FC2ブログ

記事一覧

スポーツ界のドン、タコさん

昔、植村直見と言う冒険家がいた。マッキンレーで遭難して亡くなったが、「犬そりで北極点を走破」したり一世を風びした。それを助けていたのはタコさんだった。僕も担当している航空会社から切符を出させた。タコさんは大学の同窓、同期で同じ会社に入り、スポーツビジネスでは、ワールドカップ、ユーロカップなどのサッカー、ゴルフ、ボクシング、その他もろもろのスポーツで立場は異なるが作業をして世界各地に一緒に出張もした...

続きを読む

国民スポーツとオリンピック改革への提案 セコムを首にする。

ここ一週間、山荘に来て、水泳、ボクシングをしてないので体がなまった感じがする。渓流釣りは、岩場を上がったり、下がったり、結構時間を忘れて動いているが、組織的な運動ではない。ゴルフ1ラウンド半は運動にもならない。国民全員が労若男女、何らかのスポーツをして、長く「自己運動能力を維持する」ことが、国の財政問題解決のひとつの手段であることは以前も書いた。さて、さきのオリンピックでは、陸連、野球連盟、JOC...

続きを読む

未だに存在する「日本否定論者」

戦後、GHQの方針を受け継ぎ、日本という国、国民、文化を否定しつづけてきた存在は、①文化人と呼ばれるひとびと、②一部マスコミ、③労働組合、④日教組、⑤全学連など左翼勢力などに分類されるだろう。彼らの具体的な国の否定は、①歴史、過去の認識、②教育、③原子力などエネルギー政策、④過度の人権問題、⑤国旗、国歌への態度、⑥拉致否定、成田空港建設反対、⑦その他民営化、経済効率の問題、⑧国防問題、⑨不公平課税、⑩過度な保護...

続きを読む

兵站を重要視した日露戦争

日露戦争では日本軍はいろいろな新しい試みを行った。進取の気性だった。このコーリア社の写真は、物資輸送用の荷車で。「ライトキャリッジ」と説明がある。欧米のものは幌馬車タイプの4輪の大きなものが多く、馬も2頭以上使用した。これは馬1頭用だ。勿論、搭載量は少ないが、細い道にも入れる。どうも日本独特のものだったようだ。写真では、蓄積された物資。北九州から朝鮮半島へ船舶輸送、そこから鉄道輸送で満州へ。駅から...

続きを読む

夏の釣り

従兄弟との釣りも3回目だ。昨日は未明から猛烈な雷雨、停電もし、道路も通行止めになった。どこにも行かないつもりだったが、昼から、車で行く、渓流に行った。凄い水量だ。いつもの3倍はあろう。水が飛び跳ねている。ここは河岸が水平で、よほどのことが無い限り、落ちることはない。勿論、流れに棹を入れることは出来ない。しかし良く観察すると、河岸のところどころに小さいが溜まりがあったのだ。画像、岩の手前のようなとこ...

続きを読む

夏の有害鳥獣駆除、狩猟

このあたり、阿武隈高原には、鹿、猿、熊はあまりいない。しかし、「猪」は多い。その農作物への被害も甚大だ。一頭、一晩で、テニスコートくらいの畑を食い荒らす。僕がここに来る前の日、今週の日曜に、山荘と道路を挟んだ畑に猪が数頭、出たそうだ。休耕田に資料用のトウモロコシを植えてあるが、夕方、明るいうちに現れて、それを手前から食べ始めたそうだ。すぐに近所の猟友会に連絡し、車で3人駆けつけた。有害鳥獣駆除の免...

続きを読む

輸送ヘリから特殊部隊降下作戦

これも今週の日曜に観た富士火器演習のいちシーンだ。ドッドッドッを低空を飛んできた、輸送ヘリ(災害救助などでおなじみの)が、トーチカ風の小山(3個ある)の一つに数名の特殊部隊を降下させる。ロープを使うが、早い。映画「ブラックホークダウン」では、もたもたしていて、数mのところから落ちる隊員がいた。勿論、実弾が飛んでくる状況下と1万の見物人の前では状況は異なるが、危険なことに間違いない。恐らく、完全武装...

続きを読む

このひどい雷雨は生まれて初めての規模

各地で被害が出ているとこのことだ。丁度、真夜中頃から、ホラー映画ような稲妻。家の前後、左右が明るくなる。外を見ると前の山が稲妻でくっきりと見える。雨は従兄弟(水と土木の専門家)は1時間、100mmに近いのではと。トタン屋根だから、天井を抜いた土間、居間も部分は大きな音だ。寝室は天井と断熱材が入っているから、大丈夫。停電した。パソコンの電源はその前にはずした。また寝た。5時半に目が覚めて、家の小川を...

続きを読む

青山通りを行軍する日本軍 日露戦争

コーリア社の写真だ。戦場に向う日本軍の列、1904年だ。これで見ると、日本の軍隊は完全に近代国家のそれだった。小隊ごとに、分隊長、小隊長は騎馬。兵の列は統制がとれていた。世界の国の軍隊でもここまできちんとしていたのは一部の西欧の国のみ。日本は30年間で、完全の明治維新も目的のひとつは果たしていた。...

続きを読む

こいつのハイハイスペース35畳

田舎の昔の家は広い。畳みも大きいし、縁側などがある。こいつが来る前に山荘をふたつに分けた。一つには土間があり、落ちる可能性があるので、障子、引き戸などで仕切る。もう一つは和室が3つ、板の間、それに廊下、全部合わせると、35畳ほどのスペースだ。家具なども出きるだけ少なくして、布団で寝るから、あちこちハイハイ出きる。昔の子供の運動量だ。でも昼寝から親が気がつかないうちに覚めて、土間の横の板の間まで来て...

続きを読む

作家ローレンス・ブルック 「処刑宣言」

いかにも、ニューヨーク、ニューヨークした作家だ。 昔、ペーパーバックで読んだ、「イブン・ザ・ウィクト」を、田口 俊樹訳、二見書房で再び読んだ。アメリカの本屋で「ローレンス・ブルック」と言ってもまずは通じない。Lが二つ入ったいるからか。ケントの町には2軒も本屋があるが、なかった。隣町のニューミルフォードでも。しかし、ニューヨークではどこの本屋にもある。日本で翻訳本がマット・スカダーシリーズだけで、1...

続きを読む

攻撃ヘリ、こいつは操縦したかった。

先日の富士火器演習で攻撃ヘリのガトリング砲の実射を見た。進行方向でなく、斜めに照準しているのだ。実弾、20mmだから着弾は凄い。下手に隠れていても、装甲車両でも駄目だろう。2機編隊で来て、前の機しか撃たなかった。ミサイル発射もなし。後ろの機は、先の機を防御する配置だろう。僕もヘリの操縦には挑戦したが、難しいものだった。あきらめた。多分、この攻撃ヘリは地上からの簡単な誘導兵器の攻撃には、何か、他の対...

続きを読む

蜂の巣

隣のタケちゃんが教えてくれた。ゴルフ場から妻を湯本の駅で降ろし、山荘に戻ったら、従兄弟が来ていた。パンツ姿で着替えていた。そこにタケちゃんが、猪狩のばあちゃん(この家から嫁に行った一人)から預かった、柏餅と、ジャガイモを持って来てくれた。柏餅、婿がいれば3-4個は食べただろうが、我われは1個づつ。タケちゃんが倉庫、上はライブラリーだが、そこに4箇所も蜂の巣があると。足長蜂が3個、くまん蜂のかなり大...

続きを読む

ゴルフ場に現われた彼

午前中、1時間半遅れてゴルフ場に行った。妻、婿と3人で廻った。婿に練習させねば。昨日の続き。娘と孫はクラブハウス、その周りで待っていた。だから9ホールズしか廻らなかった。9番で、僕はツーオンしてパー。上から娘と孫が見ていた。それから皆で食事した。海鮮丼が美味しかったらしい。さすが小名浜だ。孫は初めてのゴルフ場で、大退屈。赤ん坊がゴルフ場に来るのは珍しいから、もててはいたが。ブスッとしていた。...

続きを読む

家の中でバーベキュー

山荘は古い家だが、台所に昔、東京で使ったいた、テーブルなどを置いてある。昨日の夕方は大雨で外で食事できなかった。そこで、台所をしめて、窓を、たたきも空け、七輪を出してバーベキューをした。まずは婿が釣ったイワナを焼いて、孫に食べさせた。それから東京から持ってきた肉を焼いて、ビールを飲み、バーベキューの夕食。この台所は煙っても、惜しくは無い。なぜなら、昔はカマドだったからだ。...

続きを読む

婿をゴルフに。

少し練習すればうまくなる、と思い、今朝は山荘に妻、娘、孫を置いて、二人で小名浜に行った。セルフで、スルーの日なので、十分に練習をさせてやろうと思い、前後もいないので、ゆっくりプレーした。アプローチ、パターを特に。また、いずれ飛ぶだろうから、今日はテイクバックを小さく、飛ばさないよう、方向だけにと、素人アドバイス。僕が昨年まで使っていたテレーメイドをフルセットやった。初めてだが、このクラブは彼にあっ...

続きを読む

婿を釣りに。

まったく釣りをしたことのない男を連れて渓流釣りに行った。昨日は夕方、今日は午後。昨日は、彼は20cmクラスを1尾、釣った。娘も来て、僕が指定したポイントで釣れたので、両方共面目躍如。今日はゴルフから戻り、ビールを飲んで、歩いて行ける橋のところ。僕はヤマメを。そして彼はこの画像の場所で2尾のイワナ、16cmを。もう薄暗くなり、娘が橋の上に迎えに来た。手を振っていた。もう一回だけ。と粘り、僕が22cm...

続きを読む

ガレージイタリア

土曜日の夕方、妻と十番祭りのほうへ歩いて行き、「ガレージイタリア」に行った。とてもイタリアンなショールームだ。招待されて、フィアット500クーペを見に行ったのだ。このHマネージャーは今、持っている車で世話になっている。逗子の生まれ、育ち、そして今でも住んでいる。どうも感じが違うと感じたら、ワインを飲みながら話をしていたら、サーファーになったと。朝、4時に起きて、家から歩いて、海岸へサーフィングをし...

続きを読む

中国の失速を恐れる。

とうとう、日本の輸出、アジア向けが50%を超えたそうだ。何てことはない。「大東亜共栄圏」の復活だ。日本経済は欧米に付加価値の高い商品を輸出することで伸びてきた。また現地生産も拡大した。その基本構造が変りつつあるのだ。オリンピック、開会式を友達のワイ氏が絶賛したが、僕は黙っていた。人民解放軍が重要な部分を担っていたからだ。人民解放軍をそのまま使える中国でなければ出来ない式典だからだ。このイベントの成...

続きを読む

「うてぃー」の命令

大雨のなか、八九式装甲戦闘車がかなりの速度で走り出てくる。4両が横一列に配備される。三段山目標にむかい、84mm無反動砲を発射する。指揮車からの指示がパワーアンプで客席に伝わってくる。雨がひどいので明確に聞こえない。「目標何々、どうこう、なんとか、」とかなり細かい。各車両の上には、発射準備完了の赤旗が表示される。「うてぃー」の命令が最期に。よし、と観てるが、弾が出ない。もう一度「うてぃー」で、ドン...

続きを読む

「富士総合火力演習」に行って来た。

今朝は8時に出て、御殿場へ、富士演習場へ行った。現地は一時間50mmほどの「豪雨」に近い雨。バス乗降場の横では隊員が円匙で排水路を作っていた。演習が始まったら、皆、傘は畳むので、ずぶ濡れだ。車の中に、ゴルフのレインギア(上下に帽子もある)があったので、着用するが、ゴルフ用は2時間くらいしかもたない。どこからか水が入ってくる。そんなことで、最期の音楽演奏はあきらめた。また車の中のゴルフ用ウエアに着替...

続きを読む

テレビ局はイベント会場

夏休みも終わりに近づいた。昨日は水泳は休んだ。今日の「火力大演習」、月曜からの婿を連れてのゴルフと釣り、そのあと国分寺の従兄弟が山荘にくる。31日には母の誕生日で帰ってくる。大忙しが続くので、体調を崩すと嫌だからだ。ボクシングには行った。東京タワーを見るたびに「地デジ」移行はうまくいくか。うちも20年間以上加入していたケーブルが画質が悪く、アナログなのだろう、Bフレッツに交換。画像は汐留の日テレさ...

続きを読む

客車に乗り込んだ騎兵 日露戦争 25

この貨車は馬を搭載した列車に騎兵が乗る客車がついている。日本のどこかの駅だ。多くの馬を貨車に載せ、各々の馬の騎兵がその隣接した客車に乗る。兵は緊張している。恐らく鉄道に乗るのは初めてか。朝鮮半島でも住民5万人の協力で鉄道が、フサンから北まで開通した。これで輸送量は大幅に増強された。この貨車には白く、#1、十七名と書かれてある。2分隊だ。騎兵隊の場合は馬とその装具、食べ物、衣料品、様々な物資の輸送も...

続きを読む

韓国に完敗

北京オリンピックのひとつの特徴として男女とも「韓国」との一騎打ちになると、とても歯がたたなかった、と言うことだった。野球は3敗だ。それほど酷くなくても、球技から多くの競技で、韓国に後塵を拝した。なぜだろう。日本人より韓国人は優れている、こう韓国は言うだろう。恐らく、韓国とイーブンにしておいたら、ベィジン五輪は日本は良い成績に終わったろう。さて、もうひとつ気がついたのに韓国社会の「姓」があった。例え...

続きを読む

和田さんの依頼、九六式軽機の底尾板

「愛好家」さんから「最近の外国製実包の見分け方」 池田 浩理氏著の情報をいただいた。いろいろネットワークが広がり、お互いの研究が広がるのは良いことだ。銃砲史でも欧米では当たり前だが。兵器模型を制作している和田さんからの依頼の画像だ。役に立てば良いが。九六式軽機の銃底尾板には4本の筋が上の方に入っている。確か九九式ではこの筋は無くなっている。先日、永田町の方で見かけた模型屋さんだ。閉まっていたが、あ...

続きを読む

感謝された写真

今週は良く泳ぎ、ボクシングもやった。今日は午前と夕方、2回で計2300m。夕方は妻とプールで待ち合わせ、泳いでからバーで飲んで食べて帰った。木曜にジムで、女性会員のエスさんが会長とミット打ちをしていた写真だ。このときは女性会員が3人が来ていた。エスさんのミット打ちはなかなか様になっていたので、シャッターを押した。彼女に見せたら、喜んで自分の携帯に送った。なかなか誰かがこのような、良いシーンを撮って...

続きを読む

騎兵の報告 日露戦争 24

日露戦争中の写真では僕が一番好きなもののひとつだ。偵察に出た騎兵が単騎、報告に戻り、馬上から将校に状況を説明している。考えてみると「ワイルトバンチ」に時代はこの直後、インデアン戦争はこの直前。アメリカでも騎兵隊の時代だったのだ。ジョン・フォードの映画の一シーンを観ているようだ。兵は完全武装で、馬には帆布製のバケツが見えている。このバケツでカイバを食べさせたり、水を飲ませた。コーリア社の写真から、満...

続きを読む

だからこいつは頭が良いと言ったじゃないか。

「迷惑電話」はこれから彼に出てもらおう。「オレオレ」にも騙されないだろう。彼対策で、電話機は台所に移した。だけど、すぐに引き戸を開けて、電話機にくるぞ、と妻に言った。まさか、と。もう、今週やられた。自分で引き戸を開けて、立ち上がり、電話機の受話器を外してしまうのだ。おもちゃの携帯電話を娘が買って来たが、あまり好きではない。ぽいと投げつけてしまい、ランプが付かなくなった。本物が好きなのだ。この電話機...

続きを読む

星野 仙一講演料400万円は高すぎた。

今、韓国戦を観ていて、馬鹿らしくなりスイッチを切った。何が「星野ジャパン」だ。めちゃめちゃな采配だ。数年前、彼がフリーになり、クライアントからどうしても「経営の神様」の話を聞かせたいので、講演を頼んでくれと言われた。彼の窓口は会社になっており、何やかんやで、1時間の講演が400万円だった。僕が本人に会ったが、馬鹿らしいから止めろともクライアントに言えず、お願いしたが、つまらない話だった。内容はなか...

続きを読む

日本女性強し、12年前と明らかに変った。

表賞式でのセンターポールの日の丸、君が代を唄う選手たち。まさか、ブスットした表情のアメリカ人選手。...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ