FC2ブログ

記事一覧

アジアでクラシック音楽をの偽善

20年ほど前、T自動車に出した企画、アジア各国にクラシック音楽を提供するというイベント案は受けた。クライアントが本社も現地ものったのだ。他社との差別化が出来る、社会貢献的だと。何よりも現地の要人のご出席の機会が作れるイベントだと。ニューヨークの高原さんのアンサンブルを頼んだが、1992年、札幌交響楽団に依頼した。堤 俊作氏の指揮だった。札幌交響楽団との交渉はうまく行ったが、T自動車さんが急に偉い人...

続きを読む

刀に銘を切る。

大刀剣市でのデモだ。珍しいものだった。鉄(柔らかい質のものだろうが)に文字を彫って行くものだ。小さいものはキーホルダーに付けたりするのか。鑿と小型の槌を使い、トントントンと作業していた。綱取ジョウちゃんも「のらりくらり」とわりと大きな鉄板に彫って貰っていた。3日間、別な職人が2人づつ担当したそうだ。文字はけして美しいものではないが、鉄にこれほど簡単に刻めるとは思わなかった。と言うことは偽名と言うの...

続きを読む

拾い屋と神田の古書市

秋の読書週間で神田神保町界隈では古書市が開かれている。大学時代の友人が古書店をやっている。彼に時々、頼まれて自分の本を出す。行き先は分かっている。彼の近所のB堂という軍事ものの専門店だ。昨日、朝、頼まれたものを届けた。日中は予定が詰まっており、早い時間で友人の店はまだシャッターがおりていたが、勝手口、彼の家の敷地内に紙袋にメモを付けて置いた。昼に彼から電話があり、「拾われてしまったよ。」と言う話。...

続きを読む

メキシコシティの悪夢

1986年、ワールドカップの仕事をした。準備に2回、大会中の立会いと3回行った。ファイナルに行き、マラドーナの6人抜きを見た。メキシコシティは高地にある。確か2400mくらいだ。直ぐに頭が痛くなるだけでなく、人心も悪い。空気は悪い、水は汚い。仕事中に拳銃を持っていたのはこのときが最初で最後だ。現地の鈴木さんのS&Wで、カミノリアルで要人警護をしていた警察責任者が携帯許可の書類を呉れた。警察責任者は...

続きを読む

猫の始末

リフォーム後、1階に書斎を移し、濡れ縁に面した、雪見障子を開けて仕事をしている。この濡れ縁は野良猫のひなたぼっこの場所だったが。それが邪魔されるのを嫌っている。昨日の朝、寝室のテラスに面したところを空けて空気を入れ替えていたら、何時の間にやら、この通りだ。とても臭い。猫の「あたん」は、怖いものがある。ベルさんたちのボランティア活動で野良猫はもう増えないとのことだが、白黒斑の昔からこの辺りを縄張りに...

続きを読む

伯父が戦争に持って行った刀

九七式重爆撃機の操縦士だった伯父は1944年11月に漢口に向かう途中、撃墜され戦死した。奇跡的にも彼の遺品は遺骨と共に、和歌山の実家に届けられた。その行李の中に、この刀は入っていた。軍刀拵えだ。戦争末期、良く漢口から和歌山まで届いたものだ。彼の弟、叔父、昨日がんセンターで手術を受けた、が保存していたが、20年ほど前から私のところに他の箱入りの写真、手紙などの記録と共に来ていた。銘は「濃州関住兼定作...

続きを読む

上海の看板

1980年代後半、上海はまだ映画「太陽の帝国」そのままだった。数年前行って、その変化に驚いたが。'80年代後半、T自動車の担当部長になり、最初の仕事は、同地に社名を載せた大型看板設置だった。幸い、上海には同期のN君と言う中国語堪能な男がいて、何かと尽力してくれた。自分では見に行かなかったが良い場所で、良く出来たと言う報告だった。しばらくしてT自動車から「照明が消えている」とのクレームがあった。...

続きを読む

青木 功 の「オレ まだ若いね」

昨日の日本シニアオープンは面白かった。青木 功は1990年代の半ば頃、アメリカで何年か、シニアの試合では上位に顔を出し、偉いなと思った。この日本シニアオープンには必ず帰って来て、その頃4年連続、優勝したそうだ。青木を言えばパット。昔はアクシュネットというヘッドの小さいパターを使っていた。今回はパターを変えたというが打ちかたは同じ。18番の長いパットは充分に時間を掛けて、行ったり来たりして見ながら、...

続きを読む

「大刀剣市」07

昨日の午後、芝の東京美術倶楽部で金曜から開催されていた2007年「大刀剣市」に行って来た。入場料は2000円。最終日で、そんなに人は来てないだろうと予想していてが大間違い。一杯だった。全国から約70の刀剣商がブースを出し、展示されていた刀剣だけでも数千という数だ。そのほかに鎧、小道具、火縄銃などもあった。お客も全国から来ていたようだ。業者さんが多かったのではないか。それに目についたのは、外人だ。外...

続きを読む

木鞘の軍刀

日本将校の軍刀は、旧軍刀(明治時代)から鉄鞘であった。旧軍刀は西欧的であるが、日本のものは柄が長く、両手で握れるようになったいたのが特徴だ。鞘はニッケル鍍金されていた。新軍刀は日本刀の形に近くなったが、鞘は内部は木製、外部はやはり鉄で、カーキ色を焼付け塗装し、それに皮革を巻いていた。皮革を巻いてないものも多い。内部の木は刃を守るためであり、鉄鞘は野戦で木鞘だけでは弱いので補強するためで、皮革は見た...

続きを読む

野良猫の楽園をつくるボランティア

我が家の近所には昔から野良猫が多い。猫を飼っている人は、自分の猫は絶対に外に出さない。2年ほど前、うちの前の建設現場で、ごそごそしている外人女性2人がいたので、「何をしているのですか」と聞いたら、「猫の排泄物を拾っているのです。」と日本語で応えた。大柄な女性はベルと名乗り、それからも時々、近くで行きあった。彼女達は近くのガレージを借りて、そこを本拠にし、野良猫の避妊手術、餌やり、排泄物処理などとボ...

続きを読む

トーマス・ブラッド・ヒルマンとクラーク博士

ウイリアム・スミス・クラーク博士は明治初期、丁度緯度が北海道と同じ、アメリカ、マサチューセッツ州アーマストから、北大の前身、農業学校に植物学を教えに来た人だ。トレイ・ヒルマンは、日本ハムファイターズ監督として来て、あの札幌ドームを何回も満員にしている。トレイは現在のクラーク博士を言っても良い。クラーク博士は「青年よ大志を抱け」と別れの言葉を述べたと言われているが、ヒルマン監督も「信じていました。」...

続きを読む

犬の鍔(つば)と紐巻柄の脇差

また、古い刀剣の拵(こしらえ)だ。ヨコゼンさんのコメントにもあったように、一般的な柄巻きは絹の紐を交差させて、頭のところで結ぶ方式だ。この脇差は反りがあり、うねりのある刃紋だ。柄は平たい木綿か麻の紐を巻きつけ、頭は、一般の柄のように結んである。漆で固めてある。雨に濡れても大丈夫だ。縁頭は無地の鉄製だ。目貫は中に入っていて見えないが、紐を開けるようなことはしたくない。菱型のものだ。鍔は首輪を付けた「...

続きを読む

リフォーム経験

3年間に渡り、3回のリフォームで家の中は全て新しくなりました。...

続きを読む

銀座

週4-5日は行く。食事、映画、買い物、本屋、そして交詢社。東京でも他の盛り場には殆ど行かない。渋谷は近いのだが、数年間行ったことがない。新宿にいたっては、マイクロソフトというオカシナ会社の仕事をしていた時だけだが、それも南口あたりだけ。銀座はほど良く混んでない。交通も便利だ。落ち着いている。歴史がある。思い出がある。この歩道には、日本の復興期、夜店が道路側に8丁目からずっと続いて出ていた。独特の臭...

続きを読む

淀川 長治(ながはる)氏と日経「私の履歴書」

昨日、鉄建建設の中野さんと「私の履歴書」のことを話しをしてて思い出した。映画評論家の淀川さんの「履歴書」は途中で終わった。詳しい事情は知らないが、大体、事情は推測できる。1970年代初頭、新米の僕は淀川さんと一緒にニューヨークにJAL機内映画選択の仕事を任されて、2回、出張した。毎日、彼を各社の試写室に連れて行き、字幕のない映画を数本見る。駄目な映画でも途中で止めない。夜は彼が見たい映画を「キュー...

続きを読む

影響力が増すNHKと道傳 愛子解説委員の話

ここのところNHKさんの力が相対的に強くなってきたと思う。放送法で、決められている緊急災害放送、ハイビジョン、MLBで民放より何歩も先に行っていることや、世界遺産、世論調査などのバックアップが効いているのではないか。英国のBBC的になってきた。英国には民放は一つしかなかっが。交詢社午餐会の講師で、先日まで日曜夕方の「海外ネットワーク」という番組のキャスターであった道傳さんが来られた。鳥居理事長、幕...

続きを読む

短刀、「蝉」(せみ)の目貫(めぬき)

日本の刀剣は木製の楕円型柄に布紐を巻き、すべり止めと飾りを兼ねた「目貫」という金具が入っている。この短刀の柄は太めの水糸が巻き付けれら、漆を掛けてある。目貫はどういう固定方か、多分、裏に釘のように柄に入る部分が付いているのだろう。普通は紐が目貫に掛かり固定される。「蝉は表が成虫、裏が幼虫だ。」縁頭と鞘の鯉口の輪を一作で、唐草模様だが、錆が酷かったので、はっきりしてない。この短刀は東京郊外の友人実家...

続きを読む

2016年の東京オリンピック招致と剣道

もし、招致に成功すれば、恐らく、「剣道」が正式種目になるだろう。1966年の東京オリンピックでは「柔道」が正式種目になった。柔道は国際的になったが、現在は日本伝統武道競技とは程遠いものに変ってしまった。それはそれで良いが、日本の連盟がだらしないのが残念だ。東京タワーにも「2016」の文字、五輪のロゴは使えないので、反対側は「TOKYO」の文字。1966年のときは確か、美濃部とか言うへらへらした、左翼の...

続きを読む

ジョン・ウィリアムスとワールド・シリーズ1戦

昨日の第1戦、開会式の国家演奏、めずらしく歌が無かったが、はジョン・ウリアムスがアレンジ、指揮したブラスバンドだった。下手だった。その直後、大きな星条旗がバックスタンドの壁に下がるという演出だった。ジョン・ウィリアムスは日本では映画音楽、「スター・ウオーズ」を始め、で有名だが、ボストンが地元だ。ボストン交響楽団を使い、彼が指揮し、ボストンポップスと言う、クラシック編成だが、ポピュラー曲を演奏するコ...

続きを読む

侍文化の豪華さ

幕末の欧米へ使節として渡った侍たちは、絹のミッドナイトブルーの着物、ふんだんに使う和紙、そして豪華漆器や武具で、欧米人を驚かしたことは以前も書いた。とにかく欧米人の目には豪華で洗練されたものに映ったようだ。この脇差、いつどこで手に入れたか記憶はない。多分、ニューヨークの今はないアメリカンアンティークセンターだ。頭は無地だが、縁、鞘の金具にも同じ柄の象嵌がある。鍔は唐獅子牡丹。刃も悪くない。面白いの...

続きを読む

日本の省エネ技術のルーツと東京モーターショー

自動車は世界の経済を今までは引っ張ってきた重要な産業だった。2年に1回の東京モーターショーが始まる。新エネルギーとハイテク未来カーが今回のテーマのようだ。テレビで見た限り、未来カーはまだおもちゃだが。昔、仕事で海外のモーターショーに関係し、ジュネーブ(これは1月)、英国バーミンハム、パリ、フランクフルトなどに行ったことがある。基本的には外国のモーターショーも同じだが、1980年代後半、日本の自動車...

続きを読む

地球温暖化は身近に。

10月末だというのにとても暖かい。先週、今週、続けてゴルフに行った。来週も予定している。季節が良いからだ。草も良い。とても今の季節の草ではない。Fさん夫人とその義理のお兄さんI氏、海上保安庁にいたので話が合う、3人で成田まで行く。Fさんの家に集合し、Fさんの車で行く。昨日は、半そでポロシャツだった。とても今の季節ではないかっこうだった。芝も新芽が出ているし、櫻のつぼみも膨らんでいる。百合の花も咲き...

続きを読む

民主党さん具体案をだせよ。

日本の国際貢献、テロとの戦い、16年前の湾岸戦争、画像の二のまえを踏むのが現在の民主党の主張。いつのまにやらアフガンのISAPに参加する案から、民生への貢献、とても曖昧なものに替わってしまった。とにかく具体性がない。説明を聞いていても分からない。復興への民生的援助は当たり前のことで、これはテロ対策に関係なくやるものだと思うが。それでインド洋給油だけは駄目と言う、「何でも反対」(今まで何回も書いたが...

続きを読む

松坂 大輔、走り込め!

ワールドシリーズが楽しみだ。プレイオフで松坂は2戦登坂したが、ひとつは駄目だった。見てると1、2、3回は良い。4回からスタミナがない。力を入れるからコントロールが悪くなった。あの若さで、スタミナのない原因は、「走ってない」からだと思う。投手は出ないことがあるので、その間に、アメリカにいる日本人の接待攻勢に合う。それに付き合っているのではないか。鮨を食べ、酒を飲む。イラブがその悪い例だった。7戦目の...

続きを読む

日本刀剣の小柄(こづか)とは何とためにあったか。

日本の刀剣鞘の横には小柄という、小さな小刀が入っている。もうひとつ笄(こうがい)が反対側に入れてある場合もある。(後述)鍔(つば)に空いた穴から刀を抜かずして取り出せる。時代劇で手裏剣のように投げるシーンがあるが、どうみても武器になるようなものではない。この脇差は刃は大きな反りがあり、背の部分3分の2ほども削り込んである。なぎなたの先端のような形だ。事実、そういう刀や脇差があったらしいが。小柄の柄...

続きを読む

住まいの耐震性について今日思うこと。

近くの再開発が行われている地域の直ぐ横の、古い民家が10日ほど前から取り壊されていた。恐らくその地域は空襲にも焼け残ったので、戦前の家だったろう。昨日、横を通ったら、柱と棟だけが残されていたが、工事計画書には「改修」とあった。総2階建ての建坪は1階が17-8坪くらい。良くこれでもっていたなと言うくらい柱が細い。多分、中越や、柏崎の倒壊家屋も同じようなつくりではなかったか。今日は中越から3年目だ。こ...

続きを読む

何も片付かない。

もう今年も2ヶ月余だ。家をリフォームしたあと、移動した家具、これらは一応収まった。妻は娘の出産のために自分の部屋と、娘が来たときのための部屋を片付け、要らない座布団、容器などを整理しろと置いて行った。自分のは書類関係、道具関係、収集品関係、まだ何も片付いてない。時間はあるようでない。毎日、出かける用事があるし、ジムにも行かねばならない。映画も見たい。福島の山荘にまだ車2回分くらもって行かねばならな...

続きを読む

なぜリフォームか。

23年前に今住んでいる家を建て替えるにあたり、何とかリフォームで済まないかと、いろいろ考えた。建築許可などややこしいしいのではないか、おおごとになるのではないか、と。しかし中学生になった長女、2歳刻みで3人の子供の成長を考えると、リフォームでは追いつかない。小学校のときの一年上の飯吉さんが建築士になり、田町の駅の近くに事務所があった。行って相談したら、社員の池田さん(今は高崎に自分の事務所がある)...

続きを読む

良寛と基督教

昨日の日曜は、朝起きて、家の外部のペンキ塗り、それから礼拝に行った。教会が90周年で、山岡上智大学副学長のお話があった。礼拝後、教会では様々な行事が行われたが、次があるのでパス。自転車で、築地の国立がんセンターへ叔父を見舞いに行った。従姉妹夫婦も来ていて久しぶりにゆっくり話した。それからクラブへ行き1000m泳ぎ、ボクシング4Rバッグを叩いて、筋トレ。暗くなって家に戻った。山岡牧師はこの夏休みに出...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ