fc2ブログ

記事一覧

党首会談の報道

麻生・小沢党首会談が行われる。小沢君は麻生首相を馬鹿にしきっているし、マスコミはそのように、自分の筋書きで報道する。言っておくが、経済対策には順番と重要度がある。即効性、中期のもの、そして3-5年の長期の経済対策だ。12月は『金融機関の危機』の時期だ。だから2次補正予算などはそれをみて作るが常識だが、その『常識』を報道しない。金融対策がまずは重要。そしてもう一つは消費だ。12月にモノが売れないと、...

続きを読む

山道の枯葉

山荘の近所、猪狩さんの家の田んぼの横だ。枯葉がどんどん上から落ちてくる。上は行き止まり。猪狩のばあちゃんは、山荘から嫁に行った人の一人だ。だから親切にしてくれる。先日、横の田んぼで山鳩を一羽落とした。安全な場所だ。この枯葉は集めて、牛小屋(牛が山から帰り、冬を過ごす)の床に敷く。そして堆肥として春に野菜作りに使う。今、この辺の農家は高原野菜、米は出荷しない。自分たちが消費するだけしか作らない。だか...

続きを読む

バーモントで1001挺製造されて騎兵銃

珍しいものだと思う。縁打ち金属薬夾を使う口径57口径(15mm)ボルトアクション銃だ。これが2挺、野田の茂木家にあった。E.G.LAMSON WINSOR VT.U.S.A. 1865年と、日本の壬申刻印。ボルトの右側に隙間があり、ハンマーの尖った部分が中の薬夾の縁を撃つ仕組みで、センターファイアーが出るまでの過渡期のものだ。いただいたコメントでは上野の彰義隊に加わった、「靖共隊」と言う一隊が撤退するにあたり、茂木家に世話になっ...

続きを読む

諏訪雅史の試合

諏訪の試合は12月5日。あいにく当日は応援に行けない。彼には応援に行くからなと何度も言っていたのに。彼は昨年も12月の試合は勝った。諏訪の副業はファッションモデルだ。そして「迷彩」柄が好き。トランクスも迷彩をはいていた。それで僕はアメリカにいたころの知人、イラク戦争に行った、から貰った、砂漠迷彩上下を、「激励賞」に贈った。大分着古したものだが。中田でも売っているかどうか知らないが。昨日は、朝、イン...

続きを読む

アメリカは強いですよ。

何ヶ月か前に「CITI」バンクのことを書いた。『CITIがつぶれたらアメリカはつぶれ、アメリカがつぶれたら世界はつぶれる』と。久しぶりにオバマ新大統領が出てきた。彼はブッシュ政権が終わる2ヶ月後まで活動しないと言っていたが、今の経済情勢は対策スピードがカギで、それで回りも押して、『財務長官の指名』を早めた。ブッシュ政権とも話すみの処置だ。従って、建前とは別に対応は早いと思う。年末の消費動向、年初の...

続きを読む

日本アカデミー賞本年度選考

毎年、100本近くを劇場で見る。時間のやりくりには案外頭を使う。邦画があまり興味はないが、この会員である以上、出来る限り観ている。洋画も公開される数が限られているので、良い作品に会えているのか不明。ロシア版「12人の怒れる男」なんか、マイナーな外国作品が良かった。邦画は特に今年は困った。「パッピーフライト」は先日書いた通り、ANAにも賞を挙げたいくらい、航空業界には画期的な作品だった。「おくりびと...

続きを読む

少し行動し過ぎた。

先週は山を歩いていたから、運動量はこなしていた。昨日朝、内田ストレッチに行った。筋肉に悪いところはないが、脚の横の筋肉が張っていると。午後、母のところに蜂蜜を持って行った。後は原稿を書いていた。13日木のゴルフ、15日土の式典、そして山荘行き、木曜に帰り、21日金から23日日の3日間は、出詰めだった。これはちょっとくたびれた。画像は福島県の酒だ。酒は沢山ある。...

続きを読む

愛犬家のテロリスト

まったく信じられない、理由だ。「子供の頃、愛犬を処分されたので」その仕返しに46歳になり「年金担当」を殺す。しかも、証拠を満載して警視庁に乗り込む。殺人2人、自首、死刑にならないことを計算済みだろう。経歴も交流も生活の謎だらけ。周りの人の話、トラブルでは「893」さんに間違いない。では誰が、年金問題で威しを掛けているのか。おそらく捜査はそこまで行くまい。弁護士は精神鑑定を依頼し、なんやかんや、忘れ...

続きを読む

従兄弟が釣ったお化け平目

和歌山の従兄弟、漁師ではない、歯科医だが、時々とてつもない大物を釣り、その画像を母のところに送ってくる。これもその一つだ。2度も船から落ちて、命がけであげたそうだ。以前はやはりこれくらいの鯛をあげていた。本当に海釣りの好きな男で、当然、漁船を持っている。...

続きを読む

銃砲史学会武器学校へ行く

今回は大勢だった。40名以上。東京駅からバスで行った。司令が自らご説明いただき恐縮。広報班も3名出勤し、いろいろお世話してくれた。40名もいるので、あっちこっちするが大人の「遠足」だ。僕が春以来、展示を手伝った小火器館がメインだが、外の火砲館、戦車などと横の予科練「雄翔館」そして来年3月の取り壊される歴史的、建物よ「予科練本部」も見た。隊員と一緒に食事。ポークカレーだった。末期高齢者も良く食べた。...

続きを読む

プロフィール

Shigeo Sugawa

Author:Shigeo Sugawa
日本の武器兵器史の研究者、陸上自衛隊武器学校資料館アドバイザー。
目まぐるしく変化する国際情勢、その中で日本が対応する未来への策、安全保障を政治、経済、社会、報道などを多角的に分析する。
また趣味の狩猟、渓流釣りと自然、環境問題。そしてアート、音楽、歴史など文化面をも・・・その思うところを紹介したい。


現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ