FC2ブログ

記事一覧

健康で過ごせたこと。2008年の最大の成果

11月に狩猟の事故で鼓膜を破った。これ以外の病気はしなかった。もう、「人間ドック」は止めて3年目になる。そのかわり2ヶ月おきのN先生の検診、私はN先生を信頼している、を受けている。人間ドックは害のほうが大きいと妻と話した。今のとこと数値は全て良い。酒は以前より倍は飲む。楽しめる。しかし数週間、飲まなくても平気だ。夏に中村に合わせて、減量した。その期間、めちゃめちゃに毎日泳いでいた。体重はその後も変...

続きを読む

約100年間にわたり使われているブローニング機銃

ジョン・ブローニングはユタ州、モルモン教徒の銃工だった。ソルトレイクの冬季オリンピックの会議のとき、その話が出たが、アメリカ人は誰も知らなかった。「駄目だね。アメリカの偉人じゃないか。」と冷やかした。ブローニング機銃ほど、合理的な考え方の機構はない。30口径を3対5で拡大し、50口径にした。今でもイラクの装甲車両の上に見える。50口径は、車両、航空機、艦船、そして地上と全て同じものを使っていたから...

続きを読む

資産3分の1減る。2008年の「成果」 その8

これは成果と言うか、「結果」だろうが、今年の後半、瞬く間に起きたことだ。日本の株資産は42%下落したそうだ。私の資産、ドル資産、株、計算したら3分の2になった。来年はさらに3分の1が減ることを覚悟しなければならないだろう。恐ろしいことだが、じたばたしても始まらない。戦争が起こることを考えたら、また戦争の結果、日本は一度は全てがゼロ、むしろ200万人もの国民が犠牲になった悲劇を思えば何てことはない。...

続きを読む

トレインモデル 年末の整理

一昨日、昨日と、収集物を中心に整理をした。そのつどに近くのホームセンターに走り、必要なものを買ってくるが、出し入れするものは概して、重いものが多く体を使った。アメリカから帰り、一度も開けてない、トレインモデル、主に「ライオネル社」もの、1920年代から50年代までと、「マークス社」のセットもの、を開けた。一部は以前出した走らせたことがあったが。こんなにあるとは思わなかった。大体、トレインモデルは、...

続きを読む

文化的な生活をおくれたか。 2008年の成果 その7

仕事をしてない。ボランティア的なものだけだから時間がある、と言うのは間違いだった。とても時間がない一年間だった。読書はした。おそらく100冊は読んだだろう。特に「インフルエンザ」関連は3冊読んだ。英語本は数冊、と少なくなった。映画(劇場)は今までの20年間より、やや少ない本数、70本くらいか。これというものがなかった。ショーン・ペン(マドンナの元夫、子役から役者になった)が監督した「イントウザワイ...

続きを読む

家族の忘年会に来た「かれ」

当家は韓国大使館に近く、昔は多くのコリアンレストランがあった。うちは基本的は「嫌韓」体質だが、焼肉は好きだ。それで毎年、年末はご苦労さん会を焼肉で終える。息子は来なかったが、婿が来た。それで人数は同じだ。当然「彼」も。僕らが行ったら、もうハイチャアーに座っていたが、機嫌が悪い。生ビールで乾杯したら、こっちを見ない。そのうち彼の卵スープやご飯が来て、食べ始めたら、機嫌は直った。空腹だったのだ。この焼...

続きを読む

防衛モニターとして日本の安全保障を考える 2008年の成果 その6

イスラエルが大人しくしていたと思ったら、ガザへの大攻撃。果たしてまた中東の緊張は高まった。油の価格はアラブ人が決めているのではなく、ユダヤ金融が決めていたことは、今回の金融危機でも明らかだった。紛争が起きれば油の価格が上がる。イスラエルを支持してきたアメリカへの、イスラム原理主義のテロは終わらないだろう。日本にテロが来ない保障はない。4月から「防衛モニター」を委嘱された。それで自分なりに日本の安全...

続きを読む

武藤 敏郎氏を拒否した民主党の責任

金融危機が起こるまで、丁度、北京オリンピックまでは誰一人、今の状況を予想してなかった。あのトヨタさんですら。ただ原油価格が160ドルとかめちゃめちゃなところになったが。このブログの夏前の項を読み返すと、私は何らかの「不安」をいだいていた。それがこの「世界金融危機」に始まる、経済の大減速だった。武藤氏は財務官僚から日銀副総裁になり、御手洗経団連会長も3月ごろ総裁に「ベストな人」としていた。私は直接、...

続きを読む

風力発電は果たして有効か?

昨日、元のゴミの島でこの巨大な風車がゆるり、ゆるりと回っていた。方向を見ると、風向きが分かるので、ゴルフには参考になった。近くに比較物がないので、どの程度の大きさがは計り知れないが、高さは40mくらい、羽は20mくらいか。20年ほどまえ、パームスプリングス、カルフォルニアからロサンゼルスにドライブして戻るとき、ある丘を越えたら、無数のこのような風力発電機が、丘から丘へ谷間中に立って、ぐるり、ぐるり...

続きを読む

40年続いている付き合い

1968年に入社した20名の新入社員のサブリーダー(お世話係り)をした。この中から、4名の役員、執行役員が出た。なぜか中間程度の地位になったのはあまりいなく、残りは普通に退職した。4名の役員には先輩風で随分、仕事上、迷惑を掛けた。しかし皆、健康で、陽気である。昨日はその仲間との久しぶりの忘年コンペを、10名参加、で「若洲ゴルフリンクス」で行った。天候に恵まれた。こうなると成績はどうでも良い。仕事の...

続きを読む

「論文を書く」 2008年の成果 5

『日本の機関銃』を完成して以来、系統的にモノを書くこと、発表することはしばし無かった。今年は峯田さんの薦めもあり銃砲史学会などに積極的に参加した。「日本の機関銃開発」「三十年式装具と日露戦争」「火縄銃と火打石銃の性能比較」これらパワーポイントに作り、例会で発表し、それから論文にまとめ、史学会の論文集に発表した。私の論文の書き方は、広告の企画書、コピーなどの文体で、当然、学術的なそれらとは異なる。史...

続きを読む

クラークハッチジム忘年会

クラークハッチは日本におけるエクササイズジムの草分けだ。4年前に閉鎖され、多くのメンバーは六本木1丁目のエスフォルタに移った。何でもエスフォルタの雰囲気が変わってしまったそうだ。僕をはじめ数名がアメリカンクラブに移った。しかし皆、元気だ。40年前に入会した当時、30代くらいだから、70代の人も多いだろう。しかし年には見えない人ばかり。たまに集まると、若い頃から運動を続けていた効果はてきめんだ。タバ...

続きを読む

ボクシングジムの忘年会

昨日の昼は渡久地ジム8回目の忘年会だった。数寄屋橋の東芝ビルの上のレストランの個室で約50名が集まった。若い人間、女性の多い会だった。中村 幸裕の新人王、諏訪 雅史の勝利など、年末が良かったので盛り上がった。賑やかだった。例により乾杯の挨拶をした。画像はタレント山田 雅史氏が、右、中村の、勝利を彼のおはこ、「競馬中継」にして披露しているところ。この忘年会の料理は若者向けの肉料理が多かった。夜がある...

続きを読む

海外旅行ゼロ 2008年の成果その4

おそらく40年ぶりくらいだろう。海外旅行に行かなかった年は。先日、日比谷のJALプラザにより、確認したら、来年の夏には数万マイルのマイレージが期限切れになる。でも今年は、まったく海外旅行に行く気にならなかった。仕事を辞めるときの計画では今年の夏は、妻と2週間ほど、アメリカ西海岸を北、オレゴンからカルフォルニア、ラスベガスまでドライブ。ゴルフをしたり、ワイナリーを訪れたりと言う旅を計画していた。西海...

続きを読む

完全装備の「おとこ」

一昨日からうちに滞在していた「男」が午後帰った。完全防寒装備だ。外は風が強く、体感気温は下がった。僕が買ってやったとういうノースフェースのしゃれたダウンを着て、バギーは足元から被いが付く。これなら大丈夫だ。出かける前は大変だ。娘は帰り支度で走りまわっていた。僕が『彼』を見ていたが、自由にさせていた。彼はチラッと僕の顔みるが知らん顔していたら、まずゴミ箱のプラステイックゴミ部分を開けて、一つづつ、中...

続きを読む

忘年会

仕事をしてないのに、今年は多い。今日、明日で3つある。いずれ絶対に参加しなければならないものだ。今日昼は、銀座で渡久地ジムの。例年のことで私が乾杯の音頭をとる。短い挨拶をしなければならない。世の中の状況から、経済的には恵まれてないボクサーに希望を与える話にしなければ。しかい彼らは強い。夕方は築地市場で、クラークハッチジムのだ。我侭ジジイの集まりだ。早く行って、早く帰らないと大変なことになる。ハッチ...

続きを読む

2008年の成果 その3 武器学校技術資料館展示作業

陸上自衛隊武器学校は茨城県阿見にある。土浦駐屯地を呼ばれているが、常磐道、桜土浦でおりて、15分ほどの霞ヶ浦に面した敷地だ。第二次大戦終了までは海軍の予科練本部があり、水上機の訓練施設があった。現在は、陸上自衛隊装備品の高度な技術指導教育を手がけている。一度講演をしたが、生徒は大体、大学院卒の優秀なエリートだった。ここで教育を受け、全国の部隊に戻る。4月に前エフ司令より拝命し、「武器技術資料館顧問...

続きを読む

まるで『真冬』の自動車産業

2-3日前に見た近所の光景だ。M社の自動車ディラーさんがどこかからか、雪を運んで来て、大きなスノーマンを作り、横で家族向けのクルマの展示をしていた。テントの中にはギブアウエイ(景品)とかパンフレット。見ていて、本当に日本の自動車業界はどうなるのかと悲しくなった。「いすず」をはじめ不定期労働者の解約問題もメーカーには膨大な費用負担を強いられる結果となった。「約束が違う」と感じているのはメーカー側では...

続きを読む

2008年の成果 その3 釣り

紀州の母方の従兄弟のように、漁師、顔負けの海釣りは出来ないが、阿武隈の山奥で、渓流釣りをしたことだ。渓流釣りは自然の中で良い空気と綺麗な流れを楽しめる。二つの成果があった。ひとつは勿論、釣れた魚の数だ。恐らく300尾は釣ったろう。そのうちハヤ(約10尾)と、小型で放流したのが60尾くらい。残り230尾くらいのヤマメ、イワナの成績だった。30cmクラスが一番大型だった。これは3年目にしては良いと思う...

続きを読む

「彼」へのクリスマスプレゼント

何にしてやろうかと考えていた。銀座に出るたびに博品館で下見をしていた。2-3週前には山積みになっていた。箱、箱。その中で一番減っていたのにした。それがこの「タカラ」の音が出るお絵かきセットだ。スタンプを押したり、書いたり、消したりするとメロディがでる。それに「じょうず、じょうず」などと親などの声を録音しておける。珍しいものではないだろうが、「カウボーイセット」はもう日本でもアメリカでもない。座って...

続きを読む

自衛隊カレンダー

2009年版だ。6枚つづりで、①89式自走砲 ②護衛艦 ③救難ヘリ ④哨戒ヘリ ⑤F-15戦闘機 ⑥軽装甲車、の構成だ。各々装備品(兵器)とそれを扱う、隊員の写真のレイアウトだ。リクルート用のメッセージも入っている。どの程度、ポピュラーなものか知らないが、写真の質は良く、自衛隊マニアには受けるだろう。F-15の写真を見て思い出すのは、「彼」だ。航空自衛隊はイラク派遣の無事故を含め、彼のリーダーシップで低...

続きを読む

2008年の成果その2

全日本スーパーバンタム級新人王、中村 幸裕との約束だっただろう。「男の約束」、お互いに果たした。僕は技術的にボクシングを彼に教えることはできない。彼は学校の後輩であり、ボクシングジムの同門だ。そしてなりよりも人生の先輩だ。彼が僕の働いていた会社への就職を希望し、才能があると見込み、出来る限りの助言をした。もともと頭と勘の良い男だ。3つの内定を貰い、僕の働いていた会社に決めた。その前に、彼には「新人...

続きを読む

女二人「賞」を狙う。

昨日は、クラブの「年末大コンペ」、この不況のなか、なんと210名が参加した。朝、8時過ぎのスタート、あたり一面の霜だった。靴の裏に氷と枯れ草が付く状況。しかしこの二人、先回に引き続いての「賞」を狙っていた。そんなことで、10時半には昼食。一日、4食になってしまった。二人がオーダーしている様子。表彰式は4時半、それまでビールを飲んで待っていた。運転手役の私はコーラとジンジャーエールミックス。私は後半...

続きを読む

ブランチに2時間半

昨日の昼前にF夫妻とアメリカンクラブ出会い、あと男女約2名を加え、6人でブランチをした。僕はその前にジムでトレーニングをしておなかがすいていた。まずはスパークリングワイン、そして赤を。食べ物はシーザーズサラダ、カラマリ、カリフォルニアロールをつまみにして、海老のポタージュとスパニッシュオムレツを食べた。様々な話題が出た。参加した若い男女のスポーツの趣味、共通していた。スキー、アウトドア、ゴルフ、ダ...

続きを読む

パチンコ業界の規制

25年ほど前に、アメリカ政府から日本政府はCIAの調査にもとづいて、勧告を受けていた。「日本のパチンコ機械製造、営業、換金,課税などを強化、活動を制限せよと」これが北朝鮮の兵器、核開発の大いになる資金源になっていると。どうして、日本のパチンコ業者から北に金を払わなければならないか、その理由は省く。「万景号」がその資金や資材の運搬約だった。しかし、当時は社会党、土井孝子さんなどは姉妹が北にいたし、自...

続きを読む

2008年の成果その1

とにかく、泳いだことだ。屋外プールで4月から11月まで、最初は10万mが目標だった。プールに飛び込むと、一緒に行った妻とも他人のように、一心不乱にフリースタイルで1500mを一気に。大体30分くらいか。何も考えずに、ただひたすらにターンの数を重ねて。一度、お嬢さんとオバサンの間くらいのロシア人女性がビキニで横を泳いでいた。この紐が解けるではないかと、気になったことはあったが。92-3回、泳ぎ、総計...

続きを読む

アメリカから送ってきた十匁筒銘

アメリカの収集家の十匁筒の銘だ。読めない文字がある。写真は読み難い。実物を見ると判断できても。「弐」とあるから同じものが2つあったのだろう。これは台にもある。「弘紀四年丁三二日」この日付も良く理解できない。作者銘は「備前国長松住横山灰右衛門藤原裕信作」、銃身の横には「辛改」台座名は「備前吉寿作」「二」立派な完全な十匁筒だ。いつの時代、どのように海を渡ったのだろう。安田先生の銘鑑を手元においてないの...

続きを読む

寂しいヒルズの明かり

昨年は年末でもこうこうと明かりの付いていた、ヒルズ。その時にすでにリーマンブラザーズは危ない傾向にあったのだ。しかし、それを隠して、リスクの高い金融商品を売りまくって、社員は贅沢三昧していた。ヒルズ近辺の飲食店、近くに行くイタリアンレストランがあるが、まあ何となく雰囲気はおかしくなっていた。今年はこの有様だ。しかも金融経済の破綻が、金詰りを起こし、実体経済に影響を与え、政治の混乱、マスコミの要らぬ...

続きを読む

ホームレス中学生と銀行員

一昨日の全日本新人王戦、自分が関係したスパーバンタム級中村の試合以外では、その直後の、フェザー級の組み合わせが印象深かった。東は、MVPをとった斉藤 司(前にも書いたが三谷大和スポーツ)、彼は18歳で。幼い頃、父が失踪したためにホームレスになり、中学生からジムの寮で暮らしてきた。父は最近、公園で死んでいるのが発見された。一方の西の渡辺 巧は、東京出身だが、早稲田大学政経学部を卒業し、大手銀行に勤務...

続きを読む

金儲けは悪か。

キリスト教の元はユダヤ教と言って間違いない。紀元前4-5世紀のヘブライ語の旧約聖書、暗黒の世に光を与えるだろうとの。それがイエスの誕生であり、その周囲は貧しいものであった。馬小屋のカイバ桶、羊飼い、博士達。イエスがあるクリスマスの夜に泊まったエリコのザーカィは悪徳徴税人だったが、その後、貧しい人に自分の金を使うことになった。キリスト教とユダヤ教はある部分では共通なものがあるが、私は本質的に異なるの...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ