FC2ブログ

記事一覧

本「鉄砲と日本人」

昨日は朝、泳ぎ、帰って直ぐに着替えて、ウディ・アレンの「(ビッキー・クリスティナ)バルセロナ」を観て、その前にこの本を受け取り、ジムにボクシングに行った。水泳とボクシングを1日のうちにやるなと、内田君に言われていたが、何となく、勢いがあった。しかし帰りは歩きだったが、ボクシングの汗は冷たいシャワーを浴びても、家まで続いた。本は読んでしまった。鈴木 眞哉著「鉄砲と日本人ー鉄砲神話が隠してきたこと」ち...

続きを読む

「演説館」の下のガソリンスタンド

「スピーチ」を「演説」そして「デベート」を「討論」と訳したのは福澤先生だったそうだ。三田の山、その横を通り毎日出勤していた。この緑が濃い山の中に不思議な建物がある。瓦屋根、なまこ壁の日本風な「演説館」という建物で、聴衆は200人くらいしか入れないが、国の重要文化財に指定されている。1875年建設。夏は見えないが、冬になると通りから見える。ところが、国の重要文化財に指定される以前より、この直ぐ下にガ...

続きを読む

「ワイルド・バンチ」サム・ペキンパー

昨日は、午前は厳重なる警備の中を出かけたが、考えてみれば、北にとっては東京は韓国大統領暗殺の絶好の場所だったろう。日本人のせいにして、日本と韓国の間にクサビを打ち込める。反共大統領を抹殺する。自爆テロなども考えられたからあの大警備だったのだろう。へりも上空にずっといた。午後は出かけずに、テレビを観ていた。『ワイルド・バンチ」大好きなタイトルだが、ケースしかなくDVDが見あたらない。丁度、ウイリアム・...

続きを読む

セレブ通りの憎しみ

我が家の上の方に、セレブの家ばかりの道がある。この家は有名な役者、娘も今は結婚して出たが有名な女優。その3-4軒先は、エイちゃんの家だ。この役者さんの家の隣に新築された家は、あまり洗練されてないが、それにしても何の憎しみがこのようなサインになっているのであろうか。「ケイ建設がこの新築の際、有害なる物質を撒き散らし、役者さんの家に浴びせたが、傲慢にも反省もないと」「憎しみ」ほど、人間の感情のなかで怖...

続きを読む

日本の大砲

佐山二郎さんの本だ。大砲は明治以降、後装式になったと言うことはなく、前装式も使われていたようだが。信管がどうだったか、史学会ではいろんな人がいろんなことを言い、何か良い本はないですかね。丸弾時代は、木製の軸に火縄を入れたとアメリカで前装砲のレプリカを持っていた友人の話。彼の砲は野砲で小型、口径は3インチくらいか。でも空砲で発射してもすごい! 空気の振動、先に駐車してあった娘の小型車が浮き上がるよう...

続きを読む

韓国大統領夫人は日本の警察拳銃で狙撃された

韓国大統領で不思議なことにパッピーエンディングを迎えた人はあまりいないのではないか。自殺?暗殺、亡命、投獄などなど。日本も角栄さんを投獄したりしたが、それでも多くの首相はボケても生きてはいる。今朝の警備。うちの下から上まで数千人の機動隊、数百台の車両。私が朝、泳ぎに、午前、礼拝への、行き帰り、よほど右翼っぽいのか、3回、「どちらに行かれますか」と聞かれた。途中でプロの諏訪にあったがあいつは大丈夫だ...

続きを読む

変貌する東京

最近開通した「とねり」線。「ゆりかもめ」と同じ方式だと思う。ゴムのタイヤで走る軽電車だ。日暮里駅から足立区の方に伸びている。東京は広いから何十年住んでいても行ったことのないところは多い。足立区は昔知り合いがいて、行ったことがある。また6号が混んで、加平でおりて、下を延々走ってきたこともある。扇大橋で降りた。早い。日暮里から10分くらいだ。眺めも良い。立川 雄亮の「ルーキーズ」戦の応援のために行った...

続きを読む

黒人の子供だった。

マイケル・ジャクソンは日本に来た時は完全に「黒人のがき」だった。「ジャクソンファイブ」来日は大成功だった「ABC]などわかり易い歌で。マイケルはホテルの回転ドアに腕を挟み折ってしまい、それがまた大変な騒ぎをなった。「ジャクソンファイブ」の価値は日本のファンがかなり早くから認めてた。その後・・・・死んだ時は、「白人の女性」みたいな容貌になっていた。私たちにはあのコンプレックスと言うか、変貌願望はちょっと...

続きを読む

「ルーキーズカップ」に行った。

ジムのプロ、立川 雄亮がスパーバンタムでデビューした。場所が足立区の扇橋だ。とても大変だと思ったが意外に楽に行けた。すでに3戦終わっていた。入り口の近くにいた女性にKOが多かったのですかと聞いたら、「さあ」と言う返事。青コーナーに行きケイジさんに聞いたら、3つのKO試合があったそうだ。控えの立川は落ち着いていた。相手は角海老の強豪だった。果たして、4R全て優勢で、3対0で勝った。21歳だ。ジムの主だっ...

続きを読む

前装銃の歴史のあった国くに

本格的前装銃の歴史は15世紀末、欧州からだった。(前装銃とは銃口から火薬と弾丸を込めて、火縄、火打ち石で発火する鉄砲のこと)日本には16世紀半ばに伝来し、17世紀にかけて、鉄砲は兵器の全盛を極めた。西欧以外、アメリカ大陸はまだ当時はなかった、前装銃の歴史があったのは日本だけ、と言うのが私の説だ。近隣諸国には鉄砲は伝播したが、それを自国で装具も含め、国産化し、大規模な生産、効率的、組織的運用、そして...

続きを読む

新聞社は潰れる

事実、アメリカではシカゴトリビューンが破産し、LAタイムズ、ワシントンポストも危ない。昨日、広告会社株主総会に行き、主要メディアの売り上げ比率を見たら、新聞は10%に下がっていた。全体が下がり、さらに新聞はマイナス20%近い下落、これも報道も偏向する理由のひとつになろう。(もう一度説明すると新聞の比率は3分の1になったということです。収入は4分の1との間でしょう。)「選挙」は新聞の収入になる。部数も...

続きを読む

株主総会に行って来た。

難しいものだ。こういう総会は。説明も質問もおざなり。しかし今年は赤字転落だからと、言うことだったが、そういう緊張感はなかった。どこかの人が「経営陣が元気がない、若返れ」と発言したくらい。3つ続けて質問したら、議長に止められた。本当は「株式会社法違反」だが、昔の仲間だから、その質問は来年に取っておこう。肝心のことに関しては答えてなかったのだ。彼らの答えはないのだ。事業計画の概念、金は取れるのか(フィ...

続きを読む

「日本の火縄銃3」完成す。

ページ数で72ページになった。実際の印刷された書物でもこのくらいになろう。鉄砲に関する話題をうまく編集したつもりだ。半年で出来た。写真に少し暗いものもあるがこれらは撮影しなおす。次のプロジェクトは英語版で「日露戦争の日本兵」コリンズ社などの出版物を沢山持っている。絵葉書も。日本兵の日常を描いたものが多い。だからこれらの資料から書くことはできるが、一つの問題は著作権だ。丁度、100年は過ぎているが、...

続きを読む

何の用途だったか?この品。

先日、平和島のジャンク置き場にあったものだ。江戸期の皮革製品だ。今は広がっているが、牛皮、幅20cmx28cmの大きさ、黒漆仕上げ。これは筒になっていた。真中に木瓜紋、これは直径10cmくらいと、この皮に比べると大きい。筒状になって使われていた。当時、このような皮革製の装具に、家紋を入れたのは武家のものだろうが、まったく何に使われていたものか想像もつかない。片側に幅1cm、長さ3cmほとの窓が開け...

続きを読む

朝鮮戦争勃発

59年前、1950年の今朝、朝鮮戦争が勃発した。北朝鮮が旧日本軍九七式中戦車を先頭にして、38度線を突破して来たのだ。なぜか、今日、それを日本のマスコミはあまり報道しないが。この日の朝は覚えている。朝食の時、父が「大変な戦争になる」と言ったからだ。でもその後、戦争をテーマとした映画が次々を上映され、大変な戦争ではあるが、映画になると面白かった。「ポークチョップヒル」「追撃機」「トコリの橋」そしてア...

続きを読む

グロテスクな金魚

先日、このオトコと散歩をしていた時の一シーンだ。僕らが歩いたコースはいつもと異なるもので、昔の電車どおりの反対側。そこに居酒屋がある。行ったことはないが。店の前に大きな水盤が置いてあり、上の石の鉢の両方に沢山の金魚がいた。特に下には大きなもの、頭が凸凹になったグロテスクな奴が。このオトコ、それが嫌いだったらしい。ずっと見ていたが、近寄らない。時々、批難の言葉を浴びせる。まだ石を投げ込んだりはしない...

続きを読む

どうなるか今年後半

まずは自然災害だ。ここで来られたら目も当てられず。地震のことも何も言われてないが、静かな期間が長すぎる。不気味。温暖化による季候の変動。インフルエンザ、これも冬には流行するだろう。痴呆症の蔓延。これも自然災害のひとつだろう。経済の行方。また数年前に戻ってしまった。いや、もっと悪いかもしれない。楽観できる要素は何もない。アメリカは独自のまた幸運な回復があろうが。政治。これは言うまでも無く、絶望的だ。...

続きを読む

武器輸出を緩和しなければ

このように経済状況が悪くなり、しかも先端技術競争となっている時には、武器兵器開発と一般経済は切っても切り離せない。戦後、日本は航空機産業を禁じられ、自動車産業にその活力は行ったが、次ぎのテーマは何か。この60年間の一般経済の開発力、生産力は戦争が育成したもの。特に省エネ技術。そう考えると、大きな転換期にあるのだは。...

続きを読む

鈴木 眞哉著「戦国鉄砲・傭兵隊」

平凡社新書2006年刊で、前から読みたかったが昨日、書店にあった。鈴木氏は「雑賀」(さいか)の研究家で、当時の雑賀の規模を知りたかった。地域としては今の和歌山市の一部だけではなく、市全体から海南市までの土豪の集まりだったと。「日本の火縄銃2」にも「紀州の鉄砲」と言う欄で、鉄砲やカラクリの特徴、地域の特殊性について書いた。この本のなかにも「信長公記」からの引用で、信長の1570年の三好党攻撃に、「根...

続きを読む

まあ文化的・健康的な一日だった。

突然、梅雨の合間、本格的な夏になった。朝、1500m泳いできた。半年間の統計では本年の遊泳距離は足りない。やっと3万m。目標は15万mだ。それから映画を2本観て、単行本を1冊読み、HP用の英文を2ページ書いた。文禄・慶長の役、関が原、そして大阪の陣だ。この三大戦闘は日本が多くの鉄砲を組織的かつ多量に運用した一大軍事国だったからだ。ナンシーさんに送った。彼女、今は旅行中だが。アメリカは6月まつから独立...

続きを読む

「真夏のオリオン」まともな戦争映画

潜水艦映画には世界に幾つかの名作があり、この作品は「眼下の敵」のリメイク的なところもあるが、ストリーも戦闘シーンもまともで、ミニチュアも、特撮もかなりよい戦争映画との印象を受けた。伊号潜水艦は終戦直前に重巡洋艦「インデアナポリス」を轟沈した。そんなこんなもありストリーも漫画チックであない。しかし内部や回天の離脱は事実とほど遠い。「深く静かに潜航せよ」では本物の潜水艦をハリウッドに運び、半分に割り、...

続きを読む

グラブが鼻をかすった

午前中は雨がやんでいた。カレと散歩に出て以外は、連盟のホームページの英文を書いていた。葛飾北斎の描いた火縄銃の世界のことだ。ナンシーさんに送り、ブラッシュアップしてもらう。カレ等は雨が降り出す前に帰ったが、間に合ったか。峯田さんから、原稿の直しが届いたので、直して中原博士に送る。そのまま雨の中を渡久地ジムに行き、女性2名に交じり練習した。時間はあった。会長がケイジ君にギアを付けて、僕のマスタートレ...

続きを読む

「日本の火縄銃3」電子版

ほぼ完成した。今日中に出来るだろう。www.japaneseweapons.comか、日本の武器兵器電子版は紙に印刷された本と異なり、どのくらいの厚さなのか、分らない。しかしはじめから終わりまで通して読むと1-2時間もあれば読めてしまう。ひとつひとつの項目が短いからか。でも項目は多い。便利なことは、新しく研究したり、気がついて加えたいことはあとから追加できることだ。出版物は、費用は掛かるが印刷して物理的な商品になる。し...

続きを読む

三叉路交差点

昨日、午前中、雨が上がった合間に、このオトコを連れて散歩に出た。車、大型高級国産車が近所の駐車場にいつもは止っているいるのが、別な運送屋の駐車場にあった。「あー」と指差し大きな声を上げた。近くの三叉路交差点、このオトコ、背が高く、上からのぞける。飽きることなく、下を行き来する車を眺めていた。どこかで見たことがある風景だな。そうだ。30年前、息子を連れて歩いていた時と同じだった。そして、さらに30年...

続きを読む

夜中のUSオープン

ゴルフネットワークを2時過ぎから観ていた。109回USオープン。まだ3ラウンドなのだ。矢野が言うように分らない。天気が悪いのだろう。でもNYはほぼ日本の逆、今の時間で3Rと言うことはいくら夏至でも今日中に終わるとは思えない。でも9時まであと6時間できるからやるかもしれぬ。後半のプレーヤーはあ27ホールズ回らなければならない。いつも参考になると日本のLPGAばかり観ていたが、やはり違う。7500ヤード、パー...

続きを読む

父の日

昨日は父の日だが、このオトコの父は仕事。でも行きがけに、大雨のなか、このオトコを車でうちまで連れて来た。さて女子プロでも見ようかと思ったら、さくらが厚化粧でゲスト席にいる。何と「美浦」は大雨で中止だったのだ。アメリカの男子プロ、USオープン「ベッページ」、日本企業が近所に多い、昔、射撃場があった、のリンクスコースも大雨だった。ゴルフネットワークにした。そのまんま「東」暫定4位は「ごちゃごちゃで何ラウ...

続きを読む

「安全眼鏡」

前装銃射撃連盟のHPは大体、枠組みは出来て、先週末から幹部にみて貰っている。作家の山本 兼一は早速に依頼した文章を送ってくれた。http://mlsa.jp/いろんな意見がくる。これも興味深い。規則のなかで忘れていたことがあった。「安全眼鏡」だ。火の粉が目に危ないので、欧米では事故があったのだろう。競技には義務つけられていたのだ。機会があると安全眼鏡を買っては車の中などに入れておいた。僕は普段は眼鏡は、近視も、読...

続きを読む

ハリウッドの創造力「スカイネット」

映画「ターミネーター」がシュワルズネッガーをカルフォルニア知事にしたことは間違いない。このポスターは映画館にあるもので、いわゆる動くポスターだ。スカイネットが引き起こした、ロシアとの各戦争で、核爆弾がロサンゼルス、丁度、ハリウッドのあたりに爆発する様子、時々、火山のように爆発し、良く出来ている。カイル・リースは人間側抵抗軍のカリスマ的指導者ジョン・コナーの父親だが、今度の4作目ではジョンより若い。...

続きを読む

「鉄砲組百人隊保存会」総会に行った

全国に40ある鉄砲演武を行う団体があり東京都では唯一だ。全国でも最大規模で、戦後間もないことから2年に一回、新宿区の街頭で江戸期の、内藤新宿の防備かくありなんと言う演武を行っている。事務局は新大久保と大久保の間の、皆中神社にある。皆中神社は賭け事に良いと訪れる人が絶えないそうだ。その保存会の総会に招かれた行った。神社の建物の中で約50人が集まり、2年ごとの事業活動・会計報告を行い、懇親会があった。...

続きを読む

これが臭い原因?

プロレスで事故があった。ボクシングも連盟は注意に注意しているが危険なスポーツであることに間違いない。拳で頭を殴るのが基本だからだ。昨日午後、ジムで、(何か学校で問題があるらしいのだが)毎日練習に来ている中学生と一緒だった。「先週の土曜、お話していた方の名前がないですよね?」と質問された。確かにIさんの名がリスト、昔の道場のように壁に書いてあり、僕はもう上から何番目かになったが、200人近くいる、が...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ