FC2ブログ

記事一覧

見つかった74年前の社のバッジ

どの会社にも歴史はある。特に戦争直前、直後には会社の意思とは関係なく合併させられたり、事業内容を変えざるを得なかったことが多くの会社、組織にあった。私が働いていた会社は戦前は通信社で、今でも2つの通信社はデジタル化に遅れ事業は思わしくないが、兄弟会社だ。大分以前になるが、会社「創立35周年記念」1936年だ、同盟通信と事業合併、分離した。軍部の指示だったそうだ。分離した広告会社は350人規模だった...

続きを読む

25年前の小滝の復活

この敷地を流れる小川に道路から見えるところに小滝があった。横の紅葉に冴え、わざわざ車を止めて撮影していく人もいた。しかし、今はもう崩れ果てた。私がアメリカに行っている間に上流の道路排水が流れ込れこんだ。さらに15年ほど前の低い位置への暗渠のために、流れが急になり、両側も崩れた。見る影もない。今後のさらなる新道路で安全性に問題ありと、少し修復してもらうことになった。私がは昨日の打ち合わせでも図面を書い...

続きを読む

「コバト内閣」支持率

一昨日、出る前に目を通した日経新聞の調査では37%とあったように記憶している。やはり政権交代に期待し、それをバックアップしたメディアの調査は実勢より10%は高いと感じる。福島の山の中に来て、「公約実行」のポスターが雨風に打たれまだ残っている。しらしらしく。公約はようやく、子供手当半分支給で目安がついたが。この福祉のばらまき、ギリシャのような財政破たんは大丈夫か。日経でもこの点が弱いから、一般国民の...

続きを読む

ジョン・エリス「機関銃の社会史」

平凡社から10年ぶりに新書板が出た。写真が元より格段に良いのだ。訳、越智道雄、現代「ソーシャルヒストリーオブマシンガン」私が「日本の機関銃」を書いた時に読み、機関銃が帝国主義と植民地の境と定義したもとだ。16世紀の「鉄砲」、19世紀末の「機関銃」、日本には2度伝来があったと。エリス氏は機関銃の機構や性能を語っているわけではないので、その面では物足りないが。「ガトリング」は黒色火薬の汚れを分散するための機...

続きを読む

天下り談合は本当に悪いのか?

と言っているNHKさん、朝日新聞さん、どうなのでしょうか。社員をある年齢に達したら、どこかに移籍とかさせてませんか?実質的な「天下り」、まあ「天さがり」のケースもあるが、そうではないのでしょうか。どんな組織、官庁、民間会社もピラミッド組織だ。役員になれない局長クラスは、私のいた会社では関連会社に行き、社長になった。そしてあと3年間、社長をやり、顧問を1年間。この1年間は前の年の住民税を払うため。また...

続きを読む

雪の朝

昨日の夕方は外は零度だった。静かだが寒かった。それで今朝、目覚めたら雪に地面は覆われていた。川を見に行った。水が落ちるところは氷、つららが下がっている。道路工事の影響があるので、釣れるか釣れないか分からない。ジムニーは車検から戻っていた。昨日、ガスステーションに寄り、支払いもしてきた。釣りの際は直ぐ近くでもこれで行く。中に予備の棹を道具が入れてあるし、何よりも私がそこにいると言うことが近所の人に分...

続きを読む

皇太子さま(現陛下)がいただいたライフルサイト

石油ショックの時、イランに行かれたのは当時の皇太子さま(現天皇陛下)であった。昨日、武器学校資料館で調べたら、イランのパーレビ国王は皇太子さまに、イラン製のブレン機銃、とスポーティテイングライフル、ボルトアクションの・303口径を贈った。それらは今、資料館のプレゼンテーションケースに入っている。ブレンは製造に250工程もあったようだが、これは手作りの素晴らしいものだ。もうひとつのライフルは、日本で...

続きを読む

電話線断線

昨日は、昼に土浦駐屯地に防衛モニター終了の挨拶により、司令から新たな委嘱、資料館アドバイザーをいただき昼食した。それから福島にブントで向かった。うーん、スピードが出ない。しかし無事に着いたが、これほど寒いとは。それにパニックになったのは、固定電話が通じないのだ。ADSLの工事をしたというのでその時忘れられたか。タケちゃんのところに行き、彼が焼酎飲んでいる横で畳に寝っ転がり、青木さんにメールを打った...

続きを読む

世界大会前装銃

別行動で別な便、日で行きたいとする人たちがいるので、まあそれは良いだろうが、折角、ラインハルトさんへの面会などを苦労して手配したのに残念だが。アメリカ選手団は別行動は原則許さなかった。バッキーのリーダーシップだったろう。過去の世界大会の話を昨日、小野尾顧問に来ていただき話して貰った。今度は鉄砲を持って大統領府には行かないが。アポもとってない。画像左が小野尾顧問。応援団は試合のときは自分たちで観光す...

続きを読む

自分でも笑った「5点」

すごく神経を使った一日だった。寒かった。大会は無事に済んだ。しかし銃器検査でまたもめた。これは委員会、会長、副会長、銃器委員、事務局長5人で別途、慎重なる協議を行うとした。競技中、ある射手の標的枠が外れた。競技規則では、初めから打ちなおしが出来る、と残りの時間を射手が選べるとある。それで彼は競技後、10分間3発の追加射撃を行うことになった。上位に入る成績だ。しかしこんなこともあるのだ。不発、不発、不発...

続きを読む

今日はまた千葉ライフル射場に

昨日は準備、今日は競技会でまた行く。競技会は本年度最終のものだ。そのあと理事会。4月18日のポルトガル修好150年記念古式大会の打ち合わせもある。福島の会長も来られる。昨日、夕方、ゴルフ場の支配人からの電話、来年度の会費のことだ。来年度、4月からゴルフができるかどうか分からないと答えておいた。それから妻、娘と夕食にアダンに行った。私は競技の進行を手伝うので短筒しかでない。6名参加するそうだ。ポルトガルの...

続きを読む

短筒射撃

私はどうもピストル系射撃は苦手だ。良い点が出ない。今日は明日の安斎杯選手権競技会の、準備、銃器検査に行き、短筒36発撃ってきた。検査は向島の名人、青木さんと3人で、記録をとり、シールを発行した。10挺くらいやったか。自分の射撃はユーチューブに載せるつもりでビデオで撮影した。すでにこの短筒は30年近く持っている。一時は65点くらいは出たと記憶しているが、その時どういう玉で火薬はどのくらい、と言うよう...

続きを読む

停止した春

昨日は日が射した。金曜日午後は銀座から東麻布まで走る。スーツ姿のままだ。今の季節だからできる。渡久地ジムで直ぐに着替えて、ユウキ君とミット打ちをやり、また速足で家まで。途中、釣りに使うイクラを「なにわや」で買った。1400円。今日と明日が千葉ライフル射場での練習と競技。車が修理中だが、一昨日の夜、雨のなか、林さんがフィアットの新しいのを貸してくれた。代償はいわなの燻製、猪肉だ。昨日も、ジムにいた間...

続きを読む

オバマ政権の核論争

丁度一年前に、オバマ大統領はプラハで命がけの演説を行い、核廃絶を論じ、ノーベル平和賞を受けた。世界の核は必要なのか、使えるのか、うまいところを突いた。ロシアとの交渉が進んでいると神保教授は言っていた。核は新しい△、防衛、攻撃、そしてインフラ、と言う3つの極を形成しているとのことだ。核は使えるか。少なくとも第一グループ、米、ロ、英、仏などは使えまい。今の問題地域は3つ。1、インド・パキスタン、イスラ...

続きを読む

オバマ政権の安全保障論と日本

「オバマ政権」の安全保障論についての話を、昨日は午餐会、外交研究会、続けて神保教授の話を聞いた。両方とも彼が講義し、結果、大分、教授を見直すことになった。さすがの民主党ファンの教授の普天間迷走でもう少し大きな視点でみてた。地勢学的にみた日本列島。大陸の国々にとっては太平洋の出口を塞いている。日本列島の第一ラインと、マリアナラインの第二ライン。ここまで日米防衛線を後退させたい。何てことはない、グアム...

続きを読む

限度額2000万円

多分、2000万くらいの現金をもっている人たちが多いのだ。一体経済をどうするつもりなんだろうか?今の政府は普通にやる政策と反対のことばかりやっている。これでは一生懸命働いている国民や企業はたまらんはずだが、ほとんどの人間は事態を正確に把握してないだろう。この何カ月間かで日本はすっかり30年以上前に戻った。すでにあのカメと言うかカニような、学生の時、犬を殺して食べた、おじさんは郵政は限度学2000万...

続きを読む

まだ民主党かよー国賊中井 洽は腹を切れ、皇居前で。

もともと信用ならない奴らの集まりが、自分でもわけのわからない福田さんみたいな候補者をたて、大勝利した政権だ。だけど中身はドロドロに腐っている。病気ばかり。昨日は昼に二つのHP作業を交詢社で打ち合わせ。銃砲史学会は4月1日開設とした。前装銃射撃連盟も英文を増やしていく。そのままアメリカンクラブに行った。運動したが、さて釣りに行くときまで常備薬があるかと、天気も悪く、病院オタクが少ないだろうと、ヨルカワバ...

続きを読む

「沈まぬ太陽」JALの再建

まあ、古い人間には無理ではないか。JALが今の状態になったには二つの原因があったと思う。ひとつは会社が政府の利権だったのだ。だから不採算路線を限りなく飛された。不採算会社と合併させられた。成田の不便、高い使用料のつけろずっと背負わされた。もうひとつは社が完全な民間会社になってなかった。社員にそういう意識があったとは思わない。しかしその再建。この古い電話機で話している古い人間にできるとは思わない。再...

続きを読む

赤旗の不気味

先日の彦根の火縄銃のイベントの開会式だ。どうもメーデーのような感じだ。果たして古来、日本人はこれだけ赤旗を使ったのか。井伊家は赤揃えと言い赤い鎧、装具で有名だから赤を多く使ったのだろう。しかしデザイン的にみえば赤は他の色との対象で目立つのだ。共産党が、ナチスがそして今は中国が使っている。中国の赤は「金赤」と言い、あまり上品でない色だ。赤にもいろいろあるのだ。井伊けのは「朱赤」に近い。ナチスは黒を対...

続きを読む

安斎實氏の思い出

「鉄砲」に関心を持った理由のひとつは同氏との出会いだ。私は「航空機」か「銃」を選ぶかで入学した時に迷った。「航空部」か「射撃部」だ。悩んだが「航空部」本当にマイナーな部だったが、それに入り、免許はそれこそ日本人では珍しほど保持している。射撃は社会人になってからだ。特にアメリカ駐在になり研究も始めた。昨日も「日本前装銃射撃連盟」www.mlsa.jpと「日本銃砲史学会」www.fhaj.jpの両方のHP作業をやっていた。昼...

続きを読む

どえらい工事と民主主義

タクシーの運転手と良く話す話題だ。首都高で地震にあったら、死を覚悟していると。1960年代、半世紀前に河川の上に作った道路だから、地盤が弱い、柱が細い、今の車の重量、走る量で相当な負担が掛かっている。6号をよく走るが、道路が倒れたら、春のうららの隅田川だ。近所、ひとつの交差点、ここは柱がないがうまい具合に補強した。しかしかなり長い曲がりに何もない。もうひとつの3本の道が交わるところ、もう何十年も走...

続きを読む

顔が変わったタイガー

今年1月に2回ゴルフした。調子は良かった。体が良く回る、小技が我ながらうまく、スコアも良かった。しかしそれ以後、鉄砲関係3団体、世界大会のこと、百人町などで、福島にも行ってないし、ゴルフもしてない。タイガーのインタビューをバーで見ていた。とんでもない逆DVだ。顔が変わってしまった。息子は「タイガーは良くみると変な顔だった」と言っていたが、それでも試合の後のボクサーのように腫れている。こうなるとかわい...

続きを読む

澤田先生の情熱

昨夜、12チャンネル、3流地上波だが、「鑑定団」の最後のシーンを見た。小刀を差し、胸当てをした武道衣裳で、収録が終わるやいなや真っ先に席を立った。3週間くらい前の収録だろう。彼は立派な研究をしている。先日、彦根では「大阪城鉄砲隊」を統率し、ご自分でMCを務めながら、短筒を撃つ、大阪城を攻撃したという一貫目筒を若者、2人に担がして、ステージからぶっ放した。なぜ大阪城鉄砲隊が、攻撃側の大鉄砲を撃ったのか...

続きを読む

どこでどうネン転しているのか線路

最近、品川から有楽町までの間、JR山の手線を良く利用する。昨夜も品川で乗り、田町で降りて歩いた。車両も新しく綺麗だ。駅も良くなった。山の手線は円を描いて走る。京浜東北線は品川から入り、またどこかで出て行く。カレが鉄道好きなので、シールで遊んでいるのを見て気が付いた。山の手線と京浜東北線は、品川と田町の間、この区間が一番長いらしいがどこかでネン転している。品川では同じホームの山の手線は、田町では行き先...

続きを読む

由紀夫内閣支持率高し、天気清朗なれども雲行き怪し

今朝のCXフジテレビを見ていたら、週末調査の結果を報道していた。まだ30%のひとたちがこの何も公約を守らない政府を支持しているのかよーと少しおどろいた。小沢クンは自分の土地を基地用に買わせようとたくらんでるし。エム崎先生みたいに、何も知らない善人が由紀夫さんのブレーン。ジンポー先生に中国のグーグル問題を2カ月ほど前に提起したが、まあそれも彼は深刻に考えてなかったのではないか。エム崎先生の「中国がなぜ...

続きを読む

前装銃サイトへ彦根の演武を書く

とカメラは2台持って行った。同行したジャーナリストに撮ってくれと大きいほうを渡した。自分では小型をドウラン(弾入れ)に入れて、100ショット撮った。途中でジャーナリストは自分のカメラの電池が切れたので、僕ので撮ると言いに来た。僕のは両方とも新しい電池。ところが20枚くらいしかとってない。そのうち10枚は「ああ井伊直弼公」という直弼公本人も心外な踊りのシーンだった。さて、前装銃HP(http://www.msla.jp)...

続きを読む

彦根の町の素敵な建物

建物、建築はアートだ。週末に彦根に行ったとき時間はなかったが、この町は戦災に遭わずと感じた。30年ほど前に城の博物館を途中下車した見物したことがあった。もとより私は国内の地方都市は驚くほど行ったことがない。素敵な建物がいたるところにある。街角には銀行(信用金庫)、堀の横には滋賀大学。いずれも並みのデザインではない。作りもしっかりしている。でも2-3年で壊されてしまうのだろう。鉄砲を研究するならもう少し...

続きを読む

彦根の鉄砲

彦根のイベントに彦根の鉄砲を持って行った。無名だが、井伊家の「井」の象がん。火ばさみの軸に「橘の花」、台に「彦根住」の墨書き。程度は良い。4発空砲を撃った。二重ゼンマイカラクリの高級品だ。オレゴンで吉田さんとガンショーに行って見つけたものだ。同時に「三八式騎兵銃」折り畳み銃床も見つけた。これは帰国前にマニオンに出した。 海軍陸戦隊の空挺用の珍しいものだ。この火縄銃、彦根の人たちにみせたが、まったく...

続きを読む

演武のあとかたづけ

23団体も出ると、大変だろうが、小人数のところは割に楽だ。百人組は16人が舞台に上がったので、2列になった。間隔1mは少し狭い。でも街中の演武で慣れているので、失敗はなかった。女性が4人撃った。でも今朝、開けてみるとこの有様だ。幸い濡れることはなかったが、鉄砲の手入れも必要だ。舞台で小人数で撃つとこのように余裕がある広さだ。米沢藩の古式砲術会。...

続きを読む

頑固町工場オヤジの科学

「鍛え鉄と鋳造鉄の区別もつかん学者がいるけん」と岡山弁で言う。 先日、電話が掛かってきて、国際連盟ディビット会長に聞いた、ウイルキンソン前装ライフル銃の内容を説明した。ほとんどの人は鍛鉄と鋳鉄の差は分からない。今の鋳鉄は形は良く出来ているが、内容が違う。ウイルキンソンのような高級銃は質の高い、鍛鉄(たんてつ)製だ。やはり学者は10m先から見ても判定して欲しい。頑固オヤジの言うとおりだ。この画像は頑...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ