FC2ブログ

記事一覧

NHK紅白歌合戦は国民を愚弄している。

皆が集まり飲み始めた。テレビはついたまま。紅白が始まった。大した人は出てない。子供店長で何とかつないでいる。ごちゃごちゃな番組だ。この程度のもので、満足しているのか国民。僕らの金でこのダサい、クサい番組を作っているのだ。それでTBSの格闘技を見たりもしたが、これも過去の試合を何も言わず、入れ引っ張るこの局の常套。このためにDVDをレンタルしたきていた。「CISニューヨーク」と「ボーンズ」と同じような科学捜...

続きを読む

大みそかの突風

朝は家の周りの掃除をした。家を建てるときに敷地の内側1mくらいに開けたからだ。コンクリートをうってある。近所の家は、間に人が入れないから掃除もできず、何十年もそのままだ。ぐるっと苔を落とし、落ち葉、土などを集める。水を流すと言う手順で、年に一回くらいしかやらぬ。それから洗車したら、もう昼になった。良い天気で温かいのでTACに行く。この中はまた別世界だ。走ったり、ヘビーバックを叩いて、体から湯気を出し...

続きを読む

来年の混乱

来年は混乱するだろう。政治、経済、社会、人々の生活全てに渡り。日本人はもう第一次産業に戻ることはないだろう。画像は来年も耕作するつもりで、手入れされた田んぼ、雪の下で微生物が育つ。食の安全とあれほど言ったが日中間ではもうなれあい。沖縄の基地は沖縄になければ基地でないし、基地しか産業がない、と言っては失礼だが、それが現実の沖縄。一番困るのは沖縄の県民だ。しかし選挙では逆の結果になるだろう。小沢クン、...

続きを読む

来年への期待

ようやく、新政権が経済対策、中長期目標を出した。国民はこういうものすら検討せずに投票していたのだから、一体8月の選挙はなんだったのだろう。小沢クンは昔から赤坂近辺の不動産王だった金持ちだ。もちろん、一代でなした。画像は6号線から見た「東京ツリー」。見るたびにたちあがってくる。これはすごいものだ。先日もある人と話をしていたら、「通信ですよ」と言っていたが、やはり経済・景気の背骨は科学技術だ。「世界一...

続きを読む

今年の不愉快だったこと

小沢民主党と由紀夫政権の「政権交代」だ。昨日はピザをとった。なかなか来なかった。一昨日は竹ちゃんところでマグロの刺身を食べた。帰り、月があまりに明るいので驚いた。影ができたほどだ。昨夜は空もみなかったが、ピザを食べすぎ、ワインを飲みすぎた。せっかく、夕方、TACで走り、アミノバイタル(ボクシングの忘年会の賞品)を飲んだのに、腹がまた出た感じがする。毎月、現金で1500万円、何十年も貰い、税金も払わな...

続きを読む

今は懐かしいトンカのおもちゃ

朝、タケちゃんが案内してくれて猪の暴れたあとを見た。大分山登りもした。今年は少ないそうだ。万が一にそなえ鉄砲は持って行ったが。10時過ぎに出て、1時過ぎに東京へ帰った。道路は空いていた。倉庫に置いてあったトンカのおもちゃ。ニューヨーク時代にオフィスの飾りものにフリーマーケットで買ったビンテッジものだ。縁側に出して置いた。夕方来るオトコのためだ。庭の砂利で遊ぶに良いと思ったからだ。この手のおもちゃが...

続きを読む

昔の環境意識

今でこそ、山のなかでもうるさく言うが、一昔前(22-3年前か)近所の渓流に冷蔵庫と洗濯機が捨ててあった。台風でもくるとどこかに行ってしまうくらいの感覚で。しかし、今はもうそうはいかない。火災予防のためにゴミを燃やすのも禁止。この「東北電力会津事務所」の、多分ランクルではなかったか。山に破棄され、朽ちている。これも渓流の脇だから、ここまでくるまだ大変な害を渓流に流し続けていただろう。東北電力のものと...

続きを読む

山歩き

昨日はひさしぶりに家の前の橋を渡り、上の池があるところまで山歩きした。かなりののぼりだ。2時間ほど良い運動をした。鳥はもうこのあたりにはいない。しかし猟期であり、狩猟登録もしているので、2連銃を持ったままだ。これだけが余計な荷物。太陽はすぐに傾きかけるが、気温はそこそこだった。山の上の池は氷ついていた。こぶし大の石を投げ入れるが、割れないくらい。カモ類が池のはたの草みに隠れていることがあるからだ。...

続きを読む

ピアノを燃やす

まったく、やりきれないが。薪置き場に切った、黒塗りの板と柱が置いてあった。誰かが、置いてくれたのだ。タケちゃんに聞いたら、「ストーブで燃やしてくんろ」と山の下に住む人が持って来たらしい。古いピアノの処分に困っていたのだ。よく聞く話だ。もう弾くことが無いピアノ。邪魔なだけだが、売れない。誰もピアノを弾かないからだ。運搬代、処分代がべらぼうらしい。それでこういうふうに壊して、金属部分、木部と処分する。...

続きを読む

山の台所

今回、この年末に山に来た理由は、娘達が移転して使わなくなったもののためだ。捨てるのは簡単だが、ここにおいておけば、スペースがあるので、後で懐かしい。フライパン・中華なべだけで7個ある。外で料理する時使ったりもできる。アメリカ時代のものだ。今回は中型の調理器入れ、これが重かった。タケちゃんが来たときに手伝ってもらいおろして設置、バラバラだが、レンジや炊飯器が入った。都会では焦げ付くプライパンも外で、...

続きを読む

山は雨

本来なら雪のはずだったが、温度が高かった。それが幸いした。あの勢いで雪になったら山道は上がれない。途中で電話した。「雨だ」と言うことで安心して来た。午前中は降っていたが、午後、止んだ。夕方、風が出て温度が下がった。タケちゃんが来てイノシシの出る情報を持って来た。例年はもう猟は出来ない。タケちゃんはこないだ、キジを車で轢いて食べたが、大変美味だったそうだ。道路事務所のO氏が寄る。今日が仕事納めで挨拶...

続きを読む

和弓、日置流季節の的

この伝書を見ていると16-17世紀にかけてが和弓が標的射撃に傾斜し、儀式化した過程が良くみれる。昨日は伝書の糸目はしっかりしているが、表紙がバラバラになりそうなので、和糊を買ってきて補修した。しかし中の文や画はしっかりしている。標的に季節性を入れているのだ。これは現代でもやっているのだろうか。いわゆる陰的の裏にその月の代表的な季節感を描いて行くものらしい。優雅だ。こういうセンスはさすがは日本のもの...

続きを読む

築地市場移転

こうやって眺めてみればすでにゾーニングとしては街に入ってしまっている。画像、浜離宮の先のカーブしている錆びた屋根のところ。この右手はずっと埋め立てられて広々とした土地が続いている。豊洲も大きくあいている。何かこういう話が持ち上がると、否定的な意見が強くだされるが、もうビル街、繁華街に隣接している。何よりもトラック輸送がメインで、昔のように漁船が接岸し魚をおろすことはほとんどないらしい。東京は限られ...

続きを読む

渡久地ジム忘年会

昨日の昼、芝浦の眺めの良いところで行われた。50人くらいが参加した。女性会長となった聡美会長、スタッフ2名、プロ10名のほか、17-8名の女性会員が参加したので、一般の会員に占める、女性の割合は高い。私のいたテーブル、顧問弁護士と9名だったが、4名女性。華やかだ。今年はピューマ会長が病気で沖縄で療養中。それで妻、マネージャーの聡美さんが、会長となり、12月に興業を積極的に打った。その結果が2勝2敗...

続きを読む

来年度予算は日本国に取り返しのつかないダメージを

私は経済学を勉強したが、未熟なエコノミストである。ただし、幸運なことに近代経済学の「経済政策」が専攻だった。先日、ゼミ同窓の会合があったが約半分は民主党を支持していたように感じた。「正しいことは正しい」という観点から言うと来年度予算は、大間違いだ。「チェンジ」とメディアは持ち上げ、街頭の国民諸子は大旨、評価をしている。「日本人の勤労意欲と勤勉さ」を時代とともに失わせる政策だ。しかも大きな不公平さを...

続きを読む

日本の弓矢、矢の運搬

和弓に関してウエブ上に公開している大きな情報は国際武道大学のHPだ。画像の左の箱は実物が大阪城に残されている。それこそ澤田平さんが案内してくれ説明してくれた。戦国期のもので、野戦に際に使用したのであろう。縦横9寸(27cm)、高さ2尺2寸(64cm)の頑丈な箱で、真ん中に棒を通し、2名の兵が前後を担いだ。数十本の矢が入るがこれが2名で運べる限度だっただろう。だから弓矢は鉄砲より、速射できるというが矢...

続きを読む

今年、我が知的活動の総括

最大の活動は、「日本の火縄儒3」電子版を仕上げたことか。それにプラス、日本前装銃射撃連盟のHP,wwww.mlsa.jpを立ち上げたことだろう。英語を含め、文章は全て自分で書いた。「日本の機関銃」研究は一昨年、武器技術資料館の作業より続けている。奥が深い。この辺が知的活動の主流だ。講義・講演、受けるほうはもっぱら交詢社金曜日午餐会とその後、外交研究会には積極的に参加した。回数的には午餐会は30回、研究会には10...

続きを読む

和弓の携帯用矢入れ

これらは多分、狩猟に行くときに使用してものであろう。「矢籠」と書き、「しこ」と読む。私の手元にも何個かあるが、矢が11本入るようになっている。この日置(へき)流伝書の図のものに近いが、矢の数がおそらく、これらの矢籠は少ないだろう。上の孔が開いている板で矢を抑える。左のものは張ってある紐の間を通す。下の革袋に矢じりが収納され、保護される。矢は先日も書いたが微妙な作りで、羽の角度が変わると命中率が悪く...

続きを読む

外交官車に国旗をつけよ

東京では昔ほど気にならなくなった。違法駐車も少ない。ブルー外ナンバープレート。ニューヨークではNYPDの目の敵にされていた外交官ナンバー車。でもときどきこういうのがいる。道路の縁から離れて、曲がり角のすぐのところに。どうどうと。見通しが悪くて、困る。ずいぶん古い車だ。金のない国のかたか?欧米では確か、外交官ナンバーの車には横に国旗のステッカーが張ってあった。日本でも「害交官」車を防ぐ意味でもステッカー...

続きを読む

今年の運動量総括

運動能力の衰えは一番恐れるところだ。プールで一緒になるA氏は私より10歳年上だが、全身これ筋肉の塊、しっかりしている。外交官だった人だ。この人は理想だ。マナーも良い。今年はTACジム165回、うち88回は水泳だった。計11万m。今はトレッドミルで走っている。平均時速4・4マイルで40分間。ゴルフ20回、24Rボクシングジム34回。射撃10回。釣り25日、狩猟4日、ストレッチ施術28回。計282日は何ら...

続きを読む

重籐の弓

和弓の製作はかなり複雑な工程だと考えられる。原始的な弓は木を曲げただけだが、和弓は様々な素材を複雑に組み合わせてあり、漆をかけて固めてある。通常の弓は7尺、210cmの長さがあり、そりと反対に曲げ弦を張る。使うときは画像のそりと逆に曲げる。こういう構造だからところどころを籐で巻き、強化してある。この日置流伝書には6種類の「重籐」、重ねて籐を巻いたからこう言うのか、詳しくは知識がない。別な巻物は10...

続きを読む

でかい靴のオトコ

カレは2歳2か月で、言葉は遅い。電車の中などで、カレよりはるかに小さな女の子がぺらぺら喋っているのを聞くと驚く。でも僕らは全然心配してない。育児の経験があるからだ。やたらに靴が大きい。足のサイズが15・5cmで靴は16・5cmだそうだが。もう少しで小柄な大人女性と変わらなくなる。育児はしたが、こんな足の大きな子はいなかった。どんどん靴を履き替えているので、会うたびに新しい靴だ。 カレらが帰ったあと...

続きを読む

由紀夫さんを国民は許すか

とてつもない金額だ。でもうやむやになるだろう。私の間違いであれば良いが。今回の問題は2種類ある。ひとつは税金問題。もうひとつは本当に彼に責任はないのかという点だ。これが発覚したのは6月、総選挙の2カ月前で、小沢クンの金も問題もあった。メディアは熱心に報じなかった。国民は関心を持たなかった。税金問題。まず収入。贈与なら、過去にさかのぼり税を払ったら、もう責任はないのか。支出。何に使ったのか、5億円ほ...

続きを読む

カレの大好きな・・・

「ガタン・・ガタン・・」と列車と名のつくものが大好きなオトコ。昨日、開けなければ連結器が交換できないプラレールを持ってきたが専用ツールがいるので、開けられなかった。白金高輪で見かけた高校生が運営していた列車。これは絶対気に入ると、連れて行った。まだしばらく時間があった。横のスタバで待った。窓から試験運転している列車を見て、歓声をあげた。2枚、乗車券を買い、1回、100円。2回乗せた。雪のトンネルを...

続きを読む

和弓の変わり的

どういう的なんだろう。この日置(へき)流伝書に出ている的、これらはなかなか優雅なものだ。ひとつは鼓のようなもの、真ん中は限りなく細い。多分、この真ん中に命中させて上下二つの三角錐を分離させるのではないか。「三三九」的としてあるが、元は杯を上下に重ねたものか。全体が十九寸と大きなものだ。もうひとつは全体が十八寸の大きさで台の上に円盤が載っている。これも円盤を落とす、という競技ではなかったか。「九物的...

続きを読む

ミニシリーズ、今年は見た。

HBO,FOXなどのミニシリーズはアメリカにいたころ、行っていたころ見たが、毎週系統的に見れなかった。とくにシーズンが始まる2週くらいは長い。NHKの「坂の上の雲」も90分。それで今年は日本でもレンタル屋にはとっくに出ているが、見てなかった抜けていたところを借りてきてはどんどん、毎晩見てた。「ソプラノス」「ロスト」「デッドウッド」「CSI]「プリズンブレーク」「24アワーズ」などなどだ。ほとんどがハリウッドの本...

続きを読む

☆のないクリスマスツリー

今年のクラブのクリスマスデコレーションは安物だ。昔のロビーは天井が高く、数mのツリーを一日掛けて、数人で設置した。ツリーの上には☆がついてなければならない。☆はイエス生誕と重要な関係がある。☆を目指して、ベツレヘムに3人の博士が延々と旅をして来て、イエスを救い、みつぎもの(プレゼント)を持ってきたからだ。☆の代わりにミッキーマウスの顔を置くような商業主義的発想はユダヤ教徒のものであると、昨年書いた日本...

続きを読む

和弓と猟

戦闘の武器をして使う前から狩猟用として存在していたはずだ。日置流(へき)伝書において、猪と鹿の詳しい図を入れ、狙点を詳しく示してある。真ん中に「征矢(そや)に」という文字が見えるが、これは矢じりのついた太い、実戦用の矢を意味する。かなり早い時期から巻狩りのような方式で猪猟を行ったようだ。推定だが、勢子が追い出した。騎馬射した。犬を多く使った。などの方法でないと、弓ではなかなか猪を仕留めることは出来...

続きを読む

来年は困ったことばかりが・・・・

タイガーファンにとっては、何だよ~と言う感じ。もう少しうまく出来なかつたのか?あんなにゴルフはうまいのに。しかし、来年はこういううまく行っていた個人、組織、会社がとんでもないことに巻き込まれる。そんな感じがする。由紀夫さんは、贈与税を払ってなかったのに、「国民にしっかり税金を払って貰う」と言っていた。谷垣さんはまた由紀夫母上が生きているのに「相続税問題」と発言していた。 皆、私もそうだろうが、ネジ...

続きを読む

矢を入れるもの 日置流伝書より

弓矢はどのくらい実用的な武器だったのかはいまだによく理解できない。戦闘用の弓は長く、210cm、持ち運びに不便だ。それに反対側に弦を掛けるのはなかなか大変な作業で、長時間そのままで置いておけない。映画などではそういうシーンはほとんど見ないが。また矢は鉄砲の火薬や玉と異なり、これも持ち運びが不便だ。矢は大変微妙な調整がしてあり、これが狂うと命中しないそうだ。弓矢は鉄砲に比べたら音がはるかに小さいから...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ