FC2ブログ

記事一覧

とうとう交詢社もクールビズに

私が入っているふたつのクラブ、TACと交詢社は対照的なところだ。TACはドレスコードがないので、どんなに汚い格好で行っても、必ずもっと汚いのがいる。交詢社は逆だ。平均年齢少し若返り72歳。必ずジャケットとネクタイ着用だった。今年から6月中旬から3ヶ月間、ジヤケットもネクタイも要らなくなった。皆どんな格好してくるのか、かえって困る社員(会員)が多いのではないか。ちなみに私がジャケットとタイで行くの交詢社と...

続きを読む

「シュペリオリティオブファイアパワー」火力の優越性

1945年に刊行、絶版になっていた、プリダーム大佐の名著だ。教授が探していて2冊、同時に見つかったと、僕に1冊くれた。画像はヒーラム・マキシムが彼が開発した反動利用水冷機関銃を撃っている写真。(つづく)...

続きを読む

3人の客が来た

初夏の一番良い季節だが、雨ばかり。昨日、山荘に来た。午後3人の客が来た。会社の後輩、東大出のボクサープロ、エスとその妻、それに年はあまり変わらない初めて会うエフ君、彼のランクルでやってきた。それ到着が遅かった。もう何処にも行けない時間だから、そのまま、スパークリングワインと、食事になった。赤ワインを2本のみ9時まで食べていた。エスは良く朝のトレーニング、山道を駆ける、納屋のヘビーバックを打つがある...

続きを読む

カルフォルニアを変えた「ターミネーター」

「ターミネーター1」は好きな作品だ。英語が喋れなかった、オーストリアのボディビルダー、シャワルズネッガーが「アーユー・サラ・コナーズ?」と聞いて、ドンと撃つ、このシーンが印象的だった。骸骨になってもバイクで追いかけてくる。次作も最新作も良くつないでいたが、「ターミネーター」のキャラクターが段々変わってきた。第4作は、クリスチャン・ベールだそうだ。あの「太陽の帝国」の日本軍好き少年。シュワルズネッガ...

続きを読む

小説「弩」下川 博著を読む

面白いストリーだった。下川氏は諏訪の松岡さんの早稲田時代の友人で、脚本家だそうだ。本は小学館刊、ハードカバー、1700円だ。2009年5・16日刊、出たばかりだ。程度の高い小説で、映画化しやすい、内容だ。丁度「7人の侍」から50年と書いてあったが橋本 忍のあの話を意識している。舞台は14世紀の山陰地方。南北朝時代の世の中の荒れたころだ。残酷な騎馬武者と戦う、農民の団結、そこで使われたであろう「弩」と呼ば...

続きを読む

脳の権威、石浦 章一氏のお話

アルツハイマー、認知症の実態はどうなのか。社会が高齢化しても皆、身体も頭も元気ならそう怖くは無い、つまり社会の負担にはならないということは想像できる。昨日、午餐会東京大学の石浦博士の話を聞いた。「長谷川簡易知能評価」というスケールがあるそうだ。自然の老化は確実に来る。アルちゃんになると脳の状態がどうだと言うような分析はかなり進んでいるが、脳の海馬と呼ばれる部分が問題らしい。しかし本質的には遺伝子要...

続きを読む

銀行を信用しない資産家殺人放火事件

私はもとより資産家ではないが、その気持ちと言うか背景は分からないこともない。西松建設の問題にもあったが、今、個人でも会社でも、『現金』を作ることはなかなかできない。だから裏金(政治資金も一部そうだっただろう)は海外で現金化して手荷物で持ち込むしかなかった。地主の資産家、高額所得者だったというがどういう決済をしていたのであろうか。焼け跡の1000万円近い現金。「銀行が嫌いでね」と言う近所の人の話を聞...

続きを読む

目黒の防衛研究所図書館と硫黄島

昨日は大雨で朝ゴルフはキャンセルした。それで、陸自幹部学校に行く用事があり、午後車で出た。資料が重いからと天気のせいだ。家からは自転車で行っていた距離だが。帰りに図書室により、遅ればせながら「日本の機関銃」を置いてきた。車は玄関にエンジンを掛けてままで、あわただしかったが。ご担当は「日本の軍用銃」のことも良く覚えていてくれて、大変喜んでくれた。この図書館は、宝の山だ。ふと横を見たら、ケースの中に「...

続きを読む

日本特殊鋼のピーダーセン小銃

日本特殊鋼は確か、河村博士が海軍20mm固定機銃をベルトリンクに替える開発をした会社だ。この銃も使い込まれている。特徴は米国、英国のライセンスから製作したとあるが、木部が日本の小銃にしては珍しく、前後に分かれていることだ。その他は6・5mm弾を使い、三十年式銃剣も装着できる。この銃は三十八式型よりやや短い。木部が分かれることは、頑丈さ、白兵戦闘に良くないと評価されたかもしれない。何挺かしか製作して...

続きを読む

911の謎

あれだけの事件だから自作自演ということはなかった、と思いますが。、1)果たしてあの程度の操縦士に航法、命中させる大型機の操縦ができたのか?特に国防省への着陸的体当たりは。2)ペンシルベニアに墜落したUA機は撃墜されたのではないか?映像が出ない。など具体的な疑問は未だにあります。私は現場の直ぐ近くに住んでおり、働いていたので、他人ごとではありませんでした。...

続きを読む

1時間1kgの減量

昨日は今年3回目のレッスンを受けた。個人レッスンは30分間だが、前後を入れて1時間以上はプールに入っていた。泳いだ距離は1000mくらいだったろう。いろいろやってみて、バタ足が駄目だった。板を使ったバタ足だけでは、嫌になるほど進まない。インストラクターは即座に脚全体を動かしてない、と指摘。泳いでいる時は全身で動いているようだが。前回に比べると、ターンは格段に良くなったと。上がって体重を量ったら1k...

続きを読む

日本のピターゼン小銃

日本でも1930年代、九九式小銃(1939年)を採用するまで、様々な種類の半自動小銃が開発された。大きな流れのひとつがピターゼンだ。歩兵銃、騎兵銃、いろんな形式がある。日本がこの銃に興味をもっていた証拠だ。リビー教授が送ってくれた資料、何かのカタログだと思うにこの銃が出ていた。これは程度が良い。1万ドルくらいの価格だそうだ。アメリカにいた頃、随分、あちこちに日本の半自動銃を見に行ったが、系統的に収...

続きを読む

北の攻撃だー、と。

「北」で何が進行しつつあるのか、恐らくアメリカ、ロシア、中国などの情報機関は掴んでいるに違いない。昨日、歩いていたらどこかのオフィスビルで「避難訓練」をしていた。全然、緊張感はみられないし、建物の中には残っている人間も随分いただろうが。(これは私の経験でも日本でもアメリカでも絶対に参加しない人間はいた)もし、北がミサイルを発射したら、どういうパニックになるか、想像もつなかい。90%の日本国民はそん...

続きを読む

国際連盟への通知うまく行った

日本前装銃射撃連盟の各国への通知はH氏が送ってくれたが、肝心のコミティ、今は英国のディビットさんから、日ラの証明がない、と言うちょっとクレームめいた返事が来た。日ラから手紙を貰うのは彼らの30日の総会後なら別に問題ないと返事しておいたが、何らかのバイアスがあったなと感じた。ところが夕方、H氏の以前のメールがスパムに入っており、「オールイズウエル」全て良しと言う返事がきた。国際内で情報が行きかい、ナン...

続きを読む

ステンガンのマニュアル

日本の「兵器取り扱い」を見ていると、あまりにも小さくて粗末なものであり、もう少し何とかならなかったのかと感じるが。リビー教授が1942年のオリジナルマニュアルを送ってくれた。表紙には「スモールアームズトレーニング」「ステンマシンカービン」とあり、サイズは』18x12cm、12ページの粗末なものだ。マークIIとマークⅢの兼用だ。図は多い。少ない部品の説明もある。本当に簡単な兵器だ。撃ちかたは腰撃ちと立...

続きを読む

「天気晴朗なれども波高し」

1905年、104年前の今頃は日本中はロシア艦隊の動向にやきもきしていたはずだ。そういう緊張感は今は、北が核実験をしてもない。平和ボケしているからだ。この背景、本当は中国が悪いことも報道されてない。信濃丸がロジェストベェスキー提督が率いるロシア艦隊を発見し、無電でその進行方向を伝えていた。実は東郷元帥以外にも多くの日本軍将兵が冷静な判断をして、27日から28日に掛けての対馬沖海戦で戦った。この有名...

続きを読む

火縄銃演武に使う口薬入れ

歴史的なイベントで演武する火縄銃の団体は現在、全国に40あり、中には町おこし資金を使い、とても成功している九州の例もあるそうだ。東京には内藤新宿「百人隊」がある。歴史も50年、規模も100人にまではいかないが40人。画像はその装具だ。火縄は射撃に使うものは固いが、演武は柔らかい木綿縄で良い。ここで工夫してあるのはI氏が寄贈したそろいの口薬入れだ。木製で、落し蓋方式、手を離すと蓋が閉まるものだ。口薬...

続きを読む

新宿百人町あたり

先日、皆中神社に行った時に通った通りだ。鉄砲隊のことがなければ一生行くことがなかった。山の手線新大久保駅と、中央線新大久保駅の間、1kmくらいのところ。皆中神社は山の手線から直ぐだが、中央線からも5分くらいのところ。聞きしに勝るエスニック、インターナショナルなところだ。面白い。ハングル、中華、印パキ、その他黒人系、中東系、さまざまな言葉が行きかっているし、面白そうなレストランも沢山見た。多分、ブラ...

続きを読む

火打ち石の製作者

リビー教授から送ってきた本だ。「ザ・マニファクチャー・オブ・ガンフリント」ロンドンのシドニー・スケーチャリーという学者が、1879年に書いたものだ。復刻版で、昔のサイズ25x18cmくらい。内容は石器時代から硬い石を加工する職人とその技の話だ。職人は世襲で、画にもあるように、父子で作業している。これは恐らく19世紀以前の様子の画だろう。硬い石の塊をのみを使い、火打ち石用には暑さ5mmほど、3cmほ...

続きを読む

いし庭を気に入ってくれたオトコ

カレは昨夜から来てて、娘が健康診断に行った間、うちで遊んでいた。いしの庭がお気に入りだ。小さな石をつまんではどこかに集めたり、つくばいの中に入れる。裏の方には素焼きのタヌキもいる。タヌキを見ると、何か「うーん」と声を出す。上空をヘリコプターが飛んでいった。そろそろやぶ蚊が出るし、先刻見ていたら大きな蜂が横切って行った。近くの森にすずめ蜂が巣を作ったのかもしれない。次ぎ来るまでに気を付けておこう。...

続きを読む

ジ・アナウンスメント

昨日の午前、ナンシー・マルソン女史がリライトしてくれた、今回の日本前装銃射撃連盟の役員の交代、方針などの英文が届いた。ファイルが開けなく、苦労したが、サンマイクロのソフトで開き、プリントアウトを事務局に送り、修正したものを国際担当のH氏に添付して送り、国際委員会と各国にメールで送って貰うことをお願いした。直した部分はもともと私の原稿が間違っていたのだ。これからナンシーさんには世話になるだろう。電話...

続きを読む

「新宿鉄砲組百人隊」に行った

江戸幕府、5組あった鉄砲隊のひとつだ。甲州街道の護りに付いていた。その中心が(皆当るというギャンブラーがお参りにくる)皆中神社だ。その会員幹部、約10人の方が集まってくれた。鉄砲の効率的な手入れ法を説明して、ざっと安全性を観た。これは和歌山の出来可也(かなりできる)副会長が言っておられることだ。我々のような射撃をしている人間が鉄砲の怖さや安全性をもっと語るべきだと。40挺の鉄砲を見たが、格別危険な...

続きを読む

今、消費税を上げても状況は変わらないなら

とにかく、人が街に出てこない。画像は土曜昼の銀座、ホコテンだ。人がいない。だからモノが売れているわけがない。少々、乱暴だが、先日ナベツネさんの話、消費税を上げると言うことを今、言わなければいけない、「由記夫首相」はすぐに行き詰ると言う意見に賛同する。今朝の政治討論でも岡田さんの困った顔を見ていても感じたことだ。モノが売れてないから、これをチャンスに消費税を上げる。売れているときなら、売り上げを引っ...

続きを読む

55歳の練習生

昨日の午後は渡久地ジムに寄った。20名くらいがひしめいたいた。少し先に来た練習生が帰るまで、着替えずに会長の席に座っていた。体験の人が来ていた。大柄なシニアの人だ。すこしメタボ。話をした。55歳だそうだ。近所に住んでいて、散歩でこの前を良く通ると。僕はここで若い人たちと運動すると違いますよ、と言う話をした。昨日は女性が3人、プロ、子供、学生、おじさんなどが入り乱れていたが。彼は練習して、そのまま入...

続きを読む

ダンさんに会う

久しぶりだ。昨日、昼に銀座で会い、食事をして、彼の好きな珈琲を飲みながら話をした。写真では怪しく見えるが。新潮社新書から「松下幸之助」本を出すそうだ。彼の知っている、不況に強い男、幸之助さんを書いたそうだ。僕は幸之助さんは、関西防衛協会会長をして、国家安全保障のオピニオンリーダーであって、松下が戦時中には、損得なく国のために、レーダーに映らない、ステルス性?のある木造船や航空機の開発を行ったことを...

続きを読む

ガットリングの本

ブラスさんが読んでなければ、お貸しする喜ぶだろう。リビー教授の小包に入っていた本。「ザ・ガットリング・ガン」ポール・ウオール、ドナルド・R.トッペル共著。アルコ出版、NYA3版、170ページ、白黒印刷だ。これでざっと観ただけでもガットリングと言っても種類が多いし、意外に長い間使われてようだ。図面や画が多く入っているので、日本に来たもの、ロシアから鹵獲したものなど判明できるかもしれない。最期はバルカ...

続きを読む

ふるさと納税は果たして控除されるか?

山荘のある地域の市役所に連絡することがあり、「ふるさと納税」のことを聞いた。ここでは税ではなく、「寄付金」となっている。なぜ、この制度を使ってみようかと思ったのは二つ理由がある。ひとつは、山荘で過ごし、なるべくゴミは出さないようにしているが、どうしても出たものは近所に断りケージのようなゴミ捨て場に捨てさせて貰う。風で飛んできたり、小川を流れてきたり、道路から捨てられたものは当然、ここに持っていくが...

続きを読む

防衛雑誌「MAMOR}護る

防衛モニターになって以来、この月刊誌は毎月、送っていただく。「国民とともに防衛を考える情報誌」で防衛省編集協力。毎号、モデルが表紙やグラビアに登場する。制服を着て、3軍のどこかの部署を紹介する仕組み。7月号は府中航空気象隊に行った。またこの号では「装備品」(武器兵器のこと)の人気ベスト10を紹介している。それらは、1位 90式戦車、 2位 軽装甲車、 3位 護衛艦「ひゅうが」、 4位「こんごう」、...

続きを読む

本を読むカレ

2週間ぶりに来た。お気に入りのソファで、「プラレール」という鉄道おもちゃ、今とても好き、の本を読んで(見て)いる。飽きないらしい。時々、横のトミカを動かす。僕の「Oゲージ模型好き」に対抗している。そのうち鉄道の話が出来るだろう。このソファ(カウチ)、一枚皮、イタリア製のビンテージ、僕の宝物のひとつだが、「お、おまえだけには、ゆ、許すー」と言う感じ。上に乗り、跳ねることもある。まあ、本皮だから破れる...

続きを読む

「ナベツネ」健在なり、世界恐慌克服論を語る。

画像は今日の午餐会準備だ。聴講者が入りきれないので補助椅子を3段に用意してあった。上に掛かっているのは交詢社名物の板のカレンダー。ナベツネさんは83歳だそうだ。隣に金融学専門家(鳥居先生)を置いて、臆せず、金融論をぶった。話は相変わらずあっちこっちしたが、言っていたことはほとんど正しいと感じた。世界の話より、日本の話が多かったが讀賣ワシントン支局の経験から経済学原書も随分読んだそうだ。現在の日本の...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ