FC2ブログ

記事一覧

日本の鏃(やじり)の多様性(25)

現存する日本の完全な矢は少ないが、やじりは結構ある。種類としては限りなく沢山ある。一番多く存在するのは、断面が菱型で、4面が一つにまとまるように尖った形のものだ。これは大きなものから小さなものまである。透かし、大きな薄い、剃刀のような刃を持ち、軽くするために、櫻などの模様を透かしたやじりがある。これは一種の芸術品だ。また、槌のような形のやじりもある。板を割るためのものとも言われる。外国の弓にはこれ...

続きを読む

火縄銃射撃に行く時の準備

日本で伊勢原射撃場(現在は閉鎖中)に行った際は、ほとんど車だった。画像の道具要れが、海外遠征や今回、和歌山にも行った装具類だ。和歌山にはクロネコで送った。銃はアルミ製の長いケースに入れる。このケースには2挺と各々のロッドが入る。黒い道具箱には其の他射撃に必要な道具が全部収まる。中でもフライフィッシング用のプラの箱、これには整然と小物と玉、パッチなどを入れる。厚いゴム板があるが、これは装填の際に銃床...

続きを読む

額田喚問、週刊誌、二つの異なる意見。「新潮」と「文春」

額田喚問の方向性は本日出るだろう。昨日は風邪気味で珍しく昨日発売の週刊誌を読んでいた。額田問題、「文春」はどうも宴席には出てない、第二にメール事件に近いと言う内容の記事。自民党、小坂 賢次国会対策副委員長がテレビで、アワー氏との宴席出席者6名の証言と、アワー氏自らが「額田氏は出てない」と記者会見した。6人のうち一人は僕が働いていた会社の関係者とのことだ。「新潮」はまだ「額田出席→辞任→」というストリ...

続きを読む

日本軍貨物用落下傘と守屋元次官

守屋さんはとうとう僕が予測したように逮捕されてしまった。あの状況ではパラシュートで脱出はできなかった。大正時代に「クルップ事件」と言う軍事汚職事件があったはずだが。歴史的に軍需はおいしいビジネスなのだろう。画像の貨物用落下傘、陸軍用か海軍用か分からない。知っている人は教えて下さい。「藤倉航空工業株式会社」昭和十八年6月製造のものだ。30キログラム用。「一式物量落下傘」とある。アメリカで手に入れたも...

続きを読む

火縄銃射撃の種目

日本前装銃射撃連盟、日本ライフル射撃協会は、国際前装銃射撃連盟の規定で競技を行っている。日本の火縄銃に関しては、「タチウチ」「ヒザウチ」「ナガシノ」(団体戦)そして「タンヅツ」の4種目があるが、日本では十匁筒の「侍筒」がある。また国際種目の「ベッテリー」(小型の標的を使う)がある。「立射」と「膝射」は合計して、長筒(標準サイズの火縄銃、全長が約130cm、銃身長100cm)のチャンピオンを選ぶ。日...

続きを読む

文化的な生活

ニューヨーク在住の堂園 まり子さんは、夫の細井さんが昔、同じ事務所で働いていて、知り合った。アーティストだ。もう30年間ちかい付き合いだ。昨日夕方、元麻布の彼女の個展に行って来た。絵画とアクセサリー類。年に一度、やる。細井さんにも会ったが、二人は日本の美術大学を出て、ニューヨークに渡った。画像の画は、「灼熱のニューヨーク」、赤が基調の珍しいニューヨークだ。左がまり子さん。朝は、F夫人等とゴルフ。気...

続きを読む

小型弓矢の例その5(24)

本当に日本の弓矢の収集家は少ないのではないか。このブログでももう20以上のテーマを書いたが反応は殆どない。画像は非常に簡略に作ってある籠弓の例だ。箱には金で鶴の家紋が入っている以外、装飾は何もない。弓は頑丈だ。長さ66cm、幅25mm、厚さ7mm。矢は長さ46cm、この手のものにしては細身だ。箱の両側が伸びていて、先が細く、しなりがある。ここで、弓と矢を止める仕組みになっている。...

続きを読む

火縄銃射撃の重要ギア

射撃には、どんな種類のものでもスコープは必需品だ。近代射場では電子的に、手元で弾痕が見れる装置もあるが、少なくとも火縄銃などを撃つ射場にはそういう装置はない。あらかじめ、的にスコープの焦点を合わせておく。大口径、火縄銃もそうだが、は空気を振動させるので、頑丈な三脚が必要だ。またスコープも昔のダイキャスト製の重いものの方が良い。軽いものは隣の射撃の振動で揺れるからだ。また火縄銃には、目を保護する安全...

続きを読む

真実は一つしかない。内閣がつぶれるか?

額田大臣の昨年12月4日夜の行動、真実はひとつしかない。アメリカでもこの手の足の引っ張り合いは政党間で良くある。陰謀に近いもの、ミステリー的なもの。民主党が言うように、写真の日付けまで改ざんしたとなるとこれは犯罪だ。しかし民主党も、疑惑の人間、守屋さんの言ったことだけを根拠としている、これも問題だ。もし冤罪とすれば、これは世の中に沢山あったはずだし。(警察で取り調べを受けている容疑者が、架空の話を...

続きを読む

火縄銃射撃に必要な小道具

火縄銃の射撃でも、近代銃でも基本は同じだ。近代銃は完成された実包を使うが、火縄銃は火薬(黒色)、玉、火縄など全て、自分に、また自分の銃に合うように試行錯誤しなければならない。画像の台の上の様々な小道具は全て射撃に必要なもので一つ欠けても完全な射撃は出来ない。銃の横が、真鍮のロッド、手前から口薬入れ、青い缶には湿らせたパッチ(玉を包む、筒の中を掃除する)、せせり(細い針金、火穴に通す)、漏斗、木ハン...

続きを読む

日本の弓矢、家具としての矢屏風

日本の弓矢類を収集している人、研究している人にはあまりお目にかからないことは、何回か書いた。ひとつの概念に江戸期、弓矢を家具化して家の防備に使ったことがあろう。「百矢台」とか「矢屏風」と言うものが存在する。武家屋敷庭園には、礫(つぶて、投擲する石)、消火用の池の水、寝刃を起こす砂、それに竹槍を作る竹、そして矢を作る竹を植えたと言う。勿論、畳は防護壁になる。画像の「矢屏風」は屏風として、衝立として使...

続きを読む

福島の牛肉

昨夜、佐藤 雄平知事主催の「ふくしまふれあい懇親会」に出た。この会は福島県から直接、持って来た様々な食材と職人によるグルメで有名だ。福島県にゆかりのある人たちが招かれる。いろいろな料理を見て食べたが、一番感動したのは福島牛だ。福島の山には放牧場があちこちにあり、肉牛が夏の間、放牧されているのは良く見た光景だ。しかし地元の人はあまり牛を食べない。「ベコとか、メンコイとか」言い、ヒンドゥーと同じように...

続きを読む

日本の弓矢その小道具

日本の弓矢は研究が遅れている分野の一つだ。この画像の弓の中ほどについている鹿革製の道具、何のためのものだろう。もとからこの赤い重藤の弓についていた。長さ10cmほどで、一端は弓の本体を通っている。従って外すには、弓の端までずらさなければならない。もう一端はループ状になっており、紐が巻かれている。この一端に弦を通したものか。いずれにせよ、どのような場面で使われたのであろうか。きれいに装飾してある。も...

続きを読む

「短筒」射撃が人気

火縄銃の全日本大会での光景だ。短筒、火縄銃の拳銃射撃が人気になった。短筒のルールは、15間(弓と同じ薬25m、小型の的だ。)を片手で打つ。他は他の種目と同じで、30分間で13発を撃ち、上位10発の合計を成績とする。ちなみに前回の「ポルトガル杯」は7-8名、今回も同じくらいの選手が参加した。火縄短筒の難しいところは、右手で構え、左手で銃の右側にある火蓋を開ける(切る)ことだ。銃の後ろから左手を回さな...

続きを読む

巨大な「どら焼き」 タケちゃんのマーケティングの勝利

東京では売ってない。先日、福島で2個、買って来て、ストレッチの内田先生のおみやげにした。直径20cm、厚さ3-4cm、一般のどら焼きの4倍はある。横の時計と比較して欲しい。安い、一個100円だ。タケちゃの奥さんがやっている店で販売している。直ぐに売り切れる。近所で道路工事をしているからだ。僕は食べたことはないが、多分、中身は普通のどら焼きだろう。しかしこれは一食分の食事に相当する量だ。山仕事の人に...

続きを読む

久しぶりに連休に旅行

今日の夕方の新幹線は混みあっていた。和歌山のライフル射場から辻本さんがランクルで駅まで送ってくれた。少し早めに出たが、日曜なので、早く着いた。駅ビルで、懐石料理をご馳走になったが、今度は列車に間に合わないのではないかとあせり急がせる。駅のホームに付いたら、また今度は時間が余った。世間話をしていた。和歌山県の北部は観光名所が多いのに開発が進んでないとのことだ。彼は人ごみにのぼせると言っていた。その気...

続きを読む

1975年に買った籠弓

ニューヨークの1993年から数年間住んでいた地域で、1975年に購入した鼈甲の箱入りの弓だ。弓には弦が欠落している。長さ60cm。矢は長さ41cmだが、鏃(やじり)が変っている。弾丸のような形の厚い鋭い鉄が矢の先に付いている。練習用の矢のように薄い被い状のものではない。本物の鏃だ。弦を掛けるところは、この手の弓のように逆側に鍵がある方式ではなく、一般の弓の様式だ。...

続きを読む

火縄銃の全日本大会、和歌山

標的射撃はやってみるとやはり面白い。緊張感と、命中したときの達成感のバランスは何とも言えぬ。「膝撃ち」は良かった。昨日の午後、少し撃ち、勘を取り戻した。10点には一発も入ってないが9点に7発入り、87点だった。従姉妹の夫、和歌山の歯科医、辻本さんが駅までランクルで迎えに来てくれたので助かった。出来さん(和歌山の何代も続いた、銃砲店、先祖が紀州の殿様に「出来」が良いのでこの姓をたまわった。)が火薬を...

続きを読む

本日はこれから和歌山に行く

明日の日本ライフル射撃協会の前装銃全国大会参加のためだ。もう10年ちかくも前装射撃はしていていない。今日の午後、少し撃ち、明日の立射、膝撃ちの2種目の合計で成績がでる。山の家の倉庫においてあった装具を取り出して、そのまま宅急便で送った。クロネコの濱野君は僕が時々怒鳴る、「ぶん殴るぞ」と言うから玄関でいつもおどおどしている。装具は一つ欠けても駄目だ。また僕は耳のプロテクターを二重にしている。今日、昔...

続きを読む

「雑兵物語」に見る日本の弓矢

「雑兵物語」のことは今までも何回か書いた。無学な足軽、兵に戦場の様々な様子、対応を分かりやすく説明するための、図入りのマニアルだ。主人の弓を運搬する、持ち弓係り「持弓 矢右衛門」と言うキャラクターに、主人の弓の出来が違うことを述べさせている。「数弓」、弓隊が使う、一般の兵器と、侍が使う、「持ち弓」とは出来がちがうと。持ち弓は、弓矢台に矢といっしょに載せられ運搬される様子が描かれている。しかし、この...

続きを読む

慶應義塾大学と戦没者

昨日、母校の前を通り掛かった。家から5分。卒業来40年間、今まで中に入ったのは1回のみ。アメリカビザ申請に必要な、英文卒業証書を貰いに行っただけだ。画像は新しい正門。昔は単なる坂だった。奥が図書館だ。このたび、白井厚名誉教授が中心となり、塾生の「アジア太平洋戦争戦没者」の名簿が完成したそうだ。2224名。学部、戦没地、戦没年月日、をB5版、72ページにまとめたものだそうだ。このような名簿をまとめた...

続きを読む

長い穂の槍

槍、薙刀の部類も今の日本の住宅事情では展示し難い収集品だ。槍にはいろんな長さがある。この穂は刃長28cm+中茎30cm、計58cmの長さである。刃の幅は22mm。17cmの樋が掘りこんである。中茎の元は17x10mm。「兼行」の銘。柄は310cmもあり、また鞘は55cmである。柄に鞘を被せると全長は340cm。これを飾るのは大変なことだ。ところが、穂の中茎が、柄に入らないのだ。つまり合ってないのだ...

続きを読む

ぞっとする「民主党」幹部の顔

小沢一郎、鳩山由記夫、菅直人、この3人は本当に人相が悪い。「悪人顔」だ。発言も内容が無い、一貫性がない、信念が感じられない。菅には、血液製剤、年金などに責任がある。特に血液製剤は人間の命に関係のあったことだ。しゃべるときの目線が怪しい。マスコミは報じない。日本のマスコミがこの三人ひいきなのは本当に解せない。まさに「平成三悪人」と命名して良い。「インド洋からの海上自衛隊の撤収」により将来、日本が国際...

続きを読む

日本の弓矢、携帯弓の例

日本の弓矢、奥が深い。この金色の箱型の弓矢入れに入った、ゼラチン質の弓と矢のセット、なかなか出来が良い。弓の握りは革巻きで太く、弦は張りっぱなしで、直ぐに使える方式だ。全長は80cmとこの形式にしては長い。矢は全長45cmで11本ある。どうも11本が基本だったようだ。矢羽も元のままで状態も良い。うち10本は断面が菱型の鏃(やじり)、1本は平たい鏃だ。どういう使い分けをしたのかは不明だ。こんなことな...

続きを読む

誤訳か「勤労感謝の日」とまずいターキー

今日は勤労感謝の日、祝日だ。昨日、夕方、高速道路はどこも全部「赤色」、いつも1時間10分くらいで帰れるのに2時間掛かった。理由は3連休前だからとしか考えれなかった。11月23日は昔の「新嘗祭」で1948年に「勤労感謝の日」と制定された。「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう。」との主旨の祝日になった。だが、これはGHQ(占領軍)が、アメリカ(カナダにも10月にあるが)の祝日、11月第四...

続きを読む

ニューポートジャズフェスティバルの遺産

ジャズはアメリカの黒人音楽から、世界の音楽になり、日本だけでなくヨーロッパでもファンは多い。フェスティバルインクの「ニューポートジャズフェスティバル」の日本クライアントの仕事を1985年から数年間やったことは先日書いた。整理していたら、毎年、製作した「販促ビデオテープ」が出てきた。PBSに放映させ、その収録したものを編集し、クライアントの販促ビデオを作ったのだ。内容はレイ・チャールス、ゲリー・マリ...

続きを読む

「男の夢」のために闘った福冨 大輔

福冨は35歳。同じジムのプロボクサーだ。健康食品の会社をやっている。子供がふたりいる。ボクシングのプロライセンスをもっており、成績は1勝、1敗。どうしてももう一度リングに上がると、ここのところずっと厳しい練習に耐えてきた。昨夜、後楽園ホールの第71回「フレッシュボーイ」フェザー級4Rで橋本 雅樹(22歳)と対戦した。ジムのいつもの顔ぶれ、プロたちは応援に行った。4回Rを戦い、3対0で、負けた。彼は背...

続きを読む

日本の弓矢、「空穂」(うつぼ)の実用性

空穂(くうぼ)と箙(えびら)は日本古来よいりの矢入れ容器だ。西洋では矢は簡単な革の袋、もしくは筒にいれて身体に下げてようだが、日本ではかなり凝ったものに入れて。その中でも空穂は手が込んでいて、矢を傷めることなく運搬できた。薄い木を張り合わせ、漆で仕上げ、家紋をいれてある。真ん中には皮革製の回しがあり、それに付いた帯で肩掛けした。長さ98cm、太さ下部が直径12cm、ほとあり、上下が膨らんだ円筒形だ...

続きを読む

左官の村田親方の受賞

トラストの飯島さんからメールを貰った。この住まい、3年がかり3段階のリフォームを手がけてくれたのが飯島さんだ。2年前には壁の多くの部分、紙を剥がし、珪藻土塗りして貰った。これは住んでいる我々にも大変だったが、職人も大作業だった。その時の親方、村田さんが、このたび、神奈川県産業技能賞で優勝したというニュースだ。画像は階段の吹き抜け部分。村田さんが塗ったものだ。色は3種類を使い分けた。貝殻色を主体にし...

続きを読む

マキ割りとストーブ

地球温暖化は確実に進んでいる。世界の二酸化炭素排出量削減対策を速やかに施行しなければ、日本も大きな影響を受ける。食料やエネルギーが海外に依存しているからだ。子供でも分かる論理だが、のんきなものだ。ところで、僕は山の家に行くとそこの暖房はマキストーブに頼っている。明け方、気温が零度以下になると、24時間燃やしてないと、家が冷えてしまう。マキの材料は、山作業をしたときに出る伐採した半端な材木を、近所の...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ