FC2ブログ

記事一覧

釣竿しめりがち

今回は難しい。タケちゃんも釣れてない。日曜、月曜は大嵐、風が強くて駄目だった。昨日はペンキ塗りをした。戸を3枚、塗った。此の家もリフォームと自分でやった作業で数年ぶりに良くなった。何だか民宿風になってきた。冬には囲炉裏だ。昨日はペンキ塗りのあと、昼前と、午後遅く、家の前の川に行った。歩いて数分だが、車で行く。ジムニーがとまっていれば僕が釣りをしていることが分かるので、もし何かが起こったら、近所の人...

続きを読む

{静かに語れ歴史教育」を読む

荒木 肇著、出窓社刊、ハードカバーB5版220ページの特に日本の近代史教育の問題を捉えて本だ。日本でももう半世紀、子供似近代史を教えてない。一つの理由は近隣諸国の教科書問題だ。もうひとつは日教組の方針だ。荒木さんには先日お会いした。話ははずんだ。特にもうセンセイがそういう教育を受けてなく、知識もないので、正しい、日本の近代、特に戦争に突入した経過がわってない。それを憂うと。荒木先生の言葉「近・現代...

続きを読む

怖い蜂

今朝はペンキ塗りをした。倉庫の戸だ。その時、蜂の羽音を聞いた。後で見たら、倉庫の網戸に3cmくらいの大型、黄色の蜂がいた。蜂や昆虫はペンキの匂いが好きなのだ。その蜂を潰し、透明な袋に入れ、タケちゃんに見せた。「クマンバチ」だ。とのこと。叩いても叩いても死なず。刺されたら大変なことになるそうだ。一方、タケちゃんたち、地元の人は高さ1m、幅、横40cmくらいの木箱をつくり日本蜜蜂の巣とする。入る場所、...

続きを読む

「日本陸軍兵器資料集」を読む

戦前の日本の武器輸出用カタログだ。先日、並木書房の奈須田社長にいただいた。もとは、英語版で「アームズアンドアミニションオブジャパン」と言うA4版(本はB5版)でAとBの2巻がある。Aに関してはアメリカの復刻版を以前書いた。発刊は泰平組合。白黒ながら写真がはっきりしており、英文の説明がついているのを、宗像 和広氏がAを訳したところで亡くなり、Bはニハチ氏が担当した。ニハチ氏は「95式」と書いたり、「...

続きを読む

巣箱を作る

今年は鳥類が多い。ムクドリやヒヨドリに加えセキレイや小鳥類も多い。それで、リフォームの廃材を使い、巣箱を作り、敷地内に設置することを思いついた。野鳥の本があったはずだが、見当たらず、アメリカで見た記憶をたどり、簡単な図面を作る。2時間ほどで、工作台で3個作った。同じものだ。箱は幅、奥行き20cm、高さ30cmくらいのものだ。ちょっと穴が大きすぎたか。蛇や野猫が登れないところ、3-4mくらいの高さ、...

続きを読む

タンポポの草原

山荘の庭だ。良い季節になったが、寒い。最低気温は恐らく3-4度だろう。陽が出れば暖かくなる。カレには少し季節が早かった。だから4月は来れなくて良かったが、5月は良い。家の中はストーブを焚いて、乾燥し、出てきた虫はストーブの火に吸い込まれる。庭はまだ一度も草刈をしてないので、タンポポ畑と芝生の部分に分かれている。鶯がしきりに鳴き、都会の喧騒はまったく別世界。農家の庭先は様々な花、特に芝桜が綺麗だ。射...

続きを読む

豚インフル騒動

もし、ビールスが鳥→豚→人間と変異したなら事態は良くない。しかし私はメキシコの国内問題だと思う。メキシコくらい衛生状態の悪い国はなかなかない。水と空気が悪いのだ。私も数度、1986年ワールドカップの仕事で訪問したが、必ず身体の調子が悪くなった。水は歯も磨けず、手も洗えない。空気はメキシコシティが高地にあるので、車の排気ガスで、めちゃめちゃだ。だから豚のインフルと言っても、どの程度のものかは、我々の想...

続きを読む

戦闘機(練習機)の飛行

昨日は風はあったが良い天気。午後2時ごろ、大きなジェット音。単機、此のあたりを3回、大きく旋回して行った。一回の旋回が3分くらいカかっていたから、50kmくらいの円周、直径15kmくらいか。高度はここでも1000m以上はあったが、通りすぎてからの轟音が凄いかった。シルエットからすると(画像では点)松島基地発進のT2だ。ここには大きな原子力発電所がある。それで夜中も時々飛んでいる。テロや攻撃が恐ろし...

続きを読む

崖の石

山荘は昔の農家だが、やけに崖にせまって建っている。冬暖かく、夏涼しいと言う昔の智恵なのだろう。昨日は風が強く、釣は駄目で、ホームセンターに走り、工務店がやった以外の、自分でリフォームする材料を買ってきた。付き板、ブラインド、火災報知などだ。取り付けは1時間くらいで出来た。前装銃射撃連盟事務局Aさんと連絡を取りながら5月早々の新理事会の準備をすすめた。和歌山のD氏、岡山のT氏もこころよく新しい体制に...

続きを読む

「皇軍兵士の日常生活」を読む

一ノ瀬 俊也氏著、講談社新書、280ページ、「軍隊という格差社会をどう生きたのか?」を読んだ。「徴兵・手当・食事から死亡通知」までという内容で、30代の若い社会学者が近代史に触れたところに意義があった。徴兵にしろ志願にしろ(海軍は原則志願)、日本帝国の軍隊内部の社会序列は厳格で、私的制裁など不合理がまかり通った。主に1930-40年代の日本兵からの聞き取り、日記、資料からまとめている。多少、とりと...

続きを読む

大風の夜

昨日は中途半端に過ごした。夕方は10度以下になってきたので、マキストーブを燃やす。リフォーム後、出た廃材を置いてもらっていたので、それらをドンドンと燃やした。日中は大雨が2度ほど降り、夕方風が強くなった。夜半には風速20mくらいあったのでは。読書をしていた。今朝も強い風が吹いている。このあたりは季節が遅く、連休の頃に梅、櫻、つつじ、その他、一度に花開く。丁度今だ。しかし、釣りはこの風では駄目だ。...

続きを読む

「利休にたずねよ」を読む

山本 兼一著、第140回直木賞受賞作だ。PHP刊、400余ページの大作。戦国時代末期の著名人、千利休を主人公にしたミステリータッチの変わった時代ものだ。お茶の好きな人だけでなく利休と言えば、戦国大名に「わびとさび」そして「死生観」を茶と通じ教えて男。当時交易の中心地堺を本拠にしていた。「下司で高慢な男が天下人になった」これは今の社会、組織でもありうる人間の宿命だ。自分の趣味や美意識、意見を持つこと...

続きを読む

連休だのに仕事

婿たちを山荘で過ごさせようと、平の小森工務店に頼んでおいた。今朝、1000円のはずだが、1600円と言う、おかしな高速料金だった。しかし、婿は連休中も仕事で、カレも来れない。今日は工事の後だから、ずっと家の中を整頓したり、掃除したり大変だった。一日はそれで暮れた。夕方、タケちゃんが来て、崖の木を切った話をしていった。あと1本切って欲しいと言った。タケちゃん夫婦も僕の家族が来ないのでがっかりしてたが...

続きを読む

上野駅

25年ほど前、長野市に行くのに前夜、寝ていて「あれ新宿だっけ、上野だっけ」と混乱した。先日、上野駅に行った。殆ど利用したことはない。そこで、会社の先輩Y氏を思い出した。なぜかと言うと、彼は戦災孤児で浮浪児として上野駅にいたことがあったそうだ。彼以外の家族は全員空襲で亡くなったからだ。しかし、働いていた会社の給仕になり、夜間の学校に行き、僕が同じ部署にいたころは、はくはつの上品な人だった。上野駅と言...

続きを読む

前装銃射撃連盟総会

スポーツ団体は公平と無私が鉄則だ。昨日は古式大会の後、射撃場会議室で年に一度の総会が開かれた。最期の役員改選の前に、日ごろ思っていることをぶつけた。窓の外の大降りの嵐のように。曖昧にしてきている。K氏の問題がそうだ。規則なら彼は短筒を撃つことはできない。また会にいつ入会したのか、段級は取ったのか。「この際、古いリーダーは辞めて、新しい人たちにまかせたらどうか」2-3の会員が強く、私の意見を支持して...

続きを読む

古式射撃大会

日本の火縄銃の実力はどのくらいあったか、を証明する競技会だ。今日は荒れた天気だが、年に一度の大会。22名が参加した。遠くは長浜、松本からも来た。僕は向島がどこかの演武に行ってしまったので、替わりに射場長(レンジマスター)の役を仰せつかり、自分では撃てなかった。いつも人に任せていたから、時には自分も何か貢献しなければならない。黒色火薬に生火を使う。そして、どのくらい早く正確に撃てるかを競う。危険もあ...

続きを読む

日本の砲

なかなか実物が見れないが、武器学校武器技術資料館には中西さんの絵を説明に、何門かある。靖国神社にも。...

続きを読む

猫が気になる

向いの集合住宅の外人カップルの家には猫がいつも窓枠に座っていた。カレ、買い物から戻り、ようやく猫の存在に気がついた。猫がミヤーミアーないていた。それに向って、何やら、強い調子で言うが、まだその意味は不明だ。猫もまたミヤーとないた。いつも大人しいこの猫にしては珍しいことだった。外国猫は日本語は恐らく理解しないだろうし、コミニケーションが取れているとは思えないが。カレは妙に強い口調でまた猫に何かを言っ...

続きを読む

女子プロボクサー

渡久地ジムには2人の女性プロ希望者がいたが、一人は脱落したようだ。このCさんが今、挑戦中。殆ど、毎日、練習している。女性らしい体型だが、スピードがある。若い。彼女はプロテスト合格し、恐らく今年中にはデビューできるだろう。日本の女子プロは昨年、公式なものになったが、たちまち世界チャンピオンが出たり、今後の進展は国内では話題にはならないが、なかなかの滑り出しと思うが。いずれにせよ、同門の選手が競技に出...

続きを読む

「ファンシューティング」誌の取材

今朝は千葉スポーツセンターのライフル射撃場に行った。明日ある競技会の打ち合わせと少し練習した。「ファンシューティング」誌は先日の「安齋杯」に来てくれた。これが記事になっている。今日は、とうとう編集長が入会し、試験を受けることになった。しかしそこは雑誌社、それをストリー化するわけだ。午前に向島名人から講義を受けた。彼は所持許可をもっており、経験あるライフルマンだ。実地射撃は、ライフルシューターズジャ...

続きを読む

このオトコが去った後

昨日、ゴルフから戻ったら来ていた。眠かったのか機嫌が悪かった。今日は射撃から戻ったら、僕の寝室にいた。散歩と昼寝をたっぷりして大元気だった。カレは、僕のベッドサイドがお気に入り。まずテレビを付ける、ラジオを付ける、DVDなども。電話機を外し、あちこち押す。電話機を持って部屋の中を歩きながらしゃべる。家電の省エネなどは考えてない。喋りはもう一つだ。何か言っているのだが、「文字化け」してしまう。「転換...

続きを読む

日本の砲の始まり

江戸期、日本では砲は発達しなかった。それが黒船が来たときのパニックの原因のひとつだった。現代なら、ミサイルがまったく装備されてないと言うことに匹敵する状況だったのだろう。軍事のアンバランスは恐ろしい。画像はいわゆる「芝辻」砲の砲口で、口径93mm、全長3m13cmのものだ。慶長14年に徳川家康が堺の芝辻理右衛門に発注し、慶長18年、大阪冬の陣に使われた。どのくらいの重量の、どのような弾丸を発射した...

続きを読む

上空に寒気

昨日は初夏と言うか、晩春というか、とても気持ちの良い季候だった。経済指標はすべて冬だ。今年中の回復は無理だろう。7月に大学のゼミの会が久しぶりあるとの通知がきてた。先生はかなり以前に亡くなったが、多くの経済学者が来るので、その時にNHKの今井君も含め、いろいろな意見が聞けると期待している。朝、妻と出て、ゴルフに行った。先週も回ったK氏を誘う。彼は調子が良く、また筋肉を傷めて妻も段々元に戻りつつあり...

続きを読む

八九式榴弾

無稼動化され完全なものが幾らもしないであるなら、擲弾筒(ATFの無稼動化ー機関部は動くが砲身に規格の穴を開ける)があるから、こういうものを展示したらと、思うのですが。砲身の穴は展示では支えを入れておくところになります。...

続きを読む

八九式重擲弾筒

遊就館の展示品だ。何かおかしいと感じていた。良く観察したら、底板はパテで固められ変形していた。引き金部分の台も不細工な再製作の被いが付いている。中国戦線から、太平洋に陸海軍に広く使われた兵器として唯一の展示であるので、情けない。この50mm口径に対抗し、アメリカ軍は60mm軽迫撃砲を大戦が始まり急遽採用したが、アメリカのものは大きな底板があり、マウントで固定するので、1人の兵ではとても運搬できない...

続きを読む

すっきりしている山手線車両

勤めている時も朝は殆ど電車を使ってなかった。昨日、久しぶりに朝の山手線車両に乗った。あれ、何か違う。座席が折り畳まれて、全部立ち席なのだ。山手線は一周しても約60分間、平均では15分間くらいしか乗らないので、こうしたのだろう。妻に聞いたら、全部がそういう形式でなく、座席がある車両もあるとのことで、この座席の収納は8-10時の間、自動的になるのではなく、元には手で倒すらしい。合理的だ。こうすると乗客間...

続きを読む

茨城県防衛協会からの感謝状

今朝は水戸に行って来た。茨城県防衛協会より、昨年来の武器技術資料館作業に対して、国防意識の啓蒙に功あったと感謝状をいただいたのだ。県知事も出席した会で、昼食後、司令に駅まで送っていただいた。水戸の駅から、私の肖像権を使った出版社宣伝部長と電話で話をした。意外に早く帰れたので、直ぐに仕度して渡久地ジムへ行った。子供の練習日だった。小学生が5人来て、わいわい、ずるいの、ずるくないのとやっていた。やはり...

続きを読む

弓矢の収集もこれで終わりか

まさしく美術工芸品だ。しかしこれは「箙」(えびら)と言い、弓矢の矢を収納するものだ。弓矢も研究してきたが、いろいろ観察した範囲では、武器兵器としては大したものではなかったようだ。日本の弓矢とその装具は、むしろ工芸品としての価値は高い。この形式の箙だけもってなかった。しかしこれは本で見る限り程度は良いが完全品ではない。長さ150cmくらいの絹の組紐だけでも値打ちものだ。箱は一辺が13cmくらいの立方...

続きを読む

直木賞作家山本兼一氏と

昨日は銀座で昼の約束があり、その前に新橋、有楽町間を走り、スモールカメラでインクを手に入れてきた。昼食後、品川に出て、午後はずっとTACにいた。水泳のレッスンがあったのだ。1時間、プールの中にいたから恐らく2000mは泳いだ。フリーは両手を前で合わせる練習。バックストローク、タンブルターンまでやった。各々のポイントをヤエコさんに指摘した貰ったのだ。5時にバーで、直木賞作家で、前装銃射撃連盟会員、山...

続きを読む

日本伝統工芸品的魚篭(ビク)

銀座の釣具屋さんに現代工芸家が制作して竹製の細工の魚篭が幾つかあり、いずれも素晴らしいものだが、価格的には手が届くものではない。丁度、画像のもののような。高さ、横幅は22cm、幅9cmほどの腰に下げるものだ。紐と帯通しがついている。二重になっており、上蓋はえさそなどを入れる部分と、口になっており、口から釣った魚を下に落す。川釣りのものだろう。これは露天で見つけたもので、程度は良いが汚い。それで昨夜...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ