FC2ブログ

記事一覧

3月に外で泳いでこそ。

屋外のプールは週末にオープンした。射撃大会のため泳げなかった。今朝、大雨の中、家を出て、銀座でアル・パチーノの「88ミニッツ」を見た。主人公を取り巻く女性が全部レスビアンと言う無理な筋。気に入りのところで昼食。本屋に寄る。家に戻ると孫がきていたがいつもの笑いはなかった。眠かったらしい。自転車でボクシングジムへ、会長とインターFMに出演した聡美マネージャーの放送を聴き、少しトレーニング、ミット打ちな...

続きを読む

整理整頓が楽しい全装銃射撃

前装銃射撃の特徴は整理整頓と綿密な準備だ。皆それぞれに工夫していた。外国の選手が自作した銃木製収納箱は、本当の立ち木を二つに割り、中をくり抜いたものだった。その取っ手は枝で、上の方には木彫りの小鳥がとまっていたというしゃたもの。午前で手際よく3射群の競技は終わり、皆で会議室で弁当を食べた。8月の豪州での世界大会の話がでた。僕が昔行ったことある会場となるアドレードのことを話した。「捕鯨」の問題がある...

続きを読む

和製管打銃の結末

今回の大会では1挺、スリーブ入り火縄改造銃を見た。これは不愉快だった。国際試合で日本選手団のこのような不正を何とかしてくれと、何回も言われていたからだ。スポーツ競技はフェアが原則だ。さて僕の和製管打ち銃はベッテリーで43点、6位だった。この銃は良いが、バネが外国製に比べると弱い。ロックが真鍮板なのでいずれ壊れるだろう。パーカションが合ってなかった。それで、13発で4回も不発があった。火縄式と異なり...

続きを読む

銀座近景名物

銀座はここ1年間くらいで随分と変化した。店も変ったし、客も。この6丁目のモンブランはなかなかだ。大体もう万年筆は使わないが総合ファッションガジェットの会社になったのだ。横向きだが女性の大ポスターが魅力的だ。このあたりから8丁目まで、両側、観光バスが止るようになった。乗客は降りるなり、携帯で、「ウエィー」「ヨボセヨ」と大声で何か言っているが、「俺は私は今、銀座にいる」と言うことのようだ。銀座は今や、...

続きを読む

この男ただ者にあらず。

今日の「安齋記念全装銃射撃大会」、この人、二つ手前の射座で銃の構えを見た時、ただ者ではないと感じた。写真と撮ろうとしたら、銃を置いてしまった。まずは立射、それから膝射。このただ者でない射手、チラッと見た標的でも良い点だ。立ちを撃ち、膝に移るにやはり湿度が変化したのだろう。それもうまく合わせてあった。こっちは膝の弾痕は上に行った。このただ者でない人は田中さんと言い、今日始めて会ったが、このブログを読...

続きを読む

2冊の欺瞞本

先日、本屋でみていたら、そうかそういう反省の本も発刊されたかと言うような題名を2つみた。一つは「民主主義への疑問」小田 実などと同期の毎日新聞の徳岡 孝史のもので、彼のベトナムをはじめとする過去の活動と現在の情勢の対比だが、題名は人集めで、内容は一種の自慢話。もうひとつはさらに悪い。朝日新聞社刊の「占領期の朝日新聞と戦後性格」と言う題だったと記憶している。今西 光夫著。何てことはない、朝日は占領軍...

続きを読む

管打ち銃に挑戦す。

パーカション式小銃は19世紀のはじめ、ナポレオン戦争のころ開発され、それまでの火打ち式にとって替わった。今日は千葉の射場に行った。早く出て、向島の名人のところに寄り、彼が僕の車を運転した行き、火縄式の練習を1Rやり、あと管打ちを撃った。明日、ベッテリーの競技に出るからだ。管は村田銃の雷管に使ったものだが、なかなかこれが難しい。結論から言うと、管打ち式は同じ弾丸なら火縄式の25%くらい火薬が少なくて...

続きを読む

女優藤村 志保さんの話

とても話の上手な人だった。感心した。声が良い。目線が良い。ユーモアがある。下手な学者よりよほど話術だけでもうまい。櫻柄の着物を着てきた。200数十名の平均年齢72歳の男性が聞きほれた。テーマは「出会い」だった。父親は海軍、タラワで玉砕してそうだ。母親は26歳で彼女と2人の兄を育てた。その母との晩年の話が中心に進行した。「人生は年を重ねると若いときには考えもいない展開がある。」それ相当、僕より年上だ...

続きを読む

猟師小型の火薬入れなど装具

ご隠居が愛犬を連れて、朝夕、使いなれた火縄銃を持ち、近所を一回りしてくるような装具だ。全部とても小型だ。蓋が開けてあるので、その仕組みが分かることと思うが。ナガト、こよりで作った瓢箪は全長が12cmくらい、中に入る蓋が火薬量を測る。玉入れは」5-6発くらい。口薬入れは直径6cmくらいだ。蓋は手を離すと重みで下にさがり、出し口を覆う仕組みだ。この3つは木製の小さな皿、それは帯に挟む根付を兼ていて、そ...

続きを読む

彼は右利きだな。

昨日は、午前に銀座に出て、本屋に寄ってから、午餐会で藤村 志保さんの話を聞いた。一旦家に戻り、ボクシングジムへ、会長とリングで3Rやった。それから自転者で高輪のアメリカンクラブ、ジムで軽くとサウナ。会長は元日本チャンプだから手加減してもらっても大変なことだ。帰りに雨に降られた。娘一家と夕食。孫が風呂に入る前、ようやく孫と2人になれた。キーボードを触らせた。何にでも触りたいという要求が感じられたから...

続きを読む

どうなった急に報道されないこと。

横須賀のタクシー運転手殺人事件。昨日、池田さんと話していたが、どうもすっきりしない。警察は、あの水兵が状況的には犯人の可能性があるという報道があったが、その後は急にトーンダウン。普通、マスコミはヒステリックに日本側に引き渡せと要求するが。米黒人水兵が日本式の包丁を手に入れた経緯などは直ぐに分かるはずだ。同じく、沖縄レイプの黒人兵は「クロ」だったのか。結論はださねば。「あたご」衝突。何度も書くが、漁...

続きを読む

たくましい子沢山

昨夜、羽田空港で観察していた。春休みだから、地方からの家族連れが多く到着する。意外に子供の多い家庭が多い。バスを待つ、待合のところにいた家族、5歳くらいを頭に3人の男の子。両親も余裕だ。飲み物、食べ物を買ってきた、父親がまずホットドッグを食べていた。母親はコーヒーを。手前のお兄ちゃんは眠くて、寝てる。次男はむずかっている。食べ物を持つ手で床も触っている。バギーに乗った3男、2歳くらいは飛行機の中で...

続きを読む

武家の丸型猟用火薬入れ

全日本軍装研究会(岐阜の辻田文雄氏編纂)の「軍装操典」に小川 忠文氏の火縄銃関係装具の収集物が毎号掲載されている。内容的には一流のものだ。特に装具は、安齋、所、吉岡コレクションより充実しており、芸術性の高いものだ。一度展示を見てみたい。このものは僕の収集物だが火薬入れは大型で丸型、蓋の火薬の容量からは六-十匁級の火縄銃のものだ。勿論、出来は猟師用でなく武家のものだ。火薬入れ本体に穴が開いておりそこ...

続きを読む

1日間で成田と羽田の両方に行った。

午前中、池田さんと一の橋交番の前で会い、成田にゴルフに行った。空港の直ぐ横だ。櫻はまだ2分咲きだったが、暖かく、風もなくゴルフ日和。フェアウエイの草も心持、緑になってきたような。3時過ぎに出て、家に帰り、妻と夕食。飲まずに。7時半に出て、今度は羽田空港に行った。とうとう娘一家が帰って来たからだ。今日が引越しで、荷物を出して、帰って来た。帰りは首都高が事故で渋滞していて、1時間も掛かった。家から成田...

続きを読む

日本の火縄銃カラクリの種類

私は日本に火縄銃のカラクリを6種に分類した。まずは、バネが外部に松葉型がついているものと、内部にゼンマイ型がついているもの、2種に分けた。さらに、それらを各々、機構で3種づつに。もっと多くの種類に分類する人もいるがきりがないし分類の意味がない。このカラクリは、地板の形が面白い。単純な線ではなく、後ろの方に内側にテーパーが掛かっている。また外バネ形式だが、内部に機構がある方式だ。登録証を5月に申請す...

続きを読む

ストレッチ施術をお見舞いにした。

渡久地会長が先週末まで体調を崩して入院していた。来月は、新人戦を含め3回試合がある。忙しいはずだ。病院に見舞いに行くとか、見舞いをどうするか、僕は最初から、内田ストレッチを見舞にしようと考えていた。内田君も、期末はクライアントの転勤などで、時間も出来るからだ。昨日の昼、内田君にジムに行って貰い、リングの上で会長に1時間20分のストレッチ施術を行って貰った。ストレッチは外部からの力で、自分で動かせな...

続きを読む

恐ろしい内容「ヒトラーを支持したドイツ国民」 読書25

ベルリンのオリンピック競技場に行った際、昔は全部立ち席だったと聞いて驚いた。ナチの時代だ。この本を入手するのに何軒か回った。先月、みすず書房から発刊された。カナダ生まれアメリカの社会学者ロバート、ジェラテリー著、根岸隆夫訳。訳は良く読み易い。高い本だ。税抜き5200円。図書館で本を借りたことはないが、方針を変換しよう。1933年。ヒトラーがドイツの実権を得、1945年崩壊までのナチ政権のバックグラ...

続きを読む

ラクダくん

昨日、有楽町で偶然、会ったラクダくんは僕と同じ年の同じ日に結婚し、同じところに新婚旅行に行ったことを思い出した。勿論、新婚旅行先では会ってはいない。別行動。彼は背が高いが、同じ職場にいた結婚相手も背が高かった。2人の娘さんと4人の孫がいると言う。差をつけられた。一年早く入社した僕が20人くらいの新入社員教育のサブリーダーだった。ラクダくんもそのグループの一員。そのうち4名が現役の役員だ。率は異常に...

続きを読む

猟師の火薬入れ5

ここ2回ばかりこういう素朴な火縄銃装具を見つけて、逃している。1回はマコトさんが持ってが、彼がいなかったので、ぐるりと回ってきたら、外人が買って行ったと。もう1回は先回の平和島、「猟師のものだね」と言ったら業者が「だから高いのさ」と会話が合わず。でも沢山持っているし、まだ見つける自信はある。この装具の面白いのは、ひとつの木から作った口薬入れ(発火薬入れ)だ。蓋、台、容器が一体なのだ。火薬入れも面白...

続きを読む

火縄銃の銃腔内

殆ど、古い前装銃は発見されたとき、外はあまり錆びてないが、内部はこのような状態で、凸凹になっている。多分、製造のときの巻き張りの跡ではないかと思うが。このような状態では、勿論、射撃は出来ない。弾丸の大きさも決まらず、装填もできないからだ。この凸凹は普通のブラシでは取れない。まずは銃身の後ろを締めてある尾栓を開けて、後ろからかなり硬い金属のブラシで擦っても、滑らにはならない。リーマと言う錐を通すより...

続きを読む

ラクダ君に会った。

有楽町の三省堂で本を買って出たら、会社の一年後輩のラクダ君に会った。時間があると言うので、映画「バンテージ・ポイント」を一緒に見た。あの広場のシーンはCGかねと言う話になったが、テレビを担当していた彼も分からないと。ヘリが道路に着陸するシーンは実写だった。映画は面白かったが、最初に最後が分かる単純な筋。それから一緒に食事した。僕は、白金高輪に自転車を置いてあったので、そこからクラブのジムへ。家に帰...

続きを読む

サイト(照星)はかしめ留め。

日本の古銃の特徴のひとつは照星、照門にあったことは以前も書いた。銃身や銃身と台を留める輪についてないのだ。また洋銃のように銃身に溝を掘り横から挿入してあるのでもない。この銃は照星(フロントサイト)が欠落している。多分△型のものだっただろう。確信はないが、大体この手の銃はそうだ。その跡を見ると分かるが、銃身に掘り込みがあり、そこに照星を入れ、横を叩いてかしめてあったのだ。照門(リアサイト)も同じ作り...

続きを読む

「これでも朝日新聞を読みますか?」 本24

サンケイの政治部にいた山際 澄夫著、2007年12月、WAC刊。朝日新聞はもともと読んでない。家で取ってなかったのだ。親父が朝日新聞嫌いで、僕も朝日はスポーツ紙より悪いと思っていたから、仕事上の付き合い以外は何もなかった。子供にも読ませてない。残念ながら仕事上は目を通さなければならなかった。だけど、学校で「天声人語」の感想を書けみたいなことがあり、どこかから切り取ってて来て書いた覚えがある。親父が...

続きを読む

江戸の運送

江戸の町、150年程前の運送は水運だったそうだ。町中に水路が通じていて、物資は船で運ばれたと。土浦藩の鉄砲のことを研究していた時、藩下屋敷(倉庫みたいなところ)に射場があったと。それは、この古川の直ぐ先だった。今はモトローラが新社屋を建てている。この川ももっと縁が低く、船着場があり、江戸湾から入って来た小型船が屋敷の前につけられてのだろう。だから土浦の米や、一貫目筒みたいな大砲のような鉄砲も持って...

続きを読む

シャンテシネと「ノー・カントリー・フォ・オールド・メン」

「シャンテシネ」ここは僕が恐らく一番映画を見るところだ。今朝は「ノー・カントリー・フォ・オールドメン」を見て、射撃大会に必要なものを御徒町に仕入れに行き、また午後、ノラ・ジョーンズの「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を見た。ゴジラのある広場の景色も好きだ。大昔、右手には「アニー・パイル劇場」があった。パイルは沖縄で殺された記者だったそうだ。オスカーの「ノーカントリー」は、若い頃、撃たれて、半身不随にな...

続きを読む

本当に政権を変えたいのか日本のマスコミ

騒乱や混乱はマスコミの「飯の種」であることには古今東西を変らず間違いない。戦争、災害は一番喜ぶ。日経、NHK,朝日はもう解散モードでずっと来て、安倍内閣崩壊に成功した。3月27日号「週刊新潮」「週刊文春」、両誌とも「脳死状態」という表現を使い、福田内閣の総辞職、解散は時間読みと言う記事を載せている。(他はろくでもない、小さなゴシップの羅列で明らかに取材、編集の手抜きがみられるが。)ちなみに台湾の総...

続きを読む

台だけしかないのがおしい火縄銃その2

この火縄銃の台、ふたついつ頃からもっていたか。探してはいるが、絶対に合う銃身は出て来ないし、登録も取れない。農家の庭先に長い鉄棒、適当に錆びて古色が出ていたのを見た。貰ってきて、切って、この2挺の模擬銃身とした。勿論、発射機能はなく、単なる展示物だが、遠目にはそれらしく見える。台とカラクリは完全なのだ。特に一挺は、写真下の方は、カラクリがとても長く二重ゼンマイで珍しい。引き金がとても手元にある。ど...

続きを読む

端午の節句

昨日は結局、阿武隈を出てのは10時になり、家に帰ったのは午後1時だった。荷物を降ろし、片づけてから、クラブのジムに行った。外人がマッサージチェアで「相撲」を見ていたので「デブのフェイクゲームを変えて良いか」と聞いて、チャンネルを女子プロにした。さくら、17番のティーグランドで一瞬緊張が揺らいだ表情があった。18番に来て、結局あの結果だ。プロの世界は恐ろしい。屋外プールは被いされ、暖めている。今週は...

続きを読む

ガス屋の松永さん

今朝は東京に戻る準備をしていた。昨日、電話したら下からプロパンガス屋の松永さんが来てくれた。ガス以外にも水道も見てもらっている。寒いと外の水道は「水抜き」と言う栓にしておく。でないと凍って破裂するからだ。村でもひとり暮らしの男性の家2軒で水道が使えなくなり、小川で食器を洗っているそうだ。その栓の具合が良くない。いずれにせよ、この秋までに調整してもらえば良いので急がないと言っていたのに、今朝、もう来...

続きを読む

とても良い銃床だったので模擬銃身を作った。

松本の骨董屋が持っていた。パトリックと平和島に行った時だ。あまりに良い火縄銃の木部とカラクリだけだったのでうなった。長さは1mくらい。多分、六-八匁の立派な筒だっただろう。この骨董屋は真面目な人だ。松本の旧家にありました。銃身は探しに探したのですが、金属供出に出したのか見当たりませんでしたと。台の先には赤漆で2本の線が入っている。何かの合印だろうが、立派な武家のものだっただろう。それで近所の鉄工屋...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ