FC2ブログ

記事一覧

リングのケンタ

今日、土曜の昼、渡久地ジムの様子だ。ケンタは東京の気温の低さに驚きながらも毎日熱く練習している。会長とリング上でミット打ち。かなり基本からやっている。ケンタはアマで60戦近くしているが、これは良い。寒さにも負けず走り込んで、プロテスト合格も。早く、試合の応援をしたい。今日の天気、予報のように日は出ず、相変わらず気温は低かった。渡久地ジムからアメリカンクラブに回り、サウナで真っ赤にになった。...

続きを読む

伊達藩の鉄砲

鉄砲の世界では「仙台筒」と言う。飾りのない実質的で頑丈な鉄砲だ。特徴があるので、直ぐ判定できる。これは長い鉄砲だ。全長が135cmあり、鉄の質も良い。東北の鉄を使ったのだろう。銘は「仙台住松原半蔵義晴作」とあるが、上手な字だ。昔、仙台市の骨董屋さんが良く手紙を呉れた。鉄砲が入りましたと。しかし殆どが仙台の鉄砲でなかった。どこかから買い付けて来たのだ。また仙台の鉄砲の特徴をもったものでも「江州国友」...

続きを読む

TV好きの彼

両親がテレビ好きだから家ではいつもテレビはつけっ放しらしい。ここ2日間、うちに来て滞在していた。テレビ、夕方の子供向けの番組が始まると、オープニングの音楽でそっちを向く。番組は良く出来ている。次々とお兄さん、お姉さん、キャラクターが歌と踊りを続けていく。それに合わせて体をゆすったり、手足を挙げたり、とても反応していた。好きなCMも幾つかあるらしいが、何の要素で好きなのかは不明だ。N飴CMへの好意度...

続きを読む

3人の数学者との出会い

数学ねえ。頭が痛い。どうやって試験を通ったのか。僕が卒業した経済学部は、入試に数学III(今はそういう定義ではないらしいが)があり、入っても必須科目だった。今日の午餐会はどうしょう。ミゾレも降っていたし。でも行った。数学者、伊藤 雄二氏、イェール大大学院からブラウン大で教えた人、アメリカの高校、州の一番でなければ行けないようなコースを難なく戦後直ぐに通過した人の講演を聞くためだった。数学の話は無かった...

続きを読む

『江戸ごよみ十二ヶ月』

銃砲史学会会員、高橋達郎著の洒落た本だ。人文社、B5版、150ページ、一部カラー、ものしりミニシリーズ。春、夏、秋、冬の江戸の季節と遊ぶ人々の姿、情景を浮世絵、古地図、図、そして今に生きるシーンを描いたエッセイだ。例えば、今の季節、如月2月は火事が多かった。江戸名所図会から、馬喰町馬場の火の見櫓、高さ9m、今の国技館の前にあるようなものの図、と江戸期の火事、火消しの話。高橋氏は「江戸散策家」と称し...

続きを読む

セカイモンでモデルトレインを買う

アメリカが贅沢だった時代の電気機関車が好きだ。Oスケール、ゲージ。ライオネル社、後にアメリカンフライヤーと、マルクスルイス社の2社のブランドが有名だ。戦後は日本製も多く入ったが、殆どがアメリカ製だ。最近は中国製のもある。Ebay公認、セカイモンでここ2ヶ月ばかりで20点ほど落札した。アメリカ国内の送り、手数料、そして日本までの送りと成田からの送料が加算されるので、大体落札の倍の金額になる。でも個々...

続きを読む

小沢一郎はまともなことを言い、麻生さんは正しく評価された。

初めて小沢君がまともなことを言った。「第7艦隊だけで良い」と。『憲法を改正』し、日本の防衛力を抜本的に見直せと言う意味だろう。これはまともだ。是非、政治家なら言い続けて、実行して欲しい。膨大な防衛費は掛かるだろうが、集団安全保障に頼らずと言う布石だ。初めて、「戦える国」戦う国ではない、に成れる。言うなら、日本も第7艦隊に替わり「連合艦隊」をもてと。麻生さんは北朝鮮から「大東亜共栄圏を唱える帝国主義...

続きを読む

オバマ大統領は底辺層に厳しいリーダー

アメリカの底辺層は日本と同じく結構楽しくしている。税金はなし、人権は守られ、義務もほどほど、福祉もあり、命の危険はなく、落ちこぼれ天国であることに間違いない国だ。しかし、オバマ大統領は目線が高い。彼は、税、福祉、教育、などに想像できない厳しい処置をとるだろう。無論、会社の金で贅沢をする連中、投機する輩も、非合法を見つけたらどんどんビハンザバーにぶち込むでしょう。...

続きを読む

新エネルギー開発中長期計画

オバマ大統領の議会演説の大きなテーマに聞こえた。アメリカが発明したソーラー技術をドイツや日本が生産していると。何を新エネルギーと定義するのは難しいが、1930年代のダム建設による工業の効率化、農業の促進、これに習っていることは確かだ。原子力も多分、大きな比重を占める。アメリカはとにかく原子力燃料は永遠にもつくらい保有している。面白いものだ。歴史は繰り返す。どんなエネルギーになるかどんな効率が得られ...

続きを読む

菊紋の火縄銃 武具と家紋22

画像では良く見えなくて申し訳ないがこの銃身に象嵌されているのは○に菊だ。こういう家紋があったのだろう。もっと磨けば綺麗に見えるのだが、また直ぐに黒くなるので、それを繰り返すと象嵌がくっきりしなくなるので、このままにしてある。全長130cm、銃身長100cmほどの細身の鉄砲だ。後に日本の軍用銃には菊紋が入れられたが、これはやはり火縄銃時代からの伝統であったかもしれない。○はなく、菊だけが深く刻印されて...

続きを読む

Kー1と言う格闘技

一昨日の夜、代々木で、会社の後輩、大渡が出た試合を観に行った話しは書いた。ワールドマック、日本代表を決める当日トーナメントなので、間に入れる試合も含め、10数試合を最期まで5時間、3列目の客席で見た。音と花火、光、煙、、ラップのような慣れない音楽、など演出にはボクシングファンの私としては悩まされた。最期には拷問のようだったが。ショー的要素が大きいから仕方がないが。馬の間に地球が出てくるというすごい...

続きを読む

インド人の実力

『おくりびと』を観たのは昨年9月16日、本物のオスカーにプラス、日本アカデミー賞も決まりだ。主演女優だけは下手だったので投票しなかったが、他は全てこの映画にした。オスカーの『スラムドッグ&ミリオンエア』が楽しみだが、聞くところよると多くの出演者はインド人俳優、英国にいる、だそうだ。本国インドも映画製作年間数百本と言う映画王国だから、インド人俳優の層は厚いのだろう。さて話は変り1944年、ビルマから...

続きを読む

設楽原の戦い

先日の銃砲史学会で聞いた、小林 芳春氏の講演だ。1675年の織田・徳川連合軍と武田軍の衝突、夏だったらしい。3000挺の鉄砲を馬防柵を利用して織田・徳川軍が武田軍を破った、これ自体は知らない日本人は何人かはいる時代だが、有名な史実だ。書かれた記録は「信長公記」しかないそうだ。これを、愛知県古銃研究会、長・設楽原鉄砲隊が実演したVTRの分析、これが面白かった。4つのグループを3段に分けて、実際に小林...

続きを読む

チャンピオンを目指す男来る。

昨日午後、渡久地ジムに行った。会長が「来たのですよ!」と興奮した声。マネージャーとその友人の美人も揃っている沖縄尚高から18歳の新人が来た。知念 ケンタだ。聞いたはいたが、これは良い新人を見つけてきた。「幸裕効果」だったかもしれぬ。背が高い。ライトかなと思ったら本人は「スーパーフェザー」でやりたいと。「偉い」とにかく沖縄から出て来て東京、しかも都心の生活に慣れねばならない。道は険しい。しかし、やる...

続きを読む

武具と家紋 21

とにかく、舌三寸と一本の筆(キーボード)しかないから、良く調べて、言いたいことは言わないと残りの人生過ごしようがない。この火縄銃、画像は裏だ。銘が「濃州」とあるので、美濃、岐阜あたりで造られたものだろうが、なかなか並ではない鉄砲だ。重い。木部の塗りが良い。カラクリが二重ゼンマイ機構で凝っている。などなど。裏返してみたら、厚い真鍮の板に蝶紋。いわゆる平家系の名門家の家紋。銃身後部と木部を止める輪も厚...

続きを読む

NHKさんへの銃弾と世相

週間新潮が朝日新聞阪神支局を襲った男の話を連載したが、朝日側は彼ではないという結論をだした。当時、警視庁から私のところ、会社にも来た。正直驚いた。朝日さんとは付き合いがあったが広告整理で阪神には行く暇も無かった。銃砲所持許可保持者をひとりづつ回っていると言っていた。また近所のリクルート社長のところにも銃弾が撃ちこまれた。これも同じ管区なので聞き込みが来た。子供達が通っていた小学校の隣だった。昨日、...

続きを読む

K-1大渡の試合

K-1を5時間も見ていた。ワールドマックス2009のイベントで当日トーナメントだ。会社の後輩、大渡はプレマッチの2回目に出た。相手は何回か結婚し5人の子持ちの喧嘩が趣味だった男。いいところまで行った。惜しいレフリーポイントで判定で負けた。実家が塾で勉強ばかりさせられ早稲田に行き、空手をやった。試合が終わってから僕等のところに来てくれた。明日はまた会社だ。仕事だ。会社員でプロファイターとしては見事な...

続きを読む

NHKへの苦言3

NHK経営委員だった古森 重隆氏の話の中にも出てきた。日本のマスメディアはおかしいと。国の大事な問題の扱いが悪いと。民間の人間からみるとNHkさんにはまだ危機意識がないと。私もそう思う。特に世論調査だ。NHKさんのデータは影響が大きいが、調査にバイアスが掛かっていることは明らかだと思う。今や、日経さんとNHKさんが世論を形成しているが、日経さんは毎朝薄くなっていく広告収入減で首がしまっていくようだ...

続きを読む

NHkに苦言2

日曜の大河ドラマ。昨夜冒頭を観ていたら、柵の間からのぞく鉄砲。そしてその火縄の火。火縄銃の火縄そしてその火は、あのドラマの中のようにボウボウと燃えてない。あれは荒縄にライターオイルでも浸み込ませて火を付けた燃え方だ。誰が時代考証をしたのだろう。火縄の材料は竹繊維とか、木綿でかなり固く編んである。そして中には硝石(酸化カリウム)が煮込んである。従って、炎は出ず、先が赤くなっているだけだ。しかも固くし...

続きを読む

NHKに苦言

今朝8時のニュース、北朝鮮のミサイル発射準備に関して、例のハゲの秋元さんが自信たっぷりに解説していた。俺は何でも知っていると。内容はどうでもよい。背景の「漫画」、この画像では写してないが、上のほうに地図があった。その地図の北朝鮮のところが「North "C"orea」となっていた。昔、ニューポートジャズフェスティバルで「チック・コリア」が出た時、ある日本人が彼は朝鮮人かときいた。チックは「Corea...

続きを読む

経済に春は来ず

東京の街も夜は森閑としている。同じ場所、同じ時刻、帰宅の途中に通過するが、こんなに静かではなかった。金曜の夜、知人のN氏、S氏と食事をして、2次会も行った。N氏は高校の後輩だ。彼も茨城まで終電で帰り、僕も大体、飲み会の時(先回の格闘家との会は別だが)、電車か地下鉄、歩いて、遠いほうのルートで帰宅する。そのほうが身体に良いからで、タクシーはめったに使わない。それに世の中の変化が良く分かる。このあたり...

続きを読む

ミニチュアの火縄銃

ブラス工芸制作の作品だ。4分の1スケールの肥前筒だ。日曜の板橋資料館見学会の時、和田さんから妻の誕生日祝いにいただいた。ずっしりと重く、カラクリも作動する。昨日も新宿百人組の事務長I氏とH氏が来れれたので見せた。特にH氏、居合いの指南は見とれていた。これだけのものを製作するには根気がいるだろうが、想像しただけでも良い趣味だ。また相当、手先が器用、材料に知識がないとできない。現在、十一年式軽機間銃の...

続きを読む

歩いて2分の病院

先週は運動をしなかった。そういう週もあろう。身体は楽なようなもの足りないような。ゴルフに一回行っただけだった。金曜の朝、歩いて2分の医院に行った。古くからあるが、今は半分が老人病院になった。雨が降っていたので、隣で薬を受け取っても30分も掛からず帰って来れた。風邪ではなく、花粉のアレルギーではないかとの診察。熱があると言ったが、測ったらない。先生の質問、前日のゴルフで花粉は、と言うので杉は真っ赤で...

続きを読む

恥をかいた鉄砲

この2挺の鉄砲では恥をかいた。2挺とも在米中に見つけたものだ。当時は空港で引渡し書という書類を貰う。その時に銃身は開けないので銘は書いて無い。しかし寸法は正確に測り、記してあるものだ。その書類を、現物と一緒に都の登録審査に持って行く。審査員は寸法をまた正確に測り(mm単位)、現物と認定し、銃身を外して、今度は銘の入った登録証を発行する。この2挺は阿波(徳島)の鉄砲だ。上は堺風のつくり、下も一般の阿...

続きを読む

デジタルカメラとフィルム

恐ろしいものだ。ここ数年間、フィルムを手にしたことがない。昨日、富士フィルムホールディグズ社長古森 重隆氏の話を聞いた。同社の売り上げ2000年の60%を占めたフィルム、と関連事業がそれから年々、25%減少、今では殆ど限りなくゼロに近いのではないかと。しかし会社は存続している。1980年代、ワールドカップスポンサーとして富士の人たちとも欧州で一緒した。古森氏は事業の内容もそれまではマイナーだったメ...

続きを読む

マイナス成長の現実

月曜日の夕刊だ。第3四半期のマイナスを年間換算すると13%のマイナスになると。しかし第4四半期はもっと下がるだろう。「経済対策」が遅い!経済の一日は一ヶ月に相当するから、スピードが生命だのに。この分では私は今年、カレンダーでマイナス15%-20%くらいだと予測する。(日本は昔の英国の会計年度を採用しているので、ピンと来ないが、他国は1-12月の会計年度をとっている。)だが、円高、資源や巣、その他産...

続きを読む

3挺あった同じ形の鉄砲

昨日は熱があり、また家でごろごろしていたが、「日本の火縄銃③」電子版の執筆は進んだ。孫をお守しながら書いて、ファイルがどこかに消えた部分も見つかった。入れた写真にカレが横に写っていた。そして観ているうちに似た銃が2挺あったケースは昨日も紹介したが、今度は3挺あった。全部、同じ大きさで、形だ。そのうち2挺は同じ作者銘。もうひとつも同じ国友製だ。いずれも二重ゼンマイカラクリ機構(確実で、引き金の強さが...

続きを読む

Uボートの本

久しぶりにドイツ人作家のUボート本を読んだ。ペーター・プレント著「ジャジド・フォル・アフリカ」(邦題「決死の航海」}まだ日本が参戦してない、1940年に新型Uボート、VII型か、が竣工し、アフリカ沿岸に派遣される。燃料は無くなる、エンジンは故障する、補給艦はやられる、散々な目にあうが、英国の駆逐艦が浅瀬に乗り上げ、逃げ切る。著者はUボートの乗員だったそうだ。ドイツは第二次大戦中1200艦弱のUボート...

続きを読む

惜しい中川 昭一の失脚

とにかく相当な酒飲みらしい。10年以上まえになるが、アメリカから一時帰国した際に、某放送局会長が赤坂のプライベートな寿司やでごちそうしてくれた。客は僕らと、中川氏しかいなかった。他は入れてなかったのだ。女性連れ。彼はあまり食べずに飲んでいたのを覚えている。ハンサムな男だと思った。僕のほうは酒飲みは幾らでもいた業界だから、彼が別に酒を飲んでも、飲まれているとは感じなかったが。東大法学部卒、中国を非常...

続きを読む

女二人厚着を語り合う。

昨朝出る時、1度Cだった。空気が乾燥したのか、霜はおりなかったようだが、到着した時、ゴルフ場近くでも3度くらいしか上がってなかった。ロビーで二人は今日は下に防寒具をなに、これ着てきたと会話していた。僕もさすがに前半はウインドブレーカーを着た。風はなかったが。太陽のもとでは暖かい。日中でも10度Cくらいだったが、後半は脱いだ。僕が風邪気味で行きは運転したが、帰りは妻が運転した。中川大臣のようにとても...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ