FC2ブログ

記事一覧

どうなった小沢クンの国連中心主義

本当に欺瞞とすり替えのうまい政党だ。小沢クンは「インド洋派遣反対」論をぶったとき、その理由に国連決議がない、ことをあげていた。今度もそうならアフガニスタンとか北に対しては、武力を使えるのか?はっきりして欲しい。小沢クンの日本の安全保障は、国連を中心にした活動にし、日米安保、集団安全保障や独自の平和維持活動は廃止するというものだった。だから国連がアフガンに行く、極端な話、朝鮮戦争のような状況でも参加...

続きを読む

ダンさんが感激した「千円寿司」

先日、幸之助さん本のダンさんにご馳走し、感激された寿司だ。昼しかないが、銀座のちゃんとした店で、1千円だ。「1千円寿司」と呼ぶ名物、持ち出しだろう。唯一の難点は、私は食べないイクラが沢山入ることだ。食べれば美味しいが、通風に悪いらしい。不景気も良いことだ。味が良いので銀座に出ると時々食べる。職人とも顔なじみになった。これで夜は年に1-2回しか行かないから、私は良い客ではないが歓迎してくれる。中国の...

続きを読む

同じルガー08の銃身が変った「セントアンナの奇跡」

スパイク・リーの制作・監督だから黒人にしてあるが、この元は、日系二世第100大隊のモンテカッシーニの戦闘だ。50%が戦死しも退却せず「差別と偏見と闘う」と、戦後、アメリカにおける、日本人の地位向上に大きく貢献したできごとだ。「セントアンナ」は敵地に残された4人の黒人兵と、虐殺を生き残った少年の「奇跡」の話だ。「奇跡」はキリスト教では良く出てくる基幹のコンセプトで、ストリー全体が宗教がかっている。ス...

続きを読む

企画展「甲冑 西と東」

板橋区立資料館は積極的に武具の企画展示、セミナーを行う。板橋が日本の洋式調練の嚆矢となった高島 秋帆の徳間ヶ原があったところということにも由来したいるがその一貫性には感心する。今回の展示の特徴は、15-6世紀の西洋の甲冑とその影響を受けた日本の甲冑を比較していることだろう。西洋の甲冑は身体全体を白磨きの鉄板で覆うが、日本のものは皮革、布、鎖などのとのコンビネーションで漆仕上げである。西洋式に仕上げ...

続きを読む

とうとう出た本音、「給油活動中止」

鳩さんが昨日、宣言した。新政権は来年1月でインド洋給油活動を中止すると。民主党内の輿石派、社会党に迎合した意見だろう。鳩さんはいやしくもスタンフォード大学院卒、国際的な常識はあるはずだ。日本のインド洋給油活動は国際的には大きな評価を得ていることは衆知の通り。国民の支持も得ている。これは平和活動にほかならぬ、また高度な技術を要する作戦と聞いている。1830年代後半、中国大陸の沿岸を封鎖しようとした帝...

続きを読む

自殺者とクリーニング

「サンシャインクリーニング」と言う映画を見た。ニューメキシコ、アルバカーキーが舞台で、何をやってもうまく行かない姉妹が、犯罪、孤独死、そして意外なことに自殺した現場の後片付けをする仕事をすると言うストリーで、日本の「おくりびと」にどこか共通する題材だ。日本の自殺者は増える一方で、今年は35000人ペース。中高年の男性が多いらしい。一方アメリカの自殺率は日本の半分、人口総数で推定すると約45000-...

続きを読む

あいまいな民主党外交と安全保障

昨日、私が書いた。今朝、日経が社説で同じようなことを書いている。遅いが。民主党の国家安産補償政策は「憲法9条を堅持にそれ以外の武力は使わない、集団的自衛権でなく個別的、単独的なものになる」としかとれない。勿論、党の半分を占める、輿石氏率いる「旧社会党」の考え方だ。これでは現実に対応できない。隣国では核と攻撃ミサイルを着々と開発しているのだ。いつになったら目をさます。ノドンは一度に2-300基は飛ん...

続きを読む

労働意欲の価値

現在の景気問題は雇用に大きな影響を与えているが、人間には生涯、何らかの分野で働くことが必要である。幸い、日本国民は学習能力、勤労意欲は他国と比較はできないが、私が観察した、感じでは、高いと思う。また組織的、経済的で、技術性に優れている。このような道路工事でも、ニューヨークで同じことをやると、機材が大型、労働者のチームワークが良くないでちょっとしたものでも長期化していたのを観察した経験がある。橋の下...

続きを読む

知念 健太強し

自転車が重い。高輪の坂をやっと登った。水泳は昨日に続き、午前中に済ます。帰りに自転車店で「重い」とチェックして貰った。もしかしたら、夏で体力が出てない、体重が増えている(2kg増)のせいかもしれない。夕方、出た。後楽園は人、人だ。巨人戦もあった。競馬もあった。夏休みだ。健太の試合は4試合目。先の3試合はすべてKOかTKOだった。デビュー戦が6Rとは、いくらアマでの経験があってもアマは確か1R2分間、初めて...

続きを読む

「難民の食事」ふうに

このピクニックテーブルは自作した。どう製作したか、しかと覚えてないが、工作デスクで材料を切り、横の足だけを組み立てて持って行き、縦板を取り付け、表面を張った。全部、物置においてあった材料で作った。今では、二人でもこのテーブルは持ち上げるのも大変だ。先日の休暇の一シーン。昼に焼きソバを料理している。どうも感じが出てない。不思議だ。コネチカットでも同じことをしていたが、もっとゴージャスな感じだった。ワ...

続きを読む

暑い何もやる気せず。

夏がこんなに暑いとは。当たり前だが、冷房が効いたところから出るのがおっくうだ。気力がわかない。しかし、今日は知念 健太の試合だ。沖縄尚高を今年、卒業し、近くのホームセンターで働きながら練習している。アマで50戦くらいして、インターハイで1位だったので、いきなりB級トーナメントの6Rだ。相手はヨネクラジムの強豪。これは夕方、また後楽園ホールに行かなければならない。背の高い子で、今回はライト級。17階級...

続きを読む

「国家安全保障」に触ぬ政治なんかいらない。

高い税金を払っているのは、国家が国民を守る義務があるからだ。その役目、あの江戸幕府ですらお台場を1年間で建設、なみなみならぬ意志をペリー艦隊に示したではないか。鳩さんの公約(彼等の言葉ならマニフェスト)は、欲に目をくらませる内容ばかり。子供手当て、高速道路、ガソリン、高齢者医療、年金を全員に7万円以上払う(これでは若い層はもう払わなくなる)財源は、家庭で言うなら「倹約して贅沢しよう」と言う矛盾。イ...

続きを読む

蜻蛉とり今日はどこまでいったやら

子供が自然に触れる機会がどんどん少なくなってくる。それで、カレにと思い、虫取りネットと籠を用意しておいた。まだ早すぎた。1歳9ヶ月では身体は大きくとも自然よりトミカに興味を示す。魚はスコップで叩く。私や父親が蜻蛉やヤンマ。それに綺麗なカミキリムシ、クワガタなどを捕まえてきても、気味悪だけ。ネットは真似し振り回すが。虫にはきゅうりを与え、ビールをかけたら大元気、3日間で大分大きくなった。帰る前に全部...

続きを読む

光秀殿、こいつなかなか憂い奴です

ミツハゲ殿はご存知か。カエルにも天然記念物があることを。この近くにはその生息地の沼もあるそうな。これは渓流にいた「蝦蟇」でしょうな。全長は7cmばかり小ぶりながら、毅然として顔つき、まったく微動たにしない態度、心打たれました。先日、蜘蛛を殺してから、岩で滑り、尾てい骨を打ったのには、参りました。温泉の鏡で見たら、尻にも青あざ。蝦蟇は苔の生えた、石の横の砂地で、じっとしており、虫が通りかかると舌で捕...

続きを読む

160人ごぼう抜き

勤めていた会社は富士登山、早登り競争がある。野蛮な習慣だ。職場対抗もあった。もう何十年も続いている伝統とやら。高地で激しい運動をさせたらどうなる。常識で考えても分る。近代的スポーツではない。トライアスロンでもやらしたほうがよほど科学的だが。死んだらどうするのだ。また「最高裁」まで行くのか。中村はプロボクサーで、新入社員、選手に選ばれることは聞いていた。しかし意地悪はされるな、と。果たして160番ス...

続きを読む

不公平とは、いまさら

先日、40余年間で2回目、母校に行った。夏休み前か、女子学生ばかり。とにかく、学校に入学するのも(文科系だのに試験に数学ですよ)、卒業するのも大変だった。そして就職。これも不況で大変だった。決まったのは4年生の9月。会社勤めの間、新入社員としてこき使われる、中間職として、年に10回の海外出張を10年間。くたくただった。その後、10年間以上の海外勤務。必死だった。命がけだった。そして管理職になれば、...

続きを読む

この暑いのに車、焼きやがって。

今日の午後、帰る途中の水戸付近だ。だから、イタリア車は駄目なんだと。違う。でも気温。35度はあった。車は丸焼け全焼だ。多分、ドライバーは無事であったろうが。これでこの場所を通過するに3-40分間掛かった。ここから3車線になるという良い場所だったが、見物で渋滞したのだ。ここに差し掛かる前、日立のトンネルの中と外で、タイヤがバーストしてしまった故障車を2台見た。路面温度の急激な変化だろう。暑いときは車...

続きを読む

ワーイ、亭主より先に釣ったー

昨日の午後は、皆で渓流に行った。婿は昨年、3尾の実績があり、今年こそはと意気込んで来たが、川の水が少ないのか釣れない。娘も釣りに挑戦。亭主よりも先にあげたーと、自慢げな。亭主もやがて、小ぶりながらもヤマメをあげて、めでたし。そのあいだカレは渓流で水遊び。その後は近くの温泉に行った。夜、この2尾も入れて塩焼きを外で作る。野猫が来る気配。折角釣ったものを取られてなるか、外の照明とつけ、つまみとビールで...

続きを読む

古式大会、衣装賞の鈴木さん

この画像は使ったかどうか忘れた。京都の鈴木さんが幕末頃の足軽の衣装を自作したものだ。良く出来ている。陣笠はブリキだそうだ。火縄とか、口薬入れとか、はあるが、当時の雰囲気は良く出ている。私の持っている江戸期の調練を描いた絵巻物、(長野の弁護士事務所が聞いてくるかもしれないが)に描かれている、鉄砲足軽、そのものだ。衣装の色気もセンスがあった。それで、コスプレ賞に選ばれた。銃身をテープで止めたのはいただ...

続きを読む

魚鈴のイクラかスーパーのイクラか。

夏はイクラでは釣れないと言う。しかし蜘蛛や虫はどうも苦手。それで魚鈴でイクラを買って来た。ただそのままでは駄目だ。少し乾かさないと。もったいない。一貫数百円はするものだろう。しかしこれで大物が釣れている。今朝は婿を連れて8時ごろ出た、数百mのところの杉林から降りるところ、まずは大物が釣れたので、安心して、彼の指導をするが、なかなかこれが釣れなかった。そう簡単なものではない。昨夜の雨がどう影響したか...

続きを読む

このオトコどうしても魚が嫌い

午後、山荘にカレらが来た。2泊する。朝から降ったりやんだり、釣れる日だ。午前に、良く行く下の杉林の渓流で3尾釣った。安心した。その間、彼らと妻が来る経過をメールで見ていた。携帯を水に落さないように。到着は午後2時頃かと推察した、午後、家のしたの橋に行った。そこで10分間くらいの間に2尾、大きいのを釣った。それらをカレに見せようと、たらいに入れて生かしたおいた。元気良く泳いでいる姿に感動するかと。し...

続きを読む

横浜開港150周年

様々なイベントが企画されている。だがどれにも行ってない。8月23日、銃砲史学会で銃砲史ゆかりの史跡見学ツアーがあるが、あいにく当日は地区の安全協会の射撃会だ。これは銃砲所持許可に必要だからこちらを優先せざるをえない。霜先生の研究によれば、すでい開港後、欧米系の居留民による射撃競技会が根岸で開催されたそうだ。幕府は横浜が開港して10年を経ずして崩壊したのだ。福澤先生は緒方洪庵塾で蘭学を学び、横浜に行...

続きを読む

工事の影響、橋を見る風景

道路工事はどんどん進んでいるが、工事による影響は大きい。近隣の事業には大いに貢献しているが。この上にある橋は林道の木製の端だ。今は珍しい。橋の下、および下流は釣り場だった。橋の下には必ず、大物がいた。しかし今年はいない。これは上の工事のためだろう。雨が降ると土砂が流れ込む。これを魚が嫌って、支流に避難しているからだろう。でも午後、陽がさしていても、樹の下、渓流の中はなかなか涼しい。風も心地よい。工...

続きを読む

とてつもない公共工事

海岸から内陸に向う道路は確かに貧弱な県だ。横割りに、「山通り」「中通り」そして「浜通り」と3つの地域に分かれており、各々気象も異なる。ここいらは山と浜の中間くらいの高原だ。ここから佐藤会長のいる福島市に行くには、コの字型のルートを取らねばならない。距離的には1時間くらいだが、おそらく2時間近くかかる。うちの裏を通る道路は1kmくらい先でもう一回下におりて、既存の道路と平行する。この工事は平行部分だ...

続きを読む

山百合の花

夏というのに夕方になると20度以下だ。カナカナとセミがうるさい。涼しいから寝てばかりいる。夜に雨が大分降った。朝、釣りに行った。水は濁っていたが、ここには必ずいると思うところに棹を入れて行く。久しぶりに6尾釣った。全部、中型18cmくらいの姿形の良い、イワナだ。元気も良かった。でも雨の後は岩が滑り易いので要注意だ。晴れ間も出たが、曇り。天気は概して良い。夕方は特に気持ちが良い。昨日から、出かけると...

続きを読む

山で採れるブルーベリー

近所のヨシエイさんが来た。彼が栽培したブルーベリーを貰った。現在、農業くらい割りのあわない事業はない。彼も今年は稲作をやめた。それでブルーベリー、ハーブなどを栽培している。どのくらいの規模か知らないが。山間の大きな農家で、納屋も含むと30人くらいは暮らせる広さがある。だが今は彼一人。秋には狩猟をさせて貰う。落穂を拾いにくる、雉、山鳥、雉鳩を撃つのだ。しかし稲作をやらないと鳥どもが困る。私も困る。ブ...

続きを読む

取り壊される「有名警察署」

数々のドラマの『警察署』だった建物だ。実はフィルムメーカーの研究所だったが、フィルムの需要がなくなり始めた頃、閉鎖され、その後しばらく、テレビ、映画などの「警察署」として使われてきた。ファサードの部分に「中央(警察マーク)警察署」などと入れ、警官や容疑者が出たり入ったりするシーンの撮影をよくやっていた。しかしここのところ建物の傷みがひどく、もう撮影に使われることもなくなった。地下鉄の駅も出来て、な...

続きを読む

会社のパーティ

先日の会社がOBを招いたくれたパーティの誰かが挨拶をしていたシーンだ。なぜ固まっているかというとそこに社長がいたからだ。情けないというか、サラリーマン根性が表れていた。虚言癖の☆もその辺りにいた。誰もOB会会長の話は聞いてない。わやわやしていた。新しい役員の紹介があったが、皆、関心もなく、締まらない紹介に終わった。これは最初の社長が監査役からまた役員に抜擢した男に対する反感みたいなものではなかったか。...

続きを読む

『ライフルスポーツ』誌

前装銃射撃協会は各国のNRA,射撃協会の加盟団体である必要がある。なぜなら趣味の団体なので、アメリカ、英国、フランスなどは幾つも同じ目的の団体があるからだ。日本では「日本ライフル射撃協会」そこの機関誌、『ライフルスポーツ』誌だ。本来はいろんな情報を入れるべき存在だが、なかなか難しいらしい。いずれにせよ、アメリカのNRAの『アメリカンライフルマン」のようにはいかない。実はここのHPはなかなか良く出来ていて、...

続きを読む

暗い渓流

西の方では大雨の被害が出たとのニュースを聞いた。午後、2時に家を出た。タケちゃんが道の横の草を刈っていた。横に綺麗な花が咲いていた。「釣れねえだべ」と言っていた。100mくらい杉林の中を過ぎて渓流に下りた。急に暗くなる。水が少ないから巨岩の不思議な光景だ。普段、水があるとこんなふうには見えない。15分くらいしたら、雨が降り始めた。でもそれまでに目をつけていたプールで18cmくらいの中型のイワナ、横...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ