FC2ブログ

記事一覧

ゴルフをする人々

ここ東海岸では、ゴルフ層は広がりつつある。僕が行くコースも若者や女性、コリアンが増えた。でも今朝は、中年以上のオヤジばかりだった。アメリカでここ数年ビジネスとして伸びているスポーツはゴルフだ。プライベートコースは入会が難しい。東海岸では明らかに、ワスプのクラブと其の他は別れている。僕がNYにいた頃、入っていたコースはNJのレッドバンクと言うところにあり、ワスプのクラブではなかった。イタリアン、ジュ...

続きを読む

アメリカ東海岸の家の地下室その2

地盤が良く、地震がないせいか、一般の住宅でも地下を有効利用している。画像は先日のものの反対から見たもの。左手前に灯油を入れる大きなタンクがある。オイル会社が来て、外の蓋を開けて入れて行く。ドラム缶にして5本くらい入る容量があるので、1000リッターか。その向こう側には作業台がある。作業台は大体どの家にも地下か、ガレージか、工作室みたいな部屋があり、そこにある。英語ではワークベンチと言う。給湯は日本...

続きを読む

ライオネルラインズの車両3両

先回、真ん中の貨車の広告部分を見せた。この3両はセットになっていて、一番前が家畜用の貨車。2両目が普通の荷物用貨車。3両目は長い列車の最後尾あたる車両だ。各々が細かいところまで良く出来ているのがこのライオネルラインズの特徴だろう。家畜用の貨車は屋根の一部が開いており、そこから詞料を投げ入れるようになっている。窓は格子状に抜いてある。一般の貨車は戸の部分が良くできている。最終車両は珍しいものだと思う...

続きを読む

十一年軽機関銃6・5mmの世界の類のない装填架

十一年式軽機関銃は大正十一年(1922年)に制定された、日本陸軍(海軍陸戦隊も使用した)の分隊兵器であった。その一番の特徴は給弾システムだ。画像のような装填架(英語ではホッパーと呼ぶ。農業器具の穀物を取り入れて出す箱のことだ。)だ。この中に歩兵が三八式小銃で使う、5発の装填子を6個重ねて入れる。弾はここから横に5発が撃ち終わると次の5発が上から降りてくる。従って、弾倉が必要ない。射撃の途中でも5発...

続きを読む

本屋のある町

本屋はインターネットの普及で一番影響を受けたビジネスではないか。アマゾンドットコムのジェフ・ベゾスの弟をニューヨークの会社で採用した。しばらくして、彼は僕らがやっていたと同じビジネスを自分でやりだした。インターネット広告の会社だ。資金はアマゾンの名で潤沢にあったようだ。彼によれば「アマゾン」の名は「アマゾン河のように尽きぬ水、リソース」と言う意味で付けたそうだ。僕がいるこの町は文化人が支えているそ...

続きを読む

ザ・ソプラノズ、トニーは死ぬのか。

HBOオリジナル、ザ・ソプラノズはあと2回で本当に終了すると言っている。先回ではトニーはとうとう弟のように可愛がっていたクリス(映画脚本家を目指していたが精神的に不安定になる)を交通事故の際に安楽死させてしまう。「つき」がすっかり落ちるが、ラスベガスに飛び、奇妙な女(フッカー)と知り合い、「つき」が戻る。このシリーズは僕がNYにいた頃、始まった。数回のシーズンを経て、一度終了したが、今回、最終版が...

続きを読む

昼間が長い、15時間。

いよいよ初夏になって。ここ、ニューイングランドはこれから昼間が長い。今日は夜明けが5時23分、日没が午後8時20分だ。明るい時間が15時間ある。庭の菖蒲の花が綺麗に咲いた。空はあくまでも青く、緑が濃い。朝は早くからゴルフだ。今日は良かった。5つあるパー5の、3つにスリーオンできた。パー3も3つでパーだった。勿論スコアも良い。釣りに出かけるのは6時くらいからか。引退生活としてはこれ以上の贅沢はない、...

続きを読む

フリーメイソンの家

町の不動産業のディビッドが寄って、僕に家の入り口のアーチの上に付いている不思議な模様の由来を話してくれた。ペンキで塗りつぶされているが、この家が1929年に作られた時からのオリジナルのものだ。木を掘り出してある簡単な模様だが。(画像)これはフリーメイソンの印であると言う。アメリカには英国から渡ってきた、この親睦団体と言うか、結社のメンバーが独立前から多かった。特にこのニューイングランド地方は、その...

続きを読む

東海岸の家にはセラーがある。

アメリカの西海岸にはあまりないが、東海岸の家には大体、ベースメント、セラーとも言うがある。僕の家のセラーは昔のものだからブロックで作ってなく、鉄筋コンクリートの厚いものだ。どの家でもセラーがあれば、洗濯機、乾燥機、暖房機、燃料タンク、給湯機、井戸のポンプフィルターなどが設置されている。僕に家のセラーはかなり広い、12x8mくらいある。画像は4分の1しか見えてない。上記の機材はあまり配置を考えずに置...

続きを読む

やはり優れていた日本海軍の技術力 九二式三脚架

日本海軍が第一次大戦の機関銃、ルイスを九二式機銃として制定し広く使っていたことのまとめだ。1930年代、ルイス機銃はもう古い技術だった。帝国海軍が最後のユーザーだ。なぜこんな機銃をと言うのが今まで書いた内容だ。確かに大戦後期には航空機旋回機銃はエリコン20mmやドイツのものを採用した。この九二式には実は世界一優れた、三脚架が存在した。この三脚架の実物は、土浦の武器学校(公開はしてない)、アバディー...

続きを読む

1週間でこれだけ伸びたトウモロコシ畑

段々初夏になってきた。トウモロコシ畑に先週、芽が出たら、今週はもう数センチの高さになっている。列になって餓えられているのが認識できる。危ないのは朝、鹿がこれを食べに道路を横断することだ。畑の向こう側は河なので、鹿は道路側から来る。今までも何回もここで鹿に遭遇した。鹿を撃ちに行った時に気が付いたのだが、鹿は上を見ない。下ばかり見ている。だから上から撃つのだ。マイケル・チミノの「ディアハンター」、ベト...

続きを読む

青空本市

毎週末は町の真ん中にある図書館の前で青空本市が開かれる。主催は町のブッククラブで、本は寄付されたものを売る。価格が付いてないものは25セントで、ペーパーバックは全て25セントだ。町には本を読む人が多いので、毎年沢山の本が寄付される。高いものでも2-3ドルだ。分類は専門のライブラリアンが行い、運営はボランティアがやっている。この資金は図書館の新しい本の購入に当てられる。この町には文学をやる人、脚本家...

続きを読む

2挺拳銃とホルスター

昨日、エレファントトランクのフリーマーケットに行った。その前の週は雨だったので、業者も客も大勢だった。皆、買い気が強い。2挺拳銃のホルスターを見つけた。程度は今一つだが、本皮で腰周り50cmの可愛いものだ。「マケロ」と言ったら、「何を言っているんだ、こないだも買ったじゃないか。」と言い返された。一ヶ月前に本皮の1挺だけのものを確かに買った。こいつだったのか。「良く覚えているね。」と言ったら、「僕は...

続きを読む

海軍九二式ルイス機銃7・7mmは時計のようなスプリングで作動した。

普通、機関銃や半自動銃、短機関銃、拳銃など反動やガス圧、もしくは両方を使い、発射、装填、排夾を繰り返す兵器の場合、コイル状の細長いバネを使っている。ルイス機銃の特徴は、その機関部が平たいことで、バネは時計のような巻きバネを使う。巻きバネは機関部の下の出っ張りの中に入っており、ガス圧がかかるときに巻かれ、発射の際に戻って撃鉄を動かす。日本海軍がこの機銃を愛知時計に一部、製造させていた。また横須賀、豊...

続きを読む

HBOムービーは本格的

HBOは時々、今日みたいな休日夜に独自製作の映画を放送する。フィルムで撮った本格的な映画だ。今日のは「ベリー・マイ・ハート・アト・ウンデッド・ニィー」と言うインデアンの表現を英語にしたものだ。原作がある。「俺の精神をこの傷ついた膝に埋め込んでくれ。」と言う意味だが。1870年代のダコタ州のインデアン居留地の話だ。スー族がインデアン戦争のとき逃れたカナダから、アメリカに戻り偶発的な紛争が起きる。シッ...

続きを読む

模型貨物車の文字

先刻、「ライオネル・ライン」の1・5インチレール幅の貨車3両を手に入れた。いずれも総ブリキ製で、長さ18cm、高さ7cm、幅5cmの大きさだ。この貨車は車輪がダブルで4つづつ付いており、連結器もストッパーが掛かる凝った作りだ。ライオネル・ラインの機関車と石炭車は日本に持っていたと思う。さて、面白いことに貨車の一両には「カーティス、”ベビー”ルース キャンディ」と言う文字、広告が黄色地に赤文字で書かれ...

続きを読む

教会に行く人々

アメリカでは教会に行く人がここ10年ばかり増えたと言う。今、僕が住む町には3つの教会がある。隣の町には10くらいあるだろう。今朝、通りかかった隣町の教会は8時半からの礼拝だが、その時間には人が続々と車で集まって来た。元々、アメリカはキリスト教の新派がメイフラワー号で来たので、カソリック、プロテスタント各派が活発で恐らく80%はキリスト教ではないか。テレビ礼拝や新興的な宗派も相変わらずの人気らしい。...

続きを読む

ルイス機銃の弱点 ガス筒の掃除

ルイス機銃7.7mmは海軍汎用機銃として海軍機の旋回機銃、艦艇警備、陸戦隊で日中戦争の勃発から太平洋で、広く使用された。ルイス機銃には日本の軽機のように、規制子(ガスレギュレター)がない。これはガス圧を変えることができないだけでなく、ガス筒の清掃もし難い。画像は機銃を下から見たものだ。真ん中の安全ピンの入っているところが、銃身からガスをとり、銃身の下の筒に後部の機関部を動かすガスを送る部分だ。ガス...

続きを読む

ジョー尾崎とニック・プライスが一緒に回るなんて!

今日の午後はサウスカロナイナからのUSPGAシニアを見ていた。尾崎直道が昨日まで調子よく、最終組でニック・プライスとアルゼンチンのロメロと回った。アンダーで最終日に行くのは4人だけで、プライスも尾崎もそうだ。20年近く前、仕事で「トヨタマッチプレー」と言うのを手がけた。英国のウエントワースで行うもので、主催はUSPGAの天敵と言われたIMGのマーク・マコーマック氏だった。(彼はタイガーの発見者でも...

続きを読む

ゴルフレッスン

いつも行くコースのレッスンを昨年受けた。南ア出身のピーターを言うレッスンプロで、大きいと言うか巨漢だった。彼に数回教わって、バンカーショットとチッピングそしてパットが良くなった。これはスコア向上には欠かせない要素だ。しかしピーターは昨年秋に突然、コースからいなくなった。先日、回っていたら、太めだが背は高くない、ベニーという今年のレッスンプロに出会い、今日の予約をした。今日はフェアウエーウッドと、深...

続きを読む

クラシックカーで走る、道楽には上がある。

今日の昼、山間の道を走っていたら前に2台のクラシックカーが走っていた。フォードモデルTと、女性が運転していたモデルAだ。追い抜かずに町まで来た。町で彼らが止ったところで、撮ったのが画像だ。左がモデルT,右がモデルA.いずれも1908年に開発され、1927年までに1500万台製造された車種のものだ。「モーターはオリジナルか。」と聞いたところ、オリジナルとの返事だ。調べたら、このエンジン自体も部品も豊...

続きを読む

九六式軽機関銃6・5mmは貴重なる資料

現在、アメリカに残されている機関銃の中では圧倒的に九九式軽機関銃7・7mmが多い。太平洋戦線に広く配備されたのと、日本本土の武装解除の際に主に後期に製造されたものがアメリカ本土に組織的に運ばれたからだ。また満州にも配備されていたが、それはソ連が持ち帰ったり、中国共産軍の手に渡った。まだどこかにあるだろう。しかし九六式軽機関銃6.5mmはここでも九九式4挺にひとつの割合くらいしかない。この理由はやは...

続きを読む

宮里 藍は今期は勝てないと思う。

今まで、ゴルフチャンネルでLPGAの「コーニングクラシック」2日目を見ていた。宮里が、10位以内にいるから見る価値があった。トップと6打差、9位くらいで終わったのではないか。テレビの彼女の取り上げは好意的で、出番も多かったようだ。しかし、今ひとつ日本で見たいたより、迫力がない。これと思う良い場面がなかった。予選で10位以内なら優勝の可能性は十分にあるが、まあこれは無理だろう。それにしてもLPGAの...

続きを読む

アンディー君が来てくれた。

オハイオ州、シンシナティに住む若者、アンディー君とは、僕のサイトが縁でメールのやり取りや電話の会話を重ねていた。電気工事職人で、日本の武器兵器に関心のある人だ。この連休に7時間ドライブして、コネチカットの家まで来てくれた。昼に用意してあったサラダやサンドイッチを食べながら、日本の機関銃の歴史を語った。彼は、機関銃の父の一人、スコダのオーストリアハンガリー帝国から先祖がやはり職人としてアメリカに来た...

続きを読む

ガソリン価格の上昇 奥田さんの偉さを再認識

アメリカはこの週末が連休だ。今日、金曜から休むひともいるし、大体、火曜までが休みだ。それで車を使って出かける人が多いので、この週末前にガソリン価格を上げた。レギュラー87オクタンで、3ドル30セントだ。1ガロンは約4リッターだ。12年ほど前、安いところは1ドルと言う価格と記憶している。従って、3倍になった。以前は日本の3分の1とか、4分の1の時代もあったわけだから、今では1リッターに換算すると、約...

続きを読む

十年式擲弾筒の仕上げと仕組み

八九式を重擲弾筒、これを軽と呼ぶ場合もあるが、1922年(大正10年)の制定で、僕はこれは南部氏の直接、間接の開発兵器の一つだったと推定しているが。工廠の記録では、昭和12年までに7000門くらいしか製造されてない。仕上げは軍縮期の兵器の特徴で最高の品質だ。細かいところも芸術品的に作られている。滑腔で、手榴弾に発射装薬のブースターを、照明弾を、信号弾を飛ばし、広く使われた。空挺部隊も小型なので装備...

続きを読む

人種差別と整理整頓の観念

画像の家は、ニューヨーク州側ある。駅まで歩いて行ける距離だ。いつも横を車で通るたびに、汚い家だな。近所はたまらないな。と感じていた。この家に住んでいるのはフォレスト・ウッタッカーのような外観の男だ。(「アミン」を演じてオスカーを取った。)こんなに汚くしている家は、他にはほとんどない。これはひどい。もし彼が社会から差別されるとしたら、原因は彼にあると思うのは僕は人種差別主義だからか?現在、アメリカ人...

続きを読む

トウモロコシが芽を出した。

町の管理している土地を誰かに農場をやらしている。1ヶ月ほど前に耕していた。今朝見たら、トウモロコシが芽をふいていた。これから3ヶ月くらいで2mくらいに成長する。1日2cm以上伸びるわけだ。そして実を収穫したら、あっと言うまに刈り取られてまた、元の空き地になる。この地にはネイテブアメリカンがいた。地面を掘れば石器が出て来るだろう。こんな寒いところだが、石器時代の人間がよく生活できた。開拓者にトウモロ...

続きを読む

南部麒次郎氏の発明か擲弾筒

日本軍の擲弾筒は大変ユニークな兵器で評価も高いことはすでに述べた通りである。この兵器の開発者は誰か。私は南部 麒次郎氏であると推察する。その根拠は八九式擲弾筒の以前に十年式擲弾筒(詳しくは明日後述する)があった。十年式は多目的兵器で非常に頻繁に使用されたそうだ。手榴弾にブースターを付けて遠くへ飛ばすだけでなく、信号弾、照明弾の発射にも使用された。この開発は1921年である。その翌年に十一年式軽機が...

続きを読む

河遊び

今朝は曇っていたが、直ぐに晴れた。ペンキ塗りをして、昼には釣りに行った。もう休みに入っているので河下りが多い。カヌー、ゴムボート、水量も適当にあり楽しんでいる。釣りは中学生くらいの団体の河下りの最中にでかいのが釣れた。ブラウントラウト14インチ(約34cm)あった。これと格闘しているときに横をゴムボートが下っていく。針が水中の枝に引っかかったような感じだ。ネットに入った魚を見せてやると「ワオー」と...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ