FC2ブログ

記事一覧

一週間の進歩

耳のことで運動が出来ないので、今日は午前、礼拝に行き、トーマスと言う間抜けな弟子の話を聞いた。トム・マーコット、以前の部下、のことを思い出した。午後は、庭をやった。コンクリートを買って来てあったので、それで、ブロック塀の空気抜きを塞いだ。どう考えても隣の湿気のためにしか役に立ってないからだ。そして裏にまた砂利を戻した。バケツで洗って綺麗にして。石も置き換えた。運動かわりに2時間ほどやった。「様にな...

続きを読む

火縄銃機関部部品はどうやって製作したか?

以前、手先の器用な人に、真鍮製の鋏バネを製作してもらったことがある。真鍮は硬い素材で柔軟性がない。しかも鋏バネは複雑な形をしている。それで製作途中で何回も折れたそうだ。銃砲史学会で名古屋の川口 静雄氏がご自分の金属加工業としての経験から、火蓋は鋳造品(いもの)ではないかと推定し、それに挑戦した。画像は見事に10個一度に大量生産したものだ。勿論、その後は一つづつ切り離し、磨いて、穴を開け商品化したの...

続きを読む

銀杏を拾う人

とにかく、中途半端でない量だ。何千と言う銀杏がなった。このイチョウの木は樹齢約55年間、区が道路に植えて行った。その後、各家が車を持つようになり、今では、この樹のために2トン以上の車は入らない。勿論、緊急自動車も。区が伐採したくとも、樹木の場合は一人でも反対があると駄目だそうだ。それで反対派が『絶滅』するまでこの樹は大きくなる。夏は良い。しかし今年はカラスが巣を作り、隣の公園に来る子供が危険だった...

続きを読む

バンコック空港封鎖

タイ国には1980年代後半から90年代にかけて、仕事で25回くらいは行った。観光で行く人の気が知れない。あなん混乱しているところはない。政府、民衆、軍部、王室,、坊主これが状況によりいろいろ出てくる。今は民衆のガス抜きをしているところであろう。放水車を出せば民衆は「水浴」をしながら、退散するし、難しい問題ではない。王室か、軍が民衆を泳がしているのだろう。 それにしても世界的な経済危機のなか、何をし...

続きを読む

ゲベール銃のタンジェント型照門

先日の銃砲史学会の茂木家見学の際に見た、前装、滑腔銃、つまり「ゲベール」銃の照門だ。この銃はエンフィールド銃、前装だがライフル銃と異なり、照門は固定が普通であった。しかし、茂木家の銃は2挺が形式は異なるが、照尺方式(タンジェント)なのだ。よくみるとちゃちなもので、錆びて動かなかった。この手の前装、滑腔銃の有効射程はせいぜい100m。照尺も100、200,300ヤードくらいのものだ。だからこんな照尺...

続きを読む

外資系には就職するな、とあれほど言ったが。

一年ほど前、地下鉄神谷町の外資系特に金融会社のリクルート構内看板を見て、「外資系だけはおやめなさい」と言う忠告を書いた。事実となった。リーマンの破綻、それまでが派手だったので、このところの内定取り消しが目立つ。やはり、僕の経験でも人間に対する考え方が違うのだ。12月は金融の年、ふたつ気になることがある。ひとつは、金融危機対策法のことだ。昨日の党首会談でも出ていたが、民主党のサボタージュは毎日、何か...

続きを読む

女2人意気揚々と。

今日はみんなで行く、ゴルフ場のコンペだった。朝は嵐のような天気。僕は耳が重くて、医者から固く止められていたので、3日前にキャンセルした。朝、ちかくにF夫人が迎えに来てくれたので、妻のバックを担いで行った。「ダイコンでももらっておいで」と激励した。現地でイケさんも加わり、3人1組で回ったそうだ。前半は「52」とメールが入った。下が濡れていたには良い。午後、子供達が掛かりつけだった医院に診療に、女医さ...

続きを読む

論文『今銃が大売れのアメリカ』を書いた。

このテーマ、アメリカと日本の銃砲規制の原点にまで戻る真面目な研究だ。アメリカは憲法修正第二条「国民の武装権」、日本は「刀狩」以来の人民の武装を骨抜きにる規制。両極端だ。アメリカで永年、銃で苦労した経験を交えてのテーマがあると言ったが銃砲史学会は「無表情」だった。一方、或る大学がこのテーマで講義してくれと言うのでパワーポイントでまとめた。来週、行うことになった。なかなか良いものが出来た。若い人が相手...

続きを読む

それでもテロ対策特別処置法に反対しますか?

日本人が考えているほど世界は単純で甘いものではない。インドのイスラム原理主義者のテロ、同胞が犠牲になっても、旧社会党の民主党さんは、『自衛隊のインド洋派遣』に反対するのですか?今日の小沢君はこのことは発言しないだろうが。映像は彼が元気そうなところしかでない。「アホウ」さんが言う健康管理に気をつかわなく、ものぐさな人間のイメージはださないだろう。インド洋はイスラム原理主義者の暗躍を断ち切っている重要...

続きを読む

「アホウ」総理の言ったことは或る程度真理。

「健康管理をしなかった人間が年取って毎日医者に行く、それを健康管理に努力していた俺の税金がまかなっている。」との発言が問題になった。まあ、首相として言わなかったほうが良かったが。しかしこれは事実だ。例えば、『喫煙』だ。かって、タバコばっかり吸っいて電話も取らない、同僚がいた。煙が迷惑だけでなく、仕事のペースも遅い。喫煙者の被病率は非喫煙者の10倍だそうだ。奴が病気になっても同情はしない。アメリカ政...

続きを読む

党首会談の報道

麻生・小沢党首会談が行われる。小沢君は麻生首相を馬鹿にしきっているし、マスコミはそのように、自分の筋書きで報道する。言っておくが、経済対策には順番と重要度がある。即効性、中期のもの、そして3-5年の長期の経済対策だ。12月は『金融機関の危機』の時期だ。だから2次補正予算などはそれをみて作るが常識だが、その『常識』を報道しない。金融対策がまずは重要。そしてもう一つは消費だ。12月にモノが売れないと、...

続きを読む

山道の枯葉

山荘の近所、猪狩さんの家の田んぼの横だ。枯葉がどんどん上から落ちてくる。上は行き止まり。猪狩のばあちゃんは、山荘から嫁に行った人の一人だ。だから親切にしてくれる。先日、横の田んぼで山鳩を一羽落とした。安全な場所だ。この枯葉は集めて、牛小屋(牛が山から帰り、冬を過ごす)の床に敷く。そして堆肥として春に野菜作りに使う。今、この辺の農家は高原野菜、米は出荷しない。自分たちが消費するだけしか作らない。だか...

続きを読む

バーモントで1001挺製造されて騎兵銃

珍しいものだと思う。縁打ち金属薬夾を使う口径57口径(15mm)ボルトアクション銃だ。これが2挺、野田の茂木家にあった。E.G.LAMSON WINSOR VT.U.S.A. 1865年と、日本の壬申刻印。ボルトの右側に隙間があり、ハンマーの尖った部分が中の薬夾の縁を撃つ仕組みで、センターファイアーが出るまでの過渡期のものだ。いただいたコメントでは上野の彰義隊に加わった、「靖共隊」と言う一隊が撤退するにあたり、茂木家に世話になっ...

続きを読む

諏訪雅史の試合

諏訪の試合は12月5日。あいにく当日は応援に行けない。彼には応援に行くからなと何度も言っていたのに。彼は昨年も12月の試合は勝った。諏訪の副業はファッションモデルだ。そして「迷彩」柄が好き。トランクスも迷彩をはいていた。それで僕はアメリカにいたころの知人、イラク戦争に行った、から貰った、砂漠迷彩上下を、「激励賞」に贈った。大分着古したものだが。中田でも売っているかどうか知らないが。昨日は、朝、イン...

続きを読む

アメリカは強いですよ。

何ヶ月か前に「CITI」バンクのことを書いた。『CITIがつぶれたらアメリカはつぶれ、アメリカがつぶれたら世界はつぶれる』と。久しぶりにオバマ新大統領が出てきた。彼はブッシュ政権が終わる2ヶ月後まで活動しないと言っていたが、今の経済情勢は対策スピードがカギで、それで回りも押して、『財務長官の指名』を早めた。ブッシュ政権とも話すみの処置だ。従って、建前とは別に対応は早いと思う。年末の消費動向、年初の...

続きを読む

日本アカデミー賞本年度選考

毎年、100本近くを劇場で見る。時間のやりくりには案外頭を使う。邦画があまり興味はないが、この会員である以上、出来る限り観ている。洋画も公開される数が限られているので、良い作品に会えているのか不明。ロシア版「12人の怒れる男」なんか、マイナーな外国作品が良かった。邦画は特に今年は困った。「パッピーフライト」は先日書いた通り、ANAにも賞を挙げたいくらい、航空業界には画期的な作品だった。「おくりびと...

続きを読む

少し行動し過ぎた。

先週は山を歩いていたから、運動量はこなしていた。昨日朝、内田ストレッチに行った。筋肉に悪いところはないが、脚の横の筋肉が張っていると。午後、母のところに蜂蜜を持って行った。後は原稿を書いていた。13日木のゴルフ、15日土の式典、そして山荘行き、木曜に帰り、21日金から23日日の3日間は、出詰めだった。これはちょっとくたびれた。画像は福島県の酒だ。酒は沢山ある。...

続きを読む

愛犬家のテロリスト

まったく信じられない、理由だ。「子供の頃、愛犬を処分されたので」その仕返しに46歳になり「年金担当」を殺す。しかも、証拠を満載して警視庁に乗り込む。殺人2人、自首、死刑にならないことを計算済みだろう。経歴も交流も生活の謎だらけ。周りの人の話、トラブルでは「893」さんに間違いない。では誰が、年金問題で威しを掛けているのか。おそらく捜査はそこまで行くまい。弁護士は精神鑑定を依頼し、なんやかんや、忘れ...

続きを読む

従兄弟が釣ったお化け平目

和歌山の従兄弟、漁師ではない、歯科医だが、時々とてつもない大物を釣り、その画像を母のところに送ってくる。これもその一つだ。2度も船から落ちて、命がけであげたそうだ。以前はやはりこれくらいの鯛をあげていた。本当に海釣りの好きな男で、当然、漁船を持っている。...

続きを読む

銃砲史学会武器学校へ行く

今回は大勢だった。40名以上。東京駅からバスで行った。司令が自らご説明いただき恐縮。広報班も3名出勤し、いろいろお世話してくれた。40名もいるので、あっちこっちするが大人の「遠足」だ。僕が春以来、展示を手伝った小火器館がメインだが、外の火砲館、戦車などと横の予科練「雄翔館」そして来年3月の取り壊される歴史的、建物よ「予科練本部」も見た。隊員と一緒に食事。ポークカレーだった。末期高齢者も良く食べた。...

続きを読む

鼓膜に穴があいていた。

どうも左耳が鳴る痛い。子供が行っていた、近くの女医さんのところに朝早く行った。しばらく待って、診察してもらったら、「これはわるいねえ。鼓膜に穴が開いている。水泳なんてとんでもない。」と怒られた。ここのじいちゃんは幼稚園の主治医だった。「難聴になりますか?」明快に「直ります、」とばあちゃんの言葉。安心した。70歳は半ばだろうがしゃきっとしていて、歯切れが良い。原因は狩猟最期日、鼻が詰まっていたのに鉄...

続きを読む

野田醤油の茂木家に行った。

昨日の銃砲史学会は阿見の武器学校から高速にのり、茂木家、現在は市の博物館になっている、1923年完成の広大な日本家屋に行った。市に移管された際に発見され、昨年、登録を受けた16挺の鉄砲を見るためだ。火縄銃8挺、ゲベール一銃6挺、カーバイン銃2挺。全て幕末のもので、火縄銃の4挺は未使用だ。これは収集物でない、と感じた。野田、商業が盛んな地域、そして豪商、幕末の不安定な社会。その屋敷は建て替えられたと...

続きを読む

自衛隊音楽祭

例年、今の時期、武道館で行われる。今年は、金曜、土曜、各2回、計4回の公演だった。あまり知られてない。マスコミが取り上げないからだ。しかし大変な人気で、抽選で申し込むが、なかなか当たらず、売る奴がいるが1枚1万円だそうだ。あの武道館、4回公演とも満員だったそうだ。5時すぎに行ったらもう上しかない、やがて妻も来た。耳が痛いので、上の方が良いやと思った。陸・海・空・米・地区・などが間断なく、うまく1時...

続きを読む

銃砲史学会の例会

昨日は今年、最後の例会が行われ、岡山の常定さん、名古屋の安田先生も来た。常定さんは10年ぶりにあった。5-6の発表、早稲田大学工学部材料研究中江教授の協力を得ての、鉄の材質、その経緯などへの科学的研究は意義がある。炭素の量で判定する。私は、『火縄銃と火打石銃の実用用性比較」なぜ江戸時代の日本は火打石銃を採用しなったかを背景、に関して話をした。50人来るはずだったが、レジュメが10以上残っていた。あ...

続きを読む

ファーストシューズ

孫が先週、歩いた。朝1-2歩、夕方には10歩ほどだと聞いた。昨日の午前、ほんのわずかだが、顔を合わせた。3週間ぶりだが忘れてない。立ち上がり、僕の方へ4-5歩歩いた来たのは、話には聞いていたが感動だ。13cmの靴。大きいような、小さいような。夕方、史学会、と自衛隊音楽祭から戻ったら、もう帰ってしまっていた。...

続きを読む

ケイスケ先輩の奮闘!

70歳。東大文学部卒。彼は現在、朝日新聞出版から「オバマ・エッセンシャル」を翻訳作業中だ。映画評論をしていたが、雑誌の廃刊などで仕事を、翻訳に替えたいと。僕の実務上の最初の上司だ。この人と一緒に仕事をしなければ、僕も英語,そして海外作業に行くことはなかっただろう。メディアを担当して,アホで、非文化的な役員にでも。先輩はなかなか懲りない人で、まためげない。英語は達者で、アメリカの事情にも詳しい。だから...

続きを読む

時代の流れを感じた映画「ハッピーフライト」

歌の下手なフランク・シナトラの「カムフライウイズミー」がエンドタイトルに流れる。この歌はデカプリオが詐欺師になる映画でもつかわれた。その時に感じた、30年間と言う期間はやはり一世代だったと。70年代、航空会社のB747導入の仕事をした。広告、PR,機内エンタメなどなど。その頃はこんなドタバタコメディをシリアスな航空機運行現場で作らせる雰囲気はゼロ以下だった。ピリピリしていた。B747は新型大型機材...

続きを読む

「野球審判人生」清水幹裕氏の純粋さの話。

以前、日本経済新聞終面文化欄で、彼が書いたアマチュア野球の審判』を殆どボランティア的に行っている話を読んだ。昨日の午餐会で本人の話を聴いた。40年を経て、昨年引退したそうだ。六大学野球、高校野球、社会人野球などの審判を、ご本人が東大野球部を卒業してから、ひょんなことで審判になり、数々の感動を覚えた話、出会い、そして失敗を、ユーモアたっぷりに愉快に語ってくれた。明治大学の島岡監督、これは僕も覚えてい...

続きを読む

一面の雪とAK-47の話

昨日の朝、外が明るいと思ったら、一面、雪だった。しかし道路は積もって無かったので、昼前に出て、順調に東京に帰った。白菜6個、ダイコン4本、かぼちゃ、それに猪肉、キジバト、イワナ、作りかけのドブロク、蜂蜜1・8Lを2本、などを積んで。新米もまだ3キロあったが、妻が娘に持って来てやればよかったのにと。以前はまずいと言っていたが、彼らの生活が少しでも助かるからと。無農薬だから孫にも良いと。夕方、大貫さん...

続きを読む

キジバトが食べていたもの。

撃ったキジバトを軒下でむしった。毛はキジと違い、簡単にとれる。羽先と足は切り取らねばならないが。5号弾が、首の下を貫通していたので、食べたものが落ちた。黒い粒がそうだ。約30個くらいの米だ。殻はついているが、モミは落としてある。羽毛のかげになっているが。稲刈りをするとどうしても落穂がでる。それはモミが付いている。鳥は地面でモミから中身だけを取って、それを食べている。だから時間が掛かるのだ。地面にい...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ