FC2ブログ

記事一覧

今日の相場はどうなるんだ

景気対策が今の日本に一番重要と言い、書き続けて来たが、反応も認識も薄い。財界人はなぜ黙っているのかと不思議でしょうがない。例えば豊田 章雄さん。恐らく、「組合顔」と「ボケ老人」の政府経済政策担当に対して何か言うことはあるはずだ。今の円高ではやっていけないはずだし、それこそ雇用や労働配分に大きな影響があり、それはデフレスパイラルを加速させる大要因だからだ。章雄さんはそんなことは百も承知して民主党政権...

続きを読む

C-61の車輪

新大阪駅で珍しいものを観た。1947年に製造されたC-61蒸気機関車の車輪だ。大きいが丁寧な作りだ。戦争中、蒸気機関車は製造されなかったと言う。それで戦後の輸送力の増強を図るためにこの機関車が33両製造されたと。実は1953年頃、夏休みに、一ノ関で裁判官をしている叔父のところ遊びに行った。その時に仙台から先でこの機関車が牽引する列車に乗った。一番若い叔父が大学生で同行した。裁判官の叔父はシベリア抑...

続きを読む

失敗した短筒射撃

短筒競技は日本ライフルの3段以上の熟達者にしか参加が許されない。今回の全日本大会ではこれにも参加したが、大失敗だった。原因は弾丸だ。丁度、スリングショット(ゴムパチンコ)の弾で、口径が合うのがあった。とても良い弾だ。少し軽いなと感じたがこれを使った。でもまったく当らないのだ。しまったと思った。この弾は鉛より比重が軽い。合金だったのだ。鉛の弾はもっていかなかったので、数発撃って、止めた。射撃、特に前...

続きを読む

装具改修とホームページ

日本前装銃射撃連盟の理念、および方針、その他ニュースや規約、記録、歴史その他情報、知識は全てwww.mlsa.jpにある。ほかにも事務局から、装具改修の禁止(文化庁の登録制度と銃刀法に反する理由)を通達し、今回は特に写真まで付けて、国際連盟委員会で厳しく言っている照準器をいじることの禁止を会員に伝えてあった。しかし、会計規約のみを決議する臨時総会で、名乗りもせず意見を言う男がいた。良い車を持っているらしいが...

続きを読む

20年ぶりに侍筒を撃った

侍筒競技は十匁筒を使う。十匁筒は口径約18mmで、重い。今回の全日本大会は一般の長筒競技には出ず、侍筒競技にエントリーした。12名が参加した。これも今までにはなかったことだ。私自身はアメリカに行く前に参加し、その鉄砲を向島の名人に預けて、アメリカから戻り始めての参加だから、もう20年近くぶりになる。昨日4発だけ撃ってみた。まあ何とか手ごたえはあるな、と感じた。腕や背中、首の筋力が衰えてなかったから...

続きを読む

今までにない賑やかな前装銃全日本競技会

今、和歌山から戻った。昨日と今日、和歌山県ライフル射場で、装具検査、理事会、競技会、総会をやってきた。競技をやる人間だけで30名以上。関係者を加えると45名くらいの人数になった。ライフル射場近くの大池荘だけでは泊まれなかった。昨夜、寝て、今朝起きたら、国友の広瀬さん、京都の鈴木さんが両横に寝ていて驚いた。天気は予想に反して良く、少し寒かったが、大会は事故なく、大成功だった。若者が入賞の半分以上を占...

続きを読む

池井先生の横浜中華街の話

昨日、池井保教授の「横浜中華街の歴史」の話を聞いた。横浜開港150周年の催しがみなとみらいなどで継続的に行われてきたが、人を集められなかったそうだ。良い催しが沢山、あったように聞いていたが。インド映画祭とか。しかし中華街だけは大賑わいで年間2000万人、95%がノンチャイニーズだったそうだ。中華街は幕末から華僑の町であったが、日清戦争、このときは政府は彼等の安全を保証したそうだ。日中戦争、空襲、さ...

続きを読む

丁度一年前だ。

一歳になったこのオトコ、一年前にはじめてここで土の上に足を踏み出した。それから1年。二歳になったばかり、体は大きい。この家の脇の公園に、すたすたと自分の家の庭のように繰り出す。ブランコに乗り、滑り台で滑り、歩き回る。ポケットパークだから、狭いところだが、私も遊び、子供たちも遊び、そしてとうとう3代目になった。昨日は、銀座に行く、私をバス停まで妻と送りに来たが、どうしてもバスに乗ると、新橋まで行き、...

続きを読む

前装銃全日本大会和歌山

今日はこれから和歌山に行く。現地の従姉妹夫妻にいろいろ手伝ってもらう。今までにないほど大勢、30名以上が4種目の競技に参加、しかも装具検査を行うので、和歌山の出来さんはてんやわんやだろう。早めに行き、手伝う。夜は、ミカン畑の射撃場の近くのオイケ荘に泊まる。簡単に理事会を行い。その後、皆で食事をする。岡山の常定さんも来るし、国友の一行、直木賞の山本作家も。明日が競技で、夕方帰る。画像は仙台筒の特徴あ...

続きを読む

科学技術開発予算カット、海外メディアは憂慮

日本のメディアだけだ。学者の意見と言う間接的な表現で批難しているのは。昨日の日経朝刊社説などはもっとカットする厳しい姿勢をとれと書いてあった。しかし海外のメディアは直接的に、事業仕分けで科学技術予算がほとんど全ての分野でカットされていることを報道していた。神戸に建設中のスーパーコンピューターセンターなんんかは立ち枯れるのだろうか。もううわもの(ハコモノというのは嫌な表現だ、何がハコなのだ。)は完成...

続きを読む

防衛モニターレポート

現在、私の任期の最期のものをまとめている。テンプレートがないので、パソコンで書いたものを貼り付けるしかないが、今回の内容はかなり濃い。ますは日米安保体制、50年間で大きな転機に立たされているという事実だ。今の政府の方針は「沖縄の放棄」にしかほかならぬ。もう手はないのか。そんなことはない。沖縄は昨日行われた「おもいやり予算」の仕分け作業でも、米軍の日本人従業員が多くを占めているし、地代、税金、消費、...

続きを読む

景気対策を忘れてないか?

ここ数日間、日本経済指標はとても悪い数字を示している。株価、為替、その他、良いものは何もない。しかも藤井財務相は、円高を明らかに容認する発言をしている。相変わらずNHKは街頭で、モノが安くなるから良いのではないかというトンチンカンな意見を拾ってきては全国に電波を垂れ流している。7-9月、GDP,閣僚がデータを発表前に出してしまったが、これが良かったのは麻生政権の経済政策効果のためで、新政権になって...

続きを読む

毎日ジムに行っている

現在、私は体重,2kgオーバーだ。本年の水泳は止めたので、毎日ジムで、そこのちゃちなヘビーバッグを叩いたり、筋トレをしている。往復は大体自転車にして、脚の運動にしている。(ボクシングジムは別、週一のペース)昨日は、つわりの娘のために、近くの息子の小中生の友人の魚屋に行き、勿論、子供頃から家に遊びにきていたから顔なじみだ。毛がになどを買って帰った。車の中に妻とカレが入ったままだった。1時間も車から出...

続きを読む

「赤備え」日本独特の武具色

戦国期、日本では隊全体の鎧、武具、旗、などをすべて同じ赤い色に揃えた装備を「赤備え」あかぞなえ、と言った。井伊建夫さんの書いたこの本を読んでいる。武田、井伊、真田とひとつの流れがあったようだ。井伊さんは元は中村さんと言う苗字だったが井伊家の研究をしているうちに井伊の姓を名乗るようになった。鉄砲でも赤く塗ったモノはあるが、佐賀、薩摩、阿波のもので、これらは井伊家の流れではない。この本では「赤」は武田...

続きを読む

空で走らないトラックと「タフブック」

もう10年以上前の話だ。ラスベガスからアリゾナに向う途中、街道脇のダイナー(食堂)のカウンターで食事をしていた。隣に明らかにトラック運転手とおぼしき男が、ラップトップを叩いている。当時、私が担当していたパナソニック「タフブック」の新型だ。ナンやら計算をしている。「何をしているの?」と聞いたら、「ウエイトアンドバランス」の計算さと。重い荷物は一杯に積めない、あいているところに軽い荷物を入れる、そうい...

続きを読む

怖い政治と狂った季節

ここ2-3日、雨が多く暖かい。これはインフルエンザ蔓延防止には良い。しかし、妙に紅葉落葉樹の葉がまだ青いのだ。季節が完全におかしくなっている。温暖化のせいか、単に、海流とか上空気流のためか分らないが。不気味だ。そして「枝野 幸男」の薄ら笑いが不気味だ。人の意見を聞きながら、馬鹿にしたような笑いを浮かべ、指を立てて左右にふり否定し、事業仕分けをしていく。野依 良治博士の「科学技術開発費廃止により、日...

続きを読む

大山元帥の遺品

日露戦争中、満州で大山巌元帥が身の回りにおていあったものが、富士学校の資料館にほとんど完全な形であった。講義の前に見学したのだ。英国の出版物に出てくる大山巌元帥がチョッキのようなものを着ている。これもあったし、わりに大きめの双眼鏡で戦況を見ていた。この双眼鏡もある。毛布、個人料理用の小さな鍋ふたつ、毛布、帽子など。寄贈があったのか。恐らく、歴史に強かったと言う司馬遼太郎氏も見てないはずだ。他にも面...

続きを読む

少し心配な東京アメリカンクラブ

富士からもどり、カレが来ていたが、ゆっくり話しもできず、そのまま高輪の東京アメリカンクラブの年次総会に妻と出た。リー会長に約束していたからだ。先日の日本人の会のときに私が日本人主催者の筋書きになかった発言をしたからだ。それで出ていた役員と日本人委員は私を覚えていた。数字をみると2009年はそれまでに比べると全てが縮小している。これは麻布台から高輪に移転して、三菱地所が建て替えていることにもよるが、...

続きを読む

今度は来る国防費削減

昨日は一年で一番、忙しい一日だった。朝、車で火縄銃などを積んで、御殿場に行った。高速出口から富士学校の車に先導して貰い、須走まで行き、武器学校のために作った「日本銃砲史10章」を200人の開発実験団隊員に話した。実物も3点用意して行ったので、隊員もそれを手に日本の銃砲史の特殊な部分に触れてくれたと思う。昼食は隊でいただいた。またインターまで先導して貰い、自宅に5時過ぎ帰った。ニュースではいよいよ事...

続きを読む

今週のアメリカは休み

木曜、アメリカキリスト教独自の行事、「収穫感謝祭・サンクスギビングディ」で大体、多くの人が金曜また月曜も休むので、何連休にもする。クリスマスも同じだから、その間はまる3週間しか働かない。キリスト教徒でないジューや日本人もこれに乗る。しかしこの休みの意味は深いと言う。1620年初冬、北の地、プリムスに到着したピューリタンの厳しい第一年目、それを記憶するものだ。大体、日本人はタイトルから誤解している。...

続きを読む

レンホウ女史、朝霞の陸自広報センターに行く

自衛隊には恐らく、部隊、駐屯地それぞれに広報があり、主に地元対策を行っている。朝霞の「リックン」は違う。ここは現代装備品の数々を実際に触れる体験ができるようになっており、対象は首都圏の父親と小中学生だ。非常に人気がある。子供に国防、科学的知識と興味、これらを結びつけてうまく展示が行われている。それぞれの駐屯地はその特徴を活かした展示を公開したおり、衛生学校、武器学校は技術史に重きをおいている。めっ...

続きを読む

「ナチス」をビジネスにするジュー映画産業

昨日は休んだ。週末の和歌山行きの準備を少ししたが。午前、タランチーノの「イングロリアスバスターズ」を観て、銀座のなじみの店で昼食、TACに行き、マッサージ機、少し運動、サウナ、そして、延々歩いて家まで帰ったらもう薄暗かった。今日は午前から御殿場に行き、陸自開発実験団の200名に「日本銃砲史10章」の話をする。ほとんどのボランティア活動だ。やりがいある。「イングロリアスバスターズ」はハリウッドジュー...

続きを読む

インフルエンザの脅威

私は年初に読んだ本から「H1N1]ビールスが1918年に世界で4000万に死者を出した、スペイン風邪であることを何度か書いた。今のワクチンにもそう記してある。日本では4500万人の人口で、38万人の死者を出した。旧型インフルエンザはH,Nについている数字がもっと大きい。香港風邪、鳥インフルエンザなども入る。2005年夏に自分自身はひどいインフルエンザに罹った。その日は熱が高く、歩くのがやっとだった...

続きを読む

株価の低迷

とりあえず、日本経済はどうなるか、あまり真剣に討議されてないようだ。事業仕分けは全体予算の1%くらいだからミクロな問題、景気にはあまり関係ないとはしても、中長期な日本の方向性には大きな影響を与える。科学技術開発予算のカットだ。ボディブローのように効いてくる。これをこないだまで台湾人だったレンホウ女史にやらせているのが問題だ。公共事業は3月までは前政権の今年度予算で何とかなろう。その後が問題だ。道路...

続きを読む

久しぶりに六本木ヨルズに行った

昨日は朝、「2012」と言う映画を観に、自転車で快走しヒルズに行った。本当は今、ヒルズには夜行かなければ、綺麗なイルミも見れないのだが。映画はこれとタランティーノの「イングロリアスバスタード」が掛かっていたが、同行者がタランをヘイトしている。(コーエンも嫌いだそうだ。)バスタードはオタク系の若者であふれていた。「2012」は今年の初めにアメリカでは公開されて作品だが、今までにない規模のCGだとケイ...

続きを読む

オバマ大統領と移民法

奥田 暁代教授の話を聞いた。アメリカの1200万人の不法移民対策法案のことがテーマだった。オバマさんの支持率は50%を切った。法案は私が駐在していたころからの大きな問題で、不法移民、ビザなしで主に中南米から来てしまった人たちと、経済悪化のバランスがさらに酷くなった。しかるにオバマさんは公約したように、不法移民の合法化法案を出せそうもない。これが実情らしい。すでに白人男性の失業率も10%に近く、伝統...

続きを読む

何のためのインターナショナルスクール

比較的近いところに、エヌ町インターナショナルスクールと言うのがあり、昔は外国人の子弟の学校だった。今は、日本人が多く、外国人は各々の国、アメリカン、フレンチ、ジャーマン、コリアンなどその地域に住み、に行かせているようだ。いろんなスクールバスが走っている。金曜日のこと、この学校の5人の子供と1人の母親がバスに乗ってきた。なぜか混んでいた。子供たちは出口に立っていた。乗客はほとんどが優先席に座るような...

続きを読む

私利私欲で「郵政」を語ってないか?

郵政改革がおかしな方向に向っている。最初は亀シズサンの私的な恨みからかと思ったが、資産、株式売却の凍結となると、凍結解除にうまみがあるのではないか。これらはもうすでに小泉内閣で片付いたはずで、それの針を戻すと言うのはどうも怪しい。小澤クンの指示ではないだろうか。彼が天皇の次ぎにつぐ地位、関白さまになるには必要な資金。そのためではないか。日本の歴史は勉強してみれば、全部こういう話ばかりだ。〒はとても...

続きを読む

うらやましい自衛官

先日、ボクシングの関係で大学生の就職の相談を受けた。典型的今の良い子だが、特徴がない。4年生だからもう選択肢がない。「自衛官」と言う道、これも大変だが、どうだという話になった。そう言えば、募集事務所から手紙が来てましたと言っていた。昨日は幹部学校の生徒さん、と言っても博士号、修士号ばかりの平均年齢33歳、超エリート集団に2時間の講義をしてきた。小人数のクラスだ。題は「ビジネスマンのみた日本の国家安...

続きを読む

茶番「事業仕分け」

全体予算の1%の削減にもならないことを大々的に公開して行う。フランス革命の時ならともかく、200年くらい前の手法だ。しかも、対象となり、削減つまりカットされる項目には、スパーコンピュータ開発センター、中型ロケット開発、航空宇宙開発、さらに地方の官民共同技術開発(LSD照明など)、科学技術開発系の費用が多い。日本が何を手段として成長してこれたのか、「科学技術」能力の底辺の広さにほかならぬ。民主党議員...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ