FC2ブログ

記事一覧

火打石銃には口薬を使わなかったか?

日本に火打石鉄砲の歴史があまりないので、その背景を調べている。火縄銃では、銃身の装填する火薬の粒より細かい火薬を火皿に盛り、それに火縄の火で着火させる。火打石銃も着火が火打石を使っているだけで同じ仕組みなのだが、細かい着火薬を使わないと言う人もいる。画像の火薬入れは、僕がテネシー州の友人、ルイス・ワタナベから貰った、彼自作のものだ。彼自身は外観は日本人を思わすものはまったくないが、苗字は日本名なの...

続きを読む

秋を楽しむ

実はゴルフには快適な季節は短い。暑いか寒い。自然との闘いが目的のスポーツだからそれも良いが。ニューヨーク、コネチカットではもう今週などは不可能だ。そして5月になるまで休み。だから上手にならなかったとは言わないが。昨日は、いつものメンバーで出かけた。あまりにも良い季節。寒くも無く、暑くも無く、乾燥し、前夜の雨で芝も良い。それで27ホールズ、廻った。午前18、午後9。15km歩いた計算になる。景色も綺...

続きを読む

オバマ候補に対する中傷

金融危機で共和党は絶体絶命だ。もうすでに大統領選の結果は判明しているだろう。事前投票の出口調査が行われているからだ。メディアが共同で実施するが、本選では国内の時差があり、今まで何回か問題になった。有名なのは、ブッシュ対ゴアのフロリダだった。ネット上には日本のマスコミは「白人至上主義者」と言うが、僕もそのメンバーと親しくしてたから、必ずしもそうではない、がオバマ候補に対する中傷をまだまだ進めている。...

続きを読む

散弾の使用

日本の火縄銃で散弾を使用したかだ。藤次郎の話によると時々、散弾や丸弾が装填されたままの鉄砲が出てくるそうだ。彼は詳しく書きとめてあると言うので、昨日、水泳に行く途中、電話したが出なかった。先週、テレビのイベントに出た彼を見たが。この箱には猟師が使った火薬入れ、玉入れなどの道具とともに、玉つくりの道具も入っていた。その手前の平たいものが散弾をつくるものだ。上から溶けた鉛を流し込むと、長い凸凹の筋が出...

続きを読む

金融危機の行方、日本は来週火曜

まったく馬鹿な話だ。イスカリティのユダみたいだ。世界中が騙された。オイル価格は円換算で夏前の3分の1だそうだ。異常な経済状態の象徴。でも先進各国政府は今回、相当頑張った。日本は一昨日がターニングポイントで、今日、明日の動向、そして、休みの月曜のあと、火曜で今後の方向が決まるだろう。それにしても、NHKなどが専門家の意見として聞いている人たちは殆どが専門家でない。フォリサイ派の手下だ。外資系の金融機...

続きを読む

銀座のレース場

博品館にレーストラックが出来たと聞いたので寄ってみた。昨日も昼食の約束が銀座であったからだ。昔、白金にあった。20年近く前か。「ピットクルー」に言ったら「聞いたことがある」と言っていた。5分間、200円、入れる。車は借りる。フェラリーを借りた。あと2人来ていた人たちも同じくらいの年。子供はいなかったが、休日は来るだろう。なかなかコースは複雑だ。全長36m。長い。登りのヘアピンが見えないので、そこで...

続きを読む

うつ病対策

昨日は銀座に出て、昔、僕が部長になったとき新入社員として配属されてきたエヌ君と昼食をした。彼が部長に昇格したので、そのお祝いだった。大きなクライアント担当で、派遣の人も入れて15名ばかりの所帯だそうだ。これは大変だなと感じた。僕が社長をしていた会社は大体20%くらいが「うつ」状態だった。これは管理者の一番頭の痛い問題だった。「うつ」は人間は、動物として生きるアドレナリン、ヒレトニンなどが不足すると...

続きを読む

日本の火打石と鉄

フリントロック銃の研究をしていると、西欧と日本では、マッチ以前、どのように「火を起して」いたかに興味をもった。画像のものは、露天で見つけた、汚い木製の箱に入っていた、石と鉄だ。このほかに箱は仕切られて、蒲の穂を乾かし、それに炭の粉を混ぜたホクチというものが入っていた。箱から黒い埃が出てくるので今は家に置いてない。鉄の長さ10cmほど、石は手のひらで握れるほどだ。名和先生の話によれば、昭和初期まで各...

続きを読む

40%の食べ物が捨てられている。

大手コンビニチェーンを立ち上げ、現在はコンサルタントのエフ氏の話だ。日本では原材料から加工品までの食料40%が、欠陥品、賞味期限、消費期限、品質保存期限と家庭、給食、レストランでの食べ残しなどのため、人間の腹に収まってないそうだ。自分では実感がわかないが社会的にそういう構造になっているのだろう。京都大学の調査でも家庭ゴミのなかで占める食品の無駄は増える一方だそうだ。未開封のまま捨ててあるものも多い...

続きを読む

フリントロックのライター

今、なぜ日本が江戸期、火打石銃を採用しなかったか、を書いている。「鎖国してたからしらなかったのだよ。」と言うのが当たり前の答え。そんな単純なものではない。この小さな長さ3cmの卵型のライターは江戸期の贅沢品だ。横の釦を押すと、火打石(火打石銃と同じようにネジでとめてある)がバネの力で落ちて、火打ち金を打ち、出た火花が下のホクチ(炭と蒲の穂を混ぜたもの、硝石を少し入れることもある)に着火して、その火...

続きを読む

ビールマンスピン

フィギャースケートのグランプリシリーズが始まった。今回の会場、ワシントン州エバレットはB-29の工場があったところだ。1970年代に航空会社のCM撮影で2回、行った。一回はモデルを連れて、B747とスチュアーデスの制服。もう一回は小型機をチャーターして「牛」を撮影した。これは何に使ったか忘れた。デニス ビールマンは1980年代初頭、オーディオメーカーのCMに起用した。撮影はニューヨーク市ウエストサ...

続きを読む

株安、パニックになるな!

1929年の大暴落は、「電話が発達」したためだと読んだ。投資家が電話で株の売買をするようになったから、パニックになった売りが集中したからだ。困ったことだ、経済の原則は他人と反対をやれだが、なかなかそうはいかぬ。昼に「ドル預金」に銀行に行った。これは他人と逆のこと。空を見あげると、季節はずれの「積雲」がもくもくと。渡久地ジムに行き、最近入会したアメリカの大学を出てフットボールをやっている若い投資ビジ...

続きを読む

100年に一度の出来事

今回の金融危機、世界的に100年に一度の出来事と、グリースパン氏が定義つけた。先日の講演会で、同じテーブル、滞米生活の長い、エコノミストに「ユダヤ系ビジネスマンへの反発はどうですか?」と質問をした。「出てくるでしょうね。」と言うのが彼の答え。ニューヨークでさまざまな今回、問題になっている金融派生商品を考えて実行したのは、ここ15年間ばかり羽振りのよかったユダヤ系のビジネスマンだった。違法すれすれの...

続きを読む

フリントロック銃の研究

日本は異様にながい火縄銃の時代があり、西欧で火縄銃のすぐ後出た火打石銃の時代に移行しなかった。1841年に徳丸が原で行われた、高島 秋帆の洋式調練が大規模に火打石銃(前装填式でゲベール銃と呼ばれた)が唯一のデモだった。他にはない。なぜ、火打石銃は採用されなかったか。その研究をしている。簡単な結論ではあるが、複合的なものだろう。11月23日の銃砲史学会で発表する。着火が悪い、命中率が悪い、カラクリ(...

続きを読む

本当に価値のある生活とは

近くのお寺から御詠歌が聞こえていた。檀家の人たちがそれとも御詠歌の団体か。一日中。宗教により、随分異なる。仏教にはメロディが少ない。御詠歌もメロディがあるようでないような。キリスト教は1回、約1時間強の礼拝のなかで、少なくとも4曲くらいは賛美歌を歌うことになる。毎月第二週の子供向けの礼拝の時は知っている歌が出てくるが、他の日は、年に1-2回しか同じ曲はでない。あの厚い賛美歌集をみればわかるが。皆し...

続きを読む

レンガ作りの倉をバーに。

三田のこの店はなかなか面白い雰囲気だし、奥にある本格的なバーが良い。隣の建物が壊されたので、なるほど外観はこうだったのかと分かった。実はこの壊されてところにあった塗装屋に家を貸していたことがあった。もう大分前にどこかに行ったが。多分、関東大震災のあとに建設されたレンガの倉だろう。この付近には、この前まで幾つか同じ作りのものがあった。戦災には大丈夫だったようだ。再開発でどんどん壊されて、もったいない...

続きを読む

子供の教育

昨日は、午前、1500m泳ぎ、内田君はダブルヘッダーは駄目と言ったが、午後はジムに行った。プロ、外人2人、一般の練習生に加え、土曜は子供達が来る、ここも大混雑だった。シニアも僕以外に1人いた。子供は早いものでもうテープも自分で巻く。小学2年生数名がジュニアでいる。テーピングの時、話してやった。「あわてては駄目、これが一番大切だから。」そして、「パンはちぎって食べる。」パンチに掛けた冗談だったが、「...

続きを読む

お姫様には興味のない男

10月30日は「ハロウィン」、仮装しての大騒ぎはアメリカが中心の祭り。欧州人は冷ややか。ビレッジではテレビ中継もある「ゲイレスビアンの仮装パレード」気持ち悪いが妻と見に行った。今年は金融危機、どうなんだろう。市長も参加していたが。昨日、妻と孫を連れてクラブに行ったら、仮装した子供の団体。カフェテリアはパニックだった。1時間も待って、ようやくこの食欲男を満足させた。待っている最中、前に「シンデレラ」...

続きを読む

ホンダは悪辣な会社

石原都知事が力を入れた、英国マン島レースに着想を得た、三宅島ロードレースほかイベントを、「ホンダ」が会社ぐるみで妨害した、と言うニュース。これは石原都知事の言うことが正しいと思う。今のホンダは勝てそうもないと、他にいちゃもんを付けいろいろ画策する体質の会社だからだ。特に福井社長の評判は性格が悪い男だ。チビというコンプレックスがあるのだろう。aguriのF1計画でもこの人には振回された。三宅島の活性化に...

続きを読む

サンケイ伊藤 正さんの日中関係の今後

麻生総理は今、歴史の変わり目にあることを認識していると思う。きしくも彼が北京に行った日。昨日の午餐会で、伊藤氏の話を聞いた。サンケイさんだから中国には終始辛口できた。その張本人だ。中国のいい加減さとか、見掛け倒しは言うまでもない。しかし同氏の話は単なる中国批判ではなく、その矛盾の背景、爆発しそうな問題、エセ社会に留まらず、一歩深い、また日本との関係において具体性のあった内容だった。聞いた直後、その...

続きを読む

パンがのどに詰まって死んだ子

また誰が悪いのか責任があるのか、と言う議論がマスコミで少し出かかったが、立ち消えた感じだ。マスコミは自分勝手だ。ホットドッグの早食い競争、7月4日のコニーアイランドとか、パイの早食い競争などはバラエティ番組でしょっちゅう放映しているではないか。もし、早食い競争をしていて詰まらせたのなら、マスコミの責任だなと思う。でも、僕が子供の頃、運動会ではアンパンを糸で吊るした早食い競争、それも手を使わないは、...

続きを読む

難しい日本の「弓矢」のディスプレー

遊就館や各地の博物館に行っても弓矢は中途半端にしか展示されてない。恐らく観る人はどう使われたのか、実感が持てないのではないか?僕も自分の日本の弓矢には困っている。家の中で展示のしかたがないからだ。先週、書斎、日本間をフロアにした部屋の欄間を利用し、5種の長さの弓矢、弓だけでなく、矢入れと矢も飾ってみた。この画像の左右に二つの大小の李満弓がある。張りっぱなしの弓と矢が小型のセットになったものだ。上か...

続きを読む

ニューヨークの雪の画

ニューヨーク在住のアーティスト堂園まりこさんの毎年の個展があった。金を主体にした抽象画が多いがこれは珍しい、風景画で、マンハッタンの雪の景色だ。季節柄この作品を入れたのだろう。ウディ・アーレンは映画「マンハッタン」の中で、冬のマンハッタンは白黒の世界で気分が落ち込むとしていたが、彼女は雪でカラーを入れて描いていた。段々、記憶から薄れていく風景だ。他にもアクセサリー類があり、渡辺 貞夫さんや大勢の人...

続きを読む

有栖川の道

有栖川公園上の道だ。左が図書館、右がテニスコート。左右は遊歩道のようにして散歩ができるようになっている。突き当たりは愛育病院に出る。子供の頃は毎日のように遊んでいたのに、このように整備されていたとは、まったく知らなかった。それだけ、わき目も振る余裕が無かったのだろう。先日の夜、妻と歩いていて気がついた。この反対側にはパキスタン大使館が新設されていた。これも最近のことだ。世界金融危機、パキスタンは大...

続きを読む

米海軍公式本による特攻兵器数

1969年にアメリカ海軍出版による「第二次大戦日本海軍」記録本だ。ハードカバー250ページ、ハワイ海戦から大和轟沈までを12章にまとめてある。現本は終戦直後のもので、これは再販だ。カバーがあったのであろう。第11章は「特攻攻撃」で、この記述では、終戦時、日本海軍は、約5000機の航空機、震洋2000、回天120、海竜300などの特攻兵器を有したしたと言う。各々の兵器の基地は、九州南半分、四国太平洋...

続きを読む

中国製巨大銃を調べる峯田さん

昨日の武器資料館の様子だ。この巨大銃、「日清戦争の」と言う説明は間違いで、もっと後期、恐らく1930年代に中国の工廠で作られたものだと思う。出来は悪くないが、銃身の固定の仕方が19世紀的だったので、一見してそう判断したのだろう。20mm口径、6条のエンフィールドライフルが切ってあり、ボルトはないが、チェンバーを見ると、欧州製の弾薬を使ったものだろう。これを展示でどうするか。担当者は収納場所がないし...

続きを読む

大統領暗殺

昨日「軍事研究」を読んでいたら、掲載されていた記事だ。黒井 文太さんの力作で良く調べてある。歴代43人の大統領のうち、4人が暗殺された。JFKを除き、犯人は精神に異常のあったものだそうだ。またロバート・ケネディのように大統領一歩手前で暗殺された人もいた。オバマ候補には今でも数千人のエージェントが関わって、様々な背景の人間をチェックしているそうだが、暗殺の恐れは当然マケイン候補にもあるそうだ。アメリ...

続きを読む

戦車と湖

今日の午前は、銃砲史学会の峯田さんと武器技術資料館へ行った。11月23日の見学会のことだ。一部の展示物が朝霞の展示に行ってしまうので、その確認と、見学会の時間割りなどの打ち合わせのためだ。そのかわり、「八九式中戦車」を近くに持って来ておいてくれると言うので、昔の戦車がみたいむきには便利になった。僕は、展示物の説明を書いたディスクを持って行った。パスを忘れたので、面会者となり、手続きが面倒であったが...

続きを読む

何という悲劇だろう原爆で死んだアメリカ兵

光人社も、眉唾の戦記ものから大分まともな本を出すようになった。この本のこと、著者の原爆体験そして執念までに調査した身近の被害と、俘虜として中国憲兵隊で取調べと受けていた米軍航空機搭乗員が被爆して死んだこと、それは何かで読んで知っていた。「原爆で死んだ米兵秘話」森 重昭著、はハードカバー本だ。氏自身10歳の時に被爆し、橋から川の中に飛ばされ一命を取り留めた。1945年7月末、瀬戸内海の戦艦「榛名」、...

続きを読む

日本の産業史を紐解くと

新潟県、燕市、来月オープンする「産業博物館」のS氏とその展示会社のA氏が昨日、来られた。岐阜県関市と新潟県燕市は、いずれも名古屋工廠、東京工廠のもとでさまざまなものを戦前、戦中に製造していたと推定される。この産業博物館開設にむけ、市内の様々な中小会社の人たちの話を聞いたそうだ。そこで、やはり武器兵器による技術、そういうものが欠かせない要素ということになったそうだ。古老から軽機関銃の箱型弾倉のことを...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ