FC2ブログ

記事一覧

石の砲弾

先日、岡山のT先生と話をしていた時、出た話題に、「石火矢」は砲のことを指したというのがあった。同氏は石の研究、細工もしているからだ。火薬の爆発に耐えられる石と、発射したらばらばらになる石があろう。大理石系なら大丈夫だと。ポルトガルに一緒に行ったN氏から届いた、DVDを見直していた。気になるシーンがあったからだ。ダーンハルト博士の庭の大砲の列の横に、石弾が何種類か置いたあったのだ。N氏はそれらを撮影してい...

続きを読む

エイジング・イズ・サッド

クラブの月刊誌「インタッチ」英文の取材があったことは書いた。面白くないから、ユーモアのきいた記事にしろよとライターに言っておいた。今月号に見開きで掲載された。火縄銃の部分アップと、私が真剣を抜いている様、で紹介してある。真剣は自分でも怖いが、居合刀が手元になかったから。腰を浮かし、鯉口を切る、右足をどんと。カメラマンが震え上がった。その写真だ。「ボーン・トウ・ワイルド」このキャッチもちゃちだ。イヤ...

続きを読む

車はあと何台(代)乗れるか

台風はテレビで騒ぐまでのことはなかった。すでに夕方には東京からは去って行ったと思う。しかし、午前から昼にかけては雨がひどかったが、気温が低く、これは台風の風ではないなと感じた。車はあいにく車検に出してあったが、代車を置いて行ってくれた。これは助かった。昼過ぎに横浜の母のところに行ったからだ。あのような天気では車で行くよりない。交通機関も乱れていたし。向こうにいる間に、ディラーさんから電話があり、明...

続きを読む

普通科部隊ミニミを抱えての行進

先日の観閲式の様子だ。3軍の軍楽隊が揃い、これらの演奏はなかなか程度が高く、それだけでも楽しめる。年末には「音楽まつり」もあるが。印象に残ったのは、防衛大の最初に出てくる威元のある将来のリーダーの行進だ。普通科部隊は分隊ごとに縦に12名が並ぶが、2番目の兵がミニミを抱えていた。その他の兵士は89式小銃。共通の弾薬を使う。5・65mmだ。予備自衛官は輸送車両に乗ってだったが、こちらの武装は69式小銃...

続きを読む

日中問題の行方

神保教授の話を聞いた。彼はマスコミ受けして、外交問題を各地で語っている。先月、我々に講義をしていた間に、中国の船長は釈放された。船長は今は謹慎中のような状態だそうだ。マエも会った人物で、歓迎会に共産党は出なかったと。それにしても、日本も政治の基盤が弱いが、中国も同じ状況で、誰かが大きな不満を持ちそのはけ口がもう何十年もの習慣で、日本に向ける。だから日本と仲良くなどと、ここで言ったら、大変なことにな...

続きを読む

危ない時に欧州に行っていた

8月にポルトガルに行った。何となくおかしい、と言う感じはあった。クレジットカード、トレベラースチェック、ドルなどの先方の扱いに関してだ。ドイツの空港の両替所で、ユーロの現金に大分替えておいたので不便しなかったが。昨日は、白井小百合女史の「欧州経済」の話を聞いた。大変、整理された内容で、経過、数字、背景、各国の状況などが一冊の本を読むくらい、手際良く説明された。EU27カ国とユーロ圏16ヶ国は今年の初...

続きを読む

捕鯨ボート

18-9世紀、英米の捕鯨船に積まれていたボートだ。捕鯨船全体の図で見ると左右に2隻づつ、そのまま下ろせる状態で、上にひっくり返して予備が3隻計7隻が積まれていた。このボートで人間の大きさから推定するに、長さ5-6mくらいか。操舵は後ろのラダー以外に、長いオールを使い直ぐに旋回できる工夫があったようだ。真ん中のふたつの樽には、銛に繋がったロープが巻いてあった。日本の鯨組みの和船は8丁櫓で、左右の4丁...

続きを読む

AH-1の編隊飛行

先日の観閲式の時の撮ったものだ。カメラを持っていかなかったので、全部、電話で撮った。雲が厚くて、光がないので、良い写真はほとんどなかった。そんなことで、この見事な珍しい、5機編隊飛行も遠くなってしまった。攻撃ヘリのすごさは火力演習で分かる。ドッドッドッと言う音でどこともなく表われて、バリバリバリ、パッパッパッと発射して、止まってまたズドーン。さっと横に逃げて、飛びさるというものだ。ヘリの操縦は難し...

続きを読む

予科練の建物

旧予科練の最後に残った建物だ。管理は良くされているが、75年くらいは経過した木造建築だから、耐震性に問題がある。時間の問題で取り壊されるだろう。もとは瓦だったのを軽い屋根にしたので、もっているのかもしれない。この中にはまだ資料、展示がある。大きな木製プロペラや、戦車のエンジンなどだ。小さなもののあったかもしれない。小火器展示館はこの建物の反対側にあり、一旦出たところに海原会の予科練館、そこから2-...

続きを読む

また大砲を観に行った

岡山の工作機械の専門家、T氏と日本ライフル射撃協会で待ち合わせをした。彼は会議のために日帰りで岡山から飛んで来た。雨がひどい。昼食をして、また靖国神社に大砲を観に行く。野外展示、薩摩藩製造の天保山砲台にあったカノン砲。(写真は天気の日に撮影したもの)大きなものだ。施條してある。説明には明治になり、砲兵工廠でライフルを切ったと書いてある。施條(ライフル)はきっちりしたものだ。T氏は工作機械の専門家とし...

続きを読む

空挺隊

習志野空挺隊の行進。先日の観閲式でのシーンだ。一般兵科が赤いマフラーを巻いていたのに対して、白いマフラーだ。胸に89小銃の折り畳み銃床を抱えているが、体格が良いので目立たなかった」。北朝鮮みたいでなく、地味な行進だが、やはり一糸乱れてなかった。訓練が厳しく、入隊、一般の兵科から選抜されて行く、には親の同意書も必要だ。訓練に危険が伴うからだそうだ。航空機からパラシュートで降下する。猟のガイドをしてく...

続きを読む

捕鯨船と鯨

18-9世紀、英米の捕鯨船の大きさはボートから推察するに、長さが20mくらいだが幅が一般の船に比べると広く、また船底に鯨の油を保管する樽を入れるので、深さもあった。トン数にすると2-300トンくらいだろうか。一方、大型の鯨、白ながす、マッコウは15mくらいの長さがあり、運動能力も、映像で見るとジャンプしたり、かなりのものだった。この画を観ると、19世紀半ばに英国の小説家ハーマン・メルビイルの「モビ...

続きを読む

民主主義の建前

趣味と社交のために入っているクラブだ。アメリカで11年間も働き、銃砲を研究したので、懐かしいと。今夜、「タウンホールミーティング」に行って来た。皆の意見を聞くと言うような意味の会。約180人参加したが、日本人は10人くらい。このクラブは麻布台に3年間かけて新設備を建設中で、1月に完成する。しかし、リーマンショック後、海外からの会員が帰り、収入が減り、来年○億円の赤字になる見込みで、つぶれると言う。全...

続きを読む

これですか供与兵器の自走砲

先日、読者が自衛官時代に操作していたアメリカ軍からの供与兵器の自走砲。供与兵器はだいたいが武器学校にあるが、この自走砲は朝霞のリックンランドの外に置いてある。米国製、M-109で、155mm砲、射程15000m、速度55kmで走る。内部にも砲弾が搭載できるから自走砲はかっては優位性のある兵器であった。...

続きを読む

銃砲史論を議論す

昨日、昼は同じクラブのスポーツ団体理事長と食事した。紳士だ。後輩でもある。スポーツは最近の傾向をみていると、どのスポーツにも限らず、重要なことは、一つ、ジュニアから始める、ふたつ、良いコーティングを行う、だと。射撃、ジュニアが出来なくなったのは痛い。結構、オリンピックではメダルを採っていた種目だが。日本人は射撃をスポーツ化した最初の民族ではないか。夕方、当家に史学会、関係の3人が集まる。少し、私が...

続きを読む

菅総理にカンロクねえなーと流れた声

一昨日の自衛隊記念日、観閲式で観客席から思わず、流れた声だった。本当は婦人自衛官部隊、看護学校部隊の前を通過しているので、そちらを向いて、胸に手を当てねばならない。観客席側に手袋を握って、手を振った。観閲台の付近の観客席は、自衛隊の各種団体や、駐在外交官、武官など身元の知れた人々で固められていた。だからこちらを向く必要はない。観閲を受けるのは総理自身であり、総理は3800名の隊員の方を向かなければ...

続きを読む

日本最大の火砲

155mm榴弾砲は日本最大の火砲だ。それを自走できるようにキャタピラー車体に載せたものが、この自走155mm榴弾砲だ。冨士火器演習で10km先の三角山を撃つ。ドーンと発射してから、数秒後に山に着弾し、爆発が観察できるというものだ。艦艇の砲のように、自動装填システムが付いている。砲弾と装薬は別で、砲弾、装薬と装填されるが、実際にはかなり早い速度で発射できるようだ。まじかにみると大きなもので、ずいぶん...

続きを読む

宝剣にみる日本の伝世文化

今年は平城京遷都1300周年。正倉院に一旦納められ、その後「除もの」として行方が分からなかった聖徳天皇のふた振りの剣が、明治時代に遷都50年後につくられた奈良の東大寺大仏の足もとから発掘された、剣であったことが、科学的な手法で解明されたと言う。剣に各々、書かれた銘「陰宝剣」と「陽宝剣」がふた文字になっていたが、くっきりと。つまり1250年間のミステリーだったわけだ。剣は全長100cm、刃長80cm...

続きを読む

また増えている電話詐欺

先日、警察で聞いた話で、いわゆる「オレオレ」のニュータイプの被害が、女性シニアに増えていると言うものた。これで何回か、他所で暮らす「息子」を名乗る電話があった。昨夜、家内が出て、10分間くらいも話していただろう。彼が休日出勤であり、風邪を引いている、二つの条件に合う設定で、家内の携帯番号を聴こうとしたらしい。先月も娘がたまたま出た電話がそう言ったが、「じゃねー」と切って、彼女は乗らなかったらしい。今...

続きを読む

オトウトの寝姿

二人目は手が掛からない。皆が食事をしている間、続いている隣室でこのように壁を向いて横になり寝てしまった。ワイワイ騒いでも知らん顔だ。この寝姿が最近の形らしい。三人目はもっと楽だと、経験者は言っていたが。子育て支援、一人より、人数に応じて累乗的に増やす、これがポイントではないか。オトウトは左手は頭、右手は指をすっているそうだ。...

続きを読む

新型戦車の上部

昨日の自衛隊記念日の観閲式は今朝の新聞、昨夜のニュースもほとんど取り上げられなかった。首相が我が国の安全保障に関して具体的に述べ、また報道陣も数多く来ていたが。やはりメディアが社会と政策を作っている国だ。さて、戦車を観ていたら、武器学校のケイ教官に声を掛けられた。90式戦車に付いて出張してきたそうだ。10式戦車の上部はこのようにフラットだ。装甲がどういう形状なのかはここからはうかがい知ることも出来...

続きを読む

カラス・土鳩・雀

奄美大島で今年、買い上げたハブ(1匹4000円)は一万2000あり、例年の倍の数だったそうだ。先週の洪水でハブが民家に入り込んでいる恐れがあると記事にあった。テレビで夜間のハブ取りの様子を見たが、大きな蛇だ。夏の気温が高く、虫が発生、小動物が増え、それを捕食する蛇も増えたということだろう。長い柄でうまく掴み、木箱に入れる。車で流してライトで見つける。都会の朝の駅。無数の鳩。こちらは歩きざまに誰かが...

続きを読む

軍艦マーチで行進

当たり前のことだが、海上自衛隊は、軍艦旗、軍艦マーチで行進していた。現在の日本では帝国陸海軍の習慣は、当然、日の丸、君が代以上に唾棄されている。しかし海上自衛隊は、幾つか帝国海軍のものをそのまま引き継いでいる。それも良し。この風景を観ていると、帝国海軍陸戦隊の趣がある。戦後、米軍が手ごわい敵だったのに、日本海軍ひいきでこうなったと言う人もいる。アンケートに書いた、国旗掲揚の際、隊員、観客に君が代を...

続きを読む

新型戦車M-10

先日、土浦でも展示された。今日も観た。まだ走行しているところは観てない。10式戦車は、過去の二つの形式、74式、90式が冷戦下、北海道への展開を目的に開発されたに対して、都会型と言うかゲリラ、テロなどへの対抗として開発されたそうだ。小型になり、重量も軽い44トン、全長9・4m、幅3・2mで、特に90式に比較すると幅が狭い。都会の道路でも運航できる。砲は90式と同じ120mm滑腔で、砲弾も多分同じだ...

続きを読む

自衛隊記念日観閲式と菅総理の話

曇天だった。雲が高いので航空機の飛行には影響なかったが。総理、参議院議長、防衛大臣が観閲を受けた。3800人の陸・海・空の大部隊だった。戦車隊がかなりの速度で走って来た。F-2、F-4,F-15がそれぞれ編隊で飛行した。総理の挨拶は簡単だが、誰が書いたか的を得た良いものだった。日本国首相が自衛隊に望むことは、1、専門の知識と技術を磨く、2、自ら自衛隊員と自覚せよ、3、真の勇気の持ち主となれ、だ。メディア、...

続きを読む

3歳身長97cmのオトコ

カレは3歳になった。身長97cmで、背は高いがやせっぽちだ。もやしだ。鉄道ファン。地下鉄はだいたい覚えている。ロコモウティブを逆に走らせるが、実際に走っているのをみたことがないからだ。DVDで見せるより仕方ない。鉄道DVDは沢山持っているが。昨夜はカレの家に行って来た。駅まで父親と送って来た。今日は観閲式。これから出かける。...

続きを読む

板橋に光学兵器の収集物を観に行く

板橋区郷土資料館は大規模な特別展示をやる。現在は「板橋と光学2-国産35mm一眼レフ誕生の地・板橋」と言うのをやっている。全体の展示品だけで523点と言う規模だ。トプコン、ペンタックスをはじめ板橋に関係のある光学製品があるある、フロア全体に並べてある。私も軍用光学兵器を20点ほどお貸しした。図録に文も書いた。なぜなら、帝国陸軍の光学兵器は大宮工廠の担当で、板橋は今で言う工業団地化され、小規模ながら光...

続きを読む

仏教ブームとカラオケ文化

昨日、聴いた二つの講演のテーマだ。金子啓明博士の「仏像ブームと社会的意義」と言う話。ちょっと予想と異なり、展示とか、照明とか、なになに展にいかに多くの観客が入ったかと言うような内容であった。これは紹介者はちょっと頭が痛い。薬師寺展の阿修羅の展示はなかなか考えたそうだ。2段で見れて、目線の高さを。少年の仏像であり、観客は皆、顔に見とれている。観客は仏像を眺め、仏像と一体となる時間が欲しいので大勢の観...

続きを読む

三八式野砲2門

帝国陸軍を代表した三八式野砲。日露戦争に使われて有坂中将開発の三一式野砲の弾薬をそのまま使用できた75mm砲。今見ると古臭いが当時は最新鋭の兵器だっただろう。武器資料館には2門ある。靖国神社遊就館にはない。しかしこの2門、形式が異なる、右は砲身の角度を上げると後ろが使える古い型、左は後部の真ん中が開いていて、砲身を上げても後部はその間に入る。佐山次郎さんの「日本の大砲」にはくわしい。改造三八式野砲の...

続きを読む

あと2カ月と政局

仕事を辞めてから、会員になっているふたつのクラブはとても重要だ。そこでの付き合い。時には葛藤もあるが、いろいろな人間に会えるのは幸せなことだ。昨日、銀座の方のクラブの理事長がから葉書をいただいた。達筆だ。金融学の教授だった。今の金融政策をどうみているか、ご自分で発言されたことはない。私のおぼつかぬ知識でも、流動性を増すより仕方ないと思うが。もうひとつのクラブ、午後行って久しぶりにう降雨のなか、泳い...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ