FC2ブログ

記事一覧

帰れ川内村に

川内村はいわき市の北にある。美しいところだ。私の家はいわき市だが、川内村から数百m、生活圏は川内村だ。住民は今は一割しかいない。今度、学校を開設し、役場を戻ると決定した。喜ばしい限りだ。役場の裏の「道の駅」は我が家の食糧供給にとても重要な場所だったし。川内村は大体二つに分かれている。途中に山脈があり、長いトンネルで結んでいる。残念ながら山の向こう側は原発に近い。しかしこちら側は恐らくほとんど、放射...

続きを読む

見事なるかな利満弓

このセットは台に常に弦が掛かったわりに大型な弓。伸ばせば80cmくらいあろう。それに3cmくらいの大型の鏃の付いた矢、11本。箱は腰差しになる。「京都嵐山」に入れたくて、エヌ氏がしきりに手放すことを勧めた。しかしどうせ二束三文。もっていた。この手の小型弓矢は意外に多い。江戸期の戦闘は大体10mくらいを想定していたのか。刀で切りつけられて、どう防ぐか。勿論、戦場での戦闘には役に立つものではない。この...

続きを読む

アッと言う間の一カ月

日本の関心はどうしても国内問題が8割。国際問題は、「そんなものか」「何とかなるだろう」で過ぎてしまう。今年は欧州危機に始まり、しばらく5年間くらいはどうもならないと、顔見知りの金融関係者は、外国人も日本人も言っていた。まったくその通りだと思うが。また今年は世界の多くの国のリーダーが替わる。民主国家ではリーダーが替わっても即政策が変わるわけではないが、しばらくは国際的な協調がぎくしゃくして、国をまた...

続きを読む

昔、会社で弓道をしていた

もうすでに50年以上前の話だ。私の入社した会社には、弓道部も剣道部もあった。弓は慶應義塾体育会弓道部出身の伴 七三雄氏が指導に当たっていた。弓道場はこれも信じられないが、オフィスから徒歩10分間ほどの日比谷の「勧業銀行」の建物内にあった。曜日を決めて、当社に使わせてくれたそうだ。伴氏の手ほどきを受けたが、部員は段々に減るばかりだった。高度成長期で仕事が忙しくなる、また若者はスキーだラクビーと、弓な...

続きを読む

「あんたは良いものばかり食っているから」

運動するとお腹がすく。幾らでも食べられる感じだ。健康なのか、不健康なのか?先日、泳いだ後、下のカジュアルなレストランでこのようなハンバーガーを食べた。マックで十分と言う意見も尊重するが、陽の当たる明るいデッキで、スープ(コーンチャウダーだったが毎日かわる)にサラダバー(ベーコンがおいしい)そして、このようにハンバーガーの時も、パスタ、ピザ、サンドイッチ類、その場でクックしているから新鮮だ。それを携...

続きを読む

渡部 恒雄先生の講義開始

慶應義塾神保准教授がサバティカルを執ったので、外交研究会の後任は東京財団の渡部 恒雄氏になったことは先の新年会の記事で書いた。親父さんほどズーズー弁でないが、やはり会津若松のなまり懐かしのしゃべりだ。一年間の講義録を用意してあった。本年は世界激動の年と言われてもう1カ月たったが、主に彼がワシントンのシンクタンクで10年間、過ごした経験で、アメリカ内政も含めた外交を話して呉れる。その主題は中国問題だ...

続きを読む

弓の研究、皮革装具

例えばこの長弓の先を保護するためか、被せる皮革製の袋。弓なりになっており、弦を掛ける部分、長いものなので、どこかに当たるのを防いだのだろう。それとこの弓の所有は、と言う意味もあっただろう。紋が入っている。全長は30cmで内部には、革紐がそれを弓にくくりつけて、脱落しないようにしたようだ。こういう小物、大体は皮革製で漆しあげのものだが、沢山ある。ところがそこまでするかと言うモノも少なくない。...

続きを読む

矢の模様

先にも書いたが、戦闘に用意された弓矢とその装具には分かってないことが多い。例えば、先回、先の方だけをだした、2本の全長70cmの矢、黒く、ストライプになっている。これは何を意味しているのだろうか?長い矢90cmではほとんど見ないが、短い弓に使う短い矢にはこのようになっているものが多い。黒だけでなく、赤や金を使っている矢もある。...

続きを読む

正座できない

昔はもっと長く正座が出来た。今は年のせいか、椅子の生活のせいか、正座は10分間くらいだろう。先日のお経の際30分間、我慢したが、もじもじして我ながらだらしないと思った。身長185cmの義弟はもっと出来なかった。家庭内でやる式とは言え、参ったなと感じていたら、義弟が居間の家具を庭の見えないところに出して、レンタルの折り畳み椅子を40人分、並べることにしてくれていた。居間の向こうは座敷でそこで僧侶がお経...

続きを読む

忌中払い、ここまできて一段落か。

朝、一番に出て新幹線を利用した。葬儀屋さんが来て、兄弟姉妹と手伝いの従妹、それに私が、義母に死衣裳を付ける。この宗派では旅人の格好だ。背の高い人だったのでLサイズのシンプルな棺桶だ。納棺して、花を沢山入れる。心配していた顔はそのままだった。そして近い親類だけで40名、荼毘の式を家族葬としてやり、火葬場に、誰がどう車に乗るとか、大変だ。そして骨を拾い、そのまま家の近くの料亭に行き、会食。私が席割をし...

続きを読む

4本の揃った鏃

弓矢の道具を整理していたら、まだ鏃があった。矢のほうが足りないのだ。この4本セットは状態も良い。全体に錆びているが、こんなものだ。いじらないほうがよい、形がくずれる。問題は柄の部分で、日本の鏃は矢の本体、竹に深く入る。朽ちてしまっているのが多いが、これらは皆、作れれたままに近い状態だ。鏃のない征矢が出れば良いのだが、練習用の矢にこれを付けても、筈が異なるので、マッチしない。...

続きを読む

今日は荼毘式で

義母は今日の午前、納棺され、午後供養、そして「荼毘」にふされる。身うちだけの式だ。荼毘は昔、「打火」と言われてそうだが、いまはこういう字を使っているそうだ。これから私も列車で行く。妻の叔母が先日、ガタガタ探し物をしていたが、これがこの家の掛け軸だそうだ。お盆や坊さんが来るような時に出すものらしい。我々はどれがどこにあり、そしていつ使われかも知らない。こうして家族の伝統はだんだん薄れていくのだなと感...

続きを読む

こんな気前の良い話、ストラディバリ貸与

日本音楽財団の塩見 和子さんの話を聞いた。この不況、しかし文化のためには気前の良い人たちもいるものだし、日本発世界の音楽家への貢献活動、多少驚いた。塩見さんはサザビーにいたので、モノを見る目、それを得るプロセスに長けている。それを見込まれ、今の職にある。財団へは笹川さんが資金を提供し、ストラディバリウスのバイオリン、画像は珍しい、カルテット、を収集しそれを音楽家に貸与している責任者だ。うらやましい...

続きを読む

矢の羽 弓矢の研究

古い矢で、きちんと、矢羽が残っているものはほとんどない。英国で見つけた11本、弓矢台の矢入れのみに入っていたのが上々だった。やはり、気候とか保管との問題だろう。これらの鏃も錆びが少なかった。この2本の矢は長弓の4分の3ほどの所謂「半弓」のもので、全長が70cm。素材には「雉、鴨、山鳥、オオタカ、鷹、鶴」などを使ったそうだ。弓やさんの話では、国内調達は難しいので、新しいのは中国のものだと言っていた。3...

続きを読む

地球温暖化

最近、この言葉を聞くことが少ない。日本の原発は、93%が破壊かシャットダウン中。化石燃料をじゃんじゃん使わなければ電気が間に合わぬ。何でも1基しか稼働してないそうだし、他の点検終了のものも再開はおぼつかないとのことだ。大体、化石燃料使用を減らすために原発を建設したのではないか。今年の冬はめちゃめちゃ寒いと言う感じがする。さて春になりどうなるか。基本的な社会の仕組み、構造を変えないといけない時期に差...

続きを読む

弓矢の研究、小さな矢は

クジラのひげで作ったと言う弓と台、矢がセットになっているのだ。台も弓も健全だが、矢の数が足らない。矢は長さ30cmほどで鏃も2cmくらいしかない。籠弓と言い、籠の中に常備した弓矢で、弓に弦が絶えずつがえておくことが出来たからだととも。江戸時代の日本人が戦闘をどれだけ真剣に考えていたか。この程度のものでは恐らくとっさの武器だろうが、どうもならないと思うが。でもこれはれっきとした武器だった。弓が現在で...

続きを読む

小者の木刀

時々見る。遠目には本当の刀のように見えるが一体の木刀なのだ。時代はあるので、江戸期のものであろう。この例は全長が42cmで、柄が12cm。軽いものだ。250g。鍔も凝ってはいるが2枚の金属で透かし、下がり藤の文様。下僕が腰の後ろに差したとも、子供が寺子屋に行くのに差したとも言う。これも散歩に差して歩いてぎりぎりのところだろう。社会が「総下僕か総子供」と言う精神状態の現状には皮肉なものだが、打撃武器と...

続きを読む

さわやかなる我が家に帰った義母

病院暮らしも大変だっただろうが、それはそれ仲間の患者さんもいたし、賑やかに我々も行った。今朝未明に病院からリムジンで、箱根の近くの我が家に、家内と戻った。私は朝、起きた瞬間「昨日は何かあったなー」と瞬間ぼんやりしていたが、そうだと。車に用意してあった荷物を積んで、8時過ぎに出た。家の前にはまだ雪があった。午前中、打ち合わせして、僧侶が来て、経をあげてくれた。義理の伯母が来て、仏壇の引き出しを中に込...

続きを読む

日本の弓矢の研究

弓矢を使うは原始的、と幕末に考えたか、実戦で使われた弓矢や装具、書かれたものはあまり残ってない。どうしてこうなのか?と言うのはこれまた大きなテーマだし、火縄銃を19世紀までえいえいと流派に分かれ、ある部分理屈に合う理論を考えていたのに通ずる、精神構造があったはずだから。私が収集した弓矢類も沢山あり、壁に賭けて毎日眺めているが、大体4種類くらいに分類されよう。現在、その文章も書いて、www.日本の武器兵...

続きを読む

昨夜は誰も付き添わないことに決め

一昨夜は、家内と、義弟が病院に付きそった。午後、私や長男、次女、義母の子4人が集まり、今夜は付き添わないこととした。いずれうちからは15分の距離だ。夜、私たちの娘、2人が来た。帰って、食事。さて、寝るかと言うとき病院からの連絡あり、血圧の降下をしらせてきた。直ぐに用意してあったものを来て、駆けつけたらまもなく昇天した。主治医も家から来て死亡診断書を書いた。車の手配なども手慣れたもので、きちんとして...

続きを読む

縄文鏃か単なる石か

一昨年、自分の敷地で石斧(せきふ)を発見した。考古学資料館の館長さんが来てくれて地図を見せてもらった。この谷間は縄文遺跡だったそうだ。敷地内で、縄文竪穴住居あとも示してくれた。それから注意しているが、前の渓流で見つけたのはこの石くらいだ。展示物にはこの形の石鏃もあった。30x40mmくらいで左右対称でない。矢にしっかりと固定するためだ。昨日、「明治前造兵史」を読んでいたら、縄文期の木弓の矢は木製で...

続きを読む

生きているのか生かしているのか

義母の場合は昨年4月より、末期癌で手術をしても回復の見込みはないと診断された。10月に再入院し、数日前から意識がほとんどなくなり、酸素、点てきで命を永らえている。昨夜、血圧などの数値が異常になり危篤状態一歩手前だった。また全員が集まった。9時に消灯になり、雪のなかを娘と帰って来た。妻と義弟が泊った。でも段々に呼吸とか、柔軟性、熱その他体に変化は出ている。モルヒネで痛みも苦しみもないと言うがそれは本当...

続きを読む

これらの中身は何に使われた?

時々、脇差などの拵えだけを見る。中茎だけが残っていて、折られたものが多い。中には珍しい拵えもある。それで大切にしてあるが、演武や古式大会で差した。朱の鞘のものは柄に絹がまいてあり良いものだ。どうしてこのような状態になったか、舞台工芸をやっていたМ氏に聞いたが、戦後モノが無い時代、竹を裂くに必要な刃に短いかたなを折り、それを使ったと。今となれば家に伝わったものもったいなかったが、背に腹は代えられぬと...

続きを読む

手首を鍛える鉄扇

絶えず、手首を鍛えたいので走りながらバーベルを両手に握り、上下に振っているランナーがいる。たしか「ロッキー」もしてた?この鉄扇はレプリカだが、実物もどこかにしまってある。紙がボロボロだった。レプリカは鉄であるべきところは合金だ。昔、西銀座アーケード入口の居合刀や模擬槍を売っていた店で購入した。(とっくになくなったが)長さは24cm、上の幅2cm、重量250g。出来は今一つ。1万円はしたか。覚えてな...

続きを読む

生まれるも難し死ぬも難し

子供が生まれるのも大騒ぎだが、、今回の義母のことも3日間、病院に行っていた。もう回復の見込みは120%ない。時間の問題なんだが、これが何日、何時と言うわけにはいかない。この家はうちもふくめ比較的大家族で、一昨日は12人、昨日は7人が駆けつけた。今朝も何とかもったとメールが入った。妻が夜付き添った。疲労困憊した帰ってくるだろう。これからも大変だ。思いつく限りのことを義弟に言った。誇り高い本人、この姿を...

続きを読む

アメリカ・中国にもの言える日本

こういう政府が必要。アメリカには、そんな経済政策で良いのか、イランは制裁で屈するのか、を。中国には、何のための覇権なのか、北朝鮮は今の体制のままほっておくのか、を。明確に質問できる日本国が必要だ。薮中氏も今年の世界は各国とも内向きで大きな外交的な動きはないと見ているが、イランと北朝鮮は危険要素としている。日本経済も実態は数年はもたない。政治体制も限界だ。政策は全部、行きあたりばったりだ。大変危険だ...

続きを読む

二刀流の木刀

両手に剣や短剣を各々保持し戦闘する方式は、西欧には多く見られる。いずれも柄や鍔に工夫があり、戦闘し易く作っている。日本にも幾つかの流派があり、中でも宮本 武蔵[16世紀)の「二天一流」が有名である。この2振の木刀は、長いのは全長90cm、短いのは54cm。各々に皮の鍔が付いている。刃長は66cmと40cm。作としては戦前のものであろう。比較的軽い。どちらにも打ち合った痕跡はない。きれいなものだ。江戸...

続きを読む

居合刀を眺めたが

昨日昼、病院から電話あり、妻が義母がいよいよだと言う。もう着替えていたので、タクシーで駆けつけた。だが午後、呼吸は安定し、寝ていた。意識はない。でも呼吸しいるだけだ。それで息子とふたりで久しぶりに一つ木通りに行き、遅めの昼食を採った。彼が彼の祖母の顔を眺めていた表情がなぜか印象にのこった。彼は勤務先が赤坂なので、このあたりは詳しい。義母は幸せな人だ。子供4人全員、妻、婿、孫4人、甥2人、計12人もの...

続きを読む

9月新学期制度大賛成

甲子園野球のために夏休みが必要で、朝日、NHKは9月新学期に反対していた。私は以前から、会計年度、新学期などと教育年度、の二つを日本の改革に一部として唱えて来た。それに『国家奉士義務期間』だ。取りあえずは18か月くらいでどうだろう。30歳までに、「軍務」、「介護」、「海外援助」など希望に応じて、奉仕する。所謂、スエーデン方式だ。海外活動はJFKが「ピースコープ」として大いに若者の人気を集め、そのOB...

続きを読む

外交で損した日本の例

昨日午後、池井 優名誉教授の「辛亥革命と日本の対応」と言う講義を聞いているときに、机の上の携帯がうなった。部屋の外で掛け直すと家内で、義母の状態が良くないと。彼女は仕事で神奈川県にいる。でも講義は終わりまで聞いた。残り20分間くらいだし、銀座から赤坂の病院までは20分間あればいける。辛亥革命、101年になるが、中国的、この変化に当時の日本は翻弄され、そして同じことを「満州事変」でやった。満州までの話しで...

続きを読む

プロフィール

japaneseweapons

Author:japaneseweapons
日本の武器兵器研究、火縄銃から軍用銃までと多岐にわたり、 また急激に変化がある国際状況、日本の安全保障と外交を 論じる。



刀,弓,槍,薙刀,甲冑,鎧,火縄銃,軍用銃,機関銃など日本の武器や兵器に関する須川薫雄の研究を紹介はここ:
日本の武器兵器.JP


スポーツアンティークは、スポーツ用品や玩具、江戸期からの日本の食器、家具また、合法的な武具・火縄銃や軍装備品もマニアの方々に用意しております。米・日で約40年間に渡り仕入れたものです。



現在の閲覧者数:
カウンター :

月別アーカイブ