FC2ブログ

記事一覧

オバマ大統領の嘘

軽いジョークだからいいじゃないか。でも行き先の国でそれぞれ受けることを入れるために、軽い嘘が入っている。話がうまいから、また一般的に多くの人間に分り易くするために喋っているから聞き逃す。日本の場合は「鎌倉の大仏と抹茶アイス」だ。果たして、彼が幼少の頃、「抹茶アイス」は日本に存在したか。神奈川の茶店の妻は鎌倉にはあったかもしれないと。しかし、グーグってみると、元祖抹茶アイスと言うのは25年前、また別...

続きを読む

死んでも行くな韓国

ひどい話だ。家族は参っただろう。だれが補償するのか、おそらく「日帝時代」のつけで払えと言うことで決着だろう。厚木の「愛好家」さんがソウルで撃ってきた、と言う話は書いたが、日本人観光客を相手にこんなビジネスの営業許可がでていたとは。恐らく警察や闇組織が絡んだ射場だろう。事故原因はモターが焼けたと言うことだがあり得ない。射場の標的用モーターなど瞬時に発火するものではない。小さなモノだ。瞬時に爆発的に発...

続きを読む

「プリズンブレーク4」を観る

相手は「カンパニー」に絞られる。だが、今までの「ブレイクアウト」「ブレイクイン」それに「ハッキング」がテーマになる。刑務所仲間は自然にLAエリアに流れてくる。ロングビーチの対岸サンペドロに国家安全局が用意したアジトをもとに、「カンパニー」の核心を探らされる。同じように連れてこられたハッカー犯、なんとかヒデアキが加わる。これも天才だがワルだ。勿論、サラも生きていたし、しぶといアラバマ男もひょうんなこ...

続きを読む

モラトリアムは経済破綻の宣告

銀行業界はもっと声を大にすべきだ。今日の国会の「返済猶予法案」委員会可決は日本の中小企業のためでない。これは常定さんに聞いてみると分る。日本の独自の技術ある中小企業はトヨタのような冷酷無常、社会主義的な会社からの下請けイジメに耐えて、立派にやってきた。私は豊田章雄さんが何と言おうが、トヨタはデカイ会社だが立派な会社でない,と言う。しかるに萱場四郎さんが創立したカヤバ工業をはじめ、下請けに甘んじてい...

続きを読む

高輪消防署

いつ頃立てられた建物だろう。少なくとも私の幼児の記憶にもあるから、戦前、もしかしたら、関東大震災後の建物ではないか。ユニークだ。こんな建物はない。前の高輪警察署、これもレンガ作りのいかにも特高がいたような建物だ。この二つはセットで保存すべきだと思う。少なくと映画製作者団体、そういうものがあればの話だが、運動を起こすべきだ。おどろおどろしい、数十年前の雰囲気がこの角で撮影することで出きる。なおこの道...

続きを読む

いやー楽しみだ高速道路無料化

一昨日、常磐道を走っていて、もし無料化が出来なければ国家的な詐欺であり、詐欺犯は結婚詐欺も含め特赦しろ、と誰かが国会で言ったらどうかとふと思った。民主党は、95兆円ものマルクス主義的分配論政策を進行しているが、高速道路の無料化なんて出来るわけがない、道路公団は借金があり、毎年それを何とか返せた経営をしていたのに。しかし、国家論を別にすれば、私にとっては凄くありがたい政策だ。年間1万キロ走行、殆ど高...

続きを読む

インチサイズのねじ切り(ダイス)

先日通りかかりに、近所の鉄工所に入りこんで、主人のTさんと話をした。もう閉めるので、大きなものは売却し、細かいものは捨てると言う。それでこの鉄棒にネジ山を切るダイスのセットを貰った。東京の家には置くところがないので、山荘の作業台に置いて来たが。手で柄を回して切ると言う。いくら柔らかい鉄でもこれは大変な力がいる作業だ。Tさんには息子はいるが食品系の仕事をしていて、跡継ぎもいない、仕事も無いということ...

続きを読む

本田宗一郎さんから貰ったトロフィー

本田宗一郎さんも操縦していた。埼玉県桶川の河川敷きに1100mの滑走路を作ったのは、1960年代半ば頃だ。私は直ぐにホンダフライングクラブに入会した。調布に支部がありそこから、15分くらいで飛んで行き桶川でタッチアンドゴーをやった。大学でグライダーをやっていた。部を批判をし続けてOB会も除名になったが、れっきとした体育会OBだ。ソロフライトは早かった。ログブックを見れば分るが恐らく15時間くらいだ...

続きを読む

山の生活でボケた。パソコン忘れてきた。

とにかく、丸1日間、パソコンが無かった。山荘に忘れてきたのだ。散弾銃の分解、空気銃のケース入れ、弾薬の保管、などなどに気を取られた。言い訳だ。本当はボケかもしれぬ。外が暗くなり、雨がじゃんじゃん降ってきて、家の中は電気を消したら、パソコンを黒いデスクの上に置いたまま、見落とした。電源コードだけは入ってた。それで昨日から今朝は、ケイタイメール、馬鹿にしていたが、大分上手になった。タケちゃんの奥さんが...

続きを読む

山の生活、朝の待ちうち猟

鳥は運動量、つまり飛行するので、軽くなければならず、エネルギーを蓄えておく体でない。だから明るくなると行動を起こし、山の中から、刈り取った田に食料を得に来る。暗いうちから、朝日が出ても日陰になるところにいて、一瞬の間に、鳥が飛んで来て,気づくかつかないうちに撃つ。鳥は、キジバトの場合、かなり不規則で早い。昨日は、行くのが遅かった。もうすっかり明るくなっていたから、向こうからこっちは丸見え。なかなか...

続きを読む

山の生活、山の家

山の中にはこのようにうち捨てられた家がある。この家の場合は道路から300mくらい入っているので、道路際に新居を建てて引っ越した。この田も耕作している。家の前には二つのかなりの渓流が流れており、少し先で交わっている。なかなかのロケーションだ。家は完全に駄目だが、土地は宅地になっており転売できよう。景気が良ければ、こういうところにログハウスを建てるのも良いだろう。一番近い家でも100mあり、この一軒だ...

続きを読む

山の生活 椎茸作り

タケちゃんが作ってくれた椎茸栽培ようの畑だ。この丸太に椎茸菌が打ち込んである。「いつできるの」と聞いたら、来年の秋だそうだ。このくらいで少人数の家族が毎日食べる分はできるそうだ。山では気が長い。来週くらいには、天気もそこそこだから出ると思ったが、今出ているのは、昨年前のものだそうだ。椎茸はそのまま食べても良いが、沢山採れると干して保存食にする。干し椎茸だ。山では、良くみていると保存食の類はとても多...

続きを読む

山の生活 米

もう秋は完全に終わりだが、暖かい。米作をやっている人は出来た米を近所に配る。Iさんに毎年貰うが食べきれない。これで3升、くらいあるのでは。1年置くともう美味しくない。もともと海抜が高く米の出来はよくないところ。多分、酒を造るには良い米だとおもうが、粘りがない、昔の感じの米だ。贅沢は言えない。日本人はかって米本位制の経済を取っていたし、米の生産が全てを支配した。古い米が1斗くらいある。これも困った。...

続きを読む

今年も出た看板

エシエイさんの敷地に今年もこの看板を出してくれた。農業、牧畜をやっている人には、レジャーで山菜獲り、釣り、狩猟などで敷地に入られると迷惑だ。それで、こういう看板を毎年出してくれる。下手な字は私が書いた。私だけは自由に猟が出来るが、まずエシエイさんがいるかいないかをみてからだ。車がなければいない。しかし今年は彼が稲の耕作をやめたから、そうでなくてもいない鳥が来ない。野鳥を見ていると今年は確かに少ない...

続きを読む

この猟期最初の獲物

昨日、釜山の射撃場で何名かの日本人が事故の犠牲になったが、今日も狩猟事故で2-3名は亡くなる。今日から、狩猟解禁。今年は暖かく、葉がまだ多い。これが事故の原因だ。昨夜、新米をいただいた、Iさん、この家から嫁に行ったひと、の田圃に行った。私の猟は犬を使わぬ待ちの猟なので、ここぞと思う場所に行く。今朝はキジを狙いに行った。キジは朝、この田圃を横切り水を飲みに行くのを狙うつもりだった。しかし夜明け10分...

続きを読む

のこったのこったオバマさん

オバマ大統領の日本訪問は何だったのだ、と言われないか、心配だったが、最期に残った。シンガポールに行くのを何時間か延期して、天皇皇后両陛下と昼食を共にされたことだ。日本は古い立憲君主国だ。それを思い出してくれた。天皇皇后両陛下も昨日に続いて大変だったが、こういう時に重要な役目を果たしてくださった。それからオバマさんのヨントリーホールの演説会だ。1500名の聴衆で、アメリカの意向、言いたいことをあらわ...

続きを読む

逃亡者(フィージィティブ)

英国人語学学校講師事件の容疑者がようやく捕まり大騒ぎだった。Mちゃんが彼に似ているから整形をさせたら、と娘が言っていた。冗談じゃない、整形したら余計似てしまう、と言った。なぜ逃げまくったのだおる。殺人としても、死体遺棄としても、良い弁護士がいて偶発性を言えば大した年数にはならない。私はこの逃亡期間を本でも書くつもりだったのかもしれない。ブログ風に書いたら、日本の今の世の中の出鱈目さが言えて面白かっ...

続きを読む

山の生活5 残ったモミジ

今月になり1回、雪が降ったそうだ。しかし、昨日は寒かったが、今は温度はあがり激しい雨だ。これが雪なら大変だ。今年はダラダラと季節が進行した。でももう殆ど木の葉は落ちた。このモミジのようにところどころののこったものもある。夕方、タケちゃんのところで蕎麦うちの加藤さんに会った。生そば3人前いただいた。加藤さんの家の裏に川鵜の巣があると言った。私が道路から双眼鏡で見たのだ。川鵜は魚を全部食べてしまう。川...

続きを読む

山の生活4

昨日は狩猟解禁2日前でそれらしい車が沢山、走っていた。下見のためだ。私も午前と午後、2回各2時間ほど、回った。農業をやる人が少なくなった。高齢化のせいか。今度の農業保障制度はさらに減反するところを増やすだろう。この立派な家も昨年までは人がいた。恐らく売りに出したら、回りの山林と原野が付いて(農地は転売できない、)1000坪くらいで3-400万円ぐらいだろう。古い農家だ。そのまま住める。40分くらい...

続きを読む

金出して人ださず

昨夜の記者発表は白けたと感じた。二人のリーダーがふたりとも力がないからだ。恐らく神保先生などは大成功と評価するだろうが。私はオバマ大統領も困ったと思った。アメリカでは、オバマ大統領は普天間も、インド洋給油も、最初から何も仕切れなかったと厳しい評価されるだろう。アメリカ大統領のアジア外交のステップスローンがこれではと。だが、金を出して、人を出さずは第一次イラク戦争でコテンパンにやられた。小澤幹事長の...

続きを読む

山の生活3 高原の夕焼け

いつも狩猟させてもらうヨシエイさんのところにワインを持って行った。ボルドーの赤が好きなのだ。稲作をやめたのでここは期待できないが。途中、道路に大きな鷹がいた。ゆさゆさと面倒くさげに離陸していった。翼を広げると1・5mくらいあった。そこから山の上までガタガタと登った。ここは絶景なのだ。以前、狐を見た。不思議に顔は見えたが急に消えた。ここはかなり広い。下からは見えないが普天間くらいある。牧草を作るとこ...

続きを読む

山の生活2 イワナの産卵

うちの敷地を流れる小川が下の渓流に流れ込む10mくらいの間だ。タケちゃんの案内でイワナを観に行った。夏は茂って入れないところだ。幅は1・4-1・6mくらいか。奥の水が落ちているところから先、道路の下まで数十mをコンクリートにしてしまった。それでここにこの手前に産卵する。もったいないことをした。コンクリーにしなければ、私の家の敷地をとおりさらにその先で産卵していたと。1kmはあるが。この区間5mくら...

続きを読む

山の生活 お化け椎茸

昨日は昼に空気銃の照準を合わせようとしていたら、タケちゃんが来た。台車に荷物を持ってた。台車に、椎茸の樹、長さ1m、直径15cmくらいのナラの重たいものを3本持って。以前から呉れるという約束だった。建築屋さんがホームセンターで当ったもの2本を夏に置いて行ったが、出なかった。置き方が悪かったのだ。ここぞと思うところの地面の枯葉を取り除き、そこに20cm間隔くらいで並べる。5本、並べるとちょっとした椎...

続きを読む

駆け込み完成滝野川ダム

ニューディールはアメリカ大陸ど真ん中を北から南に流れるテネシー河の水利工事から始まった。このダムは福島県滝野川ダム。最近完成した。今朝7時半くらいの景色だ。まだ水はたまってないそうだ。今日は天皇陛下ご即位20周年。オバマ大統領は由記夫さんを嫌って、数時間の理由で今夜は間に合わない。残念だ。警備の中、鉄砲があるので、はやく家を出た。日本の資源は水。世界を旅していると、水道水(タップウオターと言う)が...

続きを読む

とうとう抜けた線路下

山の手線のうえから、昔、働いていたオフィスを見た景色だ。丁度今、電車がいる位置の下、ここに地下道をつくり、線路の内外が繋がるという構想だった。それでこのオフィスに移転した。遅かった。何年くらい遅れたのか、4年間か、汐留のオフィス街(山手線の外)とこの景色の内側が結ばれておればこの内側ももっと違った状況になっていただろう。イタリア風を売り物にイタリアンレストランが幾つかあったが、ほとんどが潰れた。今...

続きを読む

祖父が書いた葉書

祖父にとって陸軍航空隊操縦士の伯父は大変な誇りであったに違いない。祖父が伯父宛に書いた葉書を史学会発表の表紙に使った。背景はキ二七,九七戦闘機だ。1937年に制定された、単発、単翼、低翼、固定脚、金属製の機体だ。7・7mm機銃2挺を胴体に装備していた。運動性能が極めた良かったそうだ。海軍の九六式艦上戦闘機ととても外観は良く似ていた。しかし、この両機ともを操縦し比較した者はいない。構造は異なった。中...

続きを読む

由記夫さんはずるい

母上からどのくらいの現金を貰ったのだろう。果たして、贈与税は払ったのか。どんどん出てくる。政治家は自分の金を政治資金に使うことが制限されているが、彼は無制限に金を使ったようだ。年間5000万円ほど前秘書が預金からおろし、と言っていたが、こういう場合は大体その2-3倍はあったはずだ。だから過去5年間でも10-15億円くらいは自分の金で政治活動をしてきたわけだ。才能がある、理想があると言っても資金を違...

続きを読む

アメリカの前装銃射撃

今にして思えばアメリカでは1980年代、とても盛んだった。今はかなり絞りこまれ、逆に日本の火縄銃なんかが人気がある。いずれにせよ、複製品で、競技(オリジナル、レプリカの2カテゴリー)そして1ヶ月はやく狩猟もできるのが魅力だ。ケンタッキーライフルで樹の上から鹿を撃ったが、散弾銃のスラッグ弾などとは比べ物にならない命中精度と威力だ。また、拳銃類、南北戦争期のシリンダーに前から装填するものは前装銃だ。当...

続きを読む

泳ぎ納め

屋外プールだから、今月末から3月末まではクローズだ。今月の予定を考えたら、昨日が今年の泳ぎ納め。水泳は冬季にいかに技量を維持するかが鍵だから、週一くらいで近くの小学校で泳ぎたい。今年は88回。計11万m。1回平均1250mだった。進歩はあった。フリーで1000、1500、2000m各々のラップがあがった。恐らくターンだろう。個人レッスンも3回受けた。集団レッスンはどうも苦手だ。5日間x毎日2000...

続きを読む

まったく海外旅行がしたくないこのごろ

多分公私合わせて200数十回は海外旅行しただろう。羽田の時代からだ。昨年・今年は出なかった。一昨年とその前の2年間、各々3ヶ月間、アメリカに滞在した。毎日、ゴルフと釣りをしていた。隣のカールが釣りに付き合ってくれた。そのカールも昨年死んだ。カールの家には妻のとふたつのゴルフセットを置いてある。行ったらすぐできるように。しかしまったく行く気がしない。日本にいるだけで結構忙しい。むしろ新鮮で面白いこと...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ