FC2ブログ

記事一覧

なぜ放置するダンプの違法走行

燃料代の高騰で運送業は相当苦しいだろう。だけど車軸破損や追突事故を起こしたら、ますます苦しくなる。土曜の午前は、ダンプカーの独壇場だった。多くの車が走り回っていた。まだ雨が降り始める前なので、どの車も廃土に被いは掛けてない。過去3年間に「飛び石」に2度当てられた。雨が降らなければ、廃土は走行中に表面が乾いてきて埃を出し、道路や空気を汚す。小石もばら撒く。雨が降るともっと悪い。土に水が浸み込み、重量...

続きを読む

見事な蒔絵の胴乱 17

元は緑色の本体に美しい草花の蒔絵が描かれていた。しかし、長い使用、特に火薬ガスの影響で、蓋の内側以外はその蒔絵も良く見えないのは残念だ。表木(薄い板)に薄い上質な皮を張り、緑色(黒に見えるが)に塗り、金で草花を描いてある。内側も薄い皮が張ってある。これは鉄砲足軽に鉄砲と同時に貸し出される弾薬盒ではなく、身分の高い者の個人用の装具だったのだろう。19x12x8cmと厚みのある箱型で、蓋を止める金具は...

続きを読む

早慶戦、慶應義塾の勝ち。

小学6年生への歴史問題。大隈重信公の回答率を、福澤先生ははるかに上回り89%の正解率だったそうだ。だけど、日本の歴史教育は偏向していて、近代、現代の内容が、軍国主義や戦争の記述がどうもすっきりしない。福澤先生は1万円札の影響が大きいと思うが、終始、民間にあり要領良く自分の主張を説いた。徳川政府の欧米派遣使節団に3回も参加していた。どういうコネを使ったのか、これで見聞きしたことが後の彼の思想の原点で...

続きを読む

「イギリス式人生」 読書 51

英国に移り住んだジャーナリスト、黒岩 徹著、10年ほど前の岩波新書発刊の本だ。彼は「イギリス式生活術」と言う題の本も書いた。英国人の生き様、社会を分析したもので、深田 裕介氏の35年ほどまえの「新西洋事情」に通ずるものがある。英国人のこだわりの生き方、エキセントリックな人間、これらを①古さこそ最高の価値。②お茶と執事。③ゴルフなどを例にあまりちゃかさずに淡々と述べている。英国人に比較すると、日本人は...

続きを読む

黒漆塗り、桔梗紋2個の胴乱 16

こういう弾薬入れは各人が作らせたのと、藩でまとまった数作らせたものがある。1個だけしか見ないものと、数個、もしくはそれ以上がまとまって存在することがあるからだ。この胴乱は少し作りは違うが他でも見た。2枚の皮を合わせて、裏と表を作ってある。一般的な大きさ、21x13x6cmで火縄銃用だ。裏に紐通しのループがある。いまどき、このように皮革に漆を塗りバッグを作ったら、やはり1-2万円では買えないが、当時...

続きを読む

量販家電店のお値段

妻のパソコン、9年間使ったバイオが駄目になった。時々、スタートしないのだ。NECの同じものを、「ジャマダ電気」と、「スモールカメラ」で見た。大型画面で白い。ジャマダは開店したばかりなので、1万円安いので、ジャマダで買った。僕はパナソニックの大きな画面のものが欲しい。ジャマダはモバイル系として小型、B版しか置いてない。スモールにはあった。今使っている、IBMT42はキーが一つ外れ、入らない。テープで止めてある...

続きを読む

どぶ川の流れ

都心のどぶ川だ。信号待ちに見ていると、左、先の方の砂州には、亀(長さ10cm)ほとが4-5匹、とそれにカルガモが近づきつつある。ハンターの目にには良く見える。カルガモはこの上流にまだ10羽ほどいる。もう住んでいるのだ。壁が高く天敵が降りてこれないからだ。どこに巣を作っているかはわからない。でも毎年数が増える。水は底が見えるほどだ。しかし上げ潮になると、汚い水が上がってくる。時々、ブルドーザーが入り...

続きを読む

世の中狭い!

昼にボクシングがやりたくて、ジムに行った。土曜は女性の日であるが、まだ時間が早いから良いかと。サトシ君がグローブをつけるのを手伝ってくれた。ユウキ君がミット打ちの相手をしてくれた。彼はプロA級だから、迫力あった。皆、良くしてくれる。そして、ハンサムな若者が話しかけてきた。「僕の父親を知ってますか?アと言います。同じ会社に勤めてました。」と。ア君、「良く知っているよ。一緒に仕事をした。」と。ア君にこ...

続きを読む

ルーターが壊れた。

NTTの光。このあたりでは一番先に入れた。その時のNTTさんの約束、セキュリティ万全なルーター、これで1年ほど前にもめた。セキュリティ契約を解除すると、一方的に5000円のサービス券を送ってきた、承知できぬと送り返した。それっきりだ。僕は仕事をしていた頃、NTTさん、東も西もクライアントだった。その時から業務上の不都合な付き合いの要求が多く、使い込みまであり、不信感はあったからだ。NTTが新しいルーター、これ...

続きを読む

愕然とした老化

昨日の株主総会で、人をみて感じことだ。 僕の話ではない。会場に入ったら、僕をNYに送り込んだトーさんという元副社長が隣に座れと言う。会話をするが、僕が言うことが聞こえてない。大声を出せば良いが、会場でそうも行かず。しかも出る時、彼は歩くのもやっとなのだ。反対の隣に座って、70年代NYでの上司オーさん。酒飲みだった。○認に近い。回答に出た役員を知らないと言った。これこれです。頭が禿げたので、分からないので...

続きを読む

昨日作られたような胴乱 15

立派な軍装品を作り、身に付ける、これは侍の時代より自己を誇示し、権威を持たせるために行為ではなかったか。侍の装具は自前で用意した。戦闘で消耗するものだから、頑丈で使いやすければ良い。こういう考え方だけではなかったことは、美術品に近い甲冑鎧、刀剣、火縄銃などを観察していて感じることである。この胴乱もとても状態が良い。皮革の品質、塗り、紐、すべて新品同様の状態であると同時に、元々品質の良いものだった。...

続きを読む

自転車のプロ

株主総会での質問では「アドレナリン」は出なかった。ジムでの会長とのミット打ちの方が興奮する。会場の出口で、昼食を約束していたケイスケ先輩を待っていたら、先輩の事務所のケー女史が、先輩は来ないと言いに来た。ニューヨーク時代の上司オンさんが出て来て昼飯でもと言うので、ホテルでご馳走になった。家に帰り、今日こそと泳ぎにでる。やはりクラブに向っていた「ママチャリ」の外人女性に途中で抜かれた。どうも自転車が...

続きを読む

株主総会で質問・発言してきた。

日本の株式会社は間違っており、株主が重要視されてない。これでは外資は引いていくわけだ。会社経営者実績は株主が評価するのだ。「しゃんしゃん」の時代はとっくに終わった。「業績は上がらない、株価は下がったまま」、では当然、株主の不満は溜まる。僕は勤めていた会社の株主だ。今朝、その「株主総会」が都内のホテルであった。僕は大きくはないが、小さくもない数の株主だ。ストックオプション(勿論今の株価より高い金額を...

続きを読む

「携帯ゴルフ」

セルフで回すところはそれなりにゴルファーのマナーに問題が出る。友の会の千葉のコースはキャディが付くのでそういことは少ない。メンバーの小名浜はセルフになった。先日、前の組、リダー格が仕事の件で、しきりに携帯で指示を出していた。だけど「僕は今日はどうしても行けない。」とゴルフに来ているとは言ってなかった。こういう組は進行が遅い。良いゴルファーだったし、皆そこそこ上手だったが、「携帯ゴルフ」が入ると緊張...

続きを読む

昨日は雨

昨日はイケさんとゴルフに行く予定だったが、天気を見て、中止した。イケさんは海上保安庁にいたので、気象学は勉強させられたのだろう。「低気圧」「前線」などから見ているので正確だ。彼はすでにバッグは送っていたので、ゴルフ場に来週まで置いておいてくれと頼んだ。それで、午前中、「インデイアナ・ジョーンズ」とシャンテで「ジュノ」をはしごして観た。スピルバーグは最近、あのオタクぶりが見れない、多少手を抜いている...

続きを読む

「湖畔ランチ」をご馳走になった。

先日、陸上自衛隊武器学校の作業に行った際に、福田学校長以下、幹部の方々といただいた昼食だ。食器の周りが水色だからか、昔からの伝統メニューで、「湖畔ランチ」と呼ばれている。武器学校は霞ヶ浦の阿見町にあり、湖畔に面している。江戸期は土浦藩だった。元は霞ヶ浦で獲れた魚類のフライが主なる副菜だったのかもしれぬ。このメニューは、混ぜご飯、トロロの汁、四角の食器に、レタス、ポテトサラダ、海老フライ、コロッケ、...

続きを読む

芦田 均著「第二次世界大戦外交史」 読書50

ひょうんなことから見つけた本だ。1959年に時事通信社(まだ元気なときだ、今は某社の株の売り買いで生きている情けないアナログ通信社)発刊のB版、箱入りハードカバー、700ページの大作だ。芦田 均(ひとし)氏は戦前は外交官、議員、軍部を批判し、戦後、わずか数ヶ月だが内閣を率いた。1914年、モスクワに駐在し、「革命前夜のロシア」と言う著作もある。ソ連誕生を目撃した数少ない日本人だ。多分、欧米には精通し、コミニケ...

続きを読む

小型胴乱、二本松のもの 14

この胴乱は紙製で小型だ。紙の箱に濃い茶色の漆を厚塗りしてある。防水効果は十分にあり、ソリッドな丈夫なものだ。サイズは17x12x5cmだ。シンプルで、金輪で紐を掛けて肩掛けに、同じような金輪で蓋を止めた。実はこの胴乱は、福島県二本松にドライブしたときに見つけた。安齋さんが二本松の出だったので、岸体育館で見せたら、少年隊のものだろう、と言っておられた。進呈するつもりにしていたが、安齋さんが亡くなり、...

続きを読む

軽機関銃の三脚架

武器学校にあるものだ。この三脚架には紫電改などに搭載された翼内固定機銃九九式2型20mmが載せられていた。当初から展示物にふさわしくない、しかし両方とも珍しいものだ、と指摘した。先回お願いしたら、K教官等が機銃を三脚架から降ろしておいてくれた。三脚架の寸法と近くにあったブレン機銃(チェコ機銃を英国、エンフィールド工廠で、303口径で製造した)を載せてみた様子だ。アタッチメントが前方には必要だがぴった...

続きを読む

従兄弟と過ごした一週間

昨日、自衛隊から戻り、近所の釣具屋に行った。針、糸、ガンダマなどを次ぎに使うものを忘れないためだ。画像は従兄弟が山荘の前の橋に座り込んでいる様子。先回も書いたが、彼と子供の頃、今の家の横の公園を走り回り、そして半世紀以上を経て、またお互いに仕事は関係なく、釣りをして遊ぶ、最高だ。5月に3日間、6月は1週間。なおこの釣具屋は、僕が子供の頃からあり、昨日、竹のビクの古いのを見た。「売り物ですか」「2500円だ...

続きを読む

巴紋を押した赤い胴乱 12

和風胴乱の代表的な形式だが、紋が描きでなく、型押しなのだ。元は色あったのかもしれない。巴紋だ。2枚の皮を合わせ、厚い。表も中も赤だ。この色は江戸期の馬具などに使われている。実にシンプルなソフトタイプ。20x9x厚さ3・5cm。後ろに肩掛けの紐がついている。写真では色が出ずに恐縮だが、現物も使いこまれており、くすんでいる。蓋を開けると元の色が見えるが。漆では「透」色と言っているものだ。...

続きを読む

「お宝」が続々と出てきた。

昨日は、武器学校の作業だった。大分進んだ。展示のラックも出来たし、収納する物件と展示物のリスト作業も進んでいた。九二式重機7・7mmの三脚架の塗装に関し、その色作りをした。見本に先日、入手した砲隊鏡の照明器の箱を持って行った。ワイ部長が来られ、箱のことを質問された。「実は砲隊鏡関係のものが別室あるので見て欲しいのだが」と、早速別棟に行く。戦前の予科練の建物だ。なんと、「九八式射撃照準器」のほぼ完全...

続きを読む

むじな蕎麦

銀行に行き、昔の移転前のオフィスの近くのなじみの蕎麦やに行った。庄ちゃんに会って、「むじな蕎麦」を食べた。「むじな」は「きつね」煮たアゲがのるが半分、「たぬき」テンカスが半分、で冷やしだ。昔は時間がないとこれを良く食べたので懐かしかったからだ。庄ちゃんも同じものを食べたが、顔までメタボが来ていた。彼は、世界最大のプロダクションの専務だ。銀行はオフィスの近くに金庫があるので、不便だが、もう家の近くに...

続きを読む

早合(弾薬筒)が入ったままの胴乱 11

この胴乱はいつ、どこで手に入れたものかまったく記憶にないが、偶然に見つけたものだっただろう。中に完全な状態で早合{口径16mm、六匁筒、長さ8cm)が10本、一列に整然と入っていた。筒は3、4、3と仕切られており、縦にも仕切りがあり、裏にも切り火縄かなどが入る。幅が広い。26x11x4cm。作りは2枚の皮を合わせてある。表は黒、裏は赤だ。オリジナルの負い紐もついていた。これは掘り出し物だった。なぜ...

続きを読む

ロシアンマフィアとサウナの死闘

昨日は午前、シャンテに行って「イースタンプロミシス」を観た。映画は半年の記録では40本近くだが、今週はせっせと観なければならない。ロンドンのロシアンマフィアの話だ。グルジア人組織にサウナで襲われる。この死闘シーンが迫力あった。イスラム的ナイフ対素手。ロシアの犯罪組織はニューヨークでも有名、ロンドン、パリ、そして東京。早朝、出かける時、コンビニで六本木方面から帰ってくるロシアンチックスを良く見かける...

続きを読む

和製胴乱 木箱式 10

この弾薬入れは管打ち(パーカション式)銃用のものだろう。裏にポケットがついていてそれがパーカション入れのようだ。しかし、完全に洋式になってなってないので、火縄銃改造の管打ち銃用の可能性がある。胴乱には型押し、金塗りの家紋。そして側面には「蜻蛉」が2つづつ入れられている。本体は木箱で、蓋は厚い皮、木箱は薄い皮で覆われている。19x14x6cmで箱の内部は黒く塗られている。珍しいのは、側面が空いている...

続きを読む

雨、雨、雨

東京に帰って来たら、毎日雨だ。今も激しく降っている。僕に家の雨樋はとても大きく、表側は出て行って掃除できる。裏側も幅が広く、恐らく枯葉は詰まってない。屋上も掃除できる。梅雨前にやっておいた。そしてパイプは直接、排水溝に流れるから家の周りには水はたまらない。隣は細い樋で、枯葉が詰まっている。水があふれて、自分の家に掛かっている。梅雨前に掃除しておけばよかったのに。山荘も5月に樋は脚立を立てて掃除した...

続きを読む

眼鏡をつくる。

僕は読書眼鏡はまだ使ってない。不便はない。しかし、やや近眼ではないか。と言われていたので、射撃や、知らないところ夜の運転用に眼鏡を持っていた。昨年、和歌山の全日本大会に行って、その高い眼鏡を無くしてしまった。ケースしかない。先日、数寄屋橋を歩いていたら地下に、若い人が一杯入った眼鏡屋があった。機能よりファッションと言う店だ。これが店の主人。眼鏡を掛けた女性店員に薦められて、眼鏡を見ていた。新しい素...

続きを読む

和製胴乱 9

この弾薬入れは火縄銃用のものだろう。特徴は内部が桐の箱。外部が皮のケース方式となっている。皮は緑色で赤いステッチが入り、しゃれたものだ。しかも蓋は被さるようになっているので、止め具がない。実にシンプルだ。20x15x7cmの大きさ。内部の箱には板の蓋があり、それを開けるのがちょっとやっかいだが。内部は黒色火薬で黒くなっている。恐らくそろいの緑の皮でくるんだ口薬入れがあったはずだ。珍しく家紋は入って...

続きを読む

ピクニックテーブル

先々週から先週に掛けては、入梅前で、天気は最高だった。まだ虫はほとんど出てなかった。それで、山荘での昼食は毎日、小川の横にあるピクニックテーブルで、釣りの合間に食べた。午後は大体、家から歩いて行けるところで釣ったので、ビールも飲んだ。数年前にこのテーブルと椅子(もうひとつ作る必要があるが)を倉庫にあった材料で製作したが、山の厳しい気候では、おそらく10年はもたないだろう。本当はオヤジではなく、子供...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ