FC2ブログ

記事一覧

買う価値も読む価値もない「週刊新潮・週刊文春」

昨夜は少し遅く、妻と出て近所の「たんめん」屋に行った。ここは随分昔からある店だが、開店が遅いのだ。深夜までのシフトらしい。それで食べたことはなかったが、なかなかそのマニアには有名なところだ。果たして美味しかった。帰りにコンビニで週刊誌を立ち読みした。前日発売の、両誌だ。殆ど売れてない。例の「江東区女性失踪事件」のところだけで比べ内容を読んだ。両誌とも取材力が無いにつきる。各々2-3ページのありきた...

続きを読む

これが一般のミリター食事

木曜の昼に陸上自衛隊武器学校でいただいた昼食だ。内容は、ご飯(これは良い米)、カツオ煮、ガンモ、ほうれん草、きゅうり大根のあさづけサラダ、味噌汁、それに果物ヨーグルトだった。カツオは煮ると固くなるが、カツオブシ、生ブシにみたいに、味は出る。大きな切り身だった。ご飯も僕の量にしてくれていたので、朝からの作業の後でもあり、朝もしっかり食べてきたが、全部平らげた。正直、美味しかった。野菜はあまり食べない...

続きを読む

スイカや野菜の賞品

妻たちは大喜びだった。昨日は、曇り空、風があり、気温は低かった。エフ夫妻と4人で、「シニア、レディーズ杯」に参加した。僕もエフさん夫もグロスは良くなかったが、大叩きしたところが隠しホールで、エフさんが5位、僕が7位だった。エフさんの賞品は「野菜の詰め合わせ箱」、僕は「スイカ」だった。いずれも千葉産のフレッシュなものだった。妻たちは大喜びだ。早速、ゴルフ場で切ってもらい、袋詰めを頼んでいる。僕らは妻...

続きを読む

「三十年式装具」について書いている。

中国への空自派遣の件、ニュースを見た時、驚いたくらいだから、キャンセルになっても驚かない。しかし話があっただけでも大変だ。四川の現地の様子を見る限り、取材できているところはまだましなところだろう。テントなどはお安い御用で、できるだけ送ってやるべきだ。中国国民の不満が爆発することが、共産政府の恐怖でもあろうが、隣国日本にとっても良くないことであることは言うまでもない。さて、8月の銃砲史学会で、「三十...

続きを読む

武器学校技術資料館での作業

陸上自衛隊武器学校にはさまざまな貴重な資料がある。それらを系統的にまた技術的背景を説明しながら、展示する、その内容の選択、手入れの作業に掛かった。一昨日、昨日は、小火器館で、火縄銃、気砲、幕末銃の選択と手入れの手伝いを、2人の隊員の協力を得て行った。2人の隊員は武器技術作業のプロだ。次々と10挺ほどを展示できるまでにした。まだ細かい作業はあるが。ここには世界の重機関銃、日本の航空機搭載機銃(エアク...

続きを読む

三十年式装具を付けた日本兵とロシア軍俘虜

コリアーアンドサン社の日露戦争写真の一つだ。3人の日本兵(すこしだらしないが、後方勤務か)、「ロシア負傷兵に付き添っている」と言うキャプションが付いている。小銃は別なところに置いてあるようだが、弾薬盒には弾薬が詰まっている。ロシア兵はストレッチャー(たんか)に載せられている者も。夏の写真だ。第一次大戦のドイツ兵俘虜は4700名いたそうがが、日露戦争のロシア俘虜は何人いたか、検索したが出てこない。(...

続きを読む

国産新ジェット機は飛ぶか。

三菱重工が中型旅客機を開発しているそうだ。と言っても就航にはまだ数年掛かる。しかし全日空が採用を決めたので、プロジェクトはゴーだそうだ。航空機の形はほとんど決まっている。昔、先端尾翼の機体を操縦したことがあったが、航空機はやはり、胴体に主翼、主翼にエンジン、後ろに垂直と水平の尾翼。これが基本形だ。三菱の新型機は、ビジネスジェットを大きくしたような洗練されたものだ。鍵は素材だ。カーボン、新藤博士開発...

続きを読む

60式106mm無反動砲を陣地に

誘導兵器に取って代わられるようになりつつあるが、軌動車に搭載された106mm無反動砲2連を、弾薬箱の空き箱と数多くの砂嚢で作った陣地に配備してある。陸上自衛隊武器学校の屋外展示物だ。元はウイリスジープに載せて、走りまわりながら、対戦車攻撃を行うことを目的に開発された。これはキャタピラのついた自走砲で、砲の高低が調整できる。高くして、発射しては、低くする。この陣地、良く出来ている。横に74式戦車が来...

続きを読む

空自のC130が中国に飛ぶ

昨夜、ホテルに戻り9時のニュースを見ていたら信じられないようなニュース。四川省大地震の被災者救援に、日本国自衛隊のテント、毛布を積載し、C130輸送機で直接現地に搬送するとのこと。今までの経緯からすると「飛躍的」かつ実質的なことだ。航空自衛隊は1984年来、16機のC130輸送機ハーキュリーズを運用し、イラクにも行っている。C130は開発されて時間がたっているが、航続力もあり、20トンの積載力、ターボプロップ...

続きを読む

日本はアフリカ大陸を救えない!

横浜のアフリカ開発機構の会議に力が入っている。昨日は大勢のリーダー達が総理を訪れた。しかし昨日も書いたが、日本にはアフリカは救えない。トットちゃんでもツタヤでも無理だ。「アフリカは複雑だ。」1980年代、半ば頃まである自動車会社の広告の仕事をしていた。若い人間を出張させたりした。マーケットを勉強、研究した。おかしくなったのは80年代の終わり頃。大陸で、突然20くらいの戦争状態が発生し、人々が殺しあ...

続きを読む

ジョージ・ソロスが言うから石油は暴落する。

石油が100ドルになる、150ドルを越える、は今まで何回か書いたテーマで、この予測も残念ながらあたりそうだ。日本が画期的な新燃料を開発しなければ、穀物にまで波及した。このままでは世界経済は成り立たぬ。しかし、小さな記事だが、ソロスが「今の石油はバブル、絶対に近く崩壊する」と言った。ソロスは現在世界経済を一番理解している人だ。これは心強い発言だ。石油をデリバティブにして投機が進んでいるのは明らかだ。...

続きを読む

鳥インフルは生物化学兵器か?

政府は現在、日本の一部の医療や警備、防衛、空港関係者のワクチンを用意しつつある。しかし、全ての国民分も用意しようと言う案が持ち上がっている。ここのところ、僕の悪い勘は当たるが、今度の冬あたりは危ない。東京のような国際都市は完全なる防災は難しい。国民全員ワクチンを接種さすのには賛成だ。この対策は珍しく、自民、民社両党が歩調をそろえている。彼らには怠慢な日本のマスコミ知らぬ何らかの情報が入っているはず...

続きを読む

僕の安心、トンカのおもちゃ

今日は何もしない日だった。TACに行って、ゆっくりと1300m泳いだ。1時に妻と娘が孫を連れて合流した。のんびりと、ハンバーガーを食べて、ビールを飲んだ。それから孫をプレイスペースに連れて行った。このクラブは若い外国からの派遣員が多いので、幼児を預かったり、遊ばせたりする施設が多い。この場所は、10畳ほどの部屋で、靴を脱いで入る。親たちは入っても良いし、上からものぞける仕組みだ。中にはレゴをはじめ幼...

続きを読む

アフリカとは距離を置くのが良い。

ニューヨークに暮らしていた経験。それ以前、アフリカの仕事をした経験。狭量かもしれないが、日本、日本人はアフリカと「距離を置いた」ほうが懸命だと思う。アフリカの現状はそんな生易しいものではない。日本人の想像を絶するものではないか。トライブ間の虐殺。どのくらいの人間が同じアフリカ人により殺されているか。疫病と餓峨。日本の手に負える、もしくは貢献できるような種類、規模のものではない。話は違うが、ニューヨ...

続きを読む

「ハイチャア」を組み立てる。

また育児だ。時々、来る孫のために、ベット、クレンドル、そして今度は妻がハイチェアを注文した。クロネコの濱野君も不思議に思っているだろう。僕らの子供達を育てたときは安物の鉄パイプのもので、3人の子供に使いまわした。今度は木製の立派なものだ。また当時は「ハイチェア」と言う呼び名は一般的でなかった。昨日は小名浜でゴルフをして帰って、夕方、組み立てた。帰りは向うで食事をして、風呂に入ったが、常磐道で眠くて...

続きを読む

ロシアの野砲

今日は103年前、対馬沖で日露の大海戦が行われた日だ。日本の砲撃技術が勝っており、初期の段階で、命中率、破壊率が圧倒的に日本側が高く、次々とロシア艦艇は戦闘力を失った。一方、地上での砲の力はどうだったのか。アメリカのコリアーアンドサン(Collier &Son)社のA3版の「ロシア・日本戦争」写真史127Pと、「コリアー・フォトグラッフレコード・オブ・ロシア・ジャンパン・ワアー」横一255pにかなり詳しい武器の写...

続きを読む

おかしくないか、40日間も経って江東区女性失踪事件。

先月18日に江東区の共同住宅から女性が行方不明になったことは、4月21日日曜に書いた。理由はNHKテレビを見ていたら、1時間くらいの間に4回、同じ男が出てきたのだ。マスコミはこの男に異様な関心を示していた。僕は「この男しかいない」と直感したが。状況証拠では「犯人はこいつしかいない!」と言う、過去、幾多となくあった冤罪のケースになってしまう。そういうことか、彼はマスコミから一旦消えた。ニュース自体が報...

続きを読む

今週は忙しい。

いよいよ夏だ。今週は夏の開始。今日、福島の山荘を出る。小名浜でゴルフをして東京に帰る。28日ー29日は陸上自衛隊武器学校技術資料館の仕事。説明文の案をお持ちして、展示計画を打ち合わせる。1泊する。30日は藤原のお父さん夫妻と、妻4人で、ゴルフ場の「シニア女性杯」コンペ参加。27日は文案の最終チェック。29日はボクシングクラブで中村と会う。練習をつけるわけではないが。そして5月は終わり、6月だ。さて...

続きを読む

金属に関する良い本はない! 読書#40

身の回りにある金属、人間の文明を形成する重要な物質だ。その内容を知りたいと本を探していてが、どうもこういう課題に関する良い本はない。「金属とは何か」洋書。文明を支えた物質。サビッキーとクリチャコをいう2人の学者の共著。金属の物質としての強さ、文明の基礎をなった経過を書いているが物足りない。「工芸家のための金属ノート」鹿取 一雄著、金属、合金、、溶解と鍛造、具体的な使いかたに言及した実用書。いろいろ...

続きを読む

日本の運命を変えた103年前の明日、5月27日。

これほどドラマチックな世界史上の一日もなかった。世界中が、日本の対馬海峡を通過したバルテック艦隊と、東郷司令官指揮する日本艦隊の対決を固唾を呑んで注目していた。日本連合艦隊は、「敵艦見ゆ」の無線連絡を受け、出動、その結果はご存知のとおりであった。バルテック艦隊のほんの数艦がウラジオストックに逃げ込んだだけだった。まさかこんな結果になるなんて。ロシアから半年かけて襲来した大艦隊は数時間で壊滅した。そ...

続きを読む

山荘の草

ほっておくと、夏には1mくらいまで延びて、「夏草や つわものどもの 夢のあと」の光景になり、勿論、なかには入れない。これから10月までは毎月、僕の訪問前に、タケちゃん夫妻が念入りに刈ってくれる。彼らが忙しい時は、家と倉庫の周りだけ。猪狩のばあちゃんは、一昨日と昨日、3日間の乾燥した天気ですっかり乾いた刈りとった草を10個くらいの袋にまとめた。夕方、婿が軽トラで取りに来た。牛の冬のえさにするのだ。今、...

続きを読む

103年前の今日。

日露戦争後半、ロシアは思い切った作戦に出てものだ。欧州のバルテック海の大艦隊を、喜望峰周りで日本海に送ったのだ。およそ半年掛かった。今日は、朝鮮半島南側に集結していた日本艦隊に動揺が見られた日だ。バルテック艦隊はウラジオストックを目指すとされていたが、そのルートが判明できず、対馬海峡でなく、宗谷海峡に向うのではないか、との疑惑がわいて、迷いが出たのだ。いつも言うが日本列島は、卍の片側だけの形、東西...

続きを読む

僕のブローニング・30口径1917年機銃

ジョン・ブローニングが第一次大戦に間に合わすべく開発したアメリカオリジナルの機銃だ。勿論、無稼動で、アメリカで購入し、オフィスに飾ってあった。社員に嫌がられた。苦労して日本に持ち帰った。研究素材としては申し分ない存在だ。この機銃ほど、「アメリカの合理性」を証明した兵器はない。反動利用、空冷、ベルト給弾方式。銃身交換は空冷用のジャケツトの前部を外し、銃身を回して行う。装填は尾筒(レシーバー)の上部の...

続きを読む

死んだ蛇も怖い。

今朝、釣りに出ての帰り、道路に引かれたばかりの蛇が横たわっていた。まだフレッシュだった。しばらくするとカラスとか、ほかの動物に持って行かれる。怖いもの見たさに、車を停めて、写真を撮った。裏返っているが、表は意外に綺麗な緑色の模様。何という蛇なのか、体長は1mくらい。死んでいても怖いから、生きている蛇はもっと怖い。...

続きを読む

従兄弟が来て、半世紀ぶりに遊んだ。

お互いに年を取ったが、ここで共通の趣味、渓流釣りというのが現れた。家で一休みする間もなく、2回釣りに出た。最初の渓流では僕は5尾イワナを。彼は仕掛けが合ってなく成果は無かった。家のもどり、この地でとれた蕎麦と野菜天麩羅の昼食を食べた。一休み。猪狩のばあちゃんがうちの敷地の刈り取った草が乾燥したので、集めに来た。牛のえさだ。須藤のばあちゃんも一緒にいた。2人は姉妹で、この家から嫁にいった。西、東、3...

続きを読む

「自由のための日本の戦い」日露戦争

3年前、このブログを立ち上げたのは、5月、日本海海戦100周年に合わせて、100年前の毎日の動きを僕が収集した欧米の文献から追ってみたのがその理由のひとつだった。例えば、103年前の今日は、日本はせまりつつあるバルティック艦隊の動向がまだつかめず、明治天皇をはじめ国民全員が気をもんでいた。日本未曾有の危機だった。100年も経つと国民に知識、関心も無くなるが。日本は英国と同盟を結んでおり、欧米の観戦...

続きを読む

従兄弟が来た。

従兄弟が釣りにやってきた。同じくらいの年代。理科系で技術の会社に勤めていたが、今はさすがに引退。釣りが好きだと言う。知らなかった。従兄弟と言っても一緒に遊んだのは、10歳くらいまでか。叔父一家が青山にいて比較的、近かったが、国分寺に引っ越してから今まで殆ど、葬式くらいにしか会わなかった。今朝、やってきて、早速、渓流に行った。後姿を見ていると叔父にそっくりだった。...

続きを読む

大駄作「砕かれた街」ローレンス・ブルック 読書#39

彼の作品は10年くらい前からかなり読んだ。以前も書いたが、3人のキャラクターもので、独立したストリーは今まで3作書いたそうだ。意外なことにニューヨーク外の本屋にはあまり置いてないのだ。日本語訳も少ない。そのノンシリーズ3作目、原題「スモール・タウン」田口 俊樹訳、二見書房、上下2巻の長い小説だ。いつものようにニューヨークの話だ。ニューヨークは何でも「ビッグ」が付くが、わざと「スモール」をしてあると...

続きを読む

まだら模様になった山

阿武隈高原は標高数百メーターで、北だから、季節は東京より1ヶ月遅い。今朝も気温は10度以下だった。今が新緑だ。鶯の声がうるさいくらいだ。ここ何年間か、針葉樹を伐採したところをそのままにして広葉落葉樹に転換しつつある。林野庁の方針と言うが、植林するだけの費用がないのではないか。でも自然のためにはこの方がずっと良い。昨日も山道を走っていたら、突然、新緑のトンネルのようなところを通った。不気味な感じがな...

続きを読む

イワナの産卵は秋のはずだが。

昨日の夕方、歩いて行ける大貫さんの家の前で釣りをした。漁価は、イワナ2尾とヤマメ4尾だった。ヤマメは同じところには同じサイズ、と言われるように大体15cmくらいの小型ばかり。イワナの1尾は24cmあったが、腹がこんなになっていた。何か、ヤマメでも飲み込んだのか、と思ったが、どうも「卵」だ。イワナの産卵は確か、10月以降、だから漁期は9月末までとなっていたはずだが。大貫さんの家の前は、藪ととんでもな...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ