FC2ブログ

記事一覧

アメリカにもの言える日本国政府たれ

今年、世界は次のモデルを模索する。薮中 三十二氏の話だ。「G7]でも「国連理事国」でもない。と言って「G20」は世界の方向性を決めることはできないグループだ。オバマ大統領は、失業率8%の状態では続けることはできないだろう。プーチン氏は大統領にはなるが、自分の不人気に驚くだろう。(何よりもロシアの平均寿命の低さは異常な国という証拠)そんなことで、「イラン」問題。イラン核兵器開発は50%進んでいる。ホル...

続きを読む

銃刀法と居合刀

先日、警視流の演武を観た。警視流は、大正初期に各流派を統合し、作られた警察官の剣法で、なかなか優雅である。二人の師範が警視庁から来られ、寸止めでいろいろな手を紹介してくれ大変に参考になった。きちんとした袴姿だった。しかし観ていて、これは真剣ではないな、と感じた。と言うのは、以前自衛隊の駐屯地で『ガマの油売り』の演技を余興でやった。司令と最前席にいたが、刀が怖いのだ。この演技は最後に紙を刃で切るから...

続きを読む

北の体制は短い

昼に薮中 三十二さんの話を聞いていて感じた。彼も確信的には言ったわけではないが、他のテーマ、中国、日米関係、ロシア、ユーロなど、私が考えていたことに近いご意見であったが、何よりも今、日本は『イラン問題』、そして今年は『ASEAN10カ国、ミヤンマーも数になるし』、それらを大切に真剣にと言うポイントには共感した。そこで北のこと。儒教とスターリン的恐怖政治、この取り合わせの中で、『百万の軍』とどう付き合...

続きを読む

石の庭

とうとう今朝は雪が舞い始めた。この石の庭はイタリアに出張中に考えた。犬がめちゃめちゃにしてしまった。走り回り、小石を飛ばし、糞をして。彼が死んでから1週間くらいかけて、掃除した。下はコンクリートだから雑草は生えない。そしてもう何年になるか。昨年夏から秋にかけて、屋根と外装の工事をやった。それで、今このように小石を少しづつ綺麗にしている。中石は大体、渓流釣りに行き、川で面白いものを拾ってきた。行く川...

続きを読む

原稿を書きなおす

今年の初めにU名誉教授から資料を送っていただき、また素読して修正を頂いたものもいただいた。さらに電話で打ち合わせも。それらのご意見を入れ、原稿は書きなおした。なかなか手がつかなかったが、昨日、一日間でやった。途中、走りに行き、エキサイトマッチを観ていた。再放送だ。ボクサーは仕上がった体で分かるなと感じた。朝は庭の石を少しづつやっている。犬が死んだ時以来だから、ペブルの間に土がたまっているのだ。禅僧...

続きを読む

ダン氏と食事をする

ずっと外食が続いた。時間になったら、ダン氏が単独で現れた。うちも家内が母親のことで来れなかったがダン氏の奥さんの話しを聞きたかったが、彼女も体調を崩したとのこと。それで2人で食事した。ダンさんはアルコールは飲まないので、食事だけ。良いチョイスだった。クラブスープ、シーザースサラダ、ジャンバラエア。私も似たようなもの。彼はコーヒー好きなので、コーヒーで閉めた。歩いて地下鉄の駅まで行った。日本経済、今...

続きを読む

木剣で打ちあうことはあったか?

かって、「新撰組」の映画があった。役者が左利きなので、右腰に大小を差していたような映画だったが、壬生の庭で木剣で打ちあう。これが剣術の稽古で、防具や竹刀は使ってない。本当か?この木剣は長さ107cm、幅2cmx4cmくらい、重さは400gはあろう。白樫製で、イオリの幅は5mmほど、4面で本格的なものだ。勿論、素振り用であろうが、もしこのような木剣で打ち合うとなりと、これは生死に関わる勝負になろう。自分...

続きを読む

平成24年度防衛予算の概要説明

日本の防衛予算はGNPの1%を基準に編成されている。昨年は、北東から南西へのシフトが一つの要素としてもりこまれた。同じ、防衛省の市川 道夫氏が来られ、防衛懇話会(丸の内工業倶楽部会館にて)でご説明いただいた。昨年は23年度のご説明を聞いてから東北災害があり、その支出を補正予算で賄った。今年も幾分あり、それが2%くらいで、その分は積み増しとなる。目玉は時期戦闘機F-35の購入などがあり、このあたりが...

続きを読む

60歳の新人

大学まで空手をやっていた従兄が同期会に出たら、昔の練習や試合は乱暴だったのだろう。歯が欠けたり、骨を折ったり、その他後遺症が今でて、「参ったよ」と言う仲間が多かったそうだ。午後、今年2回目の練習に行った。いろんな練習、8Rやったが、うち2Rはリングの上で神谷プロとミット。私はミットから入ったから、ミットは好きだ。しかし彼は容赦せずにどんどん、出してくるから汗をかいた。60歳の人が最近入会した。まっ...

続きを読む

従兄の孫に会う

先日、和歌山に行った縁で、今度は製材所の従兄が新年のあいさつ回りで東京に来た。娘とその子供2歳近くと食事した。大人は飲んだが、このセクションは子供中心のところで、子供がいるとここでしか食べられない。英語教育をしているそうだ。具体的にはどういう教育か分からなかったが、回りの人たちに機嫌よくしていた。フレンチフライが好きだと言うので沢山取ったがさすがに食べきれぬ。...

続きを読む

杖術の話し

部屋の隅に立てかけて置いて何年も関心を示してなかった。昨年の武道大会で杖術を観た、これがその道具かと。180cmちかくある、所謂六尺棒だ。太さは28mm。白樫を丁寧み磨いてあり、拭き漆で仕上げたのだろう。手を滑らせても引っかかるところはない。江戸期、百姓、町民、刀を持てないものが旅の杖を武器にした。打つ、突く、払うの3方法の使い方があるそうだ。HP日本の武器兵器に記事を書いた。...

続きを読む

雨が降らないことを利用して

東京は1カ月以上雨が降らない。今朝は曇りで5度であったが、思い立った。家の周りの排水口の点検と清掃だ。結局1時間半掛かった。全部で5か所、(下水は除く)ある。屋根や庭の排水を受ける箱が排水管をつないでいる。そこには汚泥がたまるのだ。例の汚泥で恐らく、高い数値を示しているだろう。量はないが真っ黒だ。問題は庭の中央のつくばいの下だ。このために水はしばらく止めておいた。鉄の格子が金網に錆び付き、内部は樹の根...

続きを読む

国歌斉唱最高裁判決はおかしい

公立学校の先生が学校行事で国家斉唱に立ちあがらなかった。(勿論歌ってないだろう)こんなことが他の国であれば、死刑になる国だってあろう。そんなに好きなら、北朝鮮に行きなと、この先公たちに言いたい。最高裁がおかしいが、判決を良く読めば、2人の免職は酷過ぎると言うもので、あとは棄却だが。しかし国家を歌わない、立たないは、やはり先生としての職務を果たしてないどころか、規則を守ってない。だから首になってもお...

続きを読む

外交研究会

この会の目的は日本の外交を多面的にみて将来どうあるべきか、過去は何が良くて良くなかったのかを研究することにある。本日、昼は40名が参加して昼食をとりながら、本年の方針、そして新しい会員、講師の紹介を兼ねて新年会を行った。過去3年間、講師であった慶應義塾神保准教授が今年はサバティカルをとり、シンガポール、バンコックに行くので新しい講師として東京財団の渡部 恒雄氏が就任するので、紹介があった。もう一人...

続きを読む

多忙なり、今週

正月から3連休があり、いろいろな行事が今週に凝縮されてしまった。外交研究会の新年会と池井先生の講義が別々にある。防衛懇話会もある。昔の同僚の息子が会いたいと、和歌山から従兄が会いたいと、ダンさんが会いたいと、それに馬鹿なことに中学校の同窓会に出席の返事を出していた。これは電話して断るしかないが。午餐会は薮中さんの話しだから行かねばならぬ。それにボクシングが1回、毎日、泳ぐ、走るを交互にやるつもりだ...

続きを読む

年初の混乱

地方は今日も正月を祝う行事があると言う。東京は関係ないが。日本にはこれも日本人は気が付いてないが、「男性が裸になる祭り」がとても多い。真冬に体から湯気を出して褌姿で頑張るみたいな。外国では観たことがない。スペインの牛に追いかけられる祭りも男はちゃんと服を着ている。日本の褌姿は何となくホモっぽいと思うが、どうして各地にこんなに多くの男の裸が象徴的な行事や祭りが存在するか、とても不思議だ。私が働いてい...

続きを読む

オークションハウス「マニオン」の小切手

オークションハウスは数々あったが「マニオン」は軍事モノの大手で歴史もあった。一時は知らないマニアはいなかった。しかし、リーマンショックのあと、ビジネスが先行かなくなり、倒産した。私にも数千ドルの貸しを残したまま。しかし、社長だったゲールは無給の受付になり、タッカーと言う人が他のオークションハウスと連携したり、時計などのオークションを続けていた。「スロープログレス」と言う題名の手紙が来た。中に16ドル...

続きを読む

またアメリカ南北戦争の研究

銃砲史学会の本への論文は、U先生から、「君がアメリカで経験したことを入れた内容も面白い」と言うことになり、クラブの図書室から本を2冊借りて来た。どうも読みやすいな、と感じたら、「子供用」と書いてあったが、2冊とも当時盛んになりつつあった写真やイラスト、絵画、地図が入り、文章だけ読むより良い。この本はA4変形、420ページもある豪華本で、ひどく重いのでわざわざバックパックを持って行った。ユニオンの港に...

続きを読む

『兄弟』との食事

昨日午後、ジムに行くも、今日は走れないと感じた。スピードが出ないのだ。脚が動かなかった。まあしょうがない、ウオーキングを1時間やろうと歩き出す。ところが20分間くらいしたら急に脚が動くようになり、速度は時速5マイル(約8km)にあがり、それを維持して終わった。4マイルまでがウオーキング、4マイルからジョギング、6マイルからランニングだ。だからまだジョギングの段階。そして近くの中華料理屋にパパが仕事で...

続きを読む

日本の大切な友好国イラン

イランはアラブ人の国ではない。アーリア人の国であり、戦後、アメリカとはともかく、日本は友好を保って来た。天皇陛下が皇太子殿下であられた頃、時のパーレビ国王を訪問し、同国製の豪華なブレン機銃を献上され、それは現在、陸上自衛隊武器学校に無可動化で展示されている。.303口径だ。アメリカも日本がイランとコミニケーションを維持することを外交上は望んでいる。こんなことは素人の私でも分かる。最後の逃げ場を残してお...

続きを読む

スタンド式照門

古いスプリングフィールド歩兵銃1861年式のオリジナル照門だ。アメリカ南北戦争で使われた。西欧の軍用銃はこのあたりまで照準装置がとても雑だった。これも完全とは言えない。火打石式の18mm歩兵銃などは照門がない。照星だけで合わせる。このスタンド式は、一番高くなっている状態、つまり一番遠くを狙う、多分600mくらいではないか。3段になっていて次が400m、固定式の一番低いのが200mではないか。数字は記...

続きを読む

テレビ局の取材を受ける

ある局のある番組のライターの方、女性からメールをいただいた。昨日午後、クラブでお会いした。まともな方だと感じて協力することにした。普段はテレビはあまり付き合いたくない相手だが。テーマは「火縄銃」だ。本来、関西のエス氏だが、断られたか、他の局で出演しているからか、私に回って来たのだろう。頭の良い人との打ち合わせは簡単だ。まだ本当の取材の前段階だが。時間が掛からない。さて、メディアの怖いところは、取材...

続きを読む

私は100歳か99歳か?

昨日は恒例により高齢な社員(会員)を祝うことで乾杯した。現在、社員は2200名、高齢化で毎年100名の入れ替えがある。90歳以上は85名で、25名が参加した。平均年齢71歳。99歳、最高齢の方が挨拶、乾杯の音頭をとった「私は昨年の敬老の日に100歳の祝いを(行政)からいただいたが、今年99歳。」どちらが正しいのだろう?」と言葉を残した。?、現在は「満」で数えているから、正月に年齢が増えることはない...

続きを読む

麻生 太郎氏のお話

10分ほどの話しであったが、なかなか意味深い話しであった。二つの内容があった。一つは高橋 是清をもっと研究せよと。高橋、1934年2・26事件で暗殺される、82歳だった、は、日露戦争の外債発行で苦労したが、その後は首相にもなったが、名大蔵大臣として、デフレにはデフレ対策、インフラにはインフレ対策と適宜、国の経済を安定させた。経済への感覚と実行力の政治家だったと、その政策のスピード感に触れた。(西田...

続きを読む

これは日本的か、洋式か?

古式洋式銃の螺子回りの飾り、真鍮製だ。このデザインが気になる。古式洋式銃は観る機会が少ないし。もし特に注意して観てなければ気が付かぬ。古式洋式銃は火打ち式は少量しか輸入されなかったし、国産されたものも観てない。滑腔パーカション式は輸入もされたが、国産もされた。前装ライフル銃は多量に輸入されたが、国産はみてない。...

続きを読む

H一家との夕食

会社の後輩で、現在は監査役。家に呼ばれたり、いろいろ世話になったのに、区切りをつけてなかったが、昨夜、ようやく御一家を招待することができた。珍しいところで、変わった料理をと喜ばれた。食後、館内を案内し、裏口から出て、地下鉄の駅まで案内し、別れた。仕事の昔話しはほとんどしなかった。家族が一緒だとそれが良い。犬の話題が一番多かった。昼はボクシングに行き、中村が3月の試合に備え、今月8回練習していたこと...

続きを読む

落日国家からの脱出

他力本願では駄目だ。自分でやらなければ。世界同時減速と複雑化はますます進行する。左翼の仙石さんが、消費税増税、原発再開を発言するほどだから国内の情勢もどんどん変化しているし、変化に追いつけない人はやはり駄目だ。先日ある会での発言、考えられないような古臭い言葉の羅列、それを押さえられない幹部。愛想が尽きた。同じことだ。多分、一丸となってやれば日本は脱出できると思う。少子化は長期の問題。経済が良くなれ...

続きを読む

年末年始生活からの脱出

奴らはどうしているか、正月から会ってないが。自分は飲食の量が増えて、そのままになっている。食べ物は大体5割増しに食べているので、体が軽くならない。運動はペースにのった。一日おきに走る(1時間)、泳ぐ(30分間)を繰り返している。つまり毎日やっているわけだ。一年中、出来るわけではないが、冬も泳げるのは良い。両方とも、速度を目的にしてない。走りは7km、今年の終わりには8kmにあげたいが。泳ぎは120...

続きを読む

時代劇がなくなる・・そうだ

とうとう41年間も続いた「水戸黄門」も修了、他の時代劇もなくなり、日本の民放では今年は1本しか予定されてないと、昨夜のNHK報道。映画も同じ傾向だそうだ。京都の撮影所、および関連会社や人間が途絶えてしまうのを気にかけるテーマになっていた。NHKでも同じようなところで制作しているからだ。15年ほど前、P社アメリカでN氏(現在も国内の会長)に、本当にマーケティングの効率を考えたらどう思うと非公式に聴かれた。...

続きを読む

秋田県立博物館の展示

BS放送大学で観た。素晴らしい、民俗展示だ。秋田の様々な人々の生活、特に山に上がり、お椀を作る人々の話とその道具は面白かった。本で読むのとは印象が違う。福島で聞いた、木挽の話しを思い出した。昔は機械がなく、簡単な道具で効率的に作業したのだ。ところで、旅の道具のところで、この画像の一番手前にある、小さな恐らくべっ甲で作られたと思われる旅人の「薬入れ」と言うもの。これは火縄銃の「口薬入れ」ではないかと感...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ