FC2ブログ

記事一覧

荒れてしまった川内村

美しい村だった。今頃は稲穂が黄色でコスモス、彼岸花など花が道端にはずっと植えられて、雑草などはなかった。住民は半分くらいは戻っているという話だが、恐らくもっと少ないだろう。来る途中、車のパネルに「リアストップライトダウン」と表示が出ていたので、村の真ん中にある佐和屋に行った。10分くらいの距離だ。竹ちゃんひとりが時間限定でやっている。以前は5人くらいが働いていた。500円で簡単にランプを交換してく...

続きを読む

火縄銃コーナーも見て下さい

陸上自衛隊土浦駐屯地武器学校武器資料技術館小火器コーナーは日本の火縄銃とその装具から始まる。これも3年間を経て、充実してきた。祖父が孫に説明していた姿を見て感激した。やりがいがあった。そんなことで10月2日の創立記念日がまた楽しみだ。雨具を昨日は用意してきた。バーバーのもので釣りに使っていたが、航空観閲式もあるので、防水を引き直して用意しておく。...

続きを読む

火縄銃操作訓練には何時間かかるか

武道としての砲術。戦国時代、実用として調連した鉄砲。いったいどのくらい練習すると撃てるようになるのですか?と聞かれることは多い。百人隊では、今まで参加した人、新人、全て9月になると毎晩2時間、3週間、最初の動作から神社の境内で練習させる。当然、皆仕事があるから、毎晩は来れないが。私の見ているとこと15回くらいはやれねばならない。30時間か。意外に少ないな。と言われるが、まず新人隊員は若い。銃砲所持...

続きを読む

試製9mm短機関銃

日本の9mm短機関銃だ。ウージー型の凝った作りで、今回武器学校小火器資料館に展示された。小火器資料館は歴史ごとに左から江戸期、明治期、6・5mm期、7・7mm期、そして供与兵器、国産兵器、外国兵器、プレゼンテーション兵器と分類してる。そのほかに航空機、対航空機などに。試作兵器は案外あり、アーマライトもある。この短機関銃は1つしか試作されなかった。自衛隊はともなく、警察庁は6000挺輸入したが。もと...

続きを読む

農民に米を作らせない政策

すでに40年になるそうだ。どう考えても理屈に合わない。価格を安くするなら競争力を付ければ良いし、日本の米は国際平均価格の10倍というとてつもない価格。それでいながら農家はどんどん減少。歴史を戻すことはできないが、なぜ減反などと言うことをしたのだろう。それに今年は放射能の問題だ。酒、焼酎を作る、菓子の原料となる、パンも作れるそうではないか。日本戦後社会の矛盾x矛盾の二乗。それが米作だ。...

続きを読む

開校記念日展示の目玉

九九式狙撃銃だ。眼鏡、収容嚢、負い帯、さく杖、その他を一つのケースにまとめた。眼鏡は東京工廠製、4倍x7。レンズも綺麗だ。ゴムの目当ては再生したもの。アメリカで売っている。銃口蓋、遊底被いもぴったりだ。ここまでやるには若い展示担当の隊員の大変な努力があった。私も協力しなければならない。射撃読本、兵器保存法、射撃手簿、などの文書類も置いた。狙撃兵になるには相当射撃の成績が良くなければ。そして帝国日本...

続きを読む

カーナビは付けた

説明書にはまったく書いてなかったのだ。でも親切にパナソニックは電話を呉れた。それでも私の車はダッシュボードは無理だった。画像のように丁度、カップ入れに入った。長く使うものではない。見やすい。カップ入れの下には隙間があるのでアルミを板を入れ揺れない工夫を。そして丁度、そろそろ中村 邦夫さんに手紙を書く頃だった。昔散々世話になり、怒られていた。勿論、良い製品だとしか書かなかった。福島に行くまでテストで...

続きを読む

武器学校へ

今朝は早くから出て、土浦の武器学校に行った。10月2日の開校記念日の展示のことだ。忙しいから当日やると言ったのだが、担当の若者たちの熱意に負けた。8-9時の間、その展示の仕事をした。私の駐車場は99式自走榴弾砲も前だ。福島県の道路事務所からも早く打ち合わせしたいとの要望があったので、そのまま福島に向かう。3・11から3度目だ。家の近くで工事のために迂回しろと言う、道路事務所との約束で行くのだと強引...

続きを読む

車輪の文化

インカの文明には車輪がなかった。子供のおもちゃにだけ存在したそうだ。日本では平安時代より車は多く画などに残されており、多分、かなり早い時期から使われた道具だろう。大八車、もう最近は見ることもないが、の起源は新しく江戸時代らしい。日露戦争の兵站の写真にはこの2輪の大八車の他に4輪の大型のものも見られる。大八車が江戸期から明治と言うことは大砲と大いに関係がある。江戸は水運に頼っていたからそう遠距離を大...

続きを読む

相馬の銃口は低かった。

メインイベント場の野球場には多くの見物人が来た。とにかく都心で4時間で500発発射するイベントだから、付近の近隣諸国、インパキ系その他出身の分からぬ色の黒い外人はびっくりしていた。画像は百人隊の演武が終わり、相馬の8人の演武、立ちの斉射だ。およそ40m先には見物人が数列に、座り、立ち、子供を肩車して、「危ない」と感じた。確か、武道館の演武でも30mくらい先のしかも2-3階の観客を移動させ空けさせた...

続きを読む

自民党政治家の顔と顔

幼馴染の政治家のパーティに行った。当初の作戦は終わる頃行き、本人に挨拶だけして帰るだったが、政治家の顔を見るのも良いと思い、開始時間に行った。正確に開始時間には挨拶が始まり、町村、阿部、石原、小池、石破、細田の各氏の顔をまじかで観て話を聞いた。本人が文教分野だから、その方面の話が多かった。国家、誇り、教育、などだ。民主党に日教組の影響が大きいので危機感を。私の採点では、石破、小池の両氏の話が良いと...

続きを読む

陶器製手榴弾はあり得ない論文を仕上げた

兵器は科学と技術であり、戦闘は理論だ。戦争の体験を語り継ぐことは非常に重要なことだ。しかし、日中戦争から第二次大戦にかけて、大日本帝国の社会は兵器の開発や生産、戦争の状況などを極端に国民に知らせなかった。だから語り継ぎが正確か、論理が合っているか、疑問は大きい。そんなかんやで、一工場の勤労動員された工員さんたちがいずれも高齢者になっているが、陶器製手榴弾を生産したと、そのカットアウトの見本まで持っ...

続きを読む

日本は10年のうちに崩壊する

おそらく中国も同じ頃に崩壊するだろう。比較してみれば、中国は矛盾だらけの体制だが、成長率が高い、金がある。日本は平和・民主主義を標榜し、成長はしてないが、インフラは整い、人権は守られている。しかし政治体制は弱く、国民の将来への関心は薄い。本当だろう。日本も中国も、内容は異なるが真実は非常に危ない綱渡りをしていると思う。沖縄の基地問題が一つの例だ。多分、中国の思惑がかなり沖縄には浸透してるのだろう。...

続きを読む

奉納礼射

百人隊の500発イベントが無事終了するように、また無事終了したことの奉納礼射のメンバーになって発射した。とても狭いところで後ろでは神楽をやっている。見物人は押し合いへし合いの大変な様だ。この百人隊の撃ち方は新宿と言う街の真ん中で発射するので、全部上に向ける。空砲とは言え、見物人の方向に発射するのは気持ちの良いものではない。会の役員やベテランは行列に参加せず、法被を着て裏方。そして地域の4つの小中学...

続きを読む

クロスボーはモダンアート

先日はベルのヘリがモダンアートミュージィアムに展示されていることを紹介した。このクロスボーもそうである。デザインは15世紀以前からそう大きな変化があったと言う感じはないが。たしかに、機能と美しさを備えた一品であろう。そろそろアメリカ大陸の北部では猟期が始まる。最初の3週間ほどは弓矢だ。このようなクロスボーを猟に使うのはあまり聞かないが、製品として作った背景にはクロスボーで猟をする人たちがいるのだろ...

続きを読む

鎧の実用性

もともと鉄砲の出現らい実用にならないもの、と言うのが私の説であった。胴を実射し、さらに試し胴のあとは鏨のあとであると。欧州ではまったくその通りに歴史は進行し、戦闘での鉄砲が大規模に実用化されると、騎士の着用する鎧は急速に廃れ、飾りものになった。欧州にも試し胴はあった。しかるに日本では、戊申戦争まで使われたと言う。勿論、鎧を着用していた側は負けたが。大鳥 圭介の書いたもの「戊辰戦争」には自分の目を疑...

続きを読む

平和島骨董市で見た中国人

日本の骨董界は見る影もない。22-3年ほど前のあの勢いはどこへ。平和島は140回であり、品川でやっていた頃から30年以上か。会場は出入り口がふたつあるがふたつとも長い列が開場を待っていた。横を通ると、中国語の会話、北京だと思うが聞こえる。果たして会場に入ると2人づつ組になりもれなく店みせを回る中国からの人たちとすれ違った。中国モノ、書画骨董の類を探している中国業者さんもしくは収集家なのだ。戦前、多...

続きを読む

2年に1度の大演武大会であった

新宿区無形文化財の鉄砲百人組出陣式は、相馬の天外会を招いて、10時から2時まで総数500発を発射する演武を行った。鉄砲隊が3組、30余名。相馬から8名が来られた。相馬は関流だ。ここのところの演武の事故で、事故だけはご免だと、かなり気を使った。そんなことで4時間に渡り、練り歩き、野球場での総勢の演武はなかなか迫力があった。私は神社での奉納射を前後行った。ブラスさんにはいろいろ世話になった。百人隊は相...

続きを読む

ようやく作業も終わりに

天気に左右されるから外装の工事は時間が掛かる。しかし、昨日も工務店の社長が来て、屋上まであがり、写真を撮って行った。私の留守中、3週間はほとんど進展してなかった。しかし、台風後、頑張っている。昨日は金具にプライマーを塗って行った。上から見たら屋根は大体できていたが、もう一度塗ると言う。帰りに道具、材料、ゴミと分けてきちんと30分間は過ごしているから、大丈夫、良い職人だろう。大声でしゃべり、直ぐに帰...

続きを読む

直ぐに話が通じるひとたち

夕方、岡山のTさんと電話で話をした。元気だった。様々な話をしたが、次の計画は?金曜日午前は平和島に行った。マコトさんのところに、猟師のセットがあった。口薬入れの蓋が欠落しているが、火縄銃で猟をしていた時代のものだ。火薬入れはテーパーのかかった箱だが、実は横が開くようになっている。火薬を入れてから防湿のために漆で固めてある。値段は?直ぐにこっちの思っていた価格を言った。最近は家が新しくなったので、こ...

続きを読む

本日は2年に1度の百人隊出陣式

新宿百人町の鉄砲同心、百人隊は江戸期の甲賀、伊賀、雑賀などを各地に配した江戸を守った同心軍団である。そのひとつ。新宿区の無形文化財に指定されており、若手の多くのメンバーを火縄銃射撃(空砲)の訓練をして、昔ながらの行列をやる。メンバーななかには銃砲所持許可を持っている人たちも多く、銃には慣れてはいるが慣れが怖い。事故のもとだからだ。ブラスさんに手伝ってもらい、銃の安全確認をまずアメリカに行く前から行...

続きを読む

パナソニック社の携帯GPS装置

私はカーナビは人間の本能を衰退させる、つまり方向感覚や、距離感覚、時間の概念、記憶力そして何よりも目的に向かうと言う意欲を弱らせるものだと初代プリウスにチャチなものが付いていたが、それ以来使ってなかった。方向感覚は抜群だった。出て右左を間違えたりすることはなかったと自負していた。しかし寄る年には勝てない。今回のアメリカ東海岸ドライブ旅行で「ネバーロスト」の威力に負けた。車もそろそろ買い替えで、新し...

続きを読む

「いい国つくろう、何度でも」

宝島社の9月2日の全ページ広告のコピーだ。社会は感じている。「大日本帝国」「ソ連」いずれも70年余で崩壊した。平和と民主主義の「極楽日本」も67年目だ。10年以内に崩壊してもおかしくない。今度はマッカーサーの替わりに誰が来るか?マッカーサーの日本人愚民化政策は成功したが、出来ることなら右側通行にして欲しかった。当時の日本には車もほとんどなかったし。...

続きを読む

火縄銃照準器の回しの例

この問題ではさんざん叩かれた。しかし先日のアメリカの大会でもISSFルールを読みながら行っていた銃器審査、なかなか厳格なものがあった。カナダ人の審査員がアメリカ人の選手に対して、ルールをどう読んでも駄目なケースを説明してた。朗々とした声で。昨日午前、平和島骨董市第140回に行った。そこで見た売りモノの火縄銃についていた、所謂「回し」と呼ばれる照門(上が前)の修正道具だ。真鍮製でしっかりと噛ませてあ...

続きを読む

イスラエル人のパペット

アメリカの歴史的なアキレス腱だ。オバマ大統領も操り人形のごとき存在だ。国家成立上、知的移民も多く受け入れため、社会の上層部がユダヤ系国民となり力をもっているからだ。ドイツやソ連でのユダヤ人迫害のためだった。数百万人の富裕層知識層だ。だが中東和平を金で解決しようとしてきたのがここ数十年の政策だったが、それもエジプト改革で怪しくなった。今年の国連総会でのパレスチナの国連加盟申請をどう扱うか。拒否権を発...

続きを読む

クロスボーの鍵は巻き戻し器

ヒギンズ博物館で観たものだ。欧州にも沢山あるが今まであまり関心がなかった。NHKにいたМ岡さんの友人が「弩」と言う「七人の侍」をほうふつとさせる小説を書いていただいた。面白いストーリーだった。山陰で発見された日本のクロスボーから発想したと言う。この例は欧州15世紀、オーストリアのものだ。13-4世紀に良く使われた武器とあるが、鉄砲の握りと似た引き金だ。むしろ鉄砲のサーペンタインはこの形を踏襲したの...

続きを読む

ユニクロの海外進出

ニューヨークの5番街店準備中は、昔、オフィスが一時あったアルミのビルで、ポール・スチャアートが入っていた、53丁目の角だ。最高の場所だ。しかし衣類は激戦地。デパートもある。すぐ裏にGAP,バナリパ、などがある。リンカーンセンターの前を歩いていたら、すでに開店していたユニクロがあった。のぞいてみたが、客はまばらだった。製品は良いが価格は他店と同じくらいかやや高め。店員全員が黒人女性だった。なるほど。...

続きを読む

口薬入れが付いたさく杖

17世紀初頭の欧州、ドイツ地方の遂石銃・輪転式だ。先日、マサチューセッツ州のヒギンズミュージィアムで観たものだ。かなり精巧に出来ており当時の欧州の機械工作の水準が高かったことを教えて呉れた。また、後の日本で一般的になった、所謂コンビネーション式のツールが見られた。鉄製のさく杖の先に付いているのは口薬入れだそうだ。馬上で使ったものだろう。さく杖で装てんし、反対側の握りの部分から口薬を出す。初めて見たア...

続きを読む

帰宅困難者とシェルターの必要性

東京都北東部で河川が氾濫し水が地下鉄に入ると大変なことになるらしいと以前、シュミレーションをTVで見た。本当かどうか確信はないが、実際4年前、近所の駅で起こった。いつもウオーターフロントを楽しんでいる、ホムレさんもさすが昨夕は荷物を置いたまま避難していた。地下鉄の駅しかないが。家に帰ったら、JR,地下鉄の運行停止で新宿、渋谷の帰宅困難者の映像。あの状態では外には出れないが、レーダーをみれば峠は越し...

続きを読む

ずぶ濡れの兵隊は

映画「土と兵隊」のワンシーン。ずぶ濡れで戻った分隊。まずは兵器の手入れだ。濡れたままの被服はそのままに、兵器を乾かす、機関部を分解して組み立て、銃腔内の清掃。大体、自分の経験でも1時間は掛かる。それから濡れた被服を脱ぎ、軍靴や皮革ものを手入れ。食事にありつくまでには、2時間くらいは掛かったのだろう。大変だ兵隊はと感じた。先ほど、台風の一番ひどい時に帰って来たら、そのずぶ濡れの状態だった。玄関で衣類...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ