FC2ブログ

記事一覧

物価上昇と名目経済成長

ガソリン。燃料価格の上昇はなかなかのボディブローだ。効いてきた。それに原材料の世界的高騰。また乳製品など食料品価格上昇は複雑な日本の農業の仕組みにもよるだろう。円高は輸入品の価格を抑えるには良いだろうが、まるで効果がないようだ。高度成長期をビジネスマンとして生きたものとしては、今年はとても恐ろしい。物価上昇は見かけの売り上げがあがるので、名目成長率は高くなる。だから企業などは目標達成が出来る要因に...

続きを読む

塹壕の中の三十年式小銃を構える日本兵 日露戦争 8

日露戦争は、第一次大戦のまえぶれのような近代戦になった。塹壕を掘り、機関銃や近代的ボルトアクション小銃で敵味方が対峙した。出て行けば犠牲は大きかった。冬の日本側の塹壕だ。手前の兵士は三十年式小銃のこう棹(ボルト)を引いて、弾薬の様子を見ていたのだろう。弾薬は5発の挿弾子、真鍮の板、を押し込んで固定の箱型弾倉に入る。弾薬は5発が交互に2列になっている。塹壕の底には雪が。三十年式小銃は遊底覆いが付かな...

続きを読む

何を考えてるTBSスポーツ

昨夜のダブル世界チャンピン戦。いやーつまんない試合のダブルだった。大体、TBSの演出はボクシングと言うスポーツが分かってない。木偶の棒だ。最近、ジムに行くと落ち着く。ボクシングが好きになってきたからだ。あの汗と皮の臭いの混じった何ともおかしな雰囲気のところだが。画像は女性練習生のティさんがピンクのグラブで会長のミットと打ち合っているところ。なかなかのパンチ力だった。僕も昨日の午後も練習した。最初の...

続きを読む

日本軍のプレスセンター 日露戦争 7

日露戦争中、日本は外債を売っていたので、誰がつけた智恵か、外国人プレスや外国観戦武官などの対応に力を入れていた。だから、英国や米国の出版物に日本軍のことは多くかかれ、写真と絵画で説明されていたのだ。この画像の建物は旅順港攻撃の日本司令部の「プレスセンター」とある。興味深いのは、広報官のような士官だ。多分、外国に留学して、言葉も出来たのだろう。そういう顔つきをしている。建物は粗末だが、兵は穴を掘って...

続きを読む

火縄銃銃台の被い

先日、鈴木先生(医師)の高価な井上関衛門の鉄砲を見ていたら、画像のように皮製の銃の尻を被う袋が付いていた。仔細に見たが、時代もある、元々付いていたものだ。13x7cmくらいの大きさで刀の柄袋のような皮の質、丁寧な作りだ。多分、銃口被いもあっただろう。火縄銃など前装銃に火薬と弾を装填するには、地面に立てる、だからどうしても、底の部分が傷むのだ。欧米の肩当式の銃床は底に鉄などを張って丈夫に作ってあるが...

続きを読む

トイレの区

世界のいろいろな街に行ったが、参るのは出先でのトイレだ。仕事先のオフィスなどで済ませれば良いが、一旦外に出たら、日本のようには行かない。特に東京はトイレの充実では「世界一」の称号を与えても良い。一度、昔の勤務先から家まで、歩いて30分ほどの距離だがどのくらい公衆トイレがあるか、数えたら6-7箇所になった。みんなこの画像のような立派なトイレだ。港、中央、千代田は特に良い。ニューヨークなどではパトロー...

続きを読む

二八糎砲弾を警備する兵 日露戦争 6

バルチック艦隊が到着するまでに旅順港要塞とその中の艦艇攻略を済まさなければという戦争全体の急務から、日本の都市の要塞砲、28糎砲を旅順に運び設置し、まずは港内を見渡せる203高地を攻撃しそこから、港内の照準を観測する、このような過程を執った。203高地を占拠した直後から、港内の艦艇への砲撃は始まり、数時間で結果は出たとのことだった。さて、それに必要な砲弾。勿論、砲弾と内部の炸薬、信管、発射装薬は別...

続きを読む

火災の死者多くないか。

この猛暑のなか、毎日のように火災と焼死の事故。昨日も一昨日も母親と子供が朝方、2階で焼死したという事故があった。全国の統計が見つからないが、東京では毎年、焼死者は100人弱それに「自損」30人くらい、でここ10年間くらいは推移している。高齢者が半分くらいだ。と言うことは子供の事故は少ない。この数字は全国に拡大したらどのくらいになるのだろう。地方の民家での火災は冬からこんな季節まえ異様に多いからこの...

続きを読む

女性プロ入会す。

昨日は「スポーツディ」で午前は泳いだ。午後はジムに行った。ジムのエアコンが故障していたので、「タイボクシング」を覚悟して行ったが、週末に新しいものに交換されて、快適だった。会長が個人指導していた。女性のプロだ。エスさんと言い、ライセンスは持っているし、なかなかやる選手だ。リングでの動きは良い、しかし競技の経験は殆どないだろう。職場が近いとのことだ。これは楽しみだ。女性のボクシングは今はチャンスが大...

続きを読む

日露戦争の日本兵 通信兵 5

日本が日露戦争を計画的に準備して、欧米のさまざまな最新技術を導入したことは書いた。「敵艦見ゆ」の無線連絡。無線機はフランスで発明されて何年もたってなかった。この画像は日本軍の電信基地の様子だ。オペレーターが機械を横に通信文を書き取ってているような様子だ。その前にたっている軍人は大山元帥のような体格で、くらいの高い人のようだ。後ろの壁には、三十年式歩兵銃が2挺と、騎兵銃が2挺立てかけてある。すでに通...

続きを読む

暑気払い

昨夜は叙叙苑、焼肉で家族の暑気払いをした。朝は泳ぎに行ったがどうも力は出なかった。帰ってから、リビー教授に手紙を書いたり、事務仕事のたまったものをやったが、眠かった。午後、娘と孫が来て、賑やかになった。上の娘も来て、休日出勤だった婿と6人で叙叙苑に行ったのだ。予約ではハイチェアを頼んでおいたのだが、3つあるハイチェアが全部出払っていた。それで店の方では、個室でお願いしますと言うことになった。孫は9...

続きを読む

戦死した最高くらいの将軍

沖縄戦で1944年6月18日、アメリカ軍最高司令官、サイモン・ボリバー・バックナー中将が沖縄本島で戦死した。もう戦いも最終に近づいていた。公式には海兵作戦を観察中に日本軍47mm砲弾が6発飛来し、それが命中し即死したとある。日本側には「俺が洞窟を出て狙撃した」と言うものがいたらしいが、それはあまり真実味がない。私が沖縄に40年ほど前に行った際、同期の玉世勢君は、死体の山の中から蘇生した中学生が狙撃...

続きを読む

日露戦争の日本兵 衛生兵の剣 4

負傷したロシア兵を見ている、左は士官で、右の兵は衛生兵ではないか。ロシア兵、彼も士官のようだ、飯盒から何を食べさせているか、薬のようなものを飲ませている。右の兵の腰の刀剣に注目してほしい。これは「徒歩刀」もしくは「砲兵刀」と呼ばれ、銃には装着できない。長く、分厚い、頑丈なもので、小銃を持たない兵が装着していた。三十年式銃剣よりふた周りほど大きく、鉄鞘に入っている。柄部分は頑丈で、ハンマーの替わりに...

続きを読む

沖縄でアメリカ軍が失ったもの アニー・パイル記者 読書60

アニー・パイル記者はアメリカのジャーナリスト、ライターで北アフリカ、欧州戦線に従軍した。その署名記事は当時のメディア事情から、多くの国民にアメリカ兵の戦闘、生活、考え、悩みなどを最前線で兵士とともに行動し、書かれそして読まれた。1944年のピューリッサー賞を受賞した。ところが彼は沖縄戦、伊江島、僅か2700名の守備隊と住民が果敢に闘ったどころだが、そこで日本軍の九九式軽機だろう、「ナンブ機銃」で狙撃さ...

続きを読む

良く泳いだが。

この一週間、4回プールに行き、合計6800m泳いだ。今年の総計は46000mになった。但し、ラップは駄目だ。遅くなった。フリースタイルで2000m連続が一番長かった。体重は減らず。ロッカーからプールまでのドレスコードを決めてはいるが、皆水着にタオルを巻き、裸足のままだ。先日、ソニーさんに長く勤められた方が交詢社で言われていたが、あそこはガサガサしているね、と言う通りだ。日本に来ている法人会員が若い...

続きを読む

落語ブーム

落語(おとしばなし)はおよそ300年の歴史のある「話芸」で1990年頃、最悪の時期であったが,現在は落語ブームだそうだ。昨日、京須 偕充氏、落語プロデユサーの話を聞いた。氏は僕より1-2年上だが、現役のプロデユサーとして、落語イベントや録音、CDなど商品化の仕事をしてき、落語評論の一人者だ。ところが、ほとんど同じ年だが、僕は落語、一つの話を始めから終わりまで、何も落ち着いて聞いた記憶がない。仕事で1...

続きを読む

日露戦争の日本兵 白兵 3

英国の画家が描いた、日本兵とロシア兵の白兵の様子だ。3年前にも同じ画を掲載したと記憶しているが、「日本の自由のための戦争」の第2巻の最終ページにあるもので、「喉輪を押さえられてロシア」つまり戦況を示唆した情景だ。お互いに銃で差し損ねたが、日本兵は左足を掛け、ロシア兵の喉に手を掛けている。このまま押し倒せば、持ち直した銃剣で刺す、地上にもつれ込んでも喉を絞めてしまう。武道の基本に忠実な白兵だ。維新後...

続きを読む

日露戦争の日本兵 三十年式小銃 2

日露戦争はいろいろな観点から10年後の第一次世界大戦の雛形だった。機関銃は、塹壕は言うに及ばず、実は近代的ボルトアクションライフルを双方が使用した初めての大規模な戦争であった。画像は、塹壕で、銃剣を付けた、三十年式小銃をかざす日本兵。彼の体格と比べてみると、長い。しかし、日本は敢えて、当時6.5mmで敵を倒すことが可能かに挑戦し採用した。果たして、塹壕戦。長距離射撃。国内では考えられない長い行軍。...

続きを読む

稲穂の国、それが日本の武器。

日本の食糧自給率は40%。穀物価格の高騰は、今年の大問題だ。全ての食料価格が上がっている。でも久しぶりに田圃を眺めてみると、見事だ。整然と、青々と稲が成長している。右が筑波山。僕でも一日、米は1回しか食べない。すっかりパン食になってしまったのだ。だが、米食を2回にすれば、食料自給率は変るのではないか。福島では減反で米をもう作ってない農地はあちこちに沢山ある。何か作物を作れないものか。先日聞いた話で...

続きを読む

真壁城の火縄銃イベント

昨日の午前中、30年ぶりくらいに真壁の茨城ライフル射撃場に行った。11月に予定されている真壁城のイベントの打ち合わせのためだ。安齋ライフル協会会長と延々、電車を乗り継ぎ行ったことを思い出した。しかも銃と装具を担いでだ。昨日は車で一時間40分。幹事役の多田さん、鈴木先生、水戸から3人、前装銃連盟青木事務局長など数名で、最初の会合と会場の下見をした。先日、会社の先輩、現地の陶芸家梅田さんと話をしていた...

続きを読む

「北」は絶対に約束は守らず。

シンガポールの6カ国協議。日本は核と、先日の約束、拉致の再調査、及びよど号犯人の引渡し、この履行を言っているが、まあ腹のたつ北さんの対応だ。誠意が見られない。いろんな奴が貰うものを貰わなければと言っていた。ライスさんも怖い顔をしているが、迫力はない。アメリカは核の査察問題が解決しないまま、テロ国家指定解除をしてしまうだろう。とりあえず、日本の当面の問題は、100年以上前と同じく、朝鮮半島の不安定だ...

続きを読む

日露戦争の日本兵 カモフラージュ 1

来年、ノモンハン事件70周年だ。それまでまた今まで読んだ資料を調べ直し、特のロシア側の犠牲、航空戦闘の結末、何か新しい結論を出したい。先日、史学会で発表する「三十年式装具」の資料を調べていたら、英軍観戦武官が驚いたという日本軍の偽装用上着の写真を見つけた。当時は当然、カラー写真はないから、後で着色したものだ。日露戦争当時の日本軍被服は濃紺だった。それで、大陸の地勢に合わせ、このように上にカーキの上...

続きを読む

全館冷房

とうとう家は、例年の「カテゴリーII」の状態にした。「全館冷房」だ。昨夜はそれで良く眠れた。今夜は、今、地震で目が覚めた。小沢方面ばかりだな。一昨日はまた1800m泳ぎ、全館冷房にしたら、昨日の朝は調子が悪かった。それで今日午前行く、真壁のお祭りの打ち合わせと、午後の資料館の作業の準備、それに史学会の文を書いていた。しかし午後、暑いなか、ボクシングに行った。会長に頼んでいた、昨年の春、コネチカットの...

続きを読む

トヨタ、パナソニックさんは大丈夫か?

アメリカの経済記事を読んでいると深刻な状況だ。以前いたニューヨークの小さな会社の経営者からのメールでもその様子はうかがい知れる。原因は単純ではなく、複合的なものだ。その背後には怪物的な投機マネーが世界経済を操作しているからだ。しかも、アメリカは政治的には以前も書いたが、少なくとも来年の春までは開店休業。何もしない。北の核もどうもできぬ状態だ。僕の記憶ではトヨタさんは約3分の1、パナソニックさんも約...

続きを読む

南方日本軍、犠牲の半分は餓死だった。 読書60

夏になると書店には戦争モノの各種の本が並ぶ。この本「地獄の日本兵」ニューギニア戦線の真相、飯田 進著、新潮新書を昨日読んだ。著者の飯田氏は85歳、横浜の人で、私の父親と何らかの関係があった。学生の頃、氏が家に来て、父と2人で出かけると言うので、僕が運転して、日本大通あたりまで送った。お礼だと、氏が当時のかなりの額を呉れようとしたが、なぜか固辞した覚えがある。普段なら気軽に貰ったが。本は母のところに...

続きを読む

シンプルな木の小銃だ。

いつの時代のものか。おもちゃとして作られたものではないと思う。おもちゃなら機能を付けて売り易くするからだ。全長112cm、木製銃身長75cm、少年用だ。本当に簡単なものだが、金属製のさく杖と、用心鉄、引き金はついている。また銃尾板は鉄板だ。1930年代には小学校でも軍事教練を行ったというのでそういう時に使用したものかもしれない。作りは丁寧で、味がある。いくら振り回しても怪我する心配もほとんどない。...

続きを読む

「歩くとは」生きることを意味するそうだ。

一昨日、妻と日曜礼拝に行った時にプリーチャーから聞いて合点のいったことの一つだ。ヨハネによる福音書12章。「イエスは言われた、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩くものは自分がどこに行くのか分からない。」ここで「歩く」という言葉は、古くユダヤ教の時代から「生活する、生きる」と言う意味だそうだ。良く、カントリーミュージックやゴスペルを聴いていると「ウオーク」と言う言葉が使われている。例えばジョニー...

続きを読む

村田銃の教練銃

明治時代、青少年用にこう棹式小銃(ボルトアクション)の操作を練習させたものだろう。弾丸を発射する機構はない。平玉火薬を入れるスロット(隙間)があり、こう棹(ボルト)を引いて、戻し、右に倒すとバネが掛かる。引き金を引くと、ボルト内部の鉄棒がバネの力で前進して、平玉火薬を打ち、「パン」と言う。銃身は金属を丸めたパイプだけだが、先の右側に村田銃独特の着剣装置がある。これが村田式である理由だ。そろいの銃剣...

続きを読む

家の裏

山荘の裏は直ぐに山の斜面だ。大体、田舎では、他の家もみな山を背にして、かなり接近して建てられている。「土砂崩れなどは大丈夫ですか」、と聞くと、「明治時代から建っているからね。」と答える。でも災害の映像を見ると、大雨や地震の土砂崩れでは、必ず何軒かの家屋がつぶされている。確かに、日本の地方、特に山岳地帯では、道路や田畑のスペースをとると家屋を立てる場所は限られる。しかしそれにしても接近し過ぎと言うの...

続きを読む

航空機は低高度が危ない。

昨日、学生鉱区連盟の女性パイロットがウインチの操作ミスで、「墜落」「激突」などの事故にあった。索で牽引し始めて直ぐにウインチを止めたからだ。僕がマネージャーの時に同じ事故があった。高度は目撃していたがやはり同じくらいだった。死にはしなかったが、機体は大破、怪我した。この時、僕はウインチのドライバーとパイロットとの大分以前からの確執が気になっていた。上昇初期にウインチをとめられるとどうしょうも出来な...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ