FC2ブログ

記事一覧

悪いのは東電だけか?

メディアの東電叩きは酷い。冷静になれ!とうとう、作業員にサボタージュを示唆する内容まで。津波の最大高さは40m以上あったそうだ。東電第一でも20mと推定されている。その後の政府、特に日本のMIT出身で原子力に詳しい、菅総理の指示。これは混乱した。事故は自然災害がきっかけだったわけだ。あの状況で現状を正確に把握せよは相当なことだ。もれもあろう。あらさがしはやめろ。しかし、原子力は国民に被害をおよぼし...

続きを読む

左翼が狙った歴史学者

www.日本の武器兵器に書いていて、洞 富雄先生だけなく、日本、世界の軍事史を研究したふたりの学者,藤原 彰一橋大名誉教授、小山 弘健博士の本を読んでいた。二人とも本の内容は素晴らしいものだ。藤原教授の本は大塩平八郎の乱に始まり、形骸化された日本の近世の武家社会の武力崩壊をするごく捉えていた。しかし同氏は朝日新聞に「毒ガス事件」というガセネタを書いて、それをけして認めようろはしなかった。1960年代の...

続きを読む

「金や力や地位より健康」とユダヤマフィアボスの台詞

WOWOWで週末「ゴッドファーザー」を見ていた。好きな映画のひとつで、何度も見ているが良い。マイケルがラスベガスでユダヤマフィアのモス・グリーンを殺したから、フロリダのユダヤ人、ロス老人はマイケルを徹底的に狙う。この駆け引きが面白い。マイアミのロスに家に行き、ロスがマイケルに云う台詞だが、勿論、こんなことは真意ではない。この時マイケルが運転していたキャデラックが素晴らしい。彼のキューバのシマ、カス...

続きを読む

オトウト1歳とwww.日本の武器兵器

一昨日くらいから、すごい勢いで文章を書いている。直ぐにUPして貰う。HP『www.日本の武器兵器』」だ。「大砲」「コラム」「ギャラリー」を新設した。 「大砲」は銃砲史学会に出したテーマであり、先日の例会で出版に受けなかったものだ。だからインターネット上で一年間掛けて、果たして「日本の大砲文明」はいかにあったかを解明していきたい。「コラム」は文化的な内容だ。主に「人間と書籍」、その内容を紹介していく。左...

続きを読む

菅さんは今週中に辞めていただくのが望ましい

突然、こんなことを書いては何だが、私の勘だ。これ以上、続けけるととんでもないことが起こりそうだ。社会や経済にだ。原発問題でもすでに「反乱」を起こされているし、災害復興にも日本の全力が使われているとは思わない。ましてや悪いことを良い方向に向ける、などと言う発想も余裕もない。じゃ、誰がやるのだ。それが問題だが、「何か良い方法はないか」これ以上、事態をわるくしないためには。雨がどんどん降っているが放射能...

続きを読む

二本松市と義援金

並木書房から渡部由輝氏著「二本松戦争」と言う本が届いた。奈須田社長がお送りしてくれたのかと思ったら中に福島県ライフル射撃協会会長の名が書いた紙が入っていた。本は東北の崇高なる武士道を、数学教育社である筆者がドキメンタリー風にまとめたものだった。興味深く詠み、武器兵器の記述もあり、書評としてHPに書いた。奈須田社長にも報告する。さて、前装銃連盟で集めた震災の義援金。昔仕事で調査した。全額が被災者にわ...

続きを読む

オリンピックでメダル5個

昨日は昼、食事をしながら、日本ライフル射撃協会の正会員、理事を兼ねている役員と前装銃連盟の打ち合わせをした。2時から日ラの総会に出た。渋谷は雨がひどく、道玄坂を傘をさして上がるのは人が多く不愉快な散歩だ。平成22年度の事業、会計報告、そして新しい2年間の役員人事、23年度の事業、予算と言う、いつものやつだ。狭い部屋で出席者率が高いので、テレビで見る予備校の模擬試験みたいだった。そこで出た話、今まで...

続きを読む

戦艦三笠の陸戦隊の活躍

1905年、昨日から今日にかけては、日本海軍の陸戦隊員が降伏したロシア艦艇に乗り移り、艦艇の接収、負傷者の扱いをしていた。これは任務が終わってからの、戦艦三笠の陸戦隊員(ブルージャケット)だろう。当時の海軍陸戦隊員の任務は、この時のように敵艦臨検、接収と自艦の警護が任務でそう多い数ではない。戦艦三笠自体がそう大きな艦ではないし。艦艇が大きくなる、さらに敵地での戦闘に参加するようになると、上海陸戦隊...

続きを読む

毎日変わる放射線量

昨日の日本ライフル射撃協会総会の際に福島県出身の会長と、同じく理事と震災に関して言葉を交わした。エス理事は、放射線量は毎日変わるとしていた。と言うことは今でも放出されていると言うことだが。また、今回の台風接近で、風向、風速、降雨などがどのような影響を与えるか。画像のシイタケは、当家の庭の路地ものだ。取らなかったので、巨大になった。まだとれない小さなものが沢山でていた。今まで食べたのは震災、原発事故...

続きを読む

水雷艇の活躍

1905年5月27日の夜から28日の朝に掛けて、日本の水雷艇がバルチック艦隊の残余の艦に襲い掛かり、魚雷を発射した。この魚雷、どうやって走るか、山田太郎さんに聞いたことがあった。「小型内燃機関ですか?」質問の意味が分からなかったようだった。圧縮空気で走るそうだ。日本の水雷艇は日露戦争の頃、100艦くらいあったそうだ。全部、英国からの輸入で40トンから200トンまで。漁船のような大きさだが、優秀な水...

続きを読む

無政府状態だから困る農家

とにかく方針が明確でない。日本と言う国が経験する戦後66年間ではじめての経験だから仕方ない、と言う人もいるが、何が悪いと言って、政治家が俺が俺がで、官僚、人材を使って無い。それでこの牛も困っている。食べ物がないのだ。例年なら連休くらいから放牧されて山で草を食べている。草の正確な放射線量もでないうちに処分が決まり、10頭のうち8頭は売られた。価格は叩かれただろう。草を食べて山で運動して、夏を過ごし、...

続きを読む

「スタンダード&プアーズ社」のプアー(おそまつ)なお話でした

だれか経済の分からない人間が手配したのか、今日の講演。同社からは偉い女性が来て、「グローバルな視点からみた日本国債と邦銀の信用力調査」という題目で話をした。しかし内容は全然違うものだった。これにはがっかりした。「本日のアジェンダ」と言うレジュメには日付けも名前もない。パワーポイントは細かい、分かりにくい表やグラフでレジュメとは異なる順番内容だ。切れ目のない喋り、「けどー」と上がり、髪をいじり、「で...

続きを読む

海軍記念日の復活を願う

今日は日本海海戦の日、戦闘は昼に始まり、夜間まで続き、3日間続いた。1905年のことだ。ロシアから半年かけて回航してきた、バルチック艦隊、第2艦隊、第3艦隊数十はほとんど全滅し、3艦がウラジオストックに逃げ込めたのみだった。対馬や、日本海側の日本住民は難破したロシア海軍の軍人たちを手厚く扱ったそうだ。今の北方4島のことを考えると、何とも時代の変遷の皮肉を感じる。この東郷元帥の写真は英国の出版物「ジ...

続きを読む

東電をさらに赤字にするこの送電線

福島の東電火力、第一、第二原発から東京へ総合的に効率的に送電するために、この巨大な送電線が10年ほど前に数年間かけて完成した。阿武隈の山から茨城を通り首都圏まで200km。ひとつひとつの鉄塔建設には山のなかを道を作り、資材を運び、今の風力発電機よりは楽だが、それでも鉄塔の間に線を渡す、危険な作業があった。風力発電送電線は大した量でないので、地中に埋めた。習志野を除隊したヤナイ君はこの作業員だった。...

続きを読む

全仏オープンと錦織

新しい仕組み、スカイを止めて、2台のTVを両方ともWOWOW直にしたら、とても綺麗に3チャンネルがはいる。3チャンネル分のコンテンツを維持するのが大変だなと、それこそ、高校野球様をやりたいだろうなと感じた。全仏はライブで錦織の2回戦をやっていた。テニスは大変なスポーツだ。マラソンに匹敵。昨夜も2時間半。ボクシングに似ている。前後、左右に走らされたり、無理なレシーブをさせられると後で効いてくる。息子が製作...

続きを読む

いわきのヨシエイさんからの電話

昨夜、9時ごろ、全仏の錦織の試合をみていたら、電話があった。私がメッセージを残しておいたのだ。ヨシエイさんは独り者、中年の農民。彼の谷間が私の猟場だ。彼しかいないので、比較的安全に撃てる。郵便配達なども来るから細心の注意はしているが、昔は、雉、山鳥、ウズラなどもいた。今は斜面で猪だ。奥に池があり鴨も来る。一人で暮らしているし、近所の人は彼のところは放射線が高いと言う。しかし私のところ、線量は異様に...

続きを読む

ダニ

山にはダニがいる。鹿や猪には必ずダニが。今頃は良いが、夏から、秋、特に枯れ草にいる。狩猟や、釣りに使ったものは家には持ち帰らないようにしているが、2-3点、迷彩服などがあった。これは渓流で着るのに涼しくて良い。ダンさんの娘さんが送って呉れた。サイズも丁度良い。特に緑系のものは渓流で着ると、樹木に溶け込み、魚からみずらくなると言う。向こうで洗濯してきたのだが、右のLLビーンの狩猟ジャケット、この上に猟...

続きを読む

「日本の武器兵器」一生終わらないこの作業

自分のHP「日本の武器兵器」はもう10年間以上、もっている。ニューヨーク時代に息子に開設させて、戻って専門家に観て貰い、少し内容も改訂した。今年は大改訂を行っている。コンセプトの変更だから、これは大きい。つまり事実関係、知識を記述していくのだけでなく、解説を加えて行くことにした。大げさに言えは学説にもなる。この素材は山ほどある。毎日書いても終わらない。文章を書くと、頭がぼけないと言う説がある。自分の...

続きを読む

誰もいない道

東電第一原発から28kmくらい地点だ。誰もいない。車も時々しか通らない。原子炉が3個ともメルトダウンしたとまた大騒ぎだが、こうなっては結果論で、取りあえずは冷却化をこれ以上放射性物質を出さずに進めることしかない。メディアは昨日から同じことしか繰り返してなく、何も建設的な意見はない。どのくらいかかるか、私が生きている限りはどうもならんだろう。東電が支払う補償金は当然、我々につけは回ってくる。電気代は...

続きを読む

タック[83年]の歴史

昨夜はTACの創立83年記念日であった。雨の夜だったが、1500人が集まった。会員が3000人だから、スポースとで倍。4分の1が参加した訳だ。日本人会員も大勢来たが、若い人が目立った。小錦とルース大使も来ていた。夫人会がケーキを紹介しているところだ。夫人会は義援金を1500万円も集めたし、トラックで何台分かの物資を現地に送ったり活動的だがほとんどがアメリカのおばちゃんたち。タックは当初、丸の内の三菱...

続きを読む

避難していた人々

先日、幾人かの地元の人たちに会って話をした。大別すると避難していた人と、地元に留まっていた人だ。地域としてはわずか100mくらいの同じ道路上で、境界になった。避難していた人には金が支給された。今回の災害は社会の人間関係をとても複雑にしてしまった。勿論、見える被害、見えない被害があるし、ここいらのように見えない被害のところは始末が悪い。その後、ほとんどの人は戻っている。しかし明らかに避難していた人た...

続きを読む

軍手と作業用皮手袋

農家や山での作業に軍手は欠かせないものだ。ホームセンターでみるととても安いものなので、使い捨てているのかと思っていたら、まとめて洗って沢山乾してある光景を見た。洗って使ったほうが、縮んで目がつまり良いと言う人もいた。一日に何組も替えて使う。アメリカでは軍手はない。その代わり、ホームセンターなどでは作業用の皮革製の手袋を使う。値段的には1000-2000円くらいのものだが、長持ちする。洗うこともできる。厚い...

続きを読む

いさな漁への妨害

太地町(たいじちょう)がターゲットになってしました。外国の環境保全家が雇ったならず者たちのだ。鯨漁が日本の400年以上も続いた伝統文化であり「クジラと生きて」いる人たちがいる現実を無視してやりたいほうだい。まったく歯がゆい。昨夜NHKスペシャルでみた。画像は奴らの海賊旗。それにしても日本の英語教育はどうなっているのか。車の前に立ちはだかり、運転していた町民を怒らせようとした男に、彼は英語で「どけ」と...

続きを読む

[震災で全てが変わった]とのつぶやき

個人で会社を経営している人の話だ。取引先がいわき市にあり、震災で生産が出来ず、仕事がほとんどないそうだ。自分の会社も、「やりなおさざるを得ない」、具体的なことは良く分からないが、業務内容、事務所、会社そのものを新たにすると言うことらしい。元の会社は倒産させるのかどうかは聞かなかった。震災の被害者は、単に被災地にいる人々だけではない。被災地で避難所、ここにいろんな励まし隊が行っていることが毎日のニュ...

続きを読む

四谷にある「江戸」

「江戸」は本当に奥が深い。昨日は、鉄砲隊のティ氏と四谷にある「新宿歴史博物館」を訪れた。新宿百人町鉄砲組の資料を撮影、測らせてもらうためだった。学芸員のエス氏にいろいろ話を聞いた。東京にはこの手の施設は沢山あり、その展示も洒落ている。画像は商家の復元だ。反対側は倉になっている。良く出来ている。新宿は空襲の際にB-29が墜落したり、大規模に焼けたので、古いものはあまり残ってない。東京、1923年の大震災...

続きを読む

大丈夫か福島県

原発がなくなったら、大きな産業であったから福島県の収入は激減するだろう。被害に関しては、東電と国が保障しているが、国のほうは怪しい。金庫に金が何もないからだ。今回の混乱も、佐藤雄平知事には酷ではあるが、お粗末な内閣のせいは大分大きい。これからは首都圏に近い、交通の便が良い、これらを活かして工業を振興するのが最良の案か。もしくは私は毎年、知事さんに書いているが、光を普及させ情報産業を誘致するのが良い...

続きを読む

幕末維新と英仏の日本進出構想

幸いにして、日本は地勢学的に19世紀半ばの欧米の植民地主義では、本当に「極東」一番はじにあり、難を逃れたのもひとつの理由だ。先週、池井 潔博士の話を聞いた。丁度、保谷徹氏著「戊申戦争」「幕末日本と対外戦争の危機」、上白石実著「幕末の海防戦略」、中村彰彦著「軍艦甲鉄始末記」などを読んでいたこと、サー・オールコックの「大君の都」、サトウの「遠い崖」などは愛読書だ。私はこの時期には関心があり、興味深く聞...

続きを読む

[NHK]この化け物

前会長であった福地 茂雄氏のお話を聞いた。同氏は長崎大学からアサヒビールに入社、社長を務め、平成18年から3年間、NHKの会長であった。「駅伝ランナーとしてーNHKでの3年間を顧みてー」と言う題であった。駅伝をやっていたわけではない、NHKの会長職は前から引き継ぎ、後に渡すと言う意味だ。NHKはコンプライアンス問題があった。その改革、あまり具体的にどのときはどうこうと話をするわけにはいかないので、放送の話とビ...

続きを読む

田圃を作らないと自然体系は変わらないか

東電第一の近くの川内村では米は作れない状況だ。人間が避難しているし、米が出来ても放射能で食べれれないことを心配してだ。いつもなら今頃、水が蓄えられる田圃がずっと乾いたままだ。畑は雑草が茂ったままだ。田圃に水が入ると虫が活動し、蛙が沢山、夜などうるさいくらいに鳴いていた。昼はそれを狙い猛禽類がさっと降りてきた。こういう自然体系はどうなるのだろう。原発事故は思わぬ、自然への影響を与えている。現在の微量...

続きを読む

中国人のスイカ好き

中国人は世界一のスイカ好き人だ。1980年代半ば前、クライアントのマルエム氏と40日間ばかり、7月だったがイベント業務の立ち会い、撮影隊の管理のために各地に出張した。苦労した。駅、空港などに真っ黒になるほど、人間がひしめいていた。そのすきまの空いた狭い道を通り、乗車口に行く。当時、中国人は自分の乗る列車や便を待っていたのだ。恐らく我々のように予約というものがなかったらしい。観察してると、ほとんどの...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ