FC2ブログ

記事一覧

アメリカ事業50年間の「ラスベガス観」

昨年7月、アメリカからの引越しで世話になったエンドウコーポレーションの遠藤 継雄会長だ。以前はニューヨークで、遠藤運輸社長をされてた。同時に現地の三田会会長だった。今日の昼、恵介先輩とご馳走になった。同氏は現在はロサンゼルスに居られるが、日本にも時々来られる。50年間、アメリカで仕事をされた。しかも運送業をと言うのは、なみたいていな覚悟では出来ない事業だ。様々な話題が出たが、今日、聞いた興味ある話...

続きを読む

九九式軽機関銃の銃身接続

この接続方法は日本独特なものだ。1930年代後半、名古屋工廠で開発されたと思われる。クサビを使うのだ。画像のボルトの先の部分。九六式軽機からの改良点の一つだ。左からボルトを締めていくと、銃身と尾筒(レシーバー)の接続が常時固い。これは九六式の半月型の柄(レバー)を使う方式、チェコ機銃の凸凹を90度違いに入れて接続する方法などより使用による磨耗に圧倒的に強い。ヘッドスペース(弾丸の入る部分とレシーバ...

続きを読む

今年の残り、幾つかの不安材料

今年も3分の1が過ぎた。多くの人のアセットは塩漬け状態にあるが、単なる経済だけの問題ではない。石油価格は冬には150ドルを越えるだろう。税金に関係なく、全ての石油製品は上がる。穀物価格、その他資源価格は上昇し続ける。選挙で自民党は負けるだろう。しかし民主党内閣の元では、混乱は拍車を掛けられるだろう。株価やドル価は下がったままだろう。日本の輸出に陰りが出る。大きな地震があるかもしれない。ワールドカッ...

続きを読む

昭和の日と「日の丸」の旗

今日が「昭和の日」になったのはいつか。すっかり昭和は遠い時代になってしまった。昭和の最期の年、1989年はバブルの終末。しかしそれに気が付いていた人は少なかった。まだうかれてた。昭和は1926年から1989年までの実質62年間で、日本は軍国主義から民主主義にジェットコースターのような歴史を歩んだ。戦前の人はさぞ、困惑しただろう。経済的には恐慌で始まり、バブル崩壊で終わった。戦争があった。250万に...

続きを読む

ロゴを真似している「映画泥棒」

映画を見に行くと、トレラー的に映写される「映画を不法にコピーすると、1000万円以下罰金、10年以下の懲役、警察に通報します。」と言うフィルム。確かに映画の不法コピーは中国などでは組織的に行われ、ソフト業界では頭の痛い問題だ。しかしこのロゴ、どこかで見た記憶があると思っていたら、オードリー・ヘップバーンの「おしゃれ泥棒」の邦題を真似している。この映画は1966年「ハウ・ツゥ・スティール・ミリオン」...

続きを読む

茄子環を使ったスリング(負い帯)

日本軍は軽機、自動短機関銃そしてそれらの装具に「茄子環」と言う金具を使用した。野菜の茄子に形が似ているから、そうよんだのだろう。軽機など10kgくらいの銃に付ける負い皮(帯)と、一〇〇式短機関銃、弾薬150発入れ収容嚢、弾倉入れなどに使用した金具は厚さが異なる。この九九式軽機には厚い金具と尾錠(バックル)が付いているが、帯の布はあまり厚くない。皮革の場合は小銃よりかなり厚い、長いものだ。しかも布は...

続きを読む

こういう時代に「良いこと」を言う奴は偽善

多分、今の世は、「人の言葉の裏には本当のことが隠されている。」「立派なことを言う人に気をつけろ。」だと思う。日本の社会、経済の現状をみると、八方塞がりだ。良いことを言える訳がない。少子高齢化は進む、都市への極端な集中。資源は食料も含め高騰している。これで輸出先がこけたら、どうなる。あのトヨタですら生き残れないだろう。さらに北の核をはじめ解決できてない国際問題。増える犯罪。年金問題。何よりも「財源」...

続きを読む

マニオンオークションハウス小切手と孫

午後、1000m泳いで戻ったら、娘と孫が来ていた。娘が郵便受けからテーブルの上に置いた郵便物にマニオンの封筒があった。開けたら、小切手。昨年来、溜まっていた払いの一部だが、まとまった額だ。この孫が生まれた日に見にきた人が家を買った。(あのサブプライムの逆風の中)こいつは何か僕に良いものを持って生まれてきたようだ。夕食の間は寝ていて、起きてきたら、なかなか元気で、機嫌が良い。今夜は泊まって行くと言う...

続きを読む

九九式軽機の眼鏡

九九式軽機(九六式も)には、銃の右側にクランク状(プリズムを利用した)の2・5倍の照準眼鏡が装着された。しかし、銃の右には二つの蓋が出る。上の開いている蓋は、弾倉口に使用しないときに塞いで置くものだ。これは使用時には開いたままになる。この画像では弾倉が装着されている。下の横にある閉まったままの蓋は排莢口の蓋だ。九九式ではこう棹(ボルト)を引くとバネで開く。(九六式は空薬莢が飛び出るときに空く。)眼...

続きを読む

民芸品の火薬入れと価格

モノを収集する趣味はまずは子供の頃からいろいろあろう。インターネットはその趣味の拡大にとても貢献している。昔は骨董屋とか、骨董市に行かなければ、何があり、幾らくらいか、どういう人が収集しているか、分からなかった。今は、ネットオークションを見ると推定できるが、残念ながら他の収集家や、売り手の顔を見えない。こんなような品でもネットオークションなら値が付くだろう。火薬入れを集めている人がいるからだ。左は...

続きを読む

映画館

シヤンテシネをはじめ有楽町で映画を見ることは何回か書いた。どの映画館も、スクリーンは明るい、音響、シートは良く、快適だ。一昨日は、シャンテでダニエル・ディ・ルイスの「ゼア・ウィル・ビィ・ブラッド」を見た。タイトルは訳しようがないので、英語のままだ。多分、聖書にあった言葉だろう。20世紀初頭の石油を掘るシーンが素晴らしい。井戸、道具、バレル、労働者たち。手を抜いてない。昔、オクラホマを舞台にした石油...

続きを読む

花嫁の伯父

従姉妹の娘が連休の頃、結婚すると母から聞いていた。妻に祝いを用意して貰い、そのままになっていた。今朝から母に託そうと連絡したが通じない。一緒に住んでいる弟の嫁に電話したら、今日が結婚式で、今披露宴の最中だと言う。会場のホテルはミッドタウン、幸い家から距離はない。午前中、礼拝に行ったままで、「スタンフォードレデイス」を見ていたので、そのままマリーンに打ち乗り走る。右足首にはテープ。もう昼の披露宴も終...

続きを読む

九九式軽機関銃のガスレギュレター(規制子)

日本帝国の機関銃はガス圧利用式が多くしかもそのガス圧を必ず調整した。開発者の南部氏がそういう考え方で、部品の数は多くなるが、規制子をつけた。規制子はガス筒の前にあり、5段階で銃身から抜けるガスの量を調整した。画像の真中の丸い環になっている部分がそうだ。これをまわすとガスの抜ける量が変る。発射で、汚れてくると抜けるガスを多くした。はじめから多くしておくチェコ機銃、BAR(ブローニングオートライフル)のよ...

続きを読む

成功だったのか長野聖火リレー

イベントの性格上、成功とは思わないが、北京五輪は成功しなければ困る。これはもう今の現実だ。これだけははっきりしているが、出来レースでメダル数は中国が圧倒的に占めるだろう。覇権国家の性格上、オリンピックを最大限に利用するつもりだからだ。平和祭典オリンピックを自己宣伝に最大限利用した大先輩にヒトラー総統もいた。いま誰もこんなことを言わないが、東京も1940年大会招致でこれをやろうとした。アメリカにいた...

続きを読む

小型の火薬入れ3種

小型の火薬入れで、火薬はせいぜい10-20発分くらいしか入らない。火縄銃や、管打ち銃、前装銃での猟では恐らく一日、10発も発射することはなかったから、火薬が湿気ることを考えるとこのサイズで十分なはずだが。猟に行けば、雨にも合う。左の櫻の皮を巻いた箱状のものは7x7cm。山形の方では下級武士の内職としてこういう細工で様々な小物を作ることが流行ったそうだ。見かけより凝っている。真中の、長門という紙紐を...

続きを読む

高級ホテルもテロ以上の警戒だろう硫化水素自殺。

考えられなかったことが起こる。「硫化水素自殺」はインターネットのせいだ。知らない間に流行になってしまい、この都心の高級ホテルでも発生した。ホテルが蒙った損害は甚大なものだろう。硫化水素は火山ガスで有名だった。たしか、温泉客や、登山者が被害に会い、大騒ぎになったこともあった。これが、入浴剤に含まれる硫黄と、洗剤を合成して簡単に発生できるなんて。無色気体で、空気より重く、肺に障害を与えるから始末に悪い...

続きを読む

函館戸井のマグロ丼

函館空港で一昨日、時間があった。それで空港最上階のレストラン、和洋中何でもあるで、また飲み、食べた。戸井マグロ丼、1800円を夕食に食べた。画像、左はメニューの写真。戸井は函館の町からほど遠くない、亀田半島の先端、青森の下北半島を望むところ。戸井マグロ漁は20艘の船団を組み、津軽海峡に出て、電気ショックでマグロを仮死状態にしてあげるので、美味しいという説明がレストランの入り口に写真入りで出ていた。...

続きを読む

九九式軽機の提把(提げ手)

10日、早稲田大学材料工学技術研究所で、日本銃砲史学会例会の講師になる。今、その準備をしている。Nさんが、僕の出来ないレジメ部分を手伝ってくれている。一応パワーポイントにする。テーマは「日本への機関銃導入」を「第二の鉄砲伝来」に例えての話だ。この九九式軽機、7・7mm無稼動を持っていくつもりだ。この九九式軽機は昭和十八年三月の製造だが、銃身は十九年製がついている。銃身は交換するから、新しくなったも...

続きを読む

弘兼 憲史のビジネス書

先日、本屋の店先で見た。全12巻で、大体3種の内容に分類できる。①経済知識全般。②管理・会計など会社知識。③一般作業の効率化。中を覗いてみると、例のサラリーマン漫画を使い、分かり易い。しかし内容は初歩的だ。新入社員を対象としていると思われるが、キャラクター、筆者からするともっと広い層か。特に③では、ビジネスマナー、手帳術、企画書の書き方、ビジネス整理術、ビジネス文書、時間活用術、企画プレゼン。などで、...

続きを読む

散弾入れの皮袋の付いた火薬入れ、玉入れ

火縄銃、火打石銃、そして初期の管打ち銃などの前装滑腔銃は、丸球でも散弾でも装填できる点だ。猟に出れば、獣は丸球、鳥は散弾と目標に合わせた。この火薬入れは先日紹介したセットのものと同じような裏皮を使ったもので、高さ10x幅10x厚さ3cmの大きさ。これに2匁半ほどの丸球を収納する皮の玉入れ。口に玉が一発づつ引っかかる方式。長さ25cm。長い玉袋の理由は、帯に挟んだからだ。玉は挟んだ上に来ても、出し口...

続きを読む

新鮮な食材を楽しむ。

昨夜の函館は雨も上がり暖かかった。3人で夜は歩いて繁華街に繰り出し、「海がき」と言う居酒屋に行った。しばらくすると客で一杯になった。これは「シマホッケ」の片身、その他、活イカ、ウニ、ソイ、アブラコさまざまな刺身に、ミンク鯨も食べ、生ビールに始まり、千歳鶴新酒、奥利尻の磯のりのおにぎりなどで夕食。アスパラも、ジャガイモ塩辛も食べた。またぶらぶら歩いて帰った。東京で食べる分には松勘みたいなところをのぞ...

続きを読む

津軽海峡春景色

少し季節は早いが妻とF夫人と3人で、函館に行った。昨日は街の近くの山岳コースを雨のなかで周り、市内の温泉に泊まった。今朝は快晴だが、雲が出たり、風が吹いたりで、午後本格的に良い天気になった。今日のコースは「函館シーサイド」。リンクスかと思ったが、行ってみたら、山の上だった。しかし、芝は違う。北米のようなねっとりした濃い緑だ。そして高いところでは津軽海峡を見渡せるのだ。春、うらら暖かく、妻は再び花粉...

続きを読む

「百人町鉄砲組」の泉さん来られる。

泉さんは新宿、大久保、今は外人の町になりつつあるが、「百人町の鉄砲組」の責任者だ。百人町は江戸初期、江戸城を守る伊賀の鉄砲隊が配備され、皆中神社に江戸期からの資料が残されている。それらを元に名和 弓雄氏が40年ほど前に、この保存組織を作られた。戦時中、B29が近所に墜落し大火事があったにもかかわらず、資料は守られた。また江戸期の射場が、明治に陸軍の演習場に、その後、なぜかロッテ工場になった。2年に一...

続きを読む

90式戦車回収車と夜間訓練

日本の主力戦車90式戦車が戦場でかくざした際に回収し、エンジン交換などの作業をするための車両だ。乗員は4名。重量50t、全長9・2m、幅3.4m、高さ2・7m、最高速度70km、エンジン1500馬力だ。巨大なものだ。武装は敵の戦闘車両用に12・7mm、M2機銃が一挺装備されている。ブローニング・50口径だ。(ドンドンドンという腹に響く発射音をたてる。)福田司令と夜間戦闘の話をしていたら、このような回...

続きを読む

「パットの神髄」青木功著 本30

アメリカにいた頃のゴルフ、例えば昨年までの今頃、週に4日、午前中は「サイロ」と言うコースでプレーしていた。パットが入らない。下手だった。一昨年、ピーターと言うプロのレッスンを受けた。彼は距離感を大切なポイントとして言った。青木は僕が’90年代、アメリカで一番尊敬していた日本人プレイヤーだ。シニア競技で賞金を稼いでいた。勿論、彼は’70年代、日本人として活躍した人で、そのパット技術は国際的に有名だった...

続きを読む

長時間労働では欝病にはならず。逆です。

東芝さんお気の毒に。昨日の判決。元従業員の女性に、長時間労働をさせて、彼女が欝(うつ)になり、さらに「長期間休んだ」そして解雇したのは無効という内容。僕が社長をしていた経験では、「逆だ」と感じていた。まず欝か、やりきれないことがあり、それで長時間労働になる。身体は机に張り付いたままだから、健康には良くない。人付き合いや、人間関係も悪くなる。こういう悪循環の例は頻繁に見た。心身ともに健康でなくなると...

続きを読む

蓋に特徴のある火薬入れ、玉入れのセット

箱型の火薬入れだ。火薬入れには、幾つかの定番形状があるが、箱もそのひとつだ。高さ9x幅6.5cmの木製の箱、蓋は竹製、口薬型に上に二つの穴をあけて押さえる仕組み。平行がとれる利点がある。上が開いて、そこから火薬を補填する。厚い皮革の玉入れは長さ11cmで、これもなかなか良い。この二つは、樹木の節かカブを利用して使い込んだ根付に付いている。猟師用の味のある民芸品。...

続きを読む

ミリショクを食べるその2

先日の武器学校。福田司令等との昼食はVIP室のようなところでとった。入り口を入ると、右に帽子置き場、正面は手を洗う洗面台ふたつ。中のテーブルはとても大きい。この日は4人だったが、20人くらいにまで対応できる部屋だからだ。従って、向かい合っても2m以上。これが、名物「ポークカレー」だ。でかい皿だ。メニューが置いてあった。サラダ、温泉卵、果物(イチゴとオレンジ)が添えてあった。ポークも沢山入っていた。飯...

続きを読む

作り瓢箪の火薬入れ

火薬入れのコレクションもそろそろ終わりになってきた。これはなかなか大型な猟師用火薬入れで、材質は竹、木と紙だろう。漆で固めてある。本体高さ17x最大幅9x厚さ4cm。蓋は長さ75x直径14mm。平たい、瓢箪の形にしてある。何度も書くが瓢箪の形は、くびれを帯などに挟める、紐が掛けられる、内部の火薬がどばっと一度に出てこない、などの利点があった。大きな計量を兼ねた蓋は、内部に紙が詰まっていて、火薬の量...

続きを読む

神谷君勝てず。

昨夜は、協栄のイベント、「ガッツファイティング」にスーパーフライ級8R戦に出場する「ハヤブサ神谷」の応援に行った。武器学校からの帰りは韓国大統領訪問の通行規制の合間を縫いとても早く戻れたので、時間の余裕はあった。夕方の後楽園は、相変わらず大勢の人間が行き来していた。画像は東京ドームホテルの咲き始めたつつじ。季節はいつの間にやらまた変った。試合前、ミット打ちする神谷君を下で見た。相手は協栄の白石 豊...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ