FC2ブログ

記事一覧

今年も有り難うございました。

毎日、書いていたつもりだですが、福島の山に行ったり、ポルトガルで抜けた日があり、申し訳ない。まあ今年の日本ほど混乱の年はなかったのではないでしょうか。めちゃめちゃでした。増税とか、抑圧とか、これからあるでしょう。収入もあり、教育もあり、自覚のある層には辛い期間が続きます。頑張りましょう。一時期です。また良い時代が来ることを望み、その実現に努力しましょう。憲法改正が第一歩です。国家安全保障が第二歩で...

続きを読む

ゴミを出さないとカラスが困る

年末、年始のゴミ収集の休止期間になり、4日間くらいか。カラスの食べ物が無くて、飛びまわっている。うるさく鳴いている。最後の皮だけ残った柿をメジロが食べている様子。ヒヨ、雀なども来ていた。都会の鳥もいよいよ餌がなくなった。これで雪が1cmでも積もると大変だ。地面、ほとんどそんなものは都会にはないが、に落ちている食べ物が見えなくて、2日間はもたない。飛ぶ鳥は、食べて、溜めておくことが出来ない。それで、温...

続きを読む

戦後初期の国産兵器

「忍者のような無反動砲」と言う説明があった。60式自走106mm対戦車砲だ。2連砲だ。低姿勢になる。これが一番低い状態だそうだ。3-4年前にこの土嚢を積んでいるところを見た。昔の展示兵器だが、どういう使われ方をしたか説明するためだ。戦車を攻撃するに、戦車に近い、速度で走り、低い姿勢で攻撃する、これがこの兵器のコンセプト。乗員3名、重量8トン、12.7mmのスポットライフルが付いており、それで照準し...

続きを読む

刀剣の手入れ

年に2-3回、手入れする。ここのところしばらく怠っていた。刀は立てておけば、直ぐにとりだせるが、江戸期、こういう刀箪笥に収納した。横に長いので、引き出しをそろりと開けないと引っかかる。一説には、気持ちが落ち着いた時しか、滑らかに開かないと。乾いた日の午前中に手入れをすると言う。昨日の午前、ひと振りひと振り、時間を掛けて、手入れした。古い、拵えは趣があり、それだけにみほれてしまう。...

続きを読む

「年越し派遣村」は偽善だった

路上生活をする人、失業して行くところのなくなった人たち、昨年、「年越し派遣村」が日比谷公園などで行われ、大勢が集まった。しかし今年は派遣村はない、そうだ。昨年、騒いだ人々は、オーガナイザー(労働組合など)、行政、ボランティア、彼らはどうしたことか。自分たちの理念を貫くなら、状況が改善されない限り続けるべきだ。そう、その理念は少し邪悪なものを含んでいたし、根本的な解決には遠いものだったからだ。相互扶...

続きを読む

武器学校新校長室

戦前の海軍の建物、大理石をつかい豪華であったが、耐震性がなかったので、昨年から新校舎の建築が進行していた。年末にまだ什器が入ってなかったが、内部を見せていただいた。これは校長室だ。できるだけ歴史的遺産であった前の建物を活かしたそうだ。正面の鏡の部分には戦前は天皇・皇后両陛下が。両端には、油絵の鹿島神宮ともうひとつ武運の神社の絵画。この前が校長のデスクであり、訪問者は珍しいのでここで記念撮影を行う。...

続きを読む

十一年式75mm野戦高射砲、昭和初頭の演習

良い写真だ。先日、手に入れて絵葉書の中から砲兵のもので、どこか広い演習場に、360度回転するコンクリートの台座を作り、そこに十一年式(1923年制定)の最大仰角85度、最大射程10000mの新型、野戦高射砲を設置した。一門の砲には10名の兵士が掛かり、将校が観測している。左手の複葉の航空機は敵爆撃機か戦闘機との設定だろう。第一次大戦の結果、航空機は劇的に発達した。それに対抗する高射機関銃、高射砲が...

続きを読む

絹より木綿が高い

女性が趣味に古い布を買いに来るので、その種の店がおお流行りだ。これは先日の平和島骨董市。10店に1-2箇所では古着、最近はそれをすでにばらしたものを細かくわけて販売している。昔は布類は安いものだったが、今、価格が上昇した数少ない、アイテムになっている。しかも絹、日本の着物の質は中途半端でない。世界最良のものだろうが、これはとても安い。私が演武で来た、着物、袴、はおり、の3点セット、まだ仕付け糸もつ...

続きを読む

九〇式艦上戦闘機

1930年、80年前の艦上戦闘機だ。国産で空母もよくここまで開発したものだと思う。後継機が、九六式艦上戦闘機、単葉、金属製、800馬力、7.7mm機銃2挺の武装、そして零戦がでた。零戦の祖父だろう。中国は空母を建造しているが、どういう艦載機を使うのであろう。その話は聞いたことがない。しゃべる人が空母と艦載機はセットであり、通常では陸上機はそのまま艦載機には使えない。また艦載機の特に着艦はとても機体...

続きを読む

供与兵器の榴弾砲

朝鮮戦争後、冷戦が始まると日本の国防は米国からの供与品兵器で始まり、自衛隊OBがこういう兵器をみて懐かしがることがある。米国にはパットン将軍のように、第二次大戦終了以前から、ドイツ軍、日本軍はそのまま残して、ソ連軍に対抗させるべきであるという意見を述べていた軍人も多かったと言う。現場では米国とソ連は相いれないものがある、と言う現実感があったのだろう。その後の冷戦、核競争、ベトナム戦争などを考えると、...

続きを読む

日本の制度への提言

などと言っては大げさだが、日本人があまり意識してないことをふたつばかり。ひとつはカレンダーイヤー制度の採用だ。現在、国も多くの会社が採用している4-3月期制度は元は英国の仕組みだった。しかし英国もカレンダーイヤー(1-12月)に変更して久しい。国際基準から言えば、カレンダーにすべきだろう。外資系会社経営をやらされていた。4-3月期制を、1-12月制に変換する。果たして利益が上がったのかどうなのか、...

続きを読む

今年の反省

ここのところ悲惨な交通事故が多い。私も自動車ではないが、自転車で8月初め、怪我をした。この年になるまで骨折ははじめてだった。腕を使う運動が出来ないので、ビート板を使い、毎日1000mのバタ足を続けたら、腿の筋肉を痛めた。事故は一瞬だ。運動神経の衰えが来ている。射撃は古式で銀2個、全日本で銀1個と、銀3個の成績だった。年齢のわりには悪くない。しかし怪我による生活への影響は大きかった。だから、今年のボ...

続きを読む

塹壕戦

日露戦争は第一次大戦のひな型だった。ドイツがマキシム機銃を多量に装備したのは、日露戦争観戦武官の報告書によったものだった。もっとも第一大戦では日露戦争のような大規模な海戦はなかったが。ドイツは爾後、第二次大戦に至るまで陸軍国で、海軍力は貧弱であった。この葉書の写真を見ていると、やはり第一次大戦の影響が見られる。深い塹壕、煙幕、これから突撃に移るとしている。「突撃前の塹壕射撃」としている。日本の武官...

続きを読む

TBSさんがボクシングを駄目にする

昨夜の試合、特に亀田大、エフ氏宅で、画面をフィギャースケートと分割して見てた。どうして負けた試合が勝ったのだろう、と皆、不思議がったが、私は番組の途中で「減量の失敗、でも最終的にはこれだけ手が出なくても、判定で勝ちます。」と予測して言ったので、今度は「なぜなの?」と聞かれた。「TBSがそういう筋書きにしたあるのです。ドラマと同じでスポーツ番組でないのです。」と答えた。今日になり、「チャンピオンを返」...

続きを読む

火炎放射器を放射する兵士

日中戦争中、1939年ごろ、北京の近くで戦闘中、火炎放射器を使用している帝国陸軍兵士の画像だ。この時期では一〇〇式ではなく、九三式であっただろうが、大きさはほとんど同じとしているので、兵士、鉄帽の大きさでタンクの寸法は推定できないか。火炎放射器は映画では延々と放射するが、実際は10秒くらいと聞いている。箱型弾倉の軽機関銃でも引き金を引きっぱなしだと4秒で全弾撃ち尽くす。戦闘はスピートが勝負。だから...

続きを読む

仮設クラブ終了、新クラブ完成

3年間掛かった。麻布台に新建物を建設し、その間は高輪の三菱地所の土地に移転していた。25日に移転先はクローズされ、新しい建物は1月18日にオープンだ。ゆっくり半年ばかり掛けて引っ越すことになった。昨夜は明るいうちにこの新しい建物が見下ろせるエフ氏宅で忘年会をした。今年の作業が終了して静かであったが、屋上のプールの照明が付いていると青い水が映えてとてもきれいだそうだ。サイズとしては以前の2倍ほどにな...

続きを読む

一〇〇式火炎放射器

日本軍が中国戦線、コレヒドール要塞攻撃で火炎放射器を使用した画像がある。あまり頻繁に使われた兵器ではないと思うが、レイテ島にも投入するつもりで輸送中、船が沈められた記録もある。使い難い兵器であったことは確かだろう。九三式と一〇〇式の二種類あった。どちらも似たような形式だったらしい。ブラス氏が真鍮模型製作のためにタンクのサイズを知りたいと。なかなか諸元を記したものはないが、アメリカ軍の「テクニカルマ...

続きを読む

15cm、四年式榴弾砲演習

昭和初頭の砲兵隊の演習風景だ。帽子に布が巻いてあるので、かなり大きな演習で、どーんと発射していた。1門に10名ばかりの兵が付き、1門1分隊、数門で小隊、さらに他のカノンの砲と合わせて中隊を編成していたのであろう。発射の瞬間の写真でぶれてないのは珍しいし、砲身の反動が良く見てとれる。興味深いことに兵は誰も耳を被ってない。平気の平左だ。木箱に入った、旧帝国軍、陸軍か海軍か分からないが、大と小の耳栓を持...

続きを読む

6号線から見たスカイツリー

珍しく6号線がスカイツリーの横で、渋滞し、停まったので、1枚。その後は順調に流れた。本当に樹木の形をしてきた。一番上のパイプ状の部分、ここでも直径(円周?)10mあるそうだが、それが内部で継ぎ足され、どんどん伸びて行く。あと100mくらい伸びるそうだ。このパイプの製造工場の様子を映像でみたが、大きな鉄板の内側を叩いて曲げて行く、最後は溶接で付ける。勿論、材質はステンレスだから、高価なものだ。このプ...

続きを読む

ダムの放水

ダムは素晴らしい。先週、大雨が降った。道路の各所にゴミが溜まっていた。木の葉がない季節だから、もろに道路に川に水が来た。このダムも水が一杯になり、珍しく放水していた。放水の様子を見たのは初めてだが、水がコンクリートの壁の上で稲妻状になっていた。なぜこういうふうに見えるのかは知らないが光線のかげんだろう。戦後、山に木々はなく、ダムはなく、電気が不足し、断水はあり、洪水に悩まされてと聞いた。来年度予算...

続きを読む

九五式水上偵察機

重巡「利根」3番機の発進が遅れが、ミッドウエイ敗北に繋がった。詳細には知らないが、それまでの帝国海軍にはあり得ないことであった。「5分前、30分前」の精神が厳格に守られていたのに。「たるみ、ゆるみ」があったことは否めない。会合などは5分前に集合、重要なる案件は30分前に準備完了。九五式複葉水上偵察機は、戦艦、巡洋艦のカタパルトから発進され、帰還は艦の横にフロートを使い着水、クレーンで吊り上げられる...

続きを読む

午後3時、3度

「神を信じ、イエスを信じ、永遠に精霊を信ず」日本のキリスト教徒は1%。イスラム国家より少ない。日本の宗教がどうしてこうなったかも現代史だが、聴いたことがない。徳川幕府は仏教を行政に、軍国主義は神道を精神に、各々利用したその反動か。この村にもひとりだけキリスト教徒はいるらしい。教会がないから、どうも活動はできない。午前3時に気温は3度。当然、日が暮れたら零下。満天の星、星、こんなにきれいに見えるところは...

続きを読む

工兵隊の牽引車か

動的防衛力と言うが、航空機や艦船だけでなく、削減する多くの戦車、自走砲などはどこかに隠して置くことはできないものか。良い条件で管理しておけば、費用もかからない。元、陸将補のエフ氏の言葉だ。スェーデン、スイスなど多くの国では要員もろとも残しておくそうだ。我が村に、わが社には74式戦車と乗員要員が予備自衛官で住んでいる、働いている。こんなのはどうだろう。例えば、トヨタ自動車、パナソニックなどは各々10...

続きを読む

紅白の裏は「騎兵隊3部作」に決定

大晦日の紅白歌合戦は、今まで、系統的に観たことがない。ましてや民放は論外だ。大体、自分の好きなDVDを観るのが大晦日だ。。今年は困った。「ワイルドバンチ」DVDが無くなり、ケースだけある、クラブは移転のため閉鎖で、借りられぬ。それで昨日、自分のライブラリーを見て、300タイトルくらいはあろうか、ジョン・フォード監督、ジョン・ウエインの「フォート・アパッチ」「イエロー・リボン」「ホース・ソルジャーズ」のDVDを...

続きを読む

肉料理

猪の肉をどう料理するか、なるべく味は濃く無く、単純にしたい。色の濃い方は、みぎ側、味噌付けだ。5mmくらいの切り身にして味噌とみりんに付け込んだ。薄い方は、洋風だ。塩、こしょうだけ。ワイン、ハーブ、オリーブオイル。この両方を遠火で燻製風に焼く。白いのは脂。夕方、温度が0度近くになり、零下になった頃から焼き始める。同じくらいの大きさだったのに、料理すると、味噌のほうが多く残る。一日も付けてないので、...

続きを読む

山の静かさ

静かだ。特に夜中は。物音ひとつしない。落ち葉が屋根に落ちても「かさっ」1と言う音は認識できる。ましてはネズミが動いたり、外で何か動物が動いたりしたら。ラジオ深夜便など聴く気にもならず。明日は「ワイルドバンチ」のDVDを探さなければ。朝は雪がうっすら積もった。風が吹いて、雲の動きが激しい。典型的な山の冬。まあ、あまり長居はできない。ジームニーでヨシエイさんの家に行くが、材木の積み出しはまだやっていた。家...

続きを読む

公務員にストライキ

民主党が公務員組合の票を得るために掲げた案だ。何十年も前に時代は戻る。とんでもない、時代錯誤な策だし、ギリシャ、ポルトガルなど財政破たんした国々の様相を見ても、簡単にノーの策だ。公務員は国民のためにある。嫌なら辞めろ、これしかない。政府が政策として言っているなら、公約で言うべきであった。いつも書く通り、今の政権は大メディアの申し子だ。その点が現実的な政策と遊離している。こんなことがまかり通れば、国...

続きを読む

珍しい初期の披甲、瓦斯マスク

第一次大戦、陸軍は直接欧州前戦には行かなかった。行っておれば歴史は変わったと思うのだが。2種類の試製被甲を付けた兵士たち。第一次大戦の毒ガス戦を聞き、幾つかの試製を出した。その2種類だろう。左は前、右は後期で、右の系統が第二次大戦の九八式になったのだろう。日本軍の披甲は200時間の耐久力があった。硫黄島戦などの強力な武器だった。それ以前に幾つかの誌製品を開発した記録がある。その具体的な写真だ。特に左...

続きを読む

武器学校の餅つき

家族的な良いイベントだった。楽しんだ。本格的な餅つきだ。私もついた。そして直ぐにお雑煮にして食べた。昨日の夜から、車に荷物を積んだ。ほぼ一杯。狩猟の道具、装具、被服など。食料も。朝はわりあいゆっくりに出たが、早目についてので、野外の展示をまた観てる。ここはまったく退屈しないところだ。売店で買い物もした。午後3時に福島の家に付く。まだ明るいので、助かった。ストーブは修理されていた。ガンガンと燃やす。...

続きを読む

天皇誕生日

なんだか昨夜は金曜日の感じだった。忘年会帰りの人たちが、まちに一時ほどではないがいた。今日は土浦駐屯地の餅つき大会に参加して、そのまま福島に猪猟に行く。ストーブもなおっているだろう。何しろ、冬至の翌日、早目に山につかないと直ぐに真っ暗になる。そんなことで準備が大変であった。銃3挺、装具、衣類、その他倉庫に入れるもの、車の運転席以外は一杯になった。そうだ、天皇誕生日だ。国旗を掲揚し、妻に夕方、しまう...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ