FC2ブログ

記事一覧

重機の免許を獲り自分で捜索する母親

東日本大災害の救援、捜索は、多くの人が最初からこれは自衛隊しかない、と思ったそうだ。北澤大臣は現場主義を貫いた。自衛隊員の下から上がってくる意見はほとんどやらしたそうだ。自衛隊でも石巻大川小学校は重点地域で、その片付けを作業を完璧に行った。まだ子供3名と、先生一人の行方が分からない。総監もそのことに触れた。多分、河か海の方にと。その母親の一人が重機の免許をとり、重機を購入し、自分で自分の子供を捜索...

続きを読む

世界経済最大の危機

先週はまさしくそれだった。ドル安、株価下落。今週も続く。アメリカは夏休みに入っており、9月のレーバーディまで全ての活動が鈍くなるが、今は、リーマン以来の別な性格だが危機だ。欧州経済が駄目だ。そしてアメリカが債務不履行になれば日本や中国が保持しているアメリカ国債は紙くずだ。デフォルトは会社なら倒産を意味する。原因は、いろいろあるが、政治的なリーダーシップ、オバマに次もやらしたくない勢力が頑張っている...

続きを読む

武器輸出をやるべき日本

金融で儲けるは日本人としては邪道と私はいつも言っているが、日本の海外資産は今はとても巨額になった。しかし、みろドル安。第一次世界大戦時に日本はこの樺(かば)型駆逐艦、小さなものだ、700トンくらい、武装は12cm、8cm砲各一。しかし航続距離が長く、速度も30ノットと早かった。日本は地中海に8鑑派遣して、スエズ運河からフランスまでのシーレーンの護衛を行い、多くの成果を上げた。およそ100年近く前の...

続きを読む

まだやるのか甲子園

本当はエネルギーは有り余っている証拠だ。NHKと朝日が、このイベントを遂行しているのは。日本の世論を支配するこの二つの大メディアが、この省エネ時代に逆らう大暴挙を各地で、ひそやかに実施しているのは。すでに多くの地域で出場校が決まった。先週、静岡に行って来たが、静岡では私が卒業した静岡高校が29日の決勝に勝った。先生が同窓会に来て解説したとおり、打線が良いらしい。当然、私は母校の試合でも省エネのために...

続きを読む

中東では何も起こってないのか?

市民革命はどうなった。カダフィ大佐は? イスラエルの和平は? イラクは?何の報道もない。何の進展もないのか?そんなことはない。何かが起こっているはずだが。ソマリアの大干ばつ、1500万人が食料不足で死にそうだと。20年以上前の「ブラックフォークダウン」の時と同じだ。先方でも日本のことなどは何も知らないだろうし、関心もないことだろう。それで良い。お互いどうすることもできない。その点、ノルウエーは偉か...

続きを読む

全原発停止では技術立国成りたたず

菅さんの延命のために、来年には日本中全原発が停止する見込みだ。原発にも旧式と新型があり、それらを一律に扱うのはどうか?東京工大柏木 孝夫大学院教授のお話だ。彼は孫 正義氏のメガソーラー発電計画は良いとしていた。一方、あれはペテンだとする人も。私も日本では金を集め、投資して電力は強制的に買わす、その仕組みを作れば、料金はどうでも良い、儲かると言う話だと考える。砂漠などの気候を見たことないからだ。日本...

続きを読む

「自衛隊救援活動日誌」より

この人、著者は戦闘服を着ていたが、「兵」ではないなと、即座に見破った。「兵は拙速を旨とすべし」と言う感じがなかったからだ。だがやはり秀才だった。良いところに目をつけたていたし、文章も上手だ。防衛省の「背広」さんだが、東北方面総監部政策補佐官として部隊勤務となった須藤 彰氏。役目は「接着剤」。今回の東日本大震災の自衛隊救助活動の現場で、防衛省や、地方自治体、他省庁との昔で言えば連絡将校の役目を任った...

続きを読む

呉海軍工廠製鋼部史料集成一と二の記事を書く

日本が明治後期、欧米の産業革命に追いつき、重工業化するなかで、帝国陸海軍「工廠」の果たした役割は大きい。防衛図書館には帝国陸軍の「名古屋工廠史」と「小倉工廠史」、それぞれ、戦後、残された資料で編纂されたものがあるが、残念ながら、小倉はあまり系統だってない。しかし、各工廠記録は日本の重工業化を研究する者にとってはなくてはならない資料であろう。銃砲史学会の山田 太郎氏と2名の仲間がまとめたこの資料はA...

続きを読む

東日本震災対応作戦の話を聞く

昨日、午後、防衛懇話会で、今回の3.11災害救助作業を指揮した、陸自東北方面総監君塚 英治陸将の、救援活動の編成、活動、実績、米軍との作戦、その他と指揮官としての方針、などの話を聞いた。前半はスライドによる、4か月の活動概要、後半は総監の説明であった。一言で言うと今回の未曾有の災害に対しては、「考える前に行動せよ」だった。行政機関が消滅した地域などへのきめ細かい対応、隊員の出動に対して(夫婦で勤務...

続きを読む

[日本の武器兵器」に「国友」のことを書く

長浜市長浜城歴史博物館火縄銃特別展「図録」の話と、同市には1987年に「国友鉄砲の里資料館」が創立された。この両方の紹介を書いた。他のHPに掲載するつもりで用意していたが、その種の記事は必要ないのではという否定的結果が出たので。もっと学術的に書けば良いがネットはアクセスが勝負、単なる情報で意見がなければ、アクセスはじり貧になるので、一般的にして自分のHPに書いた。武器学校にある「気砲」も一貫斉の製...

続きを読む

今年は行かないだろう靖国神社

日本の国のため、心せずに亡くなった英霊が靖国神社に祀られているという、日本の重要な歴史的常識に疑問を持つようになった。恐らく、今年の夏は、行くことはあるまい。私の予測では靖国神社の存在感は将来、どんどん薄れるだろう。その理由は神社自体が、よそよそしいのだ。今までは戦友会や、遺族会が熱心に神社を援助していた。物心ともに。ボランティアとしても。恐らくこれからの日本人は関心を持たないだろう。遊就館に行っ...

続きを読む

街角景気

昨日は午後、ボクシングをやった。ジムは空いていた。中学生が2名、外人が2名。マサシ君に練習を付けて貰ったが、汗が中途半端でない。またそのままの格好で、坂の上に行き、シャワーを浴びて、泳いだ。先週も同じことをしたが、このメニューは私にはハードである。この暑いさなか、体力の落ちているのに若者なみのことをやると後で後悔する。夕方、病院から実家に戻った母の世話に行っていた妻と家の近所のバーで待ち合わせて、...

続きを読む

インターネット効果

中国の列車事故。今までなら、鉄道局、政府の発表で終わったが、今回はあれだけ開けたところで、映像が撮られていた。中国国内であの映像がテレビで全て発表されたかどうかは知らないが、実名で意見を述べるウエイの威力は凄い。政府、鉄道局の事故原因、対処に対し98%のNOを出している。実は私が中国でもう一回、危険だ、と感じたのは鉄道だ。北京から天津に向った。当時の鉄道で2時間くらいの行程だった。北京の駅前、ター...

続きを読む

雨降らず

どうも埃っぽい。東京だけ雨がないのだ。もう何日も。天気予報では、大雨があると言うが東京は上空の寒気の影響も吹き飛ばしているのか?記録は取ってないが、西日本の大雨、北関東の雷雨、降っていた時も降らなかった。福島に聴いたら、先方も雨は私がいた2週間前と同じく少なく、ほとんど降ってない。小川の水もチョロチョロだそうだ。渓流の白く泡立っているところは釣れるなと感じたが。例年なら涼しい山で、毎日渓流釣りだが...

続きを読む

中国で死にかけたこと2回あり

世界中、仕事で危険なことは幾度もあった。メキシコシティでは拳銃を借りて、警官のボディガードも付けていた。ベルギーではサッカー場の殴り合いの真ん中にいた。これも30人くらい死んだ。中国で北京から上海に向った便。1980年ごろだろう。40日間中国各地を旅行して、最後のポーションだった。クライアントのマルエム氏が同行した。中国大好きオジサンだ。上海が大台風に巻き込まれていたとはまったく知らされず。文化大...

続きを読む

放射線量の基準

これは合理的なのか、乱暴なのか?福島県はいわき市の子供の被爆量の限度を年間1・58ミリシーベルトに設定したというニュースを読んだ。これは毎時間で言うと0・3だそうだ。なぜ時間当たり0・3が年間で1・58になるのかは分からない。想像するに、外部線量が、一部体内に蓄積されるが、時間により低減するから、それで、このような計算になるのかもしれない。今回の東電の事故で、放射線量を測定する方式は中途半端なもの...

続きを読む

「日本経済新聞」購読中止

「日経新聞」を今月いっぱいで購読中止と決めた。新聞を止め、NHKを払わないと年間、10万円節約できると言う人がいたが、大体そんなものか。節電と言いながら、甲子園をえんえん放送する矛盾に怒り、テレビを捨てる人も出てくるかもしれない。テレビのない人からは視聴料は取れない。今回の日経購読中止は金の問題ではない。二つある。1、ここ3年間ばかり、リーマンショック、民主党政権来、同紙の論理は一貫してない。同じ...

続きを読む

他山の石とするなチャイナ鉄道事故

あの規模の事故で犠牲者が40人以下と言うのは奇跡的だし、車体は頑丈だったようだ。分解が難しいのかそのまま埋めてしまった。日本の新幹線も私はかねてより、「シートベルト」着用を言い続けて来た。走行中に不安なのだ。もっとも、先夜は飲み過ぎて、寝てしまったが、手はしっかり肘かけを握ったままだった。乗り過ごした。日本の新幹線も今まで事故がないから、チャイナより優れているからと油断してはいけない。何が起こるか...

続きを読む

猪の脚の肉

欧州では冬によく食べる。シチューなどにするのだ。この脚は2歳くらいの牡のもので、なぜか玉が抜けたあとがあった。2発撃った記憶はないのだが。とにかく冷凍が解けなくて苦労した。アルミホイルにくるんで、火の上に置き、しばらくして、バックのナイフ、砥いで行った、で上から削ぎ、それを網に載せて焼いた。段々小さくなり、骨に付いた肉の塊は、野外生活の好きなW氏が持ち帰った。やはりシチューを作るとまだ肉は沢山付い...

続きを読む

ヨットハーバーで御馳走になる

高校、大学の先輩でエス市で大規模に事業を行っている、エス氏のところに行った。午後、遅くから大勢、私の知っている人たちが集まり、バーベキューをやってくれた。猪肉の脚を一本持って行った。特製のソースを作り、苦労して焼いた。でも先方でもビーフ、伊勢海老、アワビ、サザエなど沢山用意してあった。大分ワインを飲み、それからエス氏と私たち兄弟3人とで、別な店に行った。昔話、将来の話、今の話、尽きることはなかった...

続きを読む

新幹線この素晴らしきインフラ

昨日午後、1時に品川を出て「ひかり」で1時間後には静岡にいた。揺れない、快適だ、早い、秒単位の運航、整然とした車内、駅。アメリカでもニューヨークからワシントンDCに行くに「高速鉄道」を利用したが、比較にならない。他の国の人々が新幹線に乗ると、やはりこれは日本のほこるインフラと強く感じるそうだ。3.11でも、その前の中越地震でも人的被害はなかった。それに比べてやはり福島第一には厳しくなるのはやもう得な...

続きを読む

水の上は低い放射能線量

今年は雨量が低く、小川の水も枯れ気味だ。普段はこの3倍以上はあるだろう。昔、水車を回していたくらいだから。先日、専門家に測定して貰った時の画像だ。水の上は、0・31と低い。地面は0・42だった。「なぜ水の上は低いのですか?」と聞くと、水に流れて行くからですよ、という答えだった。と言うことは雨が多量に降り、地面、道路などを流していくと、それ等の上の放射能は水に流れ、小川、渓流、川、河、そして最終的に...

続きを読む

放射能で死んだひと

もう少し具体的に教えてくれないと、メディアの議論や評論を聞いていても混乱するだけだ。例えば「福島県は年間1.0mmシーベルトとしてくれ」と国に要望しているが、これは現在の国の基準が低過ぎて、農作物や牧畜業がクリアできないからか。昨夜も水野 倫之さんは低温冷却が出来て、上屋の覆い部分が完成すると、第一から発生する放射能は100万分の1?になると言う。しかし、現在、地面に広がっているものはどうなるだろ...

続きを読む

日本の手榴弾原稿

日本銃砲史学会「銃砲史研究」用の原稿をようやく仕上げた。短いものだ。防衛大学校のD准教授に素読していただいた。6月例会で埼玉の郷土研究家が、日本カーリット社に戦時中勤めていた人々からの聞き取りで、近くに捨てられていた膨大な数の丸型陶器容器を手榴弾と発表したものだ。手榴弾には信菅が必要だが、この陶器製のものは信菅がつかない。投擲して、地面に当たったが割れる。だから中に炸薬の入った手榴弾ではないという...

続きを読む

ノルウェーの島

小説「ノルウエーの森」はほとんど関心がないが、今度のテロは中途半端ではない。北欧は素晴らしい、人間の程度が高い、体格も良い、福祉も行きとどいている。この福祉は日本人が考えるほど甘いものではないが。気候の厳しいところ、北欧3カ国には尊敬すべき点は沢山あり、アフガンでも頑張っている。それにしても1人で何十人もの若者をどうやって射殺したのだろう。洞 富雄先生は南京大虐殺を「機関銃ですよ」とお答えになった...

続きを読む

孫文に1兆円騙された男

日野 熊蔵の開発した、日野・小室式、ブローフォワード拳銃が孫文に渡り、1911年の辛亥革命に使われたとか。昨日、日比谷松元楼の小坂文乃さん、孫文を助けた、日活創設者の富豪、梅屋 庄吉氏のひ孫の話を聞き、「革命をプロデュースした日本人、評伝梅屋 庄吉」講談社刊の本をいただいた。お話聞き、本を読むと知らなかった事実、中国人操縦士の養成など、孫文は日本を中心に10年間近くも亡命し、梅屋の支援を受けていた...

続きを読む

今度は山が動いたと

阿武隈山系は地震がないと言う定説だった。岩盤が深くまで入っており,しっかりしていると。科学的な根拠はともかくとして歴史上、飢饉はあったらしが、地震の記録は少ない。3.11の大地震。先日、県の土木事務所の担当者が来た。敷地に入り、測量をやり直させてくれと。どれだけ山が動いたのか、それは当然、観て分かるものではない。以前、この測量を見たが大変な作業だ。ヤブの中を入って行く。それこそ虫やら、蜂やら、蛇や...

続きを読む

異常気象で虫大発生

「自然派」は「虫も殺すな」と言うだろう。だが、猛暑が2週間続き、ひょっと外を見たら、木々の葉がすいていた。早朝の風のない時に殺虫剤を三脚を立てて、内から外から、2階からも撒きまくった。2缶全部。長さ2cm、直径数mmの蒼い毛虫が山ほど落ちてくる。左右の紅葉の柔らかい葉は半分は食べられて、柿の厚い葉にも波及していた。毎年、もう少ししたら植木屋さんが入るが、彼らが来るまでに葉は全滅するところだった。鳥...

続きを読む

もっと危ない欧州状況

外国メディアを見ていると、日本はあまり利害関係がないのか、金融の繋がりがないのか、大きく報道しない。ギリシャは本当に危ない。どうしてこんなになってしまったのか。やはり社会主義的な政権のためだと思う。ユーロ圏はドイツがもたしているようなもので、フランスのサルのようなサルコジ、娼婦の好きイタリア、ドイツ自体のメンケル首相も強いリーダーシップがあるとは思えない。円高の原因のひとつでもあるから、日本も本当...

続きを読む

放射能値測定の現場にいた

私の家は30km圏内であるが、避難地域ではない。先週の疲れはやはり福島の家に行ってきたからだ。土木事務所の係、それと放射能測定の係、両方の人々に同じ日にあった。みんな現場の人たちは真剣だ。だが、どうしてここの値が低くて、あっちが高い。その理屈は説明できない。福島県は地形が複雑なうえに多分、第一原発から放射能は徐々に出たのではなく、一時に飛散したのだろう。エレベーションが高いところより地面を這う。風...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ