FC2ブログ

記事一覧

にせもの「日本骨董家具」

「階段箪笥」は殆ど出ない。家に作りつけの家具だったのだが、もうそういう家具が付いていた家の改造や建て替えがないからだ。出ると数十万円つく。それで、台湾などで作くらせた比較的小型の階段箪笥が良く入って来ている。画像。これらは東京アメリカンクラブで行われたアジア家具の販売会で見たものだ。10くらいのディラーが出て、そのうち3つくらいが本当の日本の骨董家具を扱うディラーだった。そこには本物があったが、外...

続きを読む

「拳銃摘発」のポスター

最近、九州北部と関東北部での発砲事件が多い。昨日は、前装銃射撃に必要な黒色火薬譲渡許可を貰いに所轄署に行った。本当は実包より黒色火薬だけを出すほうが危ないし、厳重な審査が必要だ。爆弾が作れるからだ。必要なだけほんの少量。これから販売しているところを探すのが大変だ。現在、黒色火薬は捕鯨砲と花火にしか使われてない。そこで「拳銃摘発のポスター」を見た。拳銃は小さいので隠し易い。だから摘発が難しい。以前、...

続きを読む

「宝塚ファン」この幸せな人たち

「宝塚歌劇」は見たことはないが、強いファン層に支えら得ているようだ。地上波では番組はないが、「WOWOW」が昔から放送している。日比谷の午前遅くの殆ど毎日の風景だ。ファンが両側に500人くらい詰め掛けて整然とスターの到着を待っている。殆どが女性で、あまり若い人はいない。いろんな年代の人たちが友達同士で来てると言う感じだ。カメラ、ケイタイを持ち、スターが来ると立ち上がる。この後、公演開始まで、シャン...

続きを読む

「原発・正力・CIA]有馬 哲夫著 本19

2008年2月の新潮新書の新刊だ。「機密文書で読む昭和裏面史」の副題がある。有馬氏は早稲田大学大学院教授で、「日本テレビとCIA]と言う著作もあり、このテーマに精力的に取り組んできた。この本の内容は、戦後、アメリカで軍用、民用に発達した原子力。しかし日本は長崎、広島、第五福竜丸などの不幸な歴史から、平和利用とは言え原子力アレルギーがとても強かった。CIAは讀賣、日本テレビ社主の「正力 松太郎」氏を...

続きを読む

切り詰められた九九式短小銃7.7mm

九九式小銃は威力のある小銃だ。この例はかって雑誌に「戦車兵用に試作されたもの」と紹介されたが、どうみても実用ではない。赤羽あたりにいた占領軍軍需部のGIガンスミスの作とみた。銃床は3分の2ほど、銃身は半分ほどに切り詰められている。銃床板も照星も付いているが、このくらいの作業は、ちょっと機械をいじれる人間なら可能だ。アメリカでもこの手の改造は良く見た。日本の7.7mm弾、アメリカの30.06に近いは...

続きを読む

リスクビジネスになったか保険業界

「ぞっとした。」昨年10月から、3つの物件の保険が切れていたのだ。2-3日前に、妻が気が付いた。確定申告の控除の書類が来なかったからだ。保険代理店は40年来の付き合い、信頼してた。保険会社もだ。代理店の話によると、何でも規則が変り、保険の商品が変更になり、クライアント(被保険者)の承諾を得るに私等に連絡が付かなかったというような、まさに「あってはならない」理由のためだ。もし火災など、ここのところ、...

続きを読む

映画は「遅れてくる」。

アカデミー賞。アメリカにいたら、主要な賞の作品は観てなければ話が合わぬ。今回の主要な賞(作品、監督、主演、助演)のうち観たものは3本のみ。「エディット・ピアフ」「スウィニー・トッド」「エリザベス」だけだった。他の作品は日本での公開がまだだからだ。これではアカデミーの中継をやっても視聴は取れなかっただろう。日本は文化的に異なると言うところか。「エデット・ピアフ」は昨年6月の末、ニューヨークを歩いてい...

続きを読む

90式戦車にも名前を。

90式戦車、横の櫻の木も、気のせいか少し蕾が大きくなってきたように見える。一両10億円だそうだ。アメリカでの性能試験では、命中率の良さを証明し、この戦車を有名にした。日本では第3世代の戦車と言われ、幅3.3mx砲を付けた全長10m近い。だが重量は50トンと軽く、日本の地形、それでも主に北海道向けに開発され、配備されている。乗員は3名。200両くらいが作られているはずだが。しかし、アメリカの「エイブ...

続きを読む

無法トラックの横行

大体、大きなものに衝突すると小さなものはどうにもならぬ。海上でも地上でも同じだ。常磐道は違法トラックの天国だ。ほとんど取締りがないからだ。この赤いダンプは、土砂を積載しているが、シートを被せてない。「バシッー」とフロントグラスに石が当たることがある。雨が降り出したらどうするつもりだろう。重量オーバーになること確実だし。もう一台のトラックは、廃棄金属を満載しているが、これも上の方は風圧で今にも散りば...

続きを読む

短くした村田銃11mm

軍用村田銃の一部は猟銃として払い下げられた。払い下げ先の会社で銃身を滑腔にして散弾銃にした。また村田銃として様々な口径の猟銃も生産された。猟用にした場合の一番の特徴は、銃床(ストック)を短くして、重量を軽減していることだ。画像上のもの。下の銃は軍用であったか、猟用であったか定かではないが、こう棹(ボルトハンドル)の形から猟用であった可能性が大きい。全体を切り詰めてある。銃床も短くし、銃身も。全長は...

続きを読む

この本は駄目だった。新潮社刊「8月17日、ソ連軍上陸す」 本18

広告を見て直ぐ買った。大野 芳著「8月17日、ソ連軍上陸す、占守島攻防戦」新潮社刊ハードカバー。占守(しゅむしゅ)島の名はロシア語だそうだ。アリューシャン列島の最北で、キスカ、アッツ島に近い。第二次世界大戦後期、日本はアメリカ軍が攻撃してくると思い、守備を固めていた。特に島の地形から満州から第十一戦車連隊を移動させていた。この本は、武雄市で、日本軍の軍使であった長島氏の講演から始まる。だが、結論か...

続きを読む

旅の道連れ

この話は何回か、何人かの人にしたことがある。今から28-30年ほどまえ、業務でロサンゼルスに行くことがしばしばあった。ハリウッド関係の仕事だった。フライトでは、横に座った人と話をすることは殆ど無かった。面倒だからだ。あるとき、成田からロサンゼルスに行く途中、出発直前に乗り込んできた人が隣に座った。背の高い男で、ぺらぺらと良くしゃべった。フライトに遅れそうになったのに間に合ったと言う安心感からだった...

続きを読む

壮絶なり「堺港攘夷始末」 大岡昇平著 本17

大阪、堺で1886年春に起きた土佐藩士のフランス水兵殺害事件とその処分(切腹)は欧州の日本人感に大きな影響を与えた事件である。薩長軍はすでに朝廷をたて、幕府も恭順し、日本には「新政府」が出来つつあった。しかし、朝廷、薩長らはかねてより「攘夷」外国を打ち払う方針であり、幕府が進めていた「開国」方針と、政策に「腸ねん転」現象があった。薩長も朝廷も現実は理解していただろうが。だから土佐藩のように後からつ...

続きを読む

日本の近未来産業

一昨日夕方の、HIIAロケットの発射成功、かげながら気をもんでいた。発射区域への直前の漁船の侵入。延期されれば何億円が吹っ飛ぶところだった。これで成功率はさらに高くなり、8回連続発射成功だった。14回中失敗は1回。このロケットはご存知のように宇宙航空研究開発機構から、製造から発射まで三菱重工に移管された。丁度、移管そして失敗があった頃、2002-3年か、ダイヤモンドプリンセス号の火災事故もあり、三菱...

続きを読む

恐ろしい食品事件の中国の意識

昨夜は当家も餃子を食べた。全部、家での手作りだ。先日、書いた天洋食品を巡る記事に関して、どうも中国人らしい人からのコメントが入っていた。日本語が少しおかしい。中国本土からか日本にいる中国人留学生なのか。2件。名前は、「ryuutyou6」内容は概ね「今回の事件は日本政府による自作自演のものであり賠償金を貰う。日本の食品業界の陰謀だ。他国をべっ視している。」「日本人はばかだね。日本人は毒殺、毒物混入集団殺人...

続きを読む

ダンさん夫妻と半年ぶりに再会。

ダンさんは、日本の大手電気メーカーアメリカ法人の会長だった。部下が1万人いた。大変なストレスだったそうだ。夫人は、アメリカの大学院に行き、救急医療士の資格をとった。右は「村田」の主人。10年来の付き合いだ。現在はニュージャージィ州に在住している。すでにアメリカ市民権も取っているし、選挙権もある。昨夜は近所の「村田」で、釜飯を食べながら、アメリカ大統領選挙の話をした。バラク・オバマとヒラリー・クリン...

続きを読む

初期の連発拳銃ペッパーボックス所コレクションより

板橋の郷土資料館で展示されているものだ。「ペッパーボックス」は勿論正式名称ではないと通称よばれている。胡椒を挽くものからきたものだ。この銃は箱、弾型、火薬入れ、さく杖、道具などから西欧製だろう。日本人は比較的、この手の銃が好きで、各地で銃工が製造した。「多銃身拳銃」が正式な名称だろう。この銃は菅打ち(パーカション式)式でした。雷粒もものも日本では作られたが、価値は雷粒のほうが高い。しかし、それは博...

続きを読む

囲碁の先生は100歳

Wiiで食後、運動するのも良いが、今年は囲碁に挑戦しようと考えていた。交詢社は囲碁で有名だ。先日、囲碁会の人と同じテーブルで、話を聞いたら、初心者コースで「初段」だそうだ。それで、近所の飯吉さんに入門した。彼は1級建築士で、子供の頃から迷惑かけ、2人の子供は小学校の上下にいた。息子がボクの家を設計し、父が数軒先にいるから家のことは安心だ。昨日は午前中、「対局」してきた。ボク(黒)の手は出鱈目だ。本...

続きを読む

寒冷前線の通過 春一番と言うのが遅い!

昔、気象を勉強した。今の季節、暖かい空気と冷たい空気の入れ替わりが激しい。春になるからだ。今日の午後、かなり強い寒冷前線が東京を通過した。強風が吹いた。天気予報では、夕方、気温は下がると言っていたが、説明不足だった。東京は低気圧の西になり、そこには寒冷前線が発達し、時には雷雨や雹なども降る。自転車で高輪のアメリカンクラブに行った。行きは良かったが、外が騒がしいと感じたら、プールサイドのデッキチャア...

続きを読む

初めて見た陸軍九八式20mm高射機砲

アメリカで幾つの博物館を回り探したがこの有名な20mm機関砲は見なかった。これが完全な形ではないが、武器学校にあった。隅においてあるが、「もったいない」と言ってきた。米軍資料には様々な写真が残されている。最強の20mmと言われている。九七式20mm対戦車機関砲(半自動)の弾薬より大きい。大八車のような2輪に載せられたり、軌動貨物車に載せられたりした。機動性があったので対空砲としての評価は高い。25...

続きを読む

「スポーツはフェアが基本」 平林 岳氏の話

アメリカに行ったのはプレーヤーだけでなく、審判員でも挑戦している人の存在を知った。昨日、「平林 岳」氏の話を聞いた。同氏はパリーグの審判であったが、今はアメリカで、マイナーリーグAAの公式審判員である。勿論、MLBの審判を目指している。マイナーにも「ルーキー」、シングルA,ダブルA,トリプルAと4段階あり、彼はダブルAまで来た。全米にはトータルで250人くらの審判がいるそうだが、マイナーリーグ審判...

続きを読む

家康さまのおかげ。北島正元氏著「日本の歴史」江戸幕府 本16

東京は住みやすい。雪もほとんど降らないし、台風も来ない、津波の心配もない。夏はヒートアイランド現象で暑いが、冬はマイルドだ。西にも東にも行きやすい。まさに日本の中心だ。徳川 家康は16世紀、日本の場末であった江戸に開府したが、綿密な調査と将来を見越して、この場所を選んだと言われている。地震が心配だが、南海や中部よりまだましだ。この本は近くの大型古書店で100円で買った。箱入り、1975年、小学館刊...

続きを読む

イージス衝突事故、この男を信じない。漁師の品格がない!

イージス「あたご」と漁船衝突、22日、7時のNHKニュース、微妙にニュアンスが異なってきた。状況を「漁船の乗組員の証言による」とコメントでも字幕でもかなり明確にしていた。防衛省側が事実関係は調査中で発言出来ないとしているからだ。ボクは金平丸の市原 義次船長は始めから信用できない男だと感じてた。事故の夜の数名の船長の記者会見、彼らの表情からは二つの感情が読み取れた。一つは仲間が見つからない悲しさ。も...

続きを読む

海から回収された「八九式単身旋回機銃」

陸軍八九式航空機旋回機銃はもともと生産数が少なく、現在、世界で現存するものは数挺しかない。総生産数は、工廠記録を累計しても2000挺以下だ。戦前の兵器で、戦中は別な形式に移ったからだ。起縁7.7mm弾を使用した。この例は残念ながら、静岡県の海から、網にかかり回収されたものらしいが、形は分かるが錆の塊になっている。南部設計で、単身と2連があった。単身は70発入りの円形弾倉を使い、2連は扇型の5発装弾...

続きを読む

「あたご」を早く任務に戻して欲しい。

予想通り、マスコミは反防衛省世論を形成しつつある。昨日、ゴルフに行く途中に元海上保安庁のI氏から話を聞いた。原則論は良く理解できた。イージスの方に回避義務がある。速度も出していた。しかしイージスは停止するまで相当の距離を走ってしまう。果たして小型漁船船団のなかを一隻、一隻、かわしながら航行することは可能であったのか。金平丸のGPS航跡を夜見たが、複雑な行動だ。漁民が一つ誤解しているのは海は漁民のも...

続きを読む

後楽園のレンガの塊

後楽園遊園地から、ドームホテルに抜けるところ、東京ドームの横にこのレンガの塊は展示されている。この地は明治4年(1871)に幕府の兵器製造所を元に東京工廠小石川小銃製作所が設立された地だ。日露戦争に使われた60万挺の三十年式小銃やさまざまな火器が開発、製造された。しかし1922年の関東大震災で壊滅した。この地を払い下げたのが、正力 松太郎氏で、同氏はここに、1931年、日本プロ野球の球場を建設した...

続きを読む

何だった元イラン大使館跡のAK47

1週間ほど前、解体中のビル、元イラン大使館が入っていたところの屋根裏から2挺のAK47と弾薬らいしいものが発見されたという新聞記事を読んだ。その後何の報道もない。ボクは最初から、モデルガンだな、と直感した。大使館は自衛のために外交行李で、小火器を日本に持ち込んでいる。外交特権だ。昔の韓国大使館には入り口の正面に銃眼があった。多分、ブローニングなどの機関銃を配備していたはずだ。しかし、もし実銃なら引...

続きを読む

江戸の空気銃「気砲」

18世紀から19世紀初頭、意外に欧州の文化文明が入って来ており、それを、国産化した技術が幾つかある。しかし日本は平和な時代、実用にならぬもの、価格的に採算の取れぬものも多かった。澤田さんの本には、国友藤衛兵能当作の空気銃が詳しく紹介されている。一体、どのくらいの数が作られたのだろう。現存するものをみても100挺くらいはあったかもしれない。昨日、武器学校で一つ見た。程度は良い。画像のいずれも上のもの...

続きを読む

「ミリショク」(ミリメシ)をご馳走になった。

昨日は用事があって、また土浦の陸自に行った。昼時間になり佐官クラスの人たちとコーナーで、このような昼食を食べた。メニューは階級に関係なく、同じ。広いところでは一般隊員が食べている。佐官クラスの人たちは「今日もカロリーがあるなー」と言いながらも残す人はいない。ボクも食欲はあるほうだが、この量は食べられない。今までも何回かご馳走になったが、今回は豆腐が主体だ。ちげ鍋(豚肉、豆腐、白菜など野菜)、マーボ...

続きを読む

「六匁火縄銃」という種類。

私が観察した、数多くの火縄銃。澤田 先生の足元にも及ばない数だが。約6%くらいに口径が15.5-16mmくらいのいわゆる「六匁筒」と言うのがあった。この口径は大きい。どういう目的の銃なのか。ただし、これらの銃は、土浦の関流、薩摩、土佐、松本、金沢、仙台、そして国友製もあったが、全長は100-110cm、銃身長は75-80cmくらいで、標準サイズ2匁半くらいの全長130cm、銃身長100cmより短い...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ