FC2ブログ

記事一覧

ミット打ち。

僕にはピューマさんとのミット打ちが一番練習になる。これが楽しみだ。ヘビーバッグ、スピードバッグ、ボースエンドバッグなども練習するが、どのくらい打ったかを覚えてないと、面白いのでやり過ぎて、筋肉を傷めることがある。昔は、筋肉を使い過ぎても、翌日、痛くなったので、原因が直ぐに分かった。このごろは2-3日たってからだ。だから原因が特定できず、同じことをして余計痛めることがある。ミット打ちもピューマさんで...

続きを読む

木工の粋、タバコ盆

かつての日本の木工技術水準は創造できない高度なものがあった。先日、樽か桶職人の道具を紹介したが、固い木目の綺麗な材料を使用し、それに透かし彫りをして、様々な小物を作成した。新しいものでも半世紀以前で、古くは江戸時代のものだ。探せばどんな家にも幾つかはまだ残っている。このタバコ盆、中には金属か陶器の小さな火鉢とタバコ、キセルなどをセットにしていれて、タバコを吸う家のなかの各所に持って行った。欅(けや...

続きを読む

日本軍用防塵眼鏡の出来の良さ。

南方ではともかく、中国戦線では防塵眼鏡は車両操縦者以外にも一般の騎兵、歩兵にも必需品で、標準装備されていたと思われる。なぜなら、春先、中国に行くと、最近は特に産業や自動車公害のため目を傷めるが、以前も黄砂、其の他その埃は半端ではない。従って、画像の防塵眼鏡は兵士の装備であったと考えられる。特徴は50x45mmの2枚のガラスが曲がり片方を構成し、両目で4枚のガラスを使っていることだ。本体は帆布に薄く...

続きを読む

悲惨なり日本陸上界

「世界陸上」テレビを見るのが怖い。予選のビリが日本選手でないかと。日本人は体力的に白人や黒人に其の他の人種に比べて劣っているのか。そうではないと思う。大正時代、日本軍の夜間行軍に参加したアメリカ将校の手記を読んだことがある。日本兵の体力、耐久力は超人的で、アメリカ兵はとても敵わないと言う内容だった。僕は、水泳、ボクシング、ライフル・ピストル射撃、ゴルフ、釣り、ハンティング、航空機操縦ほとんどアメリ...

続きを読む

日本はもともと間接照明の国だった。

欧米に行くと、住宅でもオフィスでもその照明が日本のそれととても違っているのに気が付く。特にフランスだ。フランスは光は空気と同じでどこかからか自然に出てくるという思想か、照明器具がまったく見えないところもある。日本に比べると暗い。ホテルの衣類引き出しを開けて、中が見えずに困ったことがあった。日本のオフィスのように蛍光灯が外からも天井に並んでいるのを見ることはあまりない。オフィスでも天井と卓上の両方を...

続きを読む

小沢 一郎の「豪腕維新」というふざけた本。

参院選の勝利に便乗してか、本屋に小沢の本が並んでた。中に「豪腕維新」と言うふざけた本があった。民主党にお願いしたいのは、先の衆院選で公約したように、高速度道路料金を無料にしてほしいことだ。出来るわけはないが。国の財政を考えなければ何でも言える。「レミーのレストラン」ではないが、評論家は責任のない、何も作らない職業だからだ。本をぱらりとめくると(立ち読み)、現在の日本、明治維新のように改革が必要だ、...

続きを読む

腕の痣

麻布銃砲安全協会会長東海林さんから、日曜の射撃講習会、満足したかのメールが入った。僕はライフルマンで、動的を撃つ散弾銃射撃は得意ではないが、まあ60%くらいの命中率なら、よしとしなければ。特に最後の13発(4ラウンドの後半)は10発命中していたから進歩はあった。画像は今日の僕の右腕だ。右から左に低く飛ぶクレイを1発目を外し、2発目を撃った際、銃が動いたのだ。身体を銃と一緒に動かさなかったからで、勿...

続きを読む

映画を8作続けて見た。

恵介先輩がNYにミュージカルを観に行ったので、先週月曜から昨日まで観た、映画の感想を先輩の替わりに書く。日曜、射撃に行った日を除いて8本連続して観た。邦画では「怪談」「キサラギ」、そして「リトル・チルドレン」「トランスフォーマー」「ハリーポッター」「シッコ」「T4XI]とヒラリー・シュワンクの「ザフリーダムライター」だ。8本見た。夏休み期間中は映画ファンに最悪だ。「ライダーとか」「モンスター」かとか、子...

続きを読む

日本軍後期の頑丈な小銃負い帯

日本軍の小銃は明治三十年(1896年)に大体の装具が制定され、小銃の負い皮は、簡単なつくりで、皮革が痛んでも、縫製することなく、使っていた、尾錠(バックル)と鼓釦の2つの金具で簡単に皮だけを交換することができた。大戦後期、南方に行ったら、皮革は乾燥した大陸のようにもたないことが分かり、厚い帆布の負い帯を採用した。2種類ある。ひとつは、3mmくらいの厚い帆布、幅は3cm、長さは最大90cm。左側もう...

続きを読む

レストランンは裏を見ろ。

いろいろなソースから、美味しい店、流行の店に関しての情報は入る。僕が住んでいる地域にもレンストランはどんどんできている。一年もつのは半分くらいか。「松勘」などは30年間続いているが、裏は通りなので、主人自らが、とても気を使って、いつも綺麗にしている。画像のレストランは、裏が坂の上の道から見えるのに、いつもこんな有様だ。多分、オーナーは別にいて、誰かにまかせているのだろう。アメリカンクラブもゴミが出...

続きを読む

男箪笥と呼ばれる頑丈なもの。

この箪笥は車箪笥と同じように木枠を作り、それに板を張った製作してある。飯倉の赤羽さん夫妻が来たとき、奥さんがこれは「男箪笥」と言い、昔、嫁を迎えるとき、男性側が自分の持ち物や書類、衣類などを収納するために用意したものだと説明してくれた。素材は欅で派手ではないが、頑丈で重い。金具も地味だ。引き出しの部分は2枚が同じ板を2枚にして作ってあるので、木目が揃っている。使い易い、箪笥だ。幅は90、高さ92、...

続きを読む

日本軍の金具、茄子環

日本軍は軽機関銃、短機関銃、弾倉収容嚢などの負い帯に、布と茄子環という金具を使用した。この茄子環は、他国の装具には見たことがない。茄子環は文字どおり茄子のような形で、現在ノートパソコンを入れるバッグなどに似たものを見ることがあるが、バネの入った鉄製の金具で、一端を押すことで取り外しができる。布は帆布ではなく、麻だと思う。厚いものと、薄いもの(画像のバックルが四角のほう)があり、軽機なら、銃には厚い...

続きを読む

何を言おうとしているのか「シッコ」?

マイケル・ムーアはいろんなテーマを探し続けてきた監督だが、この「シッコ」は彼がアメリカの医療制度、カナダ、英国、フランスの福祉政策そしてキューバの医療などと比較したドキュメンタリーだが、幾つかの点で重要な要素が抜けている。  経済学に関しては無知な男だ。まずはアメリカは元々、福祉政策に対する国の姿勢が異なる。国民は独立し、自分自身は自由替わりに自分のことは自分に責任があると言う観点から成り立ってい...

続きを読む

庄内小箪笥

先回紹介した庄内箪笥と設計や作りはほぼ同じだが、小型で衣類に附属する小物を入れてものだ。高さ58、幅58、奥行き30cm。金属の飾りも大きな箪笥とほぼ同じ形状だ。重要なものを入れる、開き戸、その中は2段の引き出しがあるは、大きな衣類箪笥は下にあったが、これは真ん中にある。使い勝ってを考えた設計だろう。従ってこんな小さなものだが引き出しは合計7つ付いている。引き出しは鍵の付いた棒で抑える。この方式は...

続きを読む

新素材の銃剣差

日本軍は戦線が南方に拡大してから、皮革製の装具に替わり、帆布、ゴムの新素材を使用したことは書いた。この新素材の実物の現存するものは劣化が激しく、良い状態のものは少ない。画像の例もそうだ。帆布にゴムを被せてあり、元は柔軟なものであっただろうが、現在はゴムが劣化して硬化している。ゴムを手入れして柔らかくすることは出来ない。バンザイメンバーに市販のシリコンスプレーを掛けると良いと教えられたが、それでも限...

続きを読む

久しぶりのクレー射撃

今日は朝早くから、三田、麻布合同の射撃講習会があり、裾野の須山射撃場まで行って来た。総勢30名余。大掛かりな会になった。クレー射撃をやるのは銃砲許可の試験のとき以来だ。それ以来、20数年間やってなかった。クレーは25発一ラウンドで四ラウンド100発を単位で行う。朝6時、会長の東海林さんが僕一人のために集合場所まで来てくれていた。銀行の前から乗車するのが僕だけだったので。25発のうち命中は平均して1...

続きを読む

手作りの銃剣差しと国民性

アメリカにいたとき、アレンタウンガンショーで見つけたものだ。厚い帆布を重ねて水糸で縫ってある日本の銃剣差しだ、ちゃんとした銃剣が入っていた。木製鞘の銃剣のものでも、教練用でもない。一般の銃剣用のものだ。なぜこのようなものが。推察するに、補給のない南方で、熱と湿気のために腐ってしまった皮革製銃剣差しから尾錠(バックル)とベルトだけを再利用して、手じかにある帆布を縫い合わせ自作したものだ。帆布があった...

続きを読む

日本の家具 庄内箪笥

現在の住宅でも、アンティークの箪笥を欲しいと言う人が多い。今出来のものもあるが、アンティークと異なるのは塗りと金具だ。明治20年台まで鍵が発達してなかった。それで箪笥の引き出しをまとめて縦棒で押さえ施錠する方法が取られた。その後、各々の引き出しに鍵が付き、それは銘々鍵と呼ばれる。昨夜見た映画「怪談」は外国映画賞を意識してとても綺麗に良く出来ていたが、その中に明治後期の箪笥が使われていた。画像の箪笥...

続きを読む

軍用信号手旗旗で思い出すこと。

小学生の頃、近所に早稲田に通う高野のお兄さんと言う人が、子供を集めては自分の教練体験を話してくれた。小銃の撃ち方、其の他だ。そのひとつに、僕等に手旗信号を教えてくれた。イロハとカタカナを左右の赤白の手旗でつくり、送るのだ。そう難しいことではなく、僕等は直ぐに覚えた。この陸軍か海軍陸戦隊の手旗信号は安物ではない。帆布の筒状の収容嚢に赤白2本の手旗が入る。手旗は幅30cm、長さは40cmでそのうち10...

続きを読む

厳しい今期の宮里 藍

確か5月ごろ、アメリカでゴルフチャネルを見ていて、宮里選手は今期は勝てないと書いた。欧州のエビアンで2位になったのが最高だった。全英では良いところはなかった。はたして先週は予選落ちだ。ここが正念場だと思う。ここで日本に戻っては駄目だ。今までの苦労が水の泡になる。今年、日本に帰って賞金を稼ごうを思ったら、もうアメリカツアーにもどる勇気がなくなる。ビジネスマン、派遣員でもそういう人は沢山いた。スランプ...

続きを読む

プール水質、当方のポイントが分かってもらなかった。

昨日までの世界水上、テレ朝の臭い番組構成(また株主の息子、松岡 ヨウスケが出ていた、こういう人間は年をとったら何をやるのだろう。)世界の一流選手が出なかったことはあったが、日本チームは記録はともかくなかなか良かった。水中カメラで見ていると選手はけして綺麗な泳ぎではないが、力があるし、残りの距離で息つぎなどがどんどん変る。北京オリンピック、練習はぎりぎり日本でやるのがよい。中国の水質に多分問題がある...

続きを読む

非常持ち出し 車箪笥

車箪笥は普通の箪笥と異なり、フレーム構造で、車輪がついている。かなり大型のものからこの画像のもののように、幅90x奥行き50x高さ95cmの小型のものまである。素材は欅で重い。普通、日本の衣類箪笥は板を組み合わせて枠を作り、引き出しをいれてある。しかしこの種は角材で枠を作り、それに板が張ってある。三国箪笥などに見られる形式だ。勿論このほうが頑丈だ。引き出しは、引き戸の中にもある。いずれの引き出しも...

続きを読む

地下鉄駅の自転車置き場

自転車は便利だ。ちょっとしゃれた自転車に乗り、都心ならどこでも行ける。でも通勤に使うとなると駐輪場があまりない。多分郊外の駅にはどこでも有料の駐輪場があるのだろうが、昨日、近所の地下鉄の駅で大規模な駐輪場があることを発見した。特別な入り口もあり、左が自転はを降ろす、右は上げるところで、そこにはベルトコンペアーのようにタイヤを引っ掛けてあげるようになっている。エレベーターもある。おそらく数百台の自転...

続きを読む

直ぐに開けことができない「刀タンス」

刀剣類は刀タンスという細長いタンスに収納した。今でも昔の刀タンスが一番収納には良い。この刀タンスはヒノキの板で作られていて、漆塗りだ。幅120x、奥行き31、高さ36cmで2段の引き出しがある。刀剣はおよそ10-20振、収めることができて、隙間に手入れ道具などもいれておける。このタンス、横に長いので、二つの取っ手を持って引いてもすんなりと開かない。昔、銀座の綱取さんに聞いた話では、刀タンスにはすん...

続きを読む

新聞の用語間違い

新聞記事の、自分の知識のある分野だけでも多くの用語の誤用が気になる。報道は正確でなければならないからだ。知識のある部分から判断するに、知らない部分ではとても間違いが多く、参考にならない記事だらけであることであることに間違いないだろう。例えば、昨日の朝日新聞記事、中華航空B737の燃料漏れ、スラットのボルトがどうも燃料タンクをぶち破っていたらしいが、記事には「離着陸に浮力を調整する部品、スラット」と書い...

続きを読む

英国人が撮影した明治日本女性

ハーバート・ボンディングと言う英国人写真家、南極にも行ったことのある英国では著名な写真家らしいが、彼が日露戦争前の日本に来て、さまざまな写真を数百とり、仔細な日記をつけていた。「英国人写真家の見た明治日本」この世の楽園日本、長岡 祥三訳、講談社学芸文庫新書版なので、肝心の写真が良く見えないが、箱型カメラを使いかなり丁寧に撮影してある。彼の題材は、風景、人々、生活、名所旧跡的なものだが、特徴として、...

続きを読む

革帯尾錠(バックル)の金属種類

日本軍の革帯は明治三十年に制定された三十年式装具から1945年まで、昨日紹介したゴムと帆布(キャンバス)の素材以外、ほとんど皮革であった。長さ105、幅4cm。バックル(尾錠)は55x45mm、太さは5mmである。11個の穴で長さを調整した。この革帯に弾薬盒3個、計120発と銃剣を装着した。画像のようにバックルの金属には3種類があった。左から鉄、アルミ、そして真鍮。一番多いのは真鍮で、つづいて鉄、...

続きを読む

甲子園決勝、時間を変更すべきだった。マスコミの欺瞞

昨日の首都圏の電力不足、誠に深刻な問題であるが、ずるいことにNKHも朝日新聞も一言も触れなかったが、猛暑だけがその原因ではない。午後、エアコン需要が最高になる時間帯に、甲子園決勝があったではないか。エネルギーとして電力の一番弱いところは、蓄えることが難しいから、生産と消費の調整である。たかが餓鬼の野球とは言え、純粋な応援もさることながら賭けをしている層も多い。NHKは欺瞞だ。甲子園決勝が午後のエアコン需...

続きを読む

軍用ベルトの謎

1942年、日本軍が南方に進出すると明らかにその装具の素材が変化した。南方の高温多湿な気候は、皮革製品が多かった日本軍装具、革帯、弾薬盒、銃剣差し、各種収容嚢などが現地でもたなかったのだ。そのため数年前から研究していた、帆布にゴムを引いたもの、ゴムを帆布で挟んだものの2種類の素材で上記の装具を製造した。南方を占領し、ゴムがふんだんに入るようになった1942年以降のことだったと推定される。当時、世界...

続きを読む

長崎貿易はオランダに膨大な利益をもたらした。

オランダと言う国は今はすましているが、17世紀から20世紀半ばにかけてアジアでやりたい放題で、主にインドネシアを植民地をして同国の発展を大いに抑制し、その文明、文化の水準を上げることは何もやらなかった。幕府は、17世紀初頭、鎖国と同時にオランダのみを交易相手をし、開国まで200余年、オランダは欧州からみれば日本貿易の独占権を得ていた。しかし、この貿易はオランダと日本だけの点と点ではなく、全アジアを...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ