FC2ブログ

記事一覧

芝辻砲の謎

現在、靖国神社遊就館.2階の廊下に展示されている。目の前は零戦52型が下のホールに。以前は外部に置いてあった。大阪城攻撃に使われたと言う長さ3mにおよばんとする巨大な砲だ。佐々木稔編「火縄銃の伝来と技術」吉川弘文館刊によれば、画像、峯田元治、銘、慶長十六年芝辻理右門とあり、正確なデータは全長2870mm、内径93mm、外径111mm-130mmだそうだ。重量はどのくらいあるのだろう。(径の単位、一桁ミ...

続きを読む

車のとめ方

駐車するところがあるかどうかわからないで歩いて行った。あまり暑かったので、これだけスペースがあったら、今は飲んでないので、車だったなーと、歩いて、昨夜の帰途思った。家に着いたら、気象情報がまだ30℃あると。「こまめに水分をとれ」とはどの程度のことか。水は確かによく飲んだ。私は車を駐車場に頭から入れるが、日本の駐車場はどうも構造がそうなってなく、車止めに下が当たることがある。勿論、かすった段階で止ま...

続きを読む

気賀健三ゼミの会、もう出ないつもりだったが。

大学の同じゼミの同期会。もう出ないつもりしていたが、暑い中、三田まで歩いて行った。ゼミには35名いたが、20名が出席した。境遇が似ているのだ。仕事を止めて、妻との生活に不安を覚えたこと。子供はなかなかいいところまで行っているが結婚しない。みんな何らかの活動はしている。親の介護。孫はいる人は半分くらいだっただろう。「いやーかわらないね」とお互いに言うが大変わり。分からない。ここにいる者はまだ2-3人は教職...

続きを読む

キムヒョンヒの変なかつら

おかしいと思う。このかつらのことではない。変であること、を明確に言えない日本政府、日本メディア、きれいごとで済む話ではない。拉致問題は国家の主権をおかされても、日本が日本人を守れなかった、重大な事件だからだ。韓国には韓国の思惑があろう。戦争にはしたくないだろう。しかし、日本国憲法で国際的問題を軍事力で解決しない、と決めてあってもこれはそれには相当しないと思う。テロ行為だからだ。私は今夜の横田ご夫妻...

続きを読む

北方領土は帰らず

今日の防衛懇話会で「ロシアの軍事情勢ー国家安全保障戦略と軍事ドクトリンの分析を中心に」と言う題で防衛研究所、兵頭慎治氏の講演を聞いてきた。ソ連崩壊からロシアへ、先日もロシアの復権に伴い、磁石のように吸い寄せられた旧ソ連圏の国々の話を神保先生から聞いたところであった。プーチンのとてつもないリーダーシップで、「タンデム」体制の元、着々と軍の近代化に励んでいるが、周囲の国々と(グルジア戦争はあったが)軋...

続きを読む

キムヒョンヒに振り回されている

諜報や破壊活動に直接関わるものは全体の情報や目的は知らされないのが普通だ。軍隊でも日本軍は兵卒からはほとんど情報がとれなかったそうだ。中井・鬼がわらも、銃刀法ばかり締めつけても今回は駄目、何の情報も取れない。今回のキムヒョンヒ来日は韓国側は哨戒艇事件への、日本側は過去一年間、拉致問題に関して何もしなかったことへの政治的な思惑が一致して行っていることだけだ。インコは北のテロリストを釈放した本人だと言...

続きを読む

十手、この不思議な武器

時代劇に出ている十手は作りも使いかたも出鱈目だと名和先生は書いた。十手には主に2種類あり、目付以上の武士がもつものと、所謂おかみが民間に任せていた治安のために出したものだ。この実物は後者である。小型だが、とてもバランスが良くで、日本以外でこのような警備のための防御武器は存在したのであろうか。ちなみに6尺棒(今でも少し短いのを警察では使っている)、袖がらみ、さすまたなどの長モノだ。これは打ちモノと言う...

続きを読む

キムヒョンヒは本当の全体像なんか何も知らない。

今朝の閣僚の出勤をみていたら、やはりゲバ棒の仙石は青いバッジも羽も付けてなかった。ダンボとレンホーが、青い羽に妙に、触っていたのが気になった。なぜバッジを止めて、青い羽にしたのだろう。民主党は。元死刑囚は新しい情報などはない。ただ退屈しのぎに来ただけだ。それと政治的な思惑だけ。それを由紀夫の別荘に泊める。今まで民主党内閣は1年間、拉致被害の対策を何か行ったか?何もしなかった。小泉君はいろいろ言われ...

続きを読む

監視員のいないところでは絶対に泳がない

この連休中、急に夏になったこともあり、毎日数名が水の事故の犠牲になった。特に親が目を離したすきの子供の事故は痛ましい。基本的にはライフガード(監視員)のいないところでは、泳がないが原則だ。特に川は危険だ。私はプールでは泳ぐが川は敬遠だ。川は見ると水面が流れはゆるやかでも、水面下も同じように、むしろもっと早く、複雑に上下、左右に流れているのだ。日本ではライフガードはプールと、海水浴場にはいるが、役に...

続きを読む

フリントロックピストル

火縄式短筒に比べたら、はるかに合理的、実用的だったと思う。長い銃は戦闘に使うから、その発火が火縄でも火打石でもあまり差はない。しかしフリントロックピストルは屋内、護身、暗殺、もしくは騎馬、接近戦に使われたので、装填しておけば、ハンマーを上げて、引き金を引けばよい。この画は「バーナーマン」カタログのものだが、ベルギー製、.70口径、9インチ銃身と言うからとても大きなものだ。銃身のながさは23cmくらい...

続きを読む

猛暑

夏はこんなに暑かったか?先週までは湿気があったが楽だった。山は夕方になると12-3度、とても過ごしやすいし、湿気をとるためににはマキストーブを燃やしたほどだ。今朝は、早目に泳いできた。しかし帰り、昼に掛かったがまた大汗かいた。世界的に猛暑だそうだ。中世、12-4世紀ごろは温暖化で、穀物の生産が上がり、人口も増え、その結果、国家と言うものが明確になってきたと言われている。同じ党でも、「小沢サンに会いたい」...

続きを読む

ダンポ枝野は威張り過ぎた

あの耳の異様にでかい「ダンポ」こと枝野は、レンホーさんがいなくては、何もできないと言うことでザ・ニュースペーパーにはおちゃらかされていた。「ダンボ」の事業仕分けの態度は、弱いものいじめ、あまり見ていて感じの良いものではなかった。しかし、最近「ダンボ」の出番がない。これは海釣りが好きの小沢クンの影響だろう。小沢クンは反逆者は絶対に許さない、マフィアの親玉のような陰険な性格の男だから。少し、「ダンボ」...

続きを読む

警官の家庭訪問

先週、福島に行っていたときだ。釣りから帰るとみたこともない小型ポリスカーが止まっていた。とても若い警官が「訪問」ですと来た。山村では過疎化が進むので、町のはじの駐在所、からこうやって、管轄の山村をひとつひとつ、一軒ずつ回っているのだ。銀行もATMもないから、元々金もないから振り込め詐欺とかはあまり問題になってない。車は1人、1台にしても交通事故もあまりない。家には鍵は掛けない。掛けてもあまり意味はない...

続きを読む

暑い日の一番暑い時間に

日曜の渡久地ジムは午後2時からだ。午前中は横浜の母のところに顔を出してきたが、会話が通じない。頭は大丈夫のようだ。パソコンを操作してすぐ写真をだしたり。しかし言うことが聞こえてないのだ。昼、体がだるく、ごろごろしていたが、思い切って、少し早目にジムに行って、一番汗をかく運動、ボクシングをしてきた。神谷君とのミット打ち。中村幸裕がすぐあとに来た。減量だ。あと4kg。不機嫌だ。あまり話かけても意味はな...

続きを読む

社長との会話

任期4年目だそうだ。今までで一番余裕があった。先方から「いやー君が総会に来なかったので、寂しかったよ」と声を掛けて来た。自衛隊の「パック3訓練」の見学と重なったので、申し訳なかった、質問は用意していたのに、と。「この会社の社員賭博のことですよ」と。そういえば「甲子園賭博はある出版社の人間が30年ほど前に考えたのは良くできていた」と真剣な顔。正直な人なのだ。私が部長のとき、上司、局次長だった、バブル期...

続きを読む

共産党とサユリスト

マルクス・レーニン主義が過去のものになったのに、日本の共産党支持者、京都以外も東北各県、東京、大阪も高い。考えようによっては、あのべたべたしゃべる女性党首の党より明かいだ。自衛隊も原子力も当たり前だが認めてる。べたべた党は否定している。吉永小百合さんも党員だし。私の尊敬する湯川れい子さんも。小百合さんはいかにも若いころ左翼だったジジイ好みで、テレビのCMはそれを狙っているが。私は気持ちが悪い。昨日は...

続きを読む

参院選挙結果

昨日の外交研究会、神保博士の資料でようやく明らかになった。選挙区別で不思議なのは東京の民主党支持だ。私の周りもケイスケ先輩、神保先生もそうだが、インテリゲンチャンは民主支持。しかし、あれだけの政治とカネ。腐敗そのものだが。由紀夫さんx小沢クン=4倍の腐敗だと思うが。レンポーに入れたからだ。ミーハーと言うか良識がないと言うか。自民の2.4倍。都民は政治とカネに関心がないのだろうか。そして1990年ごろに否定...

続きを読む

これは分からん縄文土器

湯本の「考古学資料館」で見せてもらった、出土した縄文土器のかけらだ。これを手入れして、パズルのように組み立てて行く。大きく欠けている部分もある。それはあてもので形を作る。でもこれが土を掘っていて出ても、まずはその価値は分からない。田や畑を耕作していて、こういう異物だけを丹念に、勿論何かはわからないが、小石などと一緒に畦に積んでいることがあるそうだ。それは宝の山だ。土器の大きさ、デザイン、(薄さもあ...

続きを読む

南北戦争、幕末期の弾薬入れ、銃剣差し

軍用先込銃(前装銃)はライフルのないフリントロックからライフル付き、19世紀初頭にパーカッションロック・ライフル銃が出て、さらに19世紀中ばには、それを後装式に改造するようになった。欧米でも約半世紀でこの大変革が進行したわけだが、日本は幕末から維新、およそ15年間くらいに凝縮された。(高島秋帆はもうすこし早くフリントロック、滑腔銃を輸入し、研究していたが)それらに使われた、歩兵用の弾薬入れと断面が▲の銃...

続きを読む

会社のOB会

少しは明るい兆しが見えたのか?ワールドカップ、参議院選挙、石川遼などで。外交研究会、旅行会社さんとの打ち合わせのあと、夕方「社友会総会」に出て、そのあと、会社がOBたちを御馳走してくれるパーティがあった。社長のあいさつ。どうみても役員が並ぶと、フツーの感じでない。OBはもっとひどい。刺青シャツだけの男もいた。手づかみで食べていた。クリエイターだったのか。会社は伝統的にOBを大切にする。料理も銀座の一流ど...

続きを読む

警察人生

このブログのカテゴライズはあまり良く出来てない。今日、聞いた話などはどこにも当てはまるものではない。銃刀法で人権を無視している警視総監、元、米村 敏明氏だ。警察庁と警視庁の差から、彼の公安としての話だったが、ふたつ残るものがあった。小渕さんの秘書官をしていたそうだ。「拉致問題」最初は新聞記事にもならなかったが、本当だった。帰って来た方々はすでにあの国で○○だった人で、まだ死亡したと言うが「途中」の方...

続きを読む

逃した魚は大きかった

先日、2回も岩場から釣り上げたが、針を外そうとして、暴れられ、落としてしまし、しかも地面を蛇行して逃げられた、大物、このことを考えていた。本当に大きかったのか?これはアメリカのフリーマーケットで見つけた、恐らく半世紀ほど前の渓流釣り用具の一式だ。籠の入り口は幅4cmで、台形6x5cmくらいで、大きくない。せいぜいブラウントラウトなら30cmくらいの大きさまでだ。今使っている、中国製の保冷バッグの入...

続きを読む

上下2連の火縄短筒

前装銃射撃国際ルールでは、オリジナル銃(数が限られている文化財)とレプリカ銃(複製品)とに明確に分けた。これを理解しない、日本人が多いのにも困ったものだが。さて、スコットランドの男、いろいろ聞いて来て、なかなか良いレプリカ短筒で競技にでるそうだが、こんなのものを作ったと写真を送って来た。テレビで活躍のエス・ヘイ先生も、これをしばらく使ったら、貴重な資料です、と言いかねないものだ。なんと上下2連なの...

続きを読む

重要な英文文章

世界大会までに3つの英文を書かねばならない。福島はインターネット環境が縄文時代なので、間違いを直して貰ったファイルが数時間遅れてきたので、開けなかった。それで戻り、まずは一つを片付けた。日本の銃砲所持と登録銃のオリジナリティのことだ。火縄銃を実弾射撃する連中は大体において所持許可ももっている。所持許可は人間に、登録証は鉄砲にが基本だ。火縄銃の射撃には、銃刀法と、文化財保護法の両方が適応されるので、...

続きを読む

縄文人の家

福島県には縄文遺跡は多いらしい。いつもは常磐道を飛ばして帰るが、今日は湯本の考古学資料館に寄ったので、いろいろ考え事をしながら戻り、疲れた。九州は大雨だと言うのに、東京に近付くと西日もきつかった。W氏が当家の敷地の林の中、丁度畳10畳分くらいがポカッと開いているところに気がつき、ああいうところに家を作ったのですよ、と言った。確かに不自然に開いていた。写真を取るのを忘れた。これが縄文人、の家だ。煙は...

続きを読む

割が合うのか風力発電

帰途、トンネルの出口で見かけた風力発電用のファン一枚だ。夜中にここまで運んで来て、昼は休み、又夜中に運ぶのだろう。来る時は直径2-3mの30mくらいの筒がおいてあった。果たして、ここまで狭い曲がりくねった道をどのようして運搬してきたのか。そしてこれを山の上に持ち上げて、発電機を作る。どのくらいの電力が発電ができるのか。このだけの手間だけでも相当なる費用だ。海辺に作ればよいのに、なぜ、こんな不便な山...

続きを読む

縄文人の遺跡

東京への帰途、湯本の「考古学資料館」にW氏を訪ねた。地図によると遺跡「26」と×印、私の敷地は近い。しかも「26」は川の向こうではなく、川を挟んでいる。と言うことは今は国道が横切っているが、遺跡と、石斧の出た場所は、100mくらいしか離れてない。しかしW氏は土器が出ないと、遺跡とは言えない。つまり道具だけ、別な場所からでることがあるからだと。しかし当家の敷地の1mほと下は粘土質。しかし、こんな、冬寒...

続きを読む

ブラスさんの真骨頂

朝、5時半に起きて、雨のなか、お化けを求めて、岩場に行った。上を大きな樹木が覆っているのでそんなには濡れない。中くらいが4尾釣れたが、1時間くらいして、ようやくお化けが出て、喰い始めた。お化けの出てくる場所は決まっている。昨日は第一発で釣り上げて、足で押さえたのに暴れてまた水に転げ落ちた。お化けの弟クラスは昨日、口に糸を2本加えていた。一つの針は知らないもので、体の奥のほうまで入っていたが平気な様子...

続きを読む

梅雨前線、豪雨、濁流そして消費税

カンさんは「消費税」に言及したから負けたと皆が言っているがそれは間違いだ。民主党は、消費税は上げない、議論しない、と言っていたのに他の政策、普天間を始め、ガソリン税まで、1年前の衆議院の公約を全てを反故にしたからだ。この事実はメディアはなぜか追及しない。野球賭博のお相撲さん以外の顧客と同じように曖昧だ。消費税は日本の「最後のカード」。これは愼重に使用しなければならない。その「最後のカード」だと言う...

続きを読む

縄文遺跡

近所の人たちは遺跡の真ん中に住んでいることを知らない。自分の祖先は縄文人だとも。今日、いわき考古学資料館のWさんが来てくれた。地図を見ると、私の敷地は、縄文遺跡が川の向かい側に、そして今道路工事をしている部分に二つある。従って三角形の一つになる。林の中を歩いていて、こういうところに竪穴式の家があったのです、と言うような広場があった。どうも移動式のキャンプではなく、これだけ近くに縄文遺跡があると、5...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ