FC2ブログ

記事一覧

喧々諤々の銃器審査

競技に使用する銃器は、オリジナルとレプリカに分かれる。日本ではオリジナル銃だけ。登録証があるからオリジナルとは限らない。長い時間の間に、銃身の内部にパイプを入れる(そでのスリーブと言う)や諸々あるからだ。昨日は銃器審査で、朝と夕方、2回に分けて行った。同じ国の人のは出来ないので、日本の2人はカナダ人の審査員が行い、問題なかった。夕方の審査はもめた。スリーブ入りが出て来たので。カナダ人の審査員はレプ...

続きを読む

ミニエ銃とフリントロック軍用銃

博物館で見たら、南北戦争で使用された弾丸にミニエのものがあった。発掘されたものだが、しっかり形が残っていた。聞いたらエンフィールドカ、スプリングフィールドだと言っていた。戦争初期の段階、1861年には南部はフランスとと交易が盛んであった。産業革命後はどの国の同じような銃になったが、ミニエであった可能性はある。今朝は良い天気。雲は秋だ。午前中、フランクがミニエを撃たせてくれる。100m、伏射。以前、...

続きを読む

前装拳銃を借りて練習する

「コルト」これはオリジナル銃のみ、大体10万円以上。「コミナッツオー」滑腔のフリントロック、「マリエッテ」レボルバーのレプリカ、この3種の練習をしてきた。右腕が痛い。でも、朝と夕の銃器審査にも立ち会い、朝から夕までずっと射撃場にいた。H氏とO氏も元気に表れた。O氏は練習をして行った。マイケルさんに借りたのだ、彼も撃つのに忙しく、装てん方法を教えて呉れない。ただ、火薬、玉、パーカションは全部揃えて来...

続きを読む

アメリカの景気

まだ変化には気がつかない。ニューヨークに行くまでは。ただ、昨日ウィンチェスターのダウンタウン、石と煉瓦、並木がありなかなか素敵な一角だが、3分の1くらの店は借りてはいなかった。住宅街には「フォ・セール」のオンパレード。金利がこんなに安いのに。近くに産業はないようだが、労働者はしきりトラックで行来したいた。ガスも高値安定というところか。1ガロン3ドル50だと、円高で1リッター60円くらい?でもカムリはガ...

続きを読む

さまざまなる大砲

ウィンチェスターの町の「南北戦争博物館」には当時使用された大砲の砲弾のコレクションがある。ざっと見て大小、小は直径7cmくらいから大は30cm。およそ150ある。画像は葡萄弾。鉄のコイルのなかに直径5cmほどのたまが10くらい入っている。地面に当たると、はじけて回りをなぎ倒す設計だ。元は帆布に包み、紐を掛けて、タールで固めたものだが、これは空中でばらけるもの。午後、ゲーリー・クロフォード氏と話をし...

続きを読む

アメリカに人権はあるか?

ちかくの「ヨブンイレブン」、日本のたたずまいとはかなり異なるが。ガスステーションに隣接していた流行っている。余分なものを買った。客はほとんどワーキングクラスの人たちだ。レジにおいてあったタブロイド「クライムタイムズ」1ドルを買った。28ページの構成で、表紙、裏表紙はカラーだ。発行所はバージィニア・ピストルLLC.表紙は最近逮捕と言う欄で、警察で撮った写真だろうが、にこやかに笑っているのが多い。20人...

続きを読む

前装銃大会会場に行く

午後1時に集合する約束だった。今回の主催のアメリカ前装銃射撃連盟やその他の国の人たちと。6カ国が参加する。日本から私の他に、H氏と、O氏の計3名。カナダからの選手が大勢来ていた。会場の準備はまだ進行中だったが、幅が数百メーターはあろう、広いところだ。回りには何もない。役割や進行に若干の変化はあったが、同じホテルにカナダ人が泊っているのがこころ強い。...

続きを読む

フリーウエイの功罪

アメリカのフリーウエィは都市部に近いところ以外はほとんど渋滞もなく分かり易く、金もかからず、民主党案のように、よい。都市部の近くでは取るところもあるが、大した額ではないし。大体が片道だけ。今朝はワシントンDCを出て環状線に入り、そこから南西の方角、約2時間のところにあるウィンチェスターと言う町まで来た。銃とは関係ない。南北戦争の激戦地で町は6回、南軍、北軍が入れ換わったそうだ。70回の大きな戦いが...

続きを読む

コンフィデレート博物館でみた南部の誇り

南北戦争が始まった時の南部の白人は一種の貴族社会を形成したことは、「風と共に去りぬ」にも描かれている。かって長い小説も読み、映画も見た。戦争が始まっても組織化された軍隊は南部諸州11、のちに13にはなかったそうだ。しかし、ウエストポイントなどを出た多くの高級軍人は南部の出身の人が多く、故郷に戻り、軍を組織した。今日、行った、リッチモンドのコンフィデレート博物館の学芸員、エリック氏が説明してくれた。...

続きを読む

リッチモンドの南軍(コンフィデレート)博物館に行く

アメリカの南北戦争(ジ・アメリカン・シビル・ワァー)と1942年の日米開戦は似ているところが無いでもない。どちらも経済利権、社会基盤、そして勝者の論理が戦後確立されたからだ。コンフィデレートは初戦に勝利を収めるが、北軍の封鎖、インフラ破壊により徐々に力を失った。リンカーン大統領出現で南部は独立宣言を行い、規模では敵う相手ではないのに戦いに臨んだ。今朝はまだハリケーンの雨が残っていたがレンタカーをと...

続きを読む

日本機の記事を書いた

昨日、一昨日、国立スミソニアン航空宇宙館、本館と別科に保菅され、展示されている数機の日本機のことをHP日本の武器兵器に書いた。本館の零戦21型1976年の開館の時からある。別館、これは少し行き難いが何人かでタクシーで行けば楽だ。ここに12000時間かけてリストアされた月光、晴嵐、紫電改、桜花、屠龍の胴体、熱田エンジン、空技廠のジェットエンジン、桜のガンカメラなどを。ドイツが再軍備禁止期間に操縦士を訓...

続きを読む

朝食食べて気力をもって

時間がほぼ反対のアメリカ東海岸に来ていると朝、一番空腹感を覚える。昨日、午後から降り始めた、雨は夕方には風もともない激しくなった。一晩中、降っていた。ルームサービスの朝食をとり、コーヒーを飲み、雨が小降りになるのをまつ。今日は車を借りて、南の古戦場、ピーターズバーグトニューポートニュースに行く予定だが、道路がどうなっているかだ。エス氏よりくれぐれも油断めすべし、とご忠告をいただいている。慎重ににも...

続きを読む

ガットリングガンの壮観

南北戦争が終わり、リンカーン大統領の後任、グラント将軍が大統領として日本に2門のガットリングを寄贈してと記録にある。戦前、遊就館にあったそうdが、いまは、誰が持ちだしたのかない。昨日、訪問したNRA博物館、そこには数門のガットリングが展示されていたが、共通なのは機関銃と言うようり、機関砲で、どれも架台が頑丈だ。・45口径から・75口径までが多いと言うが、日本に来たのは時期的には車輪の大きい、188...

続きを読む

日本機を5種類見た

午後、フェアファクスのNRA博物館から出てら少雨だった。タクシーを呼んで、ナショナルダラス空港のスミソニアン航空宇宙博物館別館に行った。ここは2-3年前にハンガリー人のウドバーヘイジーと言う人がドーネートした施設でとてつもなく大きく、凄い数の航空機が上から、また床に散らばっている。これは想像以上。原爆投下したB-29エノナゲイの下に日本機が5機置いてあるのも皮肉だ。紫電改、晴嵐、桜花、月光そして間...

続きを読む

ガットリングのオンパレード

ナショナル・ライフル・アソシエーションNRAの博物館に行って来た。ニューヨークにいたころ日帰り出張の合間に見たのと、違い、今はじっくり見れる。ブラスさんに依頼されたガットリングの車輪の大きさは測るわけにはいかなかったが、大体判明した。幾ら銃が好きでも、ここは特別、見きれない。午前中いたが、南部麒次郎コーナーが出来ていた。誰かの収集の寄贈だろうが、今一つだが。以前はなかった。日本もきちんとして受け入...

続きを読む

ハリケーンアイリーンに振り回されるか?

今朝の様子を見ると、ワシントンDCはあまり大したことはないと思う。だが、メディアは大変、大変と窓に板を打ちつける様子、スパーでの買占めの人々を繰り返し見せる。ホテルのフロントで調べてもらった。今日は、NRAの「小火器博物館」も航空宇宙博物館、郊外のF.アドバー・ハズー博物館もやっているとの情報を調べて呉れた。この二つは同じ方角なので、午前、午後とタクシーで回ってくる予定だ。昨日、スミソニアンで雨用...

続きを読む

歴史認識と親が子に教えられること

アメリカ東海岸へのハリケーン、そして昨夜は遅くまでテレビを見ていた。私がニューヨークにいたときも30万にも住民を強制的に避難させるなどと言う話は聞いたことがなかった。でも旅の最初の夜は眠れないが、現在、そとは異常なほど静かだ。昨日到着し、午後は歩きまわった。その一つのテーマ、砲艦「フラデルフィア」号の話をHP日本の武器兵器、大砲の項に書いた。スミソニアンのナショナルアメリカンヒストリー館にはハリー...

続きを読む

地震に弱い建築物

現在、ワシントンではハリケーン「アイリーン」という大型台風が接近しつつあり、私の明日、明後日の予定も立たない。ワシントンでは先日、地震、これはこの地域ではあり得ないことだったが、日本では当たり前の震度、5なにがしで、大騒ぎだったらしい。日本の3・11の後、上野の寺を銃砲史学会で見学に行ったが、大きな燈楼が倒れていた。近くに幼稚園や駐車場もあり、危険だと感じた。福島の川前でも墓石が倒れそのままになっ...

続きを読む

零戦は真っ先に見た

スミソニアン航空宇宙館の目玉になっている零戦21型。1977年に最初に見てから、何回みただろう。ここ15年くらいはご無沙汰していた。1976年のバイセンテニアルに合わせてこの展示が完成したのだった。欧米の名機4機と一緒だが、欧米機は1945年に限りなく近い製造なので、この21型は価値がある。そのままの姿で天井から下げてある。まるで飛んでいる姿だ。下から見ると当然だが、尾輪収容の様も良く分かる。スミ...

続きを読む

同じ日の日の出を見た

羽田が国際線になり、羽田発でニューヨークに向かった。朝、早く羽田を出るから東京の日の出を見た。12時間のフライト。朝、ニューヨークに着陸する際にまた日の出を見た。同じ日のだ。地球の自転の不思議だ。この調子で降りないで、ぐるぐる地球を回っていたら、年を取らないのか?入国審査が間一髪、どこかから来た便が先だった。長い列、来月の同時多発テロの10周年に何かをやらかすのではないかと警戒はとても厳しく、また...

続きを読む

4年ぶりのアメリカだが

この4年間で経済の状況は日米とも、もしくは欧州も巻き込んで大きく変化した。米国ではサブプライムローンに始まり、リーマンショック。日本は急速な円高と民主党のバラマキ政策によるさらなる財政悪化。応酬はユーロ圏の誕生が早かった。格差があり過ぎる。案の定、ギリシャ、スペインなどの財政破たん。良かったドイツ、フランスも巻き込んでいる。各国ともリーダーシップが弱いことは今まで何度も書いた通りだ。日本も自民党が...

続きを読む

成田空港反対運動とはなんだったのか?

法務大臣の江田さんは、全学連で反対運動の主導者だったから、日記なんかを読み返してみると、現在の自分の体制派ぶりに嫌にならないか。羽田はどんどん国際化している。朝早くから国際便が出る。今日、私が乗る便も満杯のようだ。日本のハブになるだろう。一方、成田は官僚主義、左翼、がめちゃめちゃにしてしまった。私は成田闘争は戦後の平和と民主主義の甘やかしのひとつの悪い例だと思う。森田知事でもどうにもならない。成田...

続きを読む

家の工事はなかなか大変

RCコンクリートの家でも古ぼけてくる。今回は屋上など省エネ素材を使い、コンクリートにも防水剤を2回塗りする。屋根の素材も熱反射のものだ。回りを足場とシートで固めた。先週の金曜日、時間31mmの大雨の時に高圧洗浄した。洗濯ものが乾してないからこのほうが良いのですよと言っていたが。危険な作業だ。外に置いたコンプレッサーが一日中、稼働し、これはかなりうるさかった。しかも屋根のシングルの粒粒が飛び散り、風...

続きを読む

いよいよ今日はアメリカに発つ

「オン・ザ・ロード」の一人旅だ。羽田からNYC経由でDCに入る。3泊してスミソニアン、NRA博物館などに行く。車をピックアップして少し南部の古戦場。29日にウィンチェスターに入る。前装銃の環太平洋大会だ。そこでH氏とO氏に合流する。銃は持って行かない。9月4日にコネチカット州ケントに行く。以前住んでいたところだ。近所の人たちと夕食をする。また北へスプリングフィールド工廠、予約してあるが、南北戦争の武...

続きを読む

装備品の展示

1時間で昼食も食べずにやるのは大変な作業だ。25点くらいの、ヘリ、自走砲、装甲車、戦車、対空砲、地雷原破壊車、などなど。ヘリは自分で飛んで来て、指定の場所に見事に着陸。自動車類は自走して、これらも指定の場所に。見事なモノだ。何で45分間だけの展示か。次の整備や清掃があるからだろう。主なモノHP、www.日本の武器兵器.comのギャラリーに写真を載せた。自衛隊は軍隊だから、綿密に計画を立てて、その通りに全員...

続きを読む

国会は必要か?

また、こんなのが総理になるのかよー、と感じることになるだろう。総選挙、今年中にあるだろうと考えていたが、このままではあと一年間、衆議院の任期中までもつかもしれない。菅さんは辞めると言って2カ月頑張った。それで時期と言うとまったく現実味がない顔ぶれ、しかも小沢クンの意向がなければ党大会を勝てない。こんな政党に任せてしまったこと自体、崩壊への道と言ってよいだろうが、困ったことだ。議会制民主主義は果たし...

続きを読む

火砲の数量

帝国日本には榴弾砲の数はあまりなかったと言う人もいる。でも正確な生産数は誰も知らない。佐山さんに先日、質問したが、生産量は掴んでないとのことだ。榴弾砲は4年式で一応欧米水準(武器学校にある)、九六式は優れモノだった(靖国神社にある)、両方とも150mm。昨日の富士の火器演習では今まで発射していた、115mm榴弾砲、手前、英国やドイツとも共通や230mm自走榴弾砲をまじかに見れた。各々、東富士から発...

続きを読む

1年ぶりの荷作り

昔のように毎月、出張があった時は、荷作り慣れたもので、アッと言うまに支度ができた。両行の手配も社のアシスタントさんがやってくれた。昨年は、13日発でポルトガルに行ったから、まだ現地にいた。欧州の金融危機の一端ようなものをおぼろげながら感じていた。応援団のケイ氏が暑さで倒れた。そんなことを思い出しながら、もうみんな夏休み旅行から帰ってくる、反対に出るわけだ。もたもたしていて我ながら情けない。アメリカ...

続きを読む

ヘリの編隊

陸上兵力から動的な兵力へ。と言うことに日本の防衛政策は変換している。チヌーク、大型輸送ヘリを除いた、攻撃、偵察、輸送などの小型機が、11機編隊で現れた。密集した編隊で、「地獄の黙示録」の音楽が合うシーンだった。この他にもう4機がいた。真ん中がOH-1偵察ヘリニンジャ。ヘリは機動力がある。攻撃力も。しかし、敵からは狙われやすい。また乗員訓練にも時間が掛かる。性能もそうだが、総力的に防御性の高い機材も...

続きを読む

装備品展示場のぬかるみ

武器兵器の観察は面白い。火器演習が終わり、弁当が配られた。音楽隊が演奏していた。さて、次は装備品の展示見学だ。1時からわずか45分間しかない。まずヘリが飛んで着た。我々が座っていたスタンド前の演武場だ。戦車や、火砲も来た。私は1時に並んで直ぐにはいり、まずは攻撃ヘリを見に行った。画像はAH64アパッチ。ベトナムから使われているが、35mmバルカン砲、ミサイルランチャーが装備されている。それにAH1...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ