FC2ブログ

記事一覧

世界が変わった日から10年

今年の5月、ウサマ・ビン・ラディンが殺されてから一応終わった。2001年9月11日の同時多発テロから10年。ようやく首謀者を殺せた。大統領がキルと言う表現を使ったところに、彼への憎しみがあらわされていた。私は2001年9月11日には、マンハッタンの南にある、ウエストビレッジに住み、チェルシーで働いていた。近くハドソン河に面した小高いところで全てを見ていた。ビルが崩壊し、埃だらけの人々が虚脱したよう...

続きを読む

黒澤 明作品『野良犬』

国民的、歴史的番組NHK『紅白歌合戦』は見たことがない。この長い人生一度も。その他、年末年始番組はほとんど見ない。私は変わりモノなのだ。折角の年末年始、時間の無駄だ。白ける。その代わり日頃見ない作品をDVDで見る。今回もクラブのビデオライブラリーで幾つか借りたのと、黒澤のこの『野良犬』だ。これは子供の頃、近所の映画館で見たはずだ。先日、銀座の書店で小学館が出していたのを購入した。購入も莫迦らしいが、アマ...

続きを読む

火縄銃射撃に必要なもの

スコープだ。倍率も高く、明るく、頑丈な三脚が必要だ。スコープ自体もダイキャスト製の重いものが良い。近代射撃ではデジタル標的が一般的だが、火縄銃など前装銃は実際に命中して穴の空いた標的を見ながら射撃しなければならない。小さいスコープや、軽いスポープは横で轟音を発し、空気を震わせる火縄銃には向いてない。また観念的にスコープを通して観察すると様々なことが見える。一番、悪い奴。人々を煽り、大切な方針を忘れ...

続きを読む

難しいミニエ方式の玉割り

ミニエの開発は19世紀、軍用小銃の世界を変えた。英国のエンフィールド、米国のスプリングフィールドなど各国でミニエ方式の軍用小銃は生産され、戊辰戦争の日本でも盛んに使われた。幕府、新政府軍に。口径とかライフリングで微妙な差がある。少しくらい弾が小さくても良いという説、小さいとライフリングに噛まない。大きいと入らない。・577から585くらいまである。丸玉と異なりパッチは使わない。この銃に昔のケースに...

続きを読む

良く当たる火縄銃の引き金

宇田川先生が何とか流の引き金と言ったが、備前筒などに多い。この形状の引き金は外国の銃にはない。この引き金は大変微妙であり、命中率が高い。カラクリも良いものが付いているが。なぜかは言えない。この引き金はどんな鉄砲にも付いている訳ではなく、ある形状の鉄砲に付いているので、他の銃に付けても効果はない。...

続きを読む

今年は良く運動した

ボクシングは60回、ジムに行った。リングの上ではおよそ120ラウンド、プロを相手の、マスター、ミット、スパーの練習をした。あと1-2年間だろうボクシングが出来るのも。一昨日、ギアも持ち帰り手入れした。スポーツジムは200回行った。そのうち半分は泳いだ。計11万メーター。1回1100m平均。途中で休まない。あまりやらなかったのは走りだ。44時間しか走ってない。距離にすれば300kmくらいか。ゴルフは...

続きを読む

日本のフローレンス・ナイチンゲール

ナイチンゲールは1854年のクリミア戦争の負傷兵の看護のため、38名の看護士と共に戦場に赴いた。当時の負傷兵の死亡率は40%だったそうだ。最初、戦場では邪魔者扱いされたが、献身的な介護と、衛生状態の改善活動のために活動が認められた。彼女はその後も政治的には様々な問題を抱えてからかなり当時としては個性の強い女性だったようだ。半世紀後、日本でも女性の看護士が活躍した。上流階級では、自宅に夫人たちが集ま...

続きを読む

最悪の一日だった

11月2日昼に福島の家に行った。どうも様子がおかしい。特に冷蔵庫が大きく動いていた。タケちゃんに連絡した。調べたら各所のガラスが破られていた。直ぐに駐在所に連絡した。午後、駐在所から警官、中央署から鑑識係と刑事が来て、指紋と取ったり、写真を撮ったり、状況、盗まれたものを刑事が聞いて調書を書いた。そこに約束していた道路工事事務所から4名の担当者が来た。敷地の道路工事の件で打ちあわすことになっていたから...

続きを読む

日露戦争と外科技術

陸上自衛隊衛生学校に行くと日本の外科技術が日露戦争でいかに発達したか、が良く説明されている展示がある。公開はしてない。レントゲンや手術、そして傷痍軍人のリハビリなど。レントゲン機器はドイツから軍医が私費で輸入したそうだが、弾丸が体内に入り、残酷な状態になっているのを様々撮っていた。乃木将軍が自作した手を失った部下がタバコを吸うための義手もある。結局、砲や銃、機関銃など兵器は発達したが、戦術は昔なが...

続きを読む

今年参ったこと、原子力事故

3・11は日本の今年どころか、戦後66年間、最悪の出来事だった。地震や津波による被害+原子力事故。私は福島県でも過ごすことが多かった。渓流釣りに狩猟と。敷地も広いし、渓流は支流が敷地を横切り、家の前が釣り場だ。釘を使わずに組み立てた建築、昔の農家は、梁や壁土がむき出しだが、屋根をある時に軽くしたのか、まったくと言って良いほど被害は無かった。コップ一つも割れてなかった。しかし、避難地域ではないが、原...

続きを読む

前装銃の清掃

競技に、演武に使った後、鉄砲の清掃は重要だ。このキットは先回、アメリカのハードウエア店で購入したもの。約81cmの組み立てロッドと柄、それにブラシ、固形拭き棒、真鍮のパッチ絡み、パッチ、ソルベント、ルーブ(油)がセットのなったものだ。これは・50口径、12.7mm用。価格は1500円くらいで、アメリカ製だ。様々な口径用がある。長さが日本の火縄銃には少し短いが、一本足せばよい。(以前買ったものがある)黒色...

続きを読む

武器輸出3原則

今の野田さんの内閣は禁句だったことを堂々とやってくれるので面白い。本当にどこまでやれるか?「武器輸出3原則」は一番保守的な人たちが決めた愚策で、景気が良かった時代はとこかく、今は効率が悪くてどうしょうもない原則だ。先日、救難艇を2艇、インドネシアに輸出したが、元は二式大艇だから軍用機だが、武装を付かなければ民間機だ。伝統的に飛行艇の開発、製作などは日本が持っている技術だ。大きな目的はFー35だと思...

続きを読む

「坂の下の雲」の乃木将軍

乃木将軍は毛利屋敷で生まれ、そこから歩いて10分間くらいの赤坂に抜ける坂、乃木坂の乃木神社のところに住んでいた。明治天皇に殉死した。小学生の社会科見学で別々に両方の場所に行った。毛利屋敷はうっそうとした森だった。今は六本木ヒルズになった。当時は湧水がこんこんと出ており、ニッカウィスキーがボトリングをしていた。良い水だったのだろう。乃木屋敷はレンガの馬小屋から家までそっくり残っている。下に乃木神社があ...

続きを読む

今年、スカッとしたこと一番! なでしこジャパン

今年を振り返れば大変なことばかりだったが、まあそれはそれ、乗り越えるより他ない。自分の生き方を変える人たちも多いだろうし、新しい目標を持つ人たちも。スカッとしたのは、やはり『なでしこジャパンのワールドカップ優勝』ではないか。恐らく多くの日本人がこれをあげるだろう。特に、準准決勝対ドイツ戦、決勝7月17日、対アメリカ戦。ドイツで行われていたから、最後の最後、決勝点を入れられ、自国が負けたのはドイツ人に...

続きを読む

本当の危機

こういう話題のカテゴリーがないのもブログの限界だ。今年は大災害があった。伴い原子力災害があった。その他水害などの自然災害も多かった。景気は円高のため相変わらずだ。少子高齢化も進む。ひとつとして公約が実行できない政府。あげればきりがない。詐欺などの犯罪も相変わらず。日本国内、大変なる一年間であったが、その他世界はもっと酷い。アラブ、そしてアメリカが撤退するイラク、アフガン、イラン、北朝鮮、富裕層がい...

続きを読む

龍の縁頭

多分、明治以降の新物に近い作品だろう。こういうものは、「顔」を観ろと良く言われた。顔の雰囲気、緻密さが鍵だと。この頭と縁は四分一に金象嵌だが、いまひとつ、「清光」の刀についていた龍とは違う。品が違うのだ。若柴の鍔、この縁頭、目抜きで、肥前の刀の拵えを作ったが、そのあたりから刀には興味が薄れた。高級居合い刀的になったしまったのだ。yakozenさんのご意見を聞きたい。...

続きを読む

日本の軍馬

アメリカ南北戦争と戊辰戦争のちがいを研究してみると、近代的な鉄道や、電信の活用以外で、大きな要素は「馬」だ。日本は馬の活用が江戸期、遅れていた。戊辰戦争には騎兵隊はない、野砲も牽引できない、兵站が小さいなど近代的な軍隊としても機能が限定された。戦闘の展開距離の差もあろうが。アメリカの南北は日本列島の長さに等しいが、南北戦争は東西にも広がった。つまり面積にしたら比べものにならぬほど広大。明治になり日...

続きを読む

左手指を使い火蓋を開ける

愛知の微風さんと言う方から質問があった。十匁筒、国友新四朗(朗と間違えて書いたが)完孝の鉄砲の火蓋の柄には穴がある。この画像は細い銅の針金だが、水糸でも良いだろう。しかし木綿は火を浴びれば一回しか使えないかもしれない。それで針金で試してみた。鉄砲を構え、左手の小指の先に輪を作っておき、指を伸ばすと、火蓋は開く。恐らくこういう使い方をしたのではないか。文献にあれば良いのだが。この鉄砲は全長が104c...

続きを読む

「若柴」の龍の鍔

軍刀拵えの反りのある長い新刀を買った。勿論、70年代、アメリカにいたころだ。フリーマーケットで鍔を買った。これが「若柴」、じゃくしという形式の龍の彫りだった。それから良くなかった。この刀は肥前で偽名だが良いものだった。研ぎの必要もなかった。それで鍔に合わせて、外国で観るたびに龍の縁頭、目抜きを購入し、拵えを作ったのだ。まったく味のないものになった。先日の清光とは大違い。羽田で1977年、得能さんが...

続きを読む

長久手町の鉄砲

1684年、長久手の戦闘が行われた。地理感はないが、小牧に近いらしい。「合戦の地 祭りに照準」と言う題の東京・中日新聞の土曜別刷り記事だ。およそ1ページの3分の2ほども占めている。泉さんの一行メールで知ったので近くのコンピニで購入した。中日さんの取材だろう。「わが町日本一」と言うコラムで「鉄砲の数」が全国で一番多く、400から800挺くらいあるらしい。銃砲史学会などで聞いてはいた。「警固祭り」では...

続きを読む

まあ楽しいクリスマス夕食だった

ミサには行かなかった。新しいプリーチャーの話が下手なのだ。こういう時はドラマチックに、イエスさまの誕生の意義を語って、良い曲目を選んで欲しいが、期待できなかったので。献金は届けた。家では夕方早く、上の娘と息子が集まった。「家族が集まり、夕食をいただける」これが神が与えて幸せと感謝しなければいけない。メニューは完全にクリスマス式だが、ステーキにした。野菜は従妹が2箱贈ってくれた。良いプレゼントだ。食...

続きを読む

来年は龍の年で

刀剣人気はかっては興隆していた。若い頃、一振りは欲しいと願っていたが、これがその最初のものだ。以前にも書いたが35年前、ニューヨーク州を北へ家族を載せてドライブしていた時、小さな町のフリーマーケットで見つけたものだ。錆身だった。「清光」長さ68.3cm、反り0.6mm、登録員は徳能さんで彼の筆跡の登録証だ。羽田の倉庫で「間違いないな」と言ったのを覚えている。龍の年に買った。鍔と縁頭が龍だ。拵えは江...

続きを読む

当たる火縄銃

これは十匁筒だ。非常にシンプルな形状だが、作りが良い。アマオオイ、ヒブタも鉄製だ。ヒブタは真鍮が内側に被せてあり、鉄と鉄が擦れる、また腐食を防ぐ仕組みもある。この鉄砲とまったく同じ形状だが、これら部品が新しい真鍮製のものを見た。欠落した部品は規則でも、文化財としても再制作出来る。作った人はオリジナルはこのようになっているとは知らなかったのだろう。向島の名人の作ではないな、と感じた。なぜなら、画像の...

続きを読む

火縄の先をつぶす

これだけでは、この概念が良く理解できないだろうが、火縄が順調に燃えていると、その先はとがっている。この状態が良いと教えるのは間違いだ。この時、燃えている部分の面積は小さく、柔らかい。だから火ばさみに装着前に、金属、私は缶の蓋をつかうが、押しつけて、先を平らにする。それから、息を吹きかけて、全体が赤くなるようにする。こうすると、火はさみが火皿に落ちた時、固い状態になっている。遅発、不発が少ない。...

続きを読む

火縄銃の「火縄」の記事を書いた

射撃競技でも、演武でも、引き金を引いて燃えている火縄の先が火皿の上の火薬に落ちた時、この瞬間が大切だ。一瞬遅れて着火する、着火しない、このふたつは火縄銃の発射機構の大きな欠点だ。いろいろ対策はあるが、火薬に生火で確実に着火させるためにはいろんな工夫がいる。国際ルール、そんなものは国内ではどうでも良いと言う意見もあるが、は装てん中は火縄は外して、缶に入れ管理すると言うことがある。日本の競技でも勿論守...

続きを読む

天下国家をみると

すごい予算が出て来た。メディアはこの異常なる状態をことさら1柔らかく表現している。3年前自民党は「消費税は上げざるを得ない」と言い、選挙で負けたが、「消費税を上げない」と言った民主党は180度方針を転換した。これに関しての政治的な責任論は取りあえずはあまり言われてない。不思議な民主主義だ。何回か書いたが、日本が何とか国際的にもっているのは消費税と言う切り札のせいだ、もし現在、欧州並みの20-30%...

続きを読む

ハッピー・ホリデーズ

ユダヤ系の言い方で、万人向けとのことで、メリー・クリスマスより広義に使われている。「Xマス」もその類だ。日本人は相手を選んで使うべき、私は「Merry Christmas]を使う。ニューヨークで一緒に10年間近く仕事をしてきたナイザーは子供たちが大学生になり親元を離れてしまったので、このブタ犬を可愛がっている。夏に食事したときも犬の話が多かった。この犬がカラオケでいろんな格好をするのが彼の会社のE-クリスマスカー...

続きを読む

年末年始はどうなるか?

大局、天下国家のことではない。義母は正月は一時退院する。病院の都合だ。神奈川の家に帰るが、妻が主なる担い手になる。義弟が独身だからだ。昨夜、サウナのあと妻とロビーで会い、バーで食事した。浮かぬ顔だったが、話しをして少し飲んだら元気になった。私たちの年末年始もあるからだ。家の掃除は大体、私が片付けた。猟に行かなかっただけ、時間があったからだ。帰りは自転車で数分の距離だ。風は冷たかったが、直ぐに着く。...

続きを読む

痛恨の極み、原子力事故

昨夜、土浦から戻り、クラブに行きサウナで世界で巨額の資金を動かしていると言う某氏と話をした。彼の義父がゼミの先輩で、顔みしりではあるが、普段はあまりお付き合いのない方だ。「今年は不安材料がいろいろありましたね?」と水を向けると、「まだまだこれからですよ。欧州の元は国ではなく、金融全体だから、銀行、保険、証券がこれから危険です。」と。「何が一番こたえましたか?」には、「311災害と原子力事故です。特...

続きを読む

今年の行事全て終了

本年は自衛隊関連行事に多く参加した。最後の行事が、昨日の土浦駐屯地、武器学校の『餅つき大会』だった。その後、小火器館の来年の作業の計画も観ながら、少し話しをしてきた。「戊辰戦争」関連だろう。ジムの諏訪プロが同行した。我々もついた。私は今年は2回餅つきをした。彼もあまり外に出るチャンスがないので、良い経験だった。また駐屯地の幹部教官にはボクシングファンもいて、話ももりあがった。餅付き、会食、演芸会そ...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ