式だった。日本軍は相当数(僕の推定では1万挺くらい)が、日本が管理した工廠で弾薬を製造し、使用されていたと推定する。先日、硫黄島から持って来たと言う日本軍のZB26の刻印を見てくれとアメリカの友人から画像が届いたくらいだ。「ZB26は故障が少ない、優れていた。」と言う人は多いが必...

続きを読む

固いものに当たった弾丸は?

昔の銃の弾丸は丸玉も椎の実型弾も被甲(フルメタルジャケット)はしてなくて、鉛のままだった。鉛が銃弾に一番良い金属なのは、製造し易い(溶解温度が低く弾型、モールドに入りやすい)、柔らかく銃腔内を痛めない、比重が重くエネルギーが減衰しない、などの理由からだ。しかし、物体に当たると形が容易に崩れ、特に人体には残酷であった。そのため、軍用弾には被甲がされるようになり、その被甲の先端部分を削るのは「ダムダム...

続きを読む

小銃清掃具 6.5mm用 兵器整備用品その1

兵器の整備清掃は軍隊の規律の象徴だった。銃はいつも完全な状態でないと、役に立たない。特に自動銃はそうだ。画像は日本の主に三八式歩兵銃、騎兵銃に使用された清掃用具で、何人かに1組、分隊で2組くらい装備していたものだろう。銃にはさく杖が付いており、それと左下部の油缶(60cc)これは後弾薬盒に附属、布片で簡単に銃腔内は清掃できた。日本の弾薬は腐食物質(コロシブ)が含まれており、使用後は直ちに清掃する必...

続きを読む

「鉄砲はポルトガル人が売りに来た」それが伝来だ。

1543年、種子島への「鉄砲伝来」に関して、最近、中国人を中心とした倭寇が日本に持ち込んだものであるという、説をまことしやかに唱える人達がいる。本州への鉄砲伝来の地、「根来、雑賀」の本元である和歌山市博物館でもそんなことを言っている。大航海時代のポルトガル人の勢いはそれはたいしたもので、南米、アフリカ、中東、アジア、世界一周ずっと彼らの開拓だ。確かに明朝人もメッカまで行っており、その交流は深かった...

続きを読む

手榴弾を遠くまで飛ばす一〇〇式擲弾器

映画では、とてつもなく遠くまで手榴弾を投げるけど、実際のところ小型の九九式手榴弾でも、理想的な姿勢で15m投擲できれば良いほうだ。オレゴンの吉田さんに同じ寸法、重量の複製品を製作してもらい、自分で何回か投げてみた。名古屋工廠で1940年、「一〇〇式擲弾器」として生産が始まった画像の簡単な兵器は、小銃の銃口に装着し、小銃弾発射のガスの一部を使用して九九式手榴弾を遠くに飛ばすものだ。ガスは直接、手榴弾...

続きを読む

非現実的な「家光の試し胴」

国立歴史民俗博物館先月の展示図録「鉄砲展」に三代将軍家光の当世具足、兜と胴に弾痕が見えるものがある。(画像は同図録より、矢印が弾痕だ。)「当世具足が鉄砲の攻撃から身を護れることを証明している。」との説明。これは間違いだ。どんな具足でも実用的に作ったもの、つまり着用して戦闘できる、は鉄砲の前には無力だ。無論、遠くから弧を描いて飛んできた流れ弾は防げるだろうが、鉄砲の有効射程距離内で、狙撃されれば弾丸...

続きを読む

ドイツから来た二式対戦車擲弾器

日中戦争中、ドイツは中国国民政府に武器弾薬を多量に輸出して資金を稼いだ。日本と同盟を結んだが距離的なこと、欧州での戦争がたけなわになり、ドイツから日本にあまり兵器技術の伝授はなかった。日本は律儀に潜水艦でゴムをシンガポールからドイツに届けたが。数少ない日本で活用されたドイツ技術のひとつに対戦車擲弾器とその擲弾があった。画像は同じもの2個だ。「小銃用対装甲成型炸薬擲弾」と言う小銃(三八式、九九式)の...

続きを読む

日本史は世界史の一部

「教育基本法」が改正された。私が日本教育界に望む要素は、「多様性と広い視野」だ。特に歴史教育は重要だ。現実的、具体的内容にして欲しい。戦後60年間、「日教組」が日本教育界へ与えた影響は大きかった。彼らは社会主義者(一部共産主義者)であったから教条的、観念的歴史教育方向を誘導していたことは明らかだ。国家の歴史そのもの、国歌、国旗に関する否定、殆ど全ての国民つまり2世代への影響はとても大きい。極論すれ...

続きを読む

火縄銃の威力実験

国立歴史民俗博物館が今年春実施した、火縄銃の威力実験は画期的なことだ。先日、研究部斎藤 努氏の発表を聞いた。斎藤氏は「銃のことは知らないが」としながらも大変に分かり易い良いプレゼンをしてくれた。残念だな。私は10年前にこれとほぼ同じことをアメリカで実施し、それはサイトjapaneseweapons.comに公開している。また様々な防御盾への射撃は前装銃射撃連盟で実施した。それらの結果を見て計画を立てて貰えれば、予算...

続きを読む

日本軍と「地下足袋」

アメリカ国立公文書館にある硫黄島戦闘の日本軍軽機関銃座ご遺体の写真。2名の兵士は、殆ど完全装備であったが、軍靴でなく「地下足袋」を履いていた。地下足袋は、ゴムと木綿の組あわせで作った軽履物だ。1960年代まで各種の職人の作業靴はほとんどこれだった。アメリカ軍は「ツートゥズスニカー」と呼んでいたようだ。中国戦線の写真では地下足袋姿の兵士が多く見られる。歩哨に立つ兵士や、一部戦闘中の兵にも地下足袋は履...

続きを読む

国立歴史民俗博物館の「鉄砲伝来」展

先月末まで、同館で、「歴史のなかの鉄砲伝来 種子島から戊辰戦争まで」と言う特別展示が行われた。私は行かなかったが、注文した図録が到着した。題はいまひとつピンとこないものだ。いろいろな人から今までにない大規模な素晴らしい展示であるから是非、行くように言われていたが、他のことを優先してしまった。画像は図録の表紙である。確かに今までにない素晴らしい研究内容と展示であったようだ。A3版、200ページ、オー...

続きを読む

古式鉄砲演武

「愛知県古銃研究会」の林 利一氏の話を聞いた。林氏は愛知県内愛好家を集め各地の行事で、甲冑鎧姿で、火縄銃発射の演武活動を行っている方だ。愛知県は鉄砲を積極的に採用した織田信長領地であり、長篠、設楽原合戦は、日本いや世界史上初めて鉄砲が戦闘で、圧倒的優勢な騎馬隊を全滅に近い状態にした。(火縄銃は1分間に3発は発射できるので、言われているように3000挺用意しておけば5分間で45000発が撃たれ、戦闘...

続きを読む

黒色火薬

火薬は人類三大発明のひとつと言われているが、黒色火薬は主に19世紀後半までの火器に使用された。中国で発明され、欧州に伝わったと言われているが、木炭15-20%、硫黄15-25%、硝酸カリユム60-70%を混ぜたものだ。木炭の色から殆どは真っ黒い粉末だ。粒の大きさで鉱山用、狩猟用、小粒(光沢なし)と分類される。発火は生火で約300度くらいの温度だ。衝撃では発火しない。日本には硝酸カリュムの原料になる...

続きを読む

「銃砲史学会」

昨日9日午後、第364回の銃砲史学会が、早稲田大学材料技術研究所で開催された。約30名の会員が集まり、4テーマの発表があった。銃砲史学会の由来は良く知らない。安齋 實氏、岩堂氏、吉岡氏などが創始したようだ。私は日本ライフル協会の安齋 實氏(故人)より入会を勧められた。しかし1993年にアメリカに赴任し、10年近く休会していた。その後も仕事をしている時は、週末も何かの用事があり、あまり出席できなかっ...

続きを読む

聖域「硫黄島からの手紙」 戦争映画100選

クリント・イーストウッド監督の硫黄島シリーズの第2作だ。硫黄島洞窟陣地跡で遺骨収集団が、戦時中日本軍が本土に発送出来なかった郵便嚢を発見する。その中には色が変わった、指令官栗林中将から一兵卒に至るまでに大勢の硫黄島守備隊の家族に充てた手紙が収納されていた。映画は、これらの手紙を軸として、硫黄島で戦った日本軍将兵の戦闘、そして全滅に至るまでの物語だ。日本人俳優は皆適役だ。芝居もうまい。台詞も日本語で...

続きを読む

真珠湾攻撃の謎

65年前の本日、航空母艦6艦に360機もの戦闘機、雷撃機、爆撃機を搭載し、日本本土からハワイまで延々と航海し、354機の航空機を2波に分け、アメリカ海軍太平洋艦隊基地に大攻撃を掛けた。その戦闘はすでにこの時間終了していた。アメリカの戦艦8艦が沈められた。(のち6艦は複旧され戦列に復帰。)それにしてもこれだけの奇抜な発想で大規模な作戦は歴史に永遠に残るものだ。ライシャワー氏は、「もし」と言うことはな...

続きを読む

イタリア製品の功罪

僕のイタ車、走行4万キロでデイラーさんから「タイミングベルト交換15万円掛かる。」と言われた。納得出来なく、近所の崎山自動車(三田の昔からある有名修理工場)の崎山社長に聞きに言った。「そう言うが、外ししてみたら新品同様なんだよ。でも相手は機械だからね。」と言われた。イタ車の走り、デザイン、色、特に皮革のシート、オートマとマニアルに3種の使い分け機能など、日本車にない魅力を楽しんでいたのに、「走り過...

続きを読む

猪ワナの猟

「狩猟」はややこしいけど面白い。動物との頭の戦いだ。今年の僕の「猪ワナ」はもう猪が掛からないかもしれない。狩猟解禁から早3週間。大体、この手のワナは2週間以内に掛からないと駄目だそうだ。見に行くと、彼らが近くを歩いていた形跡があるが、足跡はワナを避けている。猪はとても敏感な動物だから、臭い、気配で、巧妙にワナを避けるようだ。ワナを作るため、近くの枝を折ったりしたが、この種の猟に専門家から猪は折れた...

続きを読む

「八路軍の少年兵だった」

山口ミツ文氏は15歳で、満州開拓義勇軍を志願し、戦後、国共内戦に巻き込まれ、共産軍の兵士、共産党員として10年間を中国で過ごした人だ。彼の著書、「僕は八路軍の少年兵だった」が今年、文庫本になった。自身で画いたイラストが挿入され、文章も生き生きしており、日本に戻ってからの中国との関わり、印象もよくえがかれている。(画像は表紙、砲兵として任務についていた際の画)まずは山口少年が戦後、収容所にいては野垂...

続きを読む

ボクシングジムの運営と経営

私が通っている「ピューマ渡久地」ジムは東京タワーの近く赤羽橋にある。先週末、5周年記念忘年会が行われ、約60名が参集した。画像はジムのプロ選手達だ。当日、7名いた。11月30日のデビュー戦で中村君が見事に勝利したし、神谷君がB級チャンピオン、諏訪君が新人王ベスト4に残ったり、一般会員(女性、年少者含む)も大勢集まり、盛り上がった。当ジムは女性が多い。現在、日本ではまたボクシングジムは増えつつあり、...

続きを読む

銃工

猟銃が工場で大量生産されるまで、主に散弾銃などは各地の銃工が猟をする人の注文を受けて製造していた。これはアメリカでも、日本でも、欧州でも同じだった。(散弾銃は10万発くらいの耐久性があり、性能はあまり進化してないので、新規需要は少ない商品だ。)猟銃が工場で大量生産されるようになったのは大体、どの国でも第二次世界大戦後だ。画像の看板はアメリカ南部を旅行したときに手に入れたものだ。横が120cm、縦5...

続きを読む

放射能にも効いたか日本の防毒衣

冷戦まっただなか、アメリカでは一般市民もソ連の核攻撃の脅威に軽いパニック状態となり、自宅にシェルターを作ったり、防放射能マスクやその他の装具が売れたそうだ。都市にはあちこち、公共ビル地下にシェルターが作られ、今でも時々その黒と茶のサインを見ることがある。(ホームレスシェルターに転用されているところもある。)画像は日本の防毒衣の手袋と足袋だ。手袋は長さ43cm、厚いゴムで指の部分は3本だ。足袋は長さ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ